3139139 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

りゅうちゃんミストラル

全19件 (19件中 1-10件目)

1 2 >

薬物

2010.01.04
XML
テーマ:ニュース(75505)
カテゴリ:薬物
合成麻薬MDMAの譲渡で逮捕された元俳優の押尾学容疑者。
今度は一緒にいた女性に対する保護者遺棄致死で再逮捕された。

押尾学容疑者:MDMA事件、保護者遺棄致死容疑で再逮捕(毎日新聞)

   目

事件は昨年の8月、六本木のマンションで起きた。
押尾容疑者が一緒にいた30歳の女性に対し、適切な救命措置を取らなかった。
これが再逮捕の容疑。

この件に対し、押尾容疑者は否認しているという。
問題は救急車を呼ぶなどしなかったことが「致死」になるかどうか。
「遺棄」には当たるだろうが、警察は立証できると判断した。

亡くなった女性の家族にしてみたら、この再逮捕を望んでいただろう。
私が家族であればそう考える。

検察は「致死」で起訴するのか。
それとも「遺棄」として処理するのか。
続報とともに気になるところだ。

***********************
関連記事

押尾学が保護責任者遺棄致死罪で3度目の逮捕

≪押尾学被告≫保護責任者遺棄致死容疑で再逮捕

***********************

※トラックバックは管理人が承認した後に表示されます。

バナーにクリック願います。

  ブログランキング・にほんブログ村へ

***トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
その場合リンクは必要とはしません。
意見があればメッセージでどうぞ。
ただし荒らしと挨拶できない人はお断りです。
今のところメッセージは全て読んでいます。









最終更新日  2010.01.04 20:07:50
2009.08.11
テーマ:ニュース(75505)
カテゴリ:薬物
覚せい剤取締法違反で逮捕された酒井法子容疑者。
一部では「不起訴かも」という話が出ている。

酒井容疑者不起訴も、使用供述も所持微量(asahi.com)  

   オブジェ4

不起訴というのは以下の理由による。

1、尿の反応が出なかったこと。
2、マンションにあった覚せい剤が0・008グラムと少量。
3、本人が覚せい剤の使用を認めただけでは起訴しにくい。


もし彼女が不起訴になれば。
「薬が抜けるまで警察への出頭を遅らせればいい」ということになる。

これって同じ事をどこかで聞いたことはないか。
それは飲酒運転だ。
飲酒運転をした上、事故を起こしたら。
その場を離れたほうがいいという考えがある。
飲酒運転での事故が厳罰化されてから、この考えは色濃くなった。

大麻や覚せい剤といった禁止薬物の中毒。
これは病気だ。
だから専門の医師による治療が必要になる。

禁止薬物については以下のページにも書いた。

素人が語る薬物問題

夏休みで禁止薬物への誘惑も増える時期。
警察への通報をためらうと、中毒患者は死ぬ可能性が増える。

アルコールを含む薬物中毒は、家族の愛では治せない。
まずは警察と専門医に状況を知らせることが必要。

ましてや酒井容疑者の場合、夫も覚せい剤を使っている。
検察は、彼女を助けるためにも起訴すべき。

この件は起訴すべき



バナーにクリック願います。

  ブログランキング・にほんブログ村へ

***トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
その場合リンクは必要とはしません。
意見があればメッセージでどうぞ。
ただし荒らしと挨拶できない人はお断りです。
今のところメッセージは全て読んでいます。









最終更新日  2009.08.14 10:28:01
2009.04.06
テーマ:ニュース(75505)
カテゴリ:薬物
中村雅俊の息子で俳優の中村俊太。
大麻所持で4日に逮捕された。

中村雅俊号泣謝罪、逮捕の長男は解雇引退(asahi.com)

     

所属事務所の社長で父親の中村雅俊は逮捕の件で泣きながら会見した。
俊太容疑者については解雇の上、俳優を辞めてもらうと発言。

各大学や相撲界に大麻汚染が広まっていることはこのブログでも書いてきた。
芸能界には薬物に関する誘惑も多いのだろう。

だが大麻など禁止薬物を所持、使用すればどうなるか。
誰でも容易に想像できる。

ドラマなど多数の出演があっただけに残念
「大麻くらい」という意識が禁止薬物を蔓延させる


***********************
関連記事

中村雅俊さんの息子は、芸能界引退?

