000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

ホームメイドの資材紹介 ~Home Made~

PR

Category

Profile


Home Made

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

村瀬雄三@ Re[1]:このタイプのロックは、経年劣化で破損します(03/13) 濱村 泰仁さんへ ご相談頂き、有難うござ…
濱村 泰仁@ Re:このタイプのロックは、経年劣化で破損します(03/13) 当社も建築屋ですが21年ほど前にこのタイ…
okko@ Re[2]:美しいロジェールのオーブンレンジ(07/02) Home Madeさんへ ご親切にご返事をいただ…
Home Made@ Re[1]:美しいロジェールのオーブンレンジ(07/02) okkoさんへ 何かの台の上に置くようなも…
okko@ Re:美しいロジェールのオーブンレンジ(07/02) お邪魔いたします。 ロジェールのオーブン…

Freepage List

Headline News

Free Space

輸入住宅の施工・メンテナンスや資材の購入については、私たち ホームメイドにお問い合わせ下さい。

輸入住宅通信 powered by ブログ新聞maker

輸入住宅通信
by ブログ新聞maker




Favorite Blog

まだ登録されていません

Archives

全85件 (85件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >

水栓金具

2018年07月25日
XML
カテゴリ:水栓金具




静岡県のお客様からコーラー(Kohler)社のキッチン水栓について
ご相談を頂きました。

今では貴重なゴールド色のクラシックな水栓金具です。

長い鶴首の根本の辺りから水が漏れるというトラブルなんですが、
新築したビルダーさんに相談したら、古い水栓金具なので修理部品は
手に入らないと言われたとのこと。

そこで、何とかならないかとNETで調べた処、ホームメイドのサイト
に辿り着き、問い合わせをされたのです。

幸いこの水栓金具の品番や施工時期の記録が、お客様の手元にありました
ので、それを手掛かりにして調査をしてみました。

お客様曰く鶴首の先端の吐水口部分が詰まっているのか、水がまっすぐ
下へ落ちないということですから、この吐水口の付近、鶴首の根本の
台座取付け部分、お湯・水の止水バルブの何れかに不具合がある
のかも知れません。

まず吐水口部分については、メーカーに部品の在庫があることが
確認出来ました。次に鶴首全体については、既に部品の在庫は
なくなっているようです。

最後に一番交換頻度が多い止水バルブですが、こちらも在庫は大丈夫
な状況でした。ただ、この水栓に適合するバルブは2種類あるようで、
それをお客様に確認してもらう必要があります。

こういう状況ですから、止水バルブであるセラミック・カートリッジや
吐水口部品であれば、修理は可能。鶴首の根本部品の歪み等が原因
であれば、お手上げ状態となります。

メールのやりとりしか出来ない私たちでは、これなら絶対直せるという
ことは言えません。一か八かの判断になりますが、お客様はどのように
されるでしょうか。

運よく修理が出来れば、お客様の満足感や達成感はマックスに
なりますが、出来なければその費用だけでなく、違う水栓金具に
交換するお金も掛かってしまいます。

あとは、お客様がどれだけこのキッチン水栓に思い入れがあるか
どうかだと思います。

それにしても、当時この水栓金具は結構高かったでしょうから、
何とか直して差し上げたいですね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。






Last updated  2018年07月25日 12時16分53秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年07月06日
カテゴリ:水栓金具




先日、アメリカンスタンダード社製の洗面水栓の蛇口から水漏れする
という記事を書かせて頂きました。

メーカー名は分かるけれど、製造時期や品番・品名は不明という
状況の中、アメリカのメーカーサイトから問い合わせをして、
このカートリッジバルブが交換部品ですという返信を頂きました。

お客様には、「メーカーからの回答だから、正しい製品だとは思うけれど
万一相違があっても私共では責任を負えないが、宜しいでしょうか?」
というお伺いをさせて頂きました。

私共で取付けをして記録も残っている水栓金具であれば、責任をもって
調達することは可能ですが、こういう場合は一定のリスクを覚悟
しなければなりません。

もしリスクを負いたくなければ、全く新しい水栓金具をご購入頂き、
交換すればいいだけのことですが、既存の水栓に愛着がある場合は、
リスクとデザイン、費用をバランスに掛けなければなりません。

今回のお客様は、メーカーの言うことを信じて、多少のリスクが
あっても止水バルブだけを調達して交換して欲しいという決断を
されました。

写真のものが、今回アメリカから輸入した交換品です。

ただ、こうしたバルブはインチ・サイズで作られていますから、
交換作業の道具もインチ単位の専用工具を使わないと、六角ナットの
角がなめてしまって回せなくなるなどのトラブルが発生します。

