3745085 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

みかんの木を育てる-四季の変化

PR

Calendar

Profile


はなたちばな3385

Comments

渡政(わたまさ)@ Re:ヘーゲル『法哲学』の学習5、第三部・三章国家論 b統治権について(05/08) 90歳を迎えても、なお現役の福田静夫先生…
渡政(わたまさ)@ Re:『ヘーゲル法哲学』の学習(3) 「君主権」によせて(04/11) 貴君が常々言っている、「原典に学ぶ」か…
はなたちばな3385@ Re[1]:午前10時半に終わった、今朝の朝市(04/09) 渡政(わたまさ)さんへ 訂正です。渡辺さん…

Favorite Blog

海老名市歴史散歩 … New! jinsan0716さん

伸びない 豊田年男さん

スイカ苗植え付け&サ… ケンタロー (la joie de vivre)さん

軽井沢発地ベリー園… hotchi-berryさん
素人果樹栽培と特選… 桃_太郎さん

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

Freepage List

Headline News

2022年01月29日
XML

​多摩の団地でみかん朝市​

1月29日(土)も、多摩の団地でみかんの朝市をひらきました。
朝8時半、商店会は閑散としていて、風が冷たく、人の気配がなかったんですが。
『今日は元気がないわね』なんて言って、買って行ってくれる人もいたりして。



午前11時までいたんですが、全部で40袋くらいが売れました。

二人の方から、『ハッサクは無いの? 今はハッサクのシーズンじゃないの?』
と注文がありました。
その通りなんですね。
こちらは「青島」への対応で追われていたんですが、
金柑やハッサクも、今や旬なんですね。

もっとも、なんとか金柑やレモン、ユズについては並べたんですが。
柑橘が好きで、詳しくて、なかにはそれを待っている消費者がいるんですね。



温州みかんですが、その種類は「大津」から「青島」に移ってきて、
それを販売することで、頭も手もいっぱいだったんですが。

今回知ったんですが、
大きくは、「大津」は正月まで、1・2月は「青島」が中心だそうです。

「大津」は、収穫してしばらくすると、果皮の水分が減って全体が硬くなるんですが、
それにより水分が逃げれなくなり、かえって味が濃く、ジューシーで美味しくなるんですね。
それと樹上で完熟していますから、なおのこと美味しいんですね。

「青島」の方は、果皮が丈夫で、2月くらいまでは、楽しめるとのことです。
従って、2月は「青島」商戦で頑張ります。

すでにみかん畑の収穫は、1月27日(木)に「残払い」を終えました。
その収穫したみかんが、あと32コンテナ(640キロ)がみかん小屋にあります。
やはり鮮度が命という面もありますから、
これから選果して、はやめに販売したいと思っているんですが。

これから、その青島が終えるころには、
中柑橘のネーブル、清見、湘南ゴールドなどの柑橘がでてきます。
その清見や湘南ゴールドは、これから熟してくるとヒヨドリが狙いだしますから、
今ごろは、農家は木全体に防鳥ネットをかける作業をしています。

ようするに、「ヤレヤレ」ではありますが、
まだまだ後片付けや、これからの対応が求められているということです。







Last updated  2022年01月29日 12時59分48秒
コメント(0) | コメントを書く
[八王子市・多摩市のあれこれ] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.