中村雅俊の息子で俳優中村俊太が大麻所持で逮捕
   

バナーにクリック願います。

  ブログランキング・にほんブログ村へ

***トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
その場合リンクは必要とはしません。
意見があればメッセージでどうぞ。
ただし荒らしと挨拶できない人はお断りです。
今のところメッセージは全て読んでいます。









最終更新日  2009.04.06 12:04:07
2009.03.31
テーマ:ニュース(75505)
カテゴリ:薬物
相撲や大学での蔓延が社会問題になっている大麻。
今度は中学生が大麻所持で逮捕された。

大麻所持容疑で中2再逮捕 譲渡疑いの男も逮捕(中国新聞)

      

この中学生は35歳の男から大麻を譲り受けたという。

このニュースでわかること。
それは、現在が大麻が容易に手に入る社会だということ。
しかもそれが中学生にまで広がっている。

なぜ大麻を所持、使用してはいけないのか?
しっかりと教育する必要がある。

中学生が大麻所持とは世も末だ。
あなたの子供は大丈夫?



バナーにクリック願います。

  ブログランキング・にほんブログ村へ

***トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
その場合リンクは必要とはしません。
意見があればメッセージでどうぞ。
ただし荒らしと挨拶できない人はお断りです。
今のところメッセージは全て読んでいます。









最終更新日  2009.03.31 18:17:21
2008.10.03
テーマ:ニュース(75505)
カテゴリ:薬物
2日、警視庁によって法大生5人が逮捕された。
容疑は大麻所持。この学生たちは学内で大麻を吸っていたという。

法大生5人、大麻所持容疑「キャンパスで吸っていた」(asahi.com)

     

逮捕された学生たちは犯行当時19歳の未成年。
タバコや酒が禁じられている年齢から大麻とは。
大麻の所持と使用は、この5人だけだったのか?

法政大ではHPで以下のコメントを出している。
本学学生の逮捕報道について

本日、本学学生が大麻所持により逮捕されたとの報道がありました。本学としては誠に痛恨の極みであり、皆様に多大なご迷惑をおかけいたしましたことを深くお詫び申し上げます。

本学では、直ちに対策本部を設置し、関係機関とも連携して事実関係の正確な把握に努めております。

大麻の所持は法律で禁じられています。また、大麻等の薬物乱用は、健康を蝕むだけでなく、精神をも侵し悲惨な結末を招くことにもなりますので、本学の学生には、薬物乱用の恐ろしさと学生の本分を自覚し、良識ある行動をとるように強く指導してまいります。それとともに、早急に抜本的な対応を講じ、二度とこのような不祥事が起こらないように全学を挙げて取り組みます。

皆様には、多大なご迷惑とご心配をおかけいたしましたことを重ねて深くお詫び申し上げますとともに、事情ご賢察いただき、今後とも変わらぬご高配を賜りますようお願い申し上げます。

2008年10月2日
法政大学
法政大学HPより転載)

大麻と聞いて思い出すのが関東学院大の大麻事件。
この件については昨年、以下の記事で書いた。

関東学院大ラグビー部員、大麻で逮捕

事件が発覚した部員2人だけではなく、部員12人が大麻を使用。
ラグビー部監督が辞任した。

関東学院、大麻で監督辞任

こうしたことが表面化するのは大学生に大麻が蔓延しているから?
今からでも各大学の関係者は薬物汚染について調査すべきだ。

また、「大麻に害はない」などと考えている人が多くなってはいないか?
禁止薬物とその害について、中学や高校で教えることも必要だろう。

今回の報道が氷山の一角でなければいいが。

***********************
関連記事

また、アホな学生が?  