国産のもののようにミリ単位の道具で何とかなるならいいのですが、
こういうところにも輸入部材のメンテナンスの難しさが隠れています。

そういうことを知っているプロの輸入住宅ビルダーであれば、
問題ないことですけどね・・・。

<関連記事>: 品番が分からない時は、部品交換は一種賭けです

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。






Last updated  2018年07月06日 11時30分20秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年06月21日
カテゴリ:水栓金具




こちらは、名古屋市緑区のお客様からご相談を頂いたアメリカン
スタンダード社の古い洗面水栓。

白いレバーハンドルが付いたオーソドックスなデザインの水栓です。

15年前に施工された水栓金具ということですが、レバーを閉めても
水がポタポタ落ちるというトラブルです。

こういう場合、基本的に内蔵されたセラミックバルブを交換すれば
直ってしまうのですが、水栓金具の特定が必要となります。

お客様ではメーカー名の把握は出来ているようですが、製品の
品番や品名はよく分からないということでした。

私の方でアメリカのメーカーに直接問い合わせをして、先日
サービスの担当者からこの商品ではないかという回答を頂きました。

ただ、水栓の吐水口のデザインが微妙に違っているようですし、
本当にこの水栓に適合するバルブであれば交換出来るかどうかは、
私の方では判断が出来ません。

メーカーからの回答だから、多分大丈夫だろうとしか言えないのです。

私共が調べた限りでは、この水栓金具に適合するバルブの調達は
可能のようですから、お客様にもその旨お伝えしました。

あとは、そのリスクを承知の上でお客様自身がバルブの調達を
決断されるか、全くリスクのない新しい水栓金具に交換するか、
どちらかをお選び頂くしかありません。

こういう時は、既存の水栓金具に対してどれだけ愛着があるか
どうかに掛かってきます。

だって、もし新しいバルブが既存の水栓に適合しなければ、
バルブの調達費用プラス新しい水栓金具の調達・交換費用の両方を
ご負担頂かなければなりませんから・・・。

でも、うまくバルブが取付け出来れば、儲けもんです(笑)
いや~、悩みますよね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。






Last updated  2018年06月21日 12時00分21秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年04月17日
カテゴリ:水栓金具




輸入住宅の浴室によく設置されていたコーラー(Kohler)社のシャワー
水栓金具。

洗い場用に吐水口も付いていて、シャワーと吐水とを切り換えも
出来ましたね。

ただ、このシャワー水栓のシャワーヘッドは、あまり丈夫には出来て
いません。うっかり手から離れてタイルの床に落としてしまうと、
頭が少し凹んでしまったり、お湯が出てくる黒い部分が割れたり、
外れたりしてしまいます。

そうなると、せっかくのシャワー水栓も台無しになってしまいます。

今回、お客様からこのシャワーヘッドだけを交換出来ないかという
相談を頂きました。

メーカーに問い合わせたら、ゴールド色は既に廃番で在庫を確認
しないと出荷出来るかどうか分からないという返事でした。

でも、運よく在庫があったようで、新品のシャワーヘッドが
手に入りました。

国産品と違って、輸入資材は製品寿命が比較的長いもの。
ですから、壊れても諦めずに探してみることが大切です。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。






Last updated  2018年04月17日 15時16分54秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年03月28日
カテゴリ:水栓金具




こちらは、JODEN(ジョーデン)社製キッチン水栓の台座近くの
写真です。

レバーハンドルを閉めてもお湯も水もボタボタ吐水口から落ちてくる
ということで、お客様から相談を頂きました。

こういう場合、その原因は止水バルブであるセラミック・カートリッジ
の破損だと思います。

レバーを外して、セラミック・バルブの頭が露出していますが、
その金色のカバーが外れないようです。

このカバーはネジ式になっていますから、単純に回せば外れるという
ものなんですが、錆び付いてなかなか外せない状況のようです。

ただ、これを外してセラミック・バルブを露出させない限り、どんな
止水バルブが取り付けられているか分かりませんから、どうにかして
外す必要があります。

(勿論、これを交換するにも外さなければ出来ません)

ただ、現在手に入るセラミック・バルブは1種類しかなく、古いタイプ
のバルブは既に生産中止になっています。

この水栓金具に付いているものが新しいものかはまだ分かりませんが、
JODENの蛇口をお使いの皆さんは、手に入るうちに予備のバルブを
購入しておいた方がいいかも知れません。

セラミック・バルブは半永久的に使えると言われていますが、水道管
の工事などで細かな砂やゴミが混じってくる際、バルブに砂が噛んで
破損するかも知れません。

そういうアクシデントに備えておく必要性は、セラミック・バルブが
使われている輸入の水栓金具全般に言えることです。

今使えているから安心するのでなく、もしもに対応することは
国産・輸入を問わず家づくりには大切なのかも知れませんよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。






Last updated  2018年03月28日 09時24分41秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年03月17日
カテゴリ:水栓金具




