000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

PR

全198件 (198件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 20 >

2022年07月14日
XML
カテゴリ:独り言・・・・
​7月に入り暑い日が続いてきましたが、最近は涼しい日と同時に雨が多くなり、頻繁に小雨状況が所々時間を変えて降っているように感じます。
特に天気予報によれば、関西方面や九州方面或いは東北・北海道方面といった様に日本全国に於いて梅雨が戻ってきた様な天気に成っています。

弊社の様な地質調査の仕事は外がメインであるので、仕事の工期が非常に厳しい事になって来てしまいます。少しくらいの雨であれば何とか凌げるのですが、急の雷雨とか集中豪雨はもうお手上げです。
そんな複雑な雨季の時期ではありますが、奈良県で起きた安部元首相の警備体制に関しては本当にビックリです。確かに起きてはならない事件でありますが、テレビを見ていて、あんなに近くまでそれも自由に近づける事で出来るなんて、元首相という立場での立会演説状況に関する警備の状況は本当にお粗末であるとしか言いようがないと思います。
実際に外国から来た首脳の警備を考えた場合、それ相当の気合の入った警備状況での実践をしている訳です。しかし、日本人である元首相という立場の警備状況を考えると、テレビ
映像から警護に当たっている護陣たちは全く前を見て後ろを見ていない。これはなんと日本国での重要人物の警護は実際、特殊訓練を経験している者達[警護のプロ]が特殊警護により守っているものだという認識でおりましたが、今回の警護体制は不備であったという結果が出てしまっています。このことはこれからの警護の訓練の方法に於いて、非常に考えさせられるものであったと思います。
それにしても、現在の法律や憲法と言うものは誰をどの様に見てのものなのか、全く理解不能なものと成っている点も考えさせられます。

とにかく驚かさせれた事は、警護はともあれ銃等を自分で作って自分が使う様な事がある事自体相当の覚悟であったものと思います。
加害者について私個人的には、テレビ等での放送内容から家庭がめちゃくちゃというよりは、どちらかと言うと、非常にマインドコントロールされた母親が幼少の頃から子供としては育てる事が出来ずに家庭と言うよりは個人形成が成されなかったものと感じます。宗教と言うのは本当に選ぶ必要がありますね。どうして、数千万とか数億円とか寄付が必要なのか全く理解できない。この様な宗教は法律等でどうにか出来ないものなのかこれからは法律家で考える事が重要と成ると思います。

特に、私は個人的に思う事として、「個人の保護である、個人保護法」や「その他個人に対する法律等」はなるべく法律等に照らすのではなく、道徳観とか倫理観によって制限されるものであると思っています。但し、現在の様にデジタル化による進歩によってある程度個人を管理する事は非常に大切であるとも思う。
個人的な意見としては、「一人一人、人間らしい自由でのびのびした社会で、率直に評価の出来る嘘の無い社会」であってほしいと思っています。

最後に、またまたコロナ禍が収束する所か益々増殖して来て第7波とも言われるように、いつに成ったら収まるものなのか、自粛してばかりで先の見えない夏が来るのかと心配が絶えない。


​​






最終更新日  2022年07月14日 16時59分53秒
コメント(0) | コメントを書く


2022年06月07日
カテゴリ:独り言・・・・
​6月に入り梅雨時期と成って、雨の多い憂鬱な季節と成ってまいりました。

昨今は昔みたいな5月雨のシトシト雨ではなく、集中的に豪雨となったり、急に雹等が降って来たりする降り方で、本当に気候変動の影響を多大に受けての結果であるような気がします。

この様な時期ではありますが、例年と同じ様に過ごしているので実際何も変わる事はないと思います。
但し、今年はここ2年以上のコロナ過でも過ごし方とは少し違って、行動範囲もやや広がりつつ有り、若干ではありますが心のゆとりも少しづつ解放されてくるように感じています。

なんと言っても、コロナ禍に於いては人との接触を避けるように過ごしてきましたが、マスクは外せないものの、行動できる(買い物とか、小旅行など)事が少しづつ現実に成って来るものと思っています。