バナーにクリック願います。

  ブログランキング・にほんブログ村へ

楽天フォトの容量を増やしてください。

フォトの容量増やして!

***トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
その場合リンクは必要とはしません。
意見があればメッセージでどうぞ。
ただし荒らしと挨拶できない人はお断りです。
今のところメッセージは全て読んでいます。









最終更新日  2008.10.03 12:31:50
2007.10.31
テーマ:ニュース(75505)
カテゴリ:薬物
「下妻物語」で知られる作家、嶽本野ばら。
大麻所持で逮捕され、今日初公判。午後に判決が出た。

野ばら被告に猶予判決(デイリースポーツ)

         

執行猶予の付いた判決だった。
すぐに判決が出たのは、被告人が起訴事実を認めたためだろう。
もちろん、司法制度改革の一環としてスピード裁判が現実となっている。
(結審したその日に判決が出るのは今に始まったことではない。
20年前でも同じことはあった)

この件では以下の記事を書いた。

嶽本野ばら逮捕と大麻

嶽本野ばらは大麻に依存していた。
一部に「大麻に依存性はない」などという主張をする人がいる。
今回の事件はそれに反する内容ではなかったか。

タバコと大麻を比較する人もいる。
もしタバコが大麻より有害なら。
どうして大麻解禁を叫ぶ人はタバコの禁止を訴えないのか。
私にはこの点がよく理解できない。

彼には大麻の依存性について是非語ってもらいたい。

***********************
関連記事

大麻の有害性を肯定して大麻取締法の違憲論を退けた最高裁決定

↑法律論としてはすでに上記の通り判例として確立している。
「大麻の規制は憲法で保障された幸福追求権の侵害」
という主張は、現在では通用しない。

大麻違反 即決裁判  

↑この件でやはり記事を書いている。
この方は大麻を解禁したいらしく、私とは立場が違っている。
いろんな人がいろんな考えを持っているものだ。

記事は医療用の大麻についても語っている。
だが、今回の件と関連があるとは思えない。
嗜好品で大麻を使用する場合と、医療用とは別に考えるべきではないか。
私はそう考えている。

大麻について調べてみる

↑2005年と少し古い記事だが、大麻について考察している。
記事だけでなく、コメントでも賛否両論になっている。

クリックで救える命がある ブログナビ ブログランキング・にほんブログ村へ 2005-11-09 14:49:02
吉川友梨ちゃん捜索の輪! 拉致問題でのブルーリボン運動 募金サイト イーココロ! 「楽天アフィリエイト&楽天広場」公認ガイド

***トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
その場合リンクは必要とはしません。
意見があればメッセージでどうぞ。
ただし荒らしと挨拶できない人はお断りです。
今のところメッセージは全て読んでいます。









最終更新日  2007.10.31 18:41:46
2007.10.30
テーマ:ニュース(75505)
カテゴリ:薬物
元光GENJIの赤坂晃
覚醒剤の所持で28日逮捕された。

   キノコ

元光GENJIの赤坂晃容疑者を逮捕 覚せい剤所持(asahi.com)

たしかTBSのドラマ「HOTEL」に出演していた。
解散後も舞台やテレビで活躍していたのに。

本人も使用を認めており、尿検査も陽性。
ジャニーズ事務所が彼を解雇するのは当然。
以下のコメントを出している。

10月30日付の報道に関しまして
平成19年10月30日
株式会社ジャニーズ事務所

 平成19年10月28日未明、弊社所属タレント赤坂晃が覚せい剤取締法違反により逮捕され、現在、警視庁大塚警察署に勾留されております。赤坂は、今年の4月下旬以降、数回にわたり覚せい剤を購入し、使用していたとのことであり、本人は、素直に事実関係を認め、自らの行為を深く反省しております。
 しかしながら、このような犯罪行為は、決して許すことのできないものであり、弊社では、同月29日、赤坂を解雇処分と致しました。
 ファンの皆様を始め関係各位には、多大なご迷惑をおかけしたことを、心よりお詫び申し上げます。
 なお、現在捜査中であるため、弊社では公表を差し控えさせていただいておりましたことを併せお詫び申し上げます。

彼はこれからどうなるのか。
薬が忘れられず再犯に走らなければいいが。

愚かな奴。頭を冷やせ。

***********************
関連記事

≪元光GENJI・赤坂晃≫覚せい剤取締法違反の現行犯で逮捕!

