1939096 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ホームメイドの資材紹介 ~Home Made~

PR

Category

Profile


Home Made

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

Home Made@ Re[1]:ここまで教えてもらえると助かります(05/07) 葉月 生さんへ 世間に出回っている大量生…
葉月 生@ Re:ここまで教えてもらえると助かります(05/07) 効率的な注文の仕方というものがやはりあ…
村瀬雄三@ Re[1]:後付けだって、大丈夫(02/17) 葉月 生さんへ 輸入ドアでは、どんなもの…

Freepage List

Headline News

Free Space

輸入住宅の施工・メンテナンスや資材の購入については、私たち ホームメイドにお問い合わせ下さい。

輸入住宅通信 powered by ブログ新聞maker

輸入住宅通信
by ブログ新聞maker




Favorite Blog

まだ登録されていません

Archives

全138件 (138件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 14 >

あなたなら、どうする? Q&A

2019年07月03日
XML




消費税が8%から10%に上がるまで3ヶ月を切ってきました。

マスコミを含めて、まだあまり実感がないような感じですが、
今回は着実に実行されると思います。

それがたった2%の上昇だとしても、外壁の塗り替え等で200万円
を計画していたら、10%でプラス20万円支払う必要が出てきます。

勿論、これは行政の懐に全部入ってしまいますから、私たちのような
施工会社にとって一切利益にはなりません。

新築の費用については、増税後の優遇措置がいくつか考えられて
いますから、増税前に駆け込む必要がありません。

ただ、リフォームローンを組まないで、修理やメンテナンスをしようと
考えている皆さんにとっては、消費税アップはちょっとした問題かも
知れません。

輸入住宅の補修やメンテナンスは、おおよそ10年毎に行う必要が
ありますから、もしその時期に差し掛かっている人や不具合を抱えて
いるという人は、そろそろ考えた方がいいのではないでしょうか。

海外からの調達となると、納期が長いもので3ヶ月掛かるものも存在
します。船の遅延でそれより長くなれば、増税前には間に合いません。

お金に余裕がある人は大丈夫ですが、教育費など他の出費が大きい
というご家庭でしたら、9月末までに何とかしておきたいものですね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2019年07月03日 09時32分23秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年06月15日




遠く北米で製造され、船で運ばれてくる輸入資材。

注文してから製品が届くまで、早いものなら1ヶ月。納期が長い
ものだと4ヶ月近く掛かるのが普通です。

そうして長い時間を掛けて輸入したものでも、製造した時のミスや
輸送時のミスなどで破損したり部品が欠落しているケースがよく
あります。

人のやることですし、調達するまで多くの人の手が関わっていますから、
途中でおかしくなることは往々にして起こるものです。

今回は、マーヴィン(Marvin)社製オーニングサッシの交換用建具
(障子)で開閉金具のウィンドウヒンジに曲がりがあることを発見
しました。

入荷した時の梱包もきれいな状態でしたし、緩衝材も十分入っている
ようでしたから、特に問題ないと思っていたのですが、開けてみると
問題がある箇所がありました。

ウィンドウヒンジには、スライドレールの中を走る黒い樹脂製のスライド
部品が付属しているのですが、その根元の部分で金属のヒンジ部分が
曲がっていました。

ヒンジの先っぽの部分だけが曲がっていましたから、相当大きな力が
掛からないと曲がりませんし、この部品には傷などもなかったことから
部品の製造時又は建具に取り付ける際に不具合が起きていた可能性が
あります。

現場の作業員にはいい加減な人もいますから、不具合があっても
知らぬふりをして取り付けてしまう人間もいます。

今回も恐らくそういうことだったんだと思います。

日本であれば、えらい剣幕で怒るところでしょうが、こんなことで
腹を立てていたのでは輸入の仕事は出来ません。

すぐにメーカーサイドに連絡をして、梱包状態や不具合の状況を
案内した上で交換部品の手配をお願いしました。

メーカーも慣れたもので、すぐに部品を送る旨手配を始めてくれ
ましたから、壊れた部品と交換して大ごとにはならずに済みました。

輸入住宅のメンテナンスは、やっぱり場数を踏んだプロに任せるのが
一番だと思いませんか?

