245340 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

【NBA/古典/日常】未来への過去日誌 ~My HABIT's 備忘録~

PR

X

Profile


健葉Kojitsu

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Rakuten Card

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

黒霧呑兵衛@ 【メモ】大量インプット/切り抜き/取り出し 【大量の情報を素早くインプット】 ・まず…
黒霧呑兵衛@ 【メモ】残るのは感情だけ。好き嫌いは選別の基準。 ・日々思うことはある。だが、その思いは…
黒霧呑兵衛@ 【メモ】具体的に決意を書き表す ・どんなに決意を固めても、実際に行動に…
黒霧呑兵衛@ 【メモ】精神論は『精神の栄養剤』である ・ヘタレに精神論が効果的。 ・上手く伝え…
黒霧呑兵衛@ 【メモ】一人飛び立ち対等の取引交渉 ・素人のままでは中途半端なことしかでき…

Headline News

2021.07.27
XML
カテゴリ:・運営選手論
~~~~~ BASKET COUNT ~~~~~
Giannis Antetokounmpo とミルウォーキーの絆
~~~~~ BASKET COUNT ~~~~~
「トレードの質問はあるかい?」
優勝を決めた記者会見でGiannis Antetokounmpo が放った冗談は痛快だ。度々トレードの噂について質問されていたGiannis Antetokounmpo は、最高の結果を出して記者達を黙らせた。
 一つのチームでフランチャイズプレイヤーとして牽引する選手は希少となっている。選手の主張が強くなり、優勝を求めて移籍を要求するケースが増えている。そんな中、Giannis Antetokounmpo はドラフトしてくれたチームの為に戦い続けている。上記の記事に「勝てるチームと契約するのではなく、契約したチームを勝たせる」と書かれているが、Giannis Antetokounmpo はそれを見事に体現させた。チームを信じ、チームメイト達を信じて、ひたすらに勝利を求めていった。
「試合を楽しむことが自分を助けてくれる」
また、Giannis Antetokounmpo はここまでの道のりで逞(たくま)しいメンタルを身につけた。余計なことを考えず、試合を楽しめばチームの勝利につながると考えている。実際にそう動くのは大変だが、その意識を強くもっている。それが、試合終盤のビッグプレーとなって表れたのではないだろうか。気負いし過ぎず、ほどよい緊張感と前向きな感情が、Giannis Antetokounmpo をここまでの選手に引き上げたのだろう。全力で出来ることを全て行い、足りないところはチームメイトを信じて託す。この気構えが、チームに良い雰囲気をもたらしたのだろう。

来季は通常スケジュールでの開催となる。ライバルチームもミルウォーキーBucks に対して気合いが入るだろう。チャンピオンシップ獲得からGiannis Antetokounmpo はどこまでの選手になれるのか。今後が楽しみだ。



トレーディングカード 2020-21 Panini Prizm Fast Break #3 Giannis Antetokounmpo Disco Silver Fireworks






Last updated  2021.08.28 01:16:14
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.