元光GENJIの赤坂晃が覚せい剤で逮捕? 

元光GENJIの赤坂晃を覚醒剤所持で逮捕

あの人は今檻の中。赤坂晃

クリックで救える命がある ブログナビ ブログランキング・にほんブログ村へ 2005-11-09 14:49:02
吉川友梨ちゃん捜索の輪! 拉致問題でのブルーリボン運動 募金サイト イーココロ! 「楽天アフィリエイト&楽天広場」公認ガイド

***トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
その場合リンクは必要とはしません。
意見があればメッセージでどうぞ。
ただし荒らしと挨拶できない人はお断りです。
今のところメッセージは全て読んでいます。









最終更新日  2007.10.31 13:09:54
2006.09.10
カテゴリ:薬物
「夜回り先生」こと水谷修氏の講演に行ったことは前の記事で書いた。

水谷修氏の講演に行く

ここでは前の記事で書けなかったいくつかのことについて書きたい。
ひとつは宮崎での講演キャンセル問題。
もうひとつは水谷氏が「兄のように思っている」という筑紫哲也との関係について。

まずはキャンセル騒動。
水谷氏は8月27日宮崎での講演(日本PTA全国研究大会)をキャンセルした。
突然のキャンセルは会場にいる人たちを驚かせただろう。
この騒動は新聞(全国紙)にも掲載された。
いくつかのブログはこの件について書いている。

夜回り先生のこと

まず最初に断っておく。講演はビジネスではない。
だからビジネス=水谷氏の講演と考えることはできない。

しかし宮崎という場所で水谷氏の講演を楽しみにしていた人たちはいたはず。
そうした人たちは果たして今回の講演中止に納得しただろうか?
また、「講演では直接の言葉を大切にし、モニターを使用しない」というポリシーがあったとする。
しかし水谷氏はすでにテレビという媒体で薬物問題について語ってもいる。

水谷氏は私の聞いた講演で「テレビが嫌い」と語っていた。
「真実が編集によって違うものになる」という理由からだった。
しかしいくら嫌いとは言っても今までに教育テレビや民放などで水谷氏が出演を引き受けたことはある。
水谷氏が今回だけ講演をキャンセルするとは私には理解できない。
モニターからでもいいから講演をしてほしかった人もいたのではないか?
その人たちの想いはどうなってしまうのだろう?

後援を中止して得るもの。そして失うもの。
その二つを水谷氏はどう考えたのか?
私が聞いた講演ではこの「キャンセル問題」に一言だけ触れた。
「いいかげんなことはしたくなかった」

彼の言いたいことは私にも理解できる。
それでも講演を中止にする必要があったのか?
私自身ももう一度考えてみたい。

このキャンセル騒動については以下の記事も言及している。

講演中止について思うこと

日本PTA研究大会ハプニング

泣いても(k809031a)

身勝手先生と呼ばれたいのか  

夜回り先生が講演を突然中止

↑「本当にモニターでは言葉が伝わらないというならば、なぜテレビ出演をされるのでしょう」
という意見は私と同じ。まったくその通りだと思う。
現実に教育テレビでは水谷氏の講演の様子を放送したことがある。

「夜回り先生」…嗚呼、おおいなる勘違い

夜回り先生はやはりタダ者ではなかった。わたしは以下の記事を読んで心から感動しました。なかなかできることではありません

夜回り先生

夜回り先生講演中止

夜回り先生とのつきあい方

夜回り先生

頑張って!水谷先生!