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2019年06月15日 13時48分23秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年06月11日




日本の玄関ドアは、ほぼ100%外開きです。

そういうドアの場合、ドアヒンジの心棒や噛み合わせの部分は
外から丸見えの状態となってしまいます。

ということは、ヒンジプレートの噛み合わせ部分を壊されたり、
中心の心棒を抜かれたりすると、ドアヒンジはバラバラになって
ドアは簡単に開いてしまいます。

そういった意味で、欧米では安全な内開きを玄関ドアに採用して
いるのですが、安全意識の薄い日本では未だに外開きにしています。

そこで考え出されたのが、このドアヒンジ取付け型セキュリティ・ピン。

ヒンジのビスを1本外して、この金属製のピンをそこにねじ込みます。

また、その反対側のヒンジプレートのビスを外して、このピンが
差し込めるだけの大きさでそこに穴を明けます。

そうなると、ヒンジが閉じた状態の時にピンは穴に差さりますから、
ピンの周囲を金属製のドアヒンジがガードする状態になります。

つまり、ドアを閉めた時には、この防犯ピンがカンヌキのような
役目を果たして、心棒がなくてもヒンジが固定されてしまうので
万一ヒンジを壊されてもドアは開かないということになります。

また、ドアが閉じた状態ではピンはヒンジに隠れてしまいますから、
ピンを破壊することも出来ません。

これって、空き巣や泥棒にとっては、相当厄介なことですよね。

デッドロックバーを隠すガードプレートとセットにすれば、玄関ドア
の防犯対策としては更に強固になりますから、やっておいて損は
ありません。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2019年06月11日 16時36分50秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年05月24日




こちらは、アメリカで売られている面白グッズ。

輸入住宅に使われている掃出しサッシは、片方がハメ殺し(FIX)に
なっている片引きドアです。

ですから、開閉するドアのレールに突っ張り棒のようなドア・ストッパー
を装着すると、鍵だけでなく2重にドアをロック出来ます。

そこで考え出されたのが、この長さ調整可能なドア・ストッパー。

この頑丈な棒をドア・レールの上に置くだけですから、設置も非常に簡単で
ドアの枠で見えなくなっていますから、泥棒もこれには気付きません。

また、お昼寝をする時に風が入るように少しだけサッシを開けておきたい
という場合にも、長さを少し縮めて設置すれば、鍵をしていなくても
サッシをある程度の位置で固定することも可能です。

ただ、このドア・ストッパーは、それだけではありません。





付属のエンド・パーツを装着して、内開きのドアのドアノブに立て掛けると
ドアを開こうとしても開けられなくなるのです。

用心のいい北米では、玄関ドアは全て内開きですから、鍵が解除されても
泥棒はドアを開けられません。

日本でも仕事や趣味に没頭したいという時にプライベートの部屋で
これを使えば、誰にも邪魔されることなく、集中出来るかも知れません。

輸入の掃出しサッシや開き戸の両方に使えるドア・ストッパー。
おうちにいくつかあると外出時や小さなお子さんの見守りに便利ですね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2019年05月24日 11時54分33秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年02月17日




先日、メンテナンスについて現地調査を行ってきた輸入住宅の玄関ドア。

ファイバーグラス製のダブルドアで、ステンドグラスも美しいですね。

築17年のおうちのドアですが、セキュリティという点では少々不安に
思っていらっしゃることがあるとのこと。

まず鍵が1つしかないということ。ロックのラッチバーが外から丸見え
ということ。鍵(シリンダー)自体も古くなってきているということ。

この3点に於いて改善をしたいというのが、今回の要望でした。

そこで、お客様と協議を行い、以下の対策を施すこととなりました。

まずは、ダブルロックとする為に、もう1つデッドボルトを追加します。

それも普通のデッドボルトではなく、最新のスマートロックKEVOを
取付けることとしました。

クイックセットのKEVOは、iPhoneなどのスマート・デバイスを
連携させると指のタッチ一つで鍵の解除やロックが可能となりますし、
キーを持ち歩くことも要らなくなります。