私はどちらかと言うとドライブが最も開放的に成り且つ、ストレス解消に成るのでこれまでの様に家にコモっているのではなく、外の空気を多く吸いたいと思っています。

早くコロナの収束を迎えてくれる事が何より待ち遠しいところです。

​​​​​​






最終更新日  2022年06月07日 15時32分15秒
コメント(0) | コメントを書く
2022年05月13日
カテゴリ:独り言・・・・
最近は、コロナ禍に於いて徐々にではありますがその総数が少なくなってきている状況下、仕事上に於いて少なくとも会社でのマスクや消毒等の徹底に関しても十分に進んでいる。
この様な状況下ではありますが、連休には潮干狩りや陶炎祭等に行って自然の空気や風を受けて、何となく気分転換が出来た様な気がします。
今年の5月は私が70歳(古希)を迎え、現在の状況に関しては若者の考え方を補佐するような形態をとって、本来の会社経営に関する真っ当な運営を助言出来たら幸いであると思っています。
幣社では会社役員から新入社員まで皆、現場を最低5年は熟知してから「地質調査技士」を取得してもらい、その後は現場責任者(オペレーターを含む)や、その他、地質調査業務に関する専門的な知識を取得して、「地質調査業務」一般を行う事としています。
今、最も技術的な工法を採用している官公庁の担当者は、「建設コンサルタント業務」と「地
質調査業務」との関連性に関して、「地質調査業務」発注の際に予定建造物や建築物等の計画を推進し、設計・施工を実施する事を念頭に置いているものと思っています。
「地質調査業務」を担う弊社としては、当然のことながら地質調査について専門的な見解を述べさせて頂くと共に、地質調査に関しては設計書を十分に理解した後に「建設コンサルタント業務」=「設計」に関して支障の出ない事が何より重要であるので、設計書作成者の官公庁の担当者との協議が最も大切で、夫々のポディションを認めつつ、最良で安価に出来る様な「地質調査業務」を心掛けている所であります。
昨今、自然破壊等と騒がれている地形的な造成地の問題や河川の氾濫等、異常気候現象による雨量の問題が多く報告されていますが、それはそうなのでしょうか?
実際、地質調査業務にも限界はありますが、自然地形と向き合う事の非常に大切でありますが、日本特有の地形から低地部と台地部との比率が非常に大きく、低地部は河川の周辺に広くそして耕作地域となっている現状等から、必然的にその周辺部に住宅を建築して住居する事が一般的となている。又、山地形に関しては急傾斜地が非常に多く、その山地を平坦面に造成地を形成する事は、それ自体が半切り土、半盛土となり、急
傾斜地
な山地形に宅地等の大規模な造成地を構成する建設は、それ相当のリスクを生じる。
同様に海岸付近では漁業を中心とした地域や大型輸送船等の大きな港等の付近では、水害等のリスクは当然生じてくる。この様な地域における「地質調査業務」については、どうしてもリスクを最小限にする事への努力をする事以外にはなく、総体的には現実を把握して如何にその場を素早く立ち去るかで、実際にはその様な地形等には住宅等は建設しないで、なるべく自然状況での建設が最も有効なのです。
確かに国土の狭い日本では平野部に建設されている住宅等は、リスクを背負っての建設である事を認識する事が何より大切なのである。
「地質調査業務」については、地盤の堆積状況把握をすると共に、物理的・力学的に土質(地質)について、より詳細に認識する事が重要で、建設地が[沈下を生じる地盤であるのか?][液状化を生じる地盤であるのか?]等を把握して、専門的に助言出来る事が最も重要な役割であると思っています。
最後に、現在ロシアとウクライナの戦争状態について早く収束に向かってもらいたいと願うばかりです。








最終更新日  2022年05月13日 10時53分58秒
コメント(0) | コメントを書く
2022年03月29日
カテゴリ:仕事
年度末に成って来た今週、少ない役所の受注ですが納品時期が今月でしたので、色々と忙しい月でもありました。
今月も残り少なくなってきましたが、月一回は何とか日記をと思っています。
今日は今年度を振り返ってみたいと思います。
今年度も昨年度同様にコロナ禍で1年が過ぎてしまい、まだまだ新型コロナが収まっていない状況にあります。
この様にコロナ禍での作業に関してはどうしても、社員の意気は中々上らないのが現状であり、会社としてもその点は、安全対策を十二分に考慮しながら日々邁進している所です。
早いものでもう2年以上がこの状態と成り、社員については現時点で3回目のワクチンをほぼ済ませていますが、早く収束する事が望まれます。
新年度である4月からは、コロナ終息をと言うよりは、今まで同様な安全対策を崩さずにこれまで同様に社員の安全を守りつつ、現場作業及び内業を進めていきたいと思います。
ここで、心配なのが2月末から始まったロシアとウクライナの戦争ですが、これはこれから先どの様に成っていくのか全く不透明であり、我々のような小さな企業に於いて影響があるのかどうかを判断しつつ、4月からは少しづつ影響が出てくるのではと考えています。
早く戦争は終わってもらいたいものです。