↑後援を中止した水谷氏を擁護する記事。
こうした意見があったいいと思う。
みんながみんな同じこと考えるわけがないからだ。

夜回りより謝罪行脚をした方がいいのでは?(夜回り先生講演ドタキャン)


***********************
一方、水谷氏が信用する筑紫哲也について。

検索してみると筑紫哲也はマリファナについてこんな発言をしたとある。

筑紫哲也

>井上陽水のマリファナ使用問題に対しては、「自分もアメリカでマリファナを吸ったことがあるが、タバコよりは害が少ないことは医学的に明らかであるし、これを日本で使用すると違法ではあるが、そのことと絡めて井上陽水の歌まで否定する一部の意見は間違っている」というテレビ発言をそのとき一緒に出演していた朝日新聞同僚記者が激怒して話題となり、このことから芸能人と若者から慕われるようになった。

この発言が本当にあったのかどうかはまだ確認していない。
(私にはどうも本当にしか思えない)
しかしもし本当なら水谷氏と考えが大きく違うことは明らかだ。
水谷氏によると大麻は有害で依存性がある。
だからこそタバコよりもやめるのが困難だと講演でも繰り返し訴えていた。
二人の間でこの問題はどうなっているのか?

ここで大切なのは、筑紫哲也の考えがどうだ、水谷氏がどうだということではない。
「事実はどこにあるのか?」ということだ。
一部には「大麻はタバコほど有害ではない」という意見がある。

薬物について多くの人は私も含めて何が事実であるか知らない。
何がどう有害で、人体にどう影響するのか?
「知識人」と呼ばれる人の意見が違うと、知識のない大衆はもっと困る。

筑紫のこの発言についてはこのページにも記載されている。 

『ニュースキャスター』筑紫哲也について

>筑紫哲也は、井上陽水がマリファナで逮捕され、担当番組の会議で話題になったとき、「私はこの騒ぎが過剰制裁(オーバーキル)に思えてならなかった」という。その理由として、「沖縄─アメリカ暮らしの中でマリファナがどの程度のものかは知っていたし、ワシントン特派員としてマリファナに関する大統領諮問委員会の分厚い報告書を読み、その内容を記事にした」。その報告書には、「マリファナの人体に及ぼす悪影響はタバコよりははるかに少なく、中毒性もなく、他の麻薬へと進む階段を用意する作用もない」と書かれていたからだという。
 しかし、筑紫のいた新聞社は、「陽水の歌の世界は麻薬の上に築かれた『砂上の楼閣』だったと断じていた」。これに筑紫は「こういう全否定に腹を立てていた」という。筑紫の考えは少数意見だった。番組の中で日比野和幸論説委員らと論争になった。「自分の私見、自己主張をブラウン管の中でやったものとしてはこれが初体験」と本人が書いている。


私は以下のページで薬物問題に触れている。

素人が語る薬物問題

私が考えるに大麻は有害だ。
法律で禁止する必要がある。
もしタバコよりも大麻に害がないというのなら、タバコの規制を強化すればいい。
「大麻容認論者」はタバコ規制を果たして訴えているだろうか?
そして大麻は他の禁止薬物への入り口になる。
さらに、大麻の流通で誰が得をするのか考えてみれば、大麻の解禁はありえない。

大麻についてはっきりと否定してくれ。
そうしないと混乱するだけだ。



***********************
  2005-11-09 14:42:20  
楽天ブックストップページ
  吉川友梨ちゃん捜索の輪
***********************

***トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
その場合リンクは必要とはしません。
意見があればメッセージでどうぞ。
ただし荒らしと挨拶できない人はお断りです。
今のところメッセージは全て読んでいます。






最終更新日  2007.01.10 22:29:10
2006.09.09
カテゴリ:薬物
先日、水谷修氏の講演に行った。

水谷修 - Wikipedia

この人は「夜回り先生」という名前で知られている。
現在社会における若者の薬物問題、リストカットやいじめに関することを日頃から活動している元高校教師だ。
夜の街を回って家に帰っていない青少年に声をかけている。
薬物やリストカットに関する著作も多数ある。