尚、携帯を持たない子供さんやお年寄りは、通常のキーの代わりとなる
FOBキーと呼ばれる小さなタグを持っていれば、同様に指で操作が可能
となります。

そして、デッドロックのラッチバーを見えなくする為に、2ヶ所に
ガードプレートを装着します。

このガードプレートは、厚さが3.4mmもあるステンレス製ですから、
バールでもそう簡単にはこじ開けることが難しいヘビー・デューティ
仕様です。

そして、古いデッドロックのシリンダーもスマート・キーという
新しいタイプのものに交換して、玄関ドアの2つの鍵と勝手口の
1つの鍵を全て同じキーで開けられるように変更します。

また、スマート・キーのシステムは、万一キーを紛失してしまった
時でもシリンダー内の設定を変更して、新しいキーが使えるように
することが可能です(その後、古いキーは使えなくなります)

あとは、ディンプルキーのタイプにすることも出来ますが、
今回は取り敢えずここまでの対策を実施する予定です。

<関連記事>: 鍵を差さないスマート・玄関ロック 「Kevo」

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2019年02月17日 15時43分07秒
コメント(2) | コメントを書く
2019年02月03日




昨日、クイックセット社製の古い玄関ドア用ハンドルセットの
防犯対策前の様子を記事に書かせて頂きました。

今日は、セキュリティ部材を装着して防犯対策をした後の様子を
ご覧に入れたいと思います。

一見あまり変化がないように見えますが、デッドロック・バー
(カンヌキ)がドアの隙間から見えないように黒いガードプレートが
装着されています。

ハンドルセットは本来金色のものであったと思いますが、経年変化で
茶色くなっていましたから、ガードプレートも敢えて金色ではなく
黒のものを選びました。

そうすることで、周囲との調和が取れて、新しいガードプレートでも
違和感が出ないようになっています。

このガードプレートは、ステンレス製で厚みが3.4mmもありますから、
空き巣でもガードプレートそのものを破壊して侵入することはまず
出来ないと思います。

つまりドア本体を壊すような大胆な犯行でない限り、ロックを解除
して室内には入ることが出来ないと思います。

そして、次に問題となるのが、鍵穴です。

今までのキーシリンダーも、国産のものに比べると防犯性は高かった
とは思いますが、安全性を更に高める為にディンプルキーのタイプに
交換しています。

これは、耐鍵穴壊し性能は5分未満、耐ピッキング性能は10分以上
といった高い防犯性能を誇ります。

また、シリンダーの色は、アンティークブラス(古金色)としました。

ただ、キーをなくしてしまったという場合は、どんな対策をして
いても防ぎようがありませんから、その点はご注意を!

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2019年02月03日 11時44分59秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年12月21日




年末になると泥棒や空き巣が多くなってきます。

何故なのかは分かりませんが、年末年始は誰でもお金が必要なんで
しょうね。

私たち ホームメイドでは、輸入住宅のセキュリティを高める為に
いろいろな防犯商品を紹介していますが、今回はこの防犯カバー。

鍵を掛ける為のロックセットの金物を破壊する為に掛かる時間を
少しでも長引かせるという効果を狙った金属カバーです。

手荒なまねをすれば、どんな玄関ドアをも壊して侵入する昨今の
空き巣ですが、デッドボルトのラッチバーを隠すガードプレートや
ディンプルキー・シリンダーでほぼ全ての侵入を防げるように
思います。

ただ、それでも不安という方の為に、ドアに内蔵されたロックケース
そのものを金属で覆ってしまおうという商品です。

犯罪が多いアメリカですから、こんな商品もあるんですね。

勿論、私たちはこうした商品も調達可能ですよ。

では、年の瀬が迫ってきた状況ですが、どうぞ皆さんもおうちの
防犯対策を見直してみて下さいね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2018年12月21日 11時11分57秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年07月16日