最終更新日  2022年03月29日 09時09分38秒
コメント(0) | コメントを書く
2022年02月08日
カテゴリ:独り言・・・・
​今年に入って春分を迎えて、弊社もこの2月5日に皆様のおかげで、30周年を迎える事が出来ました。
会社を一人で創業に至った経緯は、10年で新社屋建設という目標に向かって、ある程度自分を犠牲にしてきたと思っているのですが、会社経営に全く向いていない経営者の集まりであったので、10年を迎えたころにはもう全く自分の居場所はありませんでした。仕方なく自分が手を引く事が最良であると考え、退社に至ったのです。
当時、
以前勤めていたこの地質調査会社に関しては、発起人6人の内の一人として親から株主となるべく資金を借りて出資金として会社に投資し、自分としてはまだ大学を卒業して2年目と言う事もあって、会社の運営について10年間を目途に独学で茨城県内の地形及び地質について、そして近代技術の把握は基より基本的な技術習得に心掛けて勉強のみだけでなく、経営学についても若い内に学ぶ事が出来ました。
ここでの10年間は本当に自分を成長させてくれました。
その10年間が過ぎて、10年後に新社屋設立という方向で会社運営をしてきたのですが、やはり人というのはその時点に成るとそのような事はすっかり忘れて、これからも賃貸事務所での継続が決まってしまったので、必然的に退社=独立の道を選ぶしかなかったのです。
実際、この決断は非常に厳しい状況であったが、何も考える事なく一人決断し、
会社創立と成ったのです。
それから30年間、只々夢中で仕事一筋に社会貢献ができる状況を試行錯誤の上に過ぎてしまって、本当に短い期間に感じます。
私は28年目に会社の運営に関しては、息子・娘に引き渡して、現在は7人体制で社会貢献第一により良い仕事ができるよう日々勉強に勤しんでいる所です。
是非これからも、地質調査専門会社として良いアドバイスが解り易く、現場作業内容を根幹として、地質調査・地盤調査そして地盤一般の調査について益々頑張っていきますので何卒宜しくお願い申し上げます。
​​






最終更新日  2022年02月08日 12時21分18秒
コメント(0) | コメントを書く
2022年01月14日
カテゴリ:独り言・・・・
​​​​令和4年1月14日(金曜日)
新年あけましておめでとうございます。

​今年こそはコロナ禍のオミクロン株が蔓延しないようにと、石岡市そして東海村にある常陸総社神宮&村松虚空蔵尊に行き、家内安全そして商売繁盛を含めた祈願をしてきたわけでありますが、どういう事かここ2週間に至ってはオミクロン株が急上昇して益々日本全体に広がって来ている状況下にあり、非常に先行きを懸念している今日この頃です。
私自身、新年早々昨年の疲れが表れ、少し休養する時間が必要でありました。不幸中の幸いな事に1月6日、7日は石岡市内はじめ関東1円に於いて雪が5~7cm位積り、十分な休養をとる事が出来ました。
今は体調も完全になり、従来同様に会社へは自転車で出勤しています。
自分の事はこれ位にして、会社の事を考えると今年はこれまでと違って、ワンステップアップする年でありますので、社員及び役員一同一致協力して充実した1年になる事を念願し、その次のステップに飛躍できる年となる事を期待します。

今年弧をコロナ禍が収束して行ってもらいたいものです。​








最終更新日  2022年01月14日 10時48分13秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年12月08日
カテゴリ:独り言・・・・
​ 今年も師走を迎え、寒さも日々厳しくなって来ている今日この頃。
 巣ごもりももう2年に成り、殆ど外出というよりは県外への宿泊が無い旅行が出来ない毎日が続いています。
 本当にコロナ禍が下火に成って終息すれば良かったのに、今度は別のオミクロン株が見つかり、これまた世界中に広がりつつあります。
 今までのワクチン接種とかは別のものなので、これまた巣ごもりが継続するのかを考えると非常に憂鬱に成ってしましますよね。
 それに最近では日本というより世界で始まった地震の増加や火山の噴火なども、何か気候変動と共に、余り情報の無い昨今では来年が非常に心配に成っちゃいますよね。これは私だけが気が付いている事ではなく、殆どの学者や専門家にとっては十分に認識されている事とは思いますが、無知な私には茨城県は現在余りに地震が多くて心配に成ってしまいます。
 地震の予知とかは大分進んではいるのでしょうが、実際は予知は予知でその寸前でないとわからないのが現状です。
 とにかく今年の最後にしての意見としては、コロナ終息とオミクロン株の蔓延が起きない事を願いつつ、現在頻繁に起きている関東地方というより日本各地で起きている地震が収まってくれる事が何より危惧される点であります。

 今年の従業員の健康と役員の健康が、来年にも続きますように願うと共に、大きな災害が起きない年でありますように只々願うばかりです。健康に気を付けて良いお年が迎えられますように心よりご祈念申し上げます。