夜回り先生と夜眠れない子どもたち  さらば、哀しみのドラッグ  さらば、哀しみの青春

ドラッグ世代新装版  さよならが、いえなくて  薬物乱用防止教育

この講演はとても人気があって、この日も座席数1400という大きなホールを使っていた。
にもかかわらず葉書での事前申し込みの結果1000人が入場できなかった。

実は私が彼の講演に行くのはこれで2回目。
今回も彼は高校教師であった時代のことを中心に語る。

彼は入学式からシンナーを吸っている生徒を指導していた。
自宅で預かってシンナーと手を切るように努力した。
しかしその生徒はシンナーを辞める事が出来なかった。
水谷家から出るとまたシンナーに手を染めてしまう。

その生徒はある日水谷氏にこう言う。
「俺、先生のところにいてはシンナーをやめられない」
「薬物の専門病院が近くにあるからそこへ連れて行ってくれないか?」
水谷氏にそう頼むが水谷氏は怒った。
自分はこんなに真剣に努力しているのに。
この生徒は何を言っているんだ。
そこで「用がある」という理由でその申し出を断る。
生徒は「先生冷てえぞ!」と叫んで水谷氏の前を去る。
実は水谷氏がその生徒の姿を見たのはそれが最後だった。
その生徒はシンナーの影響か夜になってトラックの前に飛び出した。
即死だった。

その生徒の母親は「シンナーが憎い!」と慟哭した。
水谷氏は教師として自信を失う。
そして生徒が生前言っていた薬物専門の医師のところへ行く。
当時まだ薬物について専門的知識がなかった水谷氏は医師から薬物について学ぶ。
そして医師は水谷氏にこう言う。
「先生!あなたがその生徒を殺したんですよ!」 
水谷氏と薬物との戦いはこうして始まった。

彼は講演でこう言った。
「自殺者3万人。これは大ウソだ!」
その根拠はこうだ。
遺書などはっきりとした証拠がなければ医師は死亡理由に自殺とは書かない。
多くが「事故」として処理されてしまうそうだ。
このことから実際に自殺者はもっと多い。
小学生から高校生まで今日にも死にたいと悩んでいる子どもはいる。
ただ誰もその悩みを知らないだけのことだ。

講演ではいつもこんなことも言っている。
「ほめること」の大切さ。
日本はいつからか、ほめることとけなすことの差が大きくなった。
もちろんけなすことばかりが多い。
もっとほめる。これが水谷氏の主張だ。

水谷氏の役割は大きい。
なぜなら日本で薬物問題に関する活動をしている人は少ないから。
しかし「需要」はある。
多くの若者が薬物中毒で苦しんでいるから。
これは本来なら水谷氏ではなく政冶問題として解決しなければならないことだ。
もちろん東京都などはこの薬物問題に取り組んではいる。
しかし手が足りない。
今、こうしている間にも若者が一人薬物に手を出している。

※宮崎で起きた水谷氏の講演キャンセル騒動。
水谷氏と筑紫哲也の大麻に関する意見の違い。
これらについては以下の記事に書く。

水谷修氏の講演キャンセルと筑紫哲也

***********************
関連記事

水谷修ホームページ「夜回り先生」

水谷の遺伝子

水谷修さんの講演リンク

***********************
  2005-11-09 14:42:20  
楽天ブックストップページ
  吉川友梨ちゃん捜索の輪
***********************

***トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
その場合リンクは必要とはしません。
意見があればメッセージでどうぞ。
ただし荒らしと挨拶できない人はお断りです。
今のところメッセージは全て読んでいます。









最終更新日  2006.09.18 21:00:29
2005.05.11
テーマ:タイ(2966)
カテゴリ:薬物
皆さんはヤーバーという言葉をご存知だろうか?
タイなど東南アジアで出回っている麻薬のことだ。
(ヤーバーというのはタイ語で「バカの薬」という意味)