外装リフォームを終えた天白区の輸入住宅ですが、リビングにある
大きなエアコンも交換しました。

LDKが一つの空間になっていて、そこに吹き抜けもあれば階段もある
という間取りの為、一番大きな20畳用を用意しました。

それでも、最近のエアコンは少しですが小さくコンパクトになって
きているのでしょうね。古いエアコンが付いていて見えなかった壁が
少しですが露出してしまいました。

性能はアップして、サイズは小さくなる。こういうことが進歩なの
かも知れませんね。

因みに最近のエアコンは、別売のアダプタを装着すれば、Wifiに接続
してスマホ等から操作が可能となるみたいです。

外出時にエアコンの状態を見たり、室温を確認したり、そろそろ
帰宅するという頃にエアコンのスイッチを入れたりと、便利になり
ましたねぇ。

まあ、そこまで至れり尽くせりにしなくても、昭和生まれの私には
全然十分な機械だと思いますが・・・。

今日は気温38度。ほんといいタイミングで取付け出来ましたから、
お客様もお部屋で快適でしょうね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。






Last updated  2018年07月16日 14時44分45秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年07月08日


以前、スマホとペアリングさせて玄関ロックをワンタッチで開閉出来る
というクイックセット(Kwikset)社製KEVO(キーヴォ)をご紹介
させて頂きました。

ただ、こちらはロックに指でタッチすることで操作が可能となるものでした。

今回ご紹介するのは、ワンタッチなしでスマホの操作で開閉出来る
Kwikset Z-Wave Smart Lock Conversion Kit。

こちらは、Wifiを利用してホームネットワークに接続し開閉操作を行います
から、どこにいてもスマホで玄関ドアのロックの状況が確認出来ます。

つまり、鍵を閉めて外出したかどうか不安な時でも、スマホと見れば
鍵をしたかどうかが一目で分かりますし、万一閉め忘れた時でも
外出先から鍵を閉めることが可能です。

また、こちらの製品は、既存のデッドロックを利用します。
デッドロックの外側やデッドロック・バーをそのまま使い、
室内側をこの製品に付け替えるだけですから、外観のデザインを
損なうこともありません。

この製品は、クイックセット(又はワイザー)のデッドロックのみを
対象としていません。

開閉機構の異なるボールドウィン(Baldwin Estate)やシュラーゲ
(Schlage)といったドアノブ・メーカーのものも付け替えが可能です。

(種類によっては取付けが出来ない場合もありますから、事前確認が必要)

外出時や丁度玄関から遠い場所にいるような時に、急な来客があっても
スマホ一つ操作すれば、鍵を開けてあげることも出来ますから、
便利ですよね。

勿論、Wifi接続のセキュリティ対策についてもメーカーは万全と謳って
いますし、万一不安な時にはWifiを切ってホームネットワークから
外したり、普通にキーを使って開閉することも出来ますよ。

この製品は、まだ国内では販売されていませんが、私たちなら輸入が
可能ですから、使いたいという方はご相談下さいませ。

<関連記事>:鍵を差さないスマート・玄関ロック 「Kevo」

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。






Last updated  2018年07月08日 12時33分36秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年06月17日




この写真は、今朝沖縄タイムスのNETニュースに掲載された
「台風6号で瞬間風速62mを観測した伊江島空港事務所の窓ガラス」。

サッシのアルミ・フレームは曲がり、ガラスは粉々に砕けている。

でも、この台風は、然程強いというフレコミもなく、現に今日の
午前中には温帯低気圧になってしまっている。

地球温暖化は、普通の台風でも何某かの特別な能力を与えてしまう
恐ろしい環境変化と考えてもよさそうである。

日本の住宅(建物)は、東南海地震といった強い地震に耐えられる
という住宅メーカーの宣伝文句で建築されています。

でも、ハリケーンのような強い台風や竜巻のような突風に耐えられる
といったアメリカにあるような建物は一つとしてありません。

安さを追求するあまり、サッシ・フレームを薄くして、窓やガラスの
強度を最小限にしていないだろうか。

災害は、地震や津波だけではないことを忘れてはいけないのです。

これから新築・リフォームをお考えの方は、突風対策を施した
輸入サッシを導入することも必要かも知れませんよ。

<関連記事>: スーパー台風・突風対応型高強度輸入サッシ

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。






Last updated  2018年06月17日 11時56分22秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全138件 (138件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 14 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.