最終更新日  2021年12月08日 10時37分58秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年11月08日
カテゴリ:独り言・・・・
​​早いもので第一線で働いていた1年半前と今を比較して、自由の日々が多くなっています。
以前の様に、政治的批判や仕事上に対する切磋琢磨に関してはやや歳と共に精力的ではなくなって来ている様な気がします。これって歳の・・・・ですね!
しかし、自由時間が増えてきたにしても、まだまだ歳の成だとははっきり言いたくないので、自由時間を自分の余暇を増やしてドライブ等により充実していきたいと願っています。
今はまだ、コロナ禍であるのでもう少し我慢して”道の駅”巡りを再開したいと思っています。
早くコロナ禍のトンネルを抜け出して、ある程度の規制を考慮に入れた自由な社会復帰感にしたいものです。
この事は仕事に対しても同様な事であり、ボーリング調査及びそれに関する原位置試験を主本業とする弊社に於いては、社員一同日々コロナ対策を実施しての作業と成っているので、早くコロナ対策が必要ない自然作業に戻したいものです。
​最後に成りましたが、少しづつではありますが約2年前の当たり前の生活に戻れるように願うばかりです。​
そして、最近多くなってきた関東地方、特に茨城県を含む周辺での地震の頻度に関しては十分に注意する事が肝要かと思っています。



​​​​​​






最終更新日  2021年11月08日 17時09分08秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年10月12日
カテゴリ:独り言・・・・
​今日は10月12日、本当に1年が早く感じる今日この頃!!
コロナ・コロナでの1年10ヶ月が過ぎて、やっと第5波が収束に向かてきたかのような気配を感じて来ていますが、本当にこのまま収束とはいかないのでしょうか?第6波が来るのではとも言われていますが・・・・。
この様な長くて非常に困惑する状態が続いていると、心が沈んでしまいコロナ前とは全く違った生活と成り、只々毎日会社と自宅との行き来のみで私が大好きなドライブも、ここ約2年余り出来なくて「道の駅」巡りも楽しみの一つでしたが、再開を何時からできる事やら、今はその為にはコロナの収束が一番だと思っています。
ここに来て、大分コロナの感染者が少なくなり県内でも昨日は一桁となり、今が我慢の時と思っています。
もう少しの我慢で少しづつ外出の機会も増えて来る事を願って、毎日を過ごす事にしようと考えています。
今日は自分の勝手な独り言に終始しましたが、これも世の中への愚痴に成ってしまいますよね!。
とにかく、明るい社会に早く戻って自由にドライブでも買い物でも食事でも出来る日々が来る事を願うばかりです。
少しづつ、少しづつ生活がコロナ前まで戻る事を・・・・・。









最終更新日  2021年10月12日 08時35分03秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年09月15日
カテゴリ:独り言・・・・
​9月も中旬に入ってきて気候も暖かい日と少し寒い日が繰り返され、徐々に秋に向かって季節的には通常でしたら”食欲の秋”そして”読書の秋”又、”旅行の秋”、”ドライブの秋”と言う様に、季節季節がわかる四季を感じるものでした。
しかし、昨年そして今年は新型コロナウイルスのまん延により、当茨城県内にも現在緊急事態宣言が国から出されており、会社自体も不要不急の外出は控えた営業方針の基、9月30日まで自粛する事にした。
即ち、昨年も同様でしたが9月に行われる石岡市で行われる恒例の常陸総社神宮主催の秋の石岡お祭りも中止となり、又、県外に出る事等は控えて、殆ど自宅での生活が主体です。ですから、四季を感じられる”食欲の秋”のみを自宅で味わえる事に今は楽しみとして過ごそうと思っています。
早く、コロナが収束してほしいものですが、世界中がこの様な状況下では中々収まるのは急速には困難で、来年もこの様な状況が何時まで続けなければいけないのか只々見守るしかないと思っています。
この様な社会変化に対して、経済もしぼんでは​国全体が小さくなってしまうので、成長無き日本では生活も大変になってしまうので、現在行われているこれからの新政権下に於いて、実のある実態重視の全うな政治を行ってもらえる事が何より重要であると考えます。新政権では前の様な自分勝手な総理では困るので​、新総理は自分の意見は自分の意見として、立派な官僚がいるので考え方を官僚と共に日本を成長戦略に転換できる大臣を選定して、国全体が成長戦略に向かって進めるよう一致協力できる体制を構築して貰いたいものです。
一国民として現政権が全く無能政権であったことは、政権交代を1年弱で済ませられたことを考えれば非常に良かったと言えます。これからの新政権に非常に期待して今日は閉じたいと思います。
最後に、楽しいドライブをしたいもんです。






最終更新日  2021年09月15日 11時49分57秒
コメント(0) | コメントを書く

全198件 (198件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 20 >


© Rakuten Group, Inc.