よくわからない人は、以下の文章を読んでいただきたい。

タイにおける薬物問題の現状(在タイ日本国大使館)

タイの麻薬

また、ビルマで傭兵としてカレン族に関わっている高部正樹さんのレポートは、事実として重い。

決して他人事ではない。麻薬とかかわることの恐怖(正論)

私もタイ、ビルマ国境を車で走ったし、タイの国境警備担当者と話をした。
両国の国境は南北に長く、密林地帯だ。

ビルマ国境に近いメーソートからメーサリアンまで行くには、
私の時にはソンテウというピックアップトラックしかなかった。
土ぼこりをあげながら山道を行くソンテウに乗れば、
いかに両国の国境が守りにくいかが実感できるだろう。
観光客が感動する大自然も、麻薬の運び屋にとって見たらいい隠れ蓑だ。

タイ政府はそんな地域での麻薬撲滅に手を焼いている。
事実上、タイ側だけで麻薬の撲滅は不可能だ。

タイ政府は麻薬撲滅運動に力を入れているが、
そのために刑務所の過剰収容が問題になっている。
それほどこの問題は深刻ということだ。

タイ刑務所の過剰収容問題(在タイ日本国大使館)

また対麻薬戦で勝利宣言したタクシン首相に、
国王までもが懸念を表明している。

国王陛下、対麻薬戦死者にご懸念

2500人もの死者を出しては取締りの「やりすぎ」が、
批判としてあるのは当然のことだ。

ビルマからは多くのヤーバー(麻薬)がタイに入ってくる。
そしてその一部は日本人観光客に供給される。
何しろタイは日本人観光客にとって、旅行しやすい環境だからだ。

バンコクで有名な安宿街であるカオサンでは普通に警察の摘発があり、
手錠をかけられた若者が連れて行かれる。
私も一度その現場を見た。

開放感からか気軽に麻薬を手にする日本人がいる。
今日もまた日本人が麻薬に手を染める・・・

日本人と麻薬は、こうして関係を深めていく。
タイやビルマなど東南アジアで起こっていることは、
決して「対岸の火事」ではない。



参考にするページ

軍事・麻薬問題(ビルマ情報ネットワーク)   店主敬白(麻薬犯罪状況)

ヤーバーはやばい!  ゴールデントライアングル(まさやんの放浪記)

ラオスの子どもを蝕む覚醒剤ヤーバー  Drug War


追記

薬物には直接関係ないが、日本政府はビルマに対して経済援助をしている。
この援助がビルマの民主化に役に立つとは私は思えない。

日本のODA(政府開発援助)とビルマの人々

ビルマ人民主活動家から 日本人へ メッセージ

ビルマ民主化の行方──1995年8月取材   ビルマ問題とは何か

ビルマ民主化闘争略年表   ビルマの民主化   

ミャンマー(ビルマ)の政治情勢


***現在掲示板と日記コメントは閉鎖しています。悪しからず。
意見があればメッセージでどうぞ。
今のところメッセージは全て読んでいます。
トラックバックも受け付けています。ただし殺人を正当化しない人に限ります。削除もあります。








最終更新日  2005.05.12 19:02:20
このブログでよく読まれている記事

全19件 (19件中 1-10件目)

1 2 >

PR

日記/記事の投稿

プロフィール


りゅうちゃんミストラル

バックナンバー

2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01
2018.12
2018.11
2018.10
2018.09

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

初めてのフェルメー… New! リュウちゃん6796さん

一 夢 庵 風 流… 慶次2000さん
韓国ソウル便り 私の… whitebear319さん
日々是徒然 思緒里さん
ニューロンとワイヤ… yuzo_seoさん
画像満載ホテルレビ… 豊年満作さん
タイとタイ語に魅せ… Lamyai_daengさん

ニューストピックス

カテゴリ

カレンダー


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.