先日、入荷した際にご紹介したワンレバーのクリスタル水栓を
お客様の洗面台に取り付けしました。

国産の洗面台でしたが、写真のようにきれいに納まりました。

ペットクリニックの待合室にある手洗いですから、今後も多くの
お客様が使われるものと思います。

今までの国産の蛇口でもお使い頂く分には遜色はなかったと思いますが、
少しでも素敵な気分になって頂けるのであれば、水栓金具のリニューアル
をやっても損はありませんよね。

ペットが病気になって来院される訳ですから、ただでさえ心配な気持ち
になるものです。

そうした飼い主さんの気持ちが少しでも和らぐようになれば、交換
させて頂いた私たちとしても嬉しい限りです。

どうぞ皆さん、末永く大切にお使い下さいね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。






Last updated  2018年03月17日 11時56分41秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年03月14日
カテゴリ:水栓金具




「やまがたペットクリニック」様の洗面台に取り付ける為に
新しい洗面水栓金具を取り寄せました。

ワンレバーのトップには、大きなクリスタルのガラスが
はめ込まれています。

色は、ローズ・ゴールド。黄なびた感じの銅色のようでもなく、
淡いピンク色をした金色は、女性らしさを感じさせます。

水栓のデザインとしては、少しレトロに振っている感じがしますが、
そこがスペシャルな感じでいいですよね。

今まで付いていた洗面用のシャワー水栓は、国産のよくあるタイプ
でしたから、これに変わるとクリニックのお客様も驚くでしょうね。

クリニックの今回のリフォーム・リノベーションは、単に直すという
ことだけでなく、デザインを少しパワーアップさせることをテーマに
していましたから、その目的は概ね達成出来た気がします。

家のメンテナンスだけでなく、もう一歩進めた家づくりをしてこそ
生活が楽しくなるものです。

皆さんも、そういう気持ちで家の将来計画を立てるようにして下さい。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。






Last updated  2018年03月14日 10時20分56秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年01月21日
カテゴリ:水栓金具




こちらは、北米デルタ(Delta)社製の洗面水栓。

お客様から吐水口から水がポタポタ落ちるという不具合で、止水
バルブ等の交換を相談されたのですが、最終的に水栓ごと廃棄される
こととなったようです。

水栓金具自体の品番等が分からないということでしたが、私たちが
調べた結果水栓金具も特定出来ましたし、交換用の部品類も調達可能と
分かりました。

その旨お客様にお知らせして見積までさせて頂きましたが、洗面全体を
リフォームするので、もうこの水栓金具は使わないらしいのです。

オーソドックスな輸入水栓のデザインですが、国産にはない美しさが
ありますし、部品さえ交換すればまだまだ長く使える製品です。

輸入のものは部品の入手が面倒だというお話で、別のものにしてしまえば
こうした問題は起こらないと考える方も多いかも知れませんが、
実際には国産のものであっても同じトラブルは起こります。

また、10年以上前の製品についてメンテナンス用部品の在庫があるか
どうかは、国産製品ではなかなか難しいという気がします。

お客様にはお客様なりの価値観がありますから、私共の考えを押し付ける
つもりはありませんが、個人的にはいいものを長く大切に使い続けて
いって欲しいものです。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。






Last updated  2018年01月21日 11時58分16秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年01月18日
カテゴリ:水栓金具




銀色が少しくすんだように見えるニッケル色。それをピカピカに
磨いたように仕上げたのが、ブラッシュド・ニッケル色です。

クローム色のように光る感じがなく、落ち着いた大人のデザインを
意識するなら、この色は最適かも知れません。

こちらの水栓金具はカナダ モエン(Moen)社の洗面用水栓ですが、
吐水口とレバーハンドルが1つの台座に一体成型されたコンパクトな
デザインとなっています。

北米の水栓金具は、一体成型されたものと、それぞれがバラバラに
分かれているワイド・スプレッドと呼ばれるものの2種類に
大きさが分かれます。

比較的お値打ちなものを選びたいなら一体成型のものを、洗面周りを
少々豪華に見せたいならワイド・スプレッドのタイプを選ぶと
いいでしょう。

勿論、既に設置されているものを交換したい場合でも、既存のものが
どちらかを確認し、それと同じ大きさのものを調達すれば簡単に
交換することが可能です。

規格がある程度統一されている点やデザインが美しい点で、輸入水栓を
選択するメリットは高いと思います。

こうした水栓が付いているだけで暮らしのアクセントになりますから、
皆さんのおうちにも如何でしょうか?

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。






Last updated  2018年01月18日 10時30分15秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年01月06日
カテゴリ:水栓金具




年末にお客様の浴室洗い場にあるシャワー水栓の修理に伺いました。

コーラー(Kohler)社のものですが、既にシャワーホースは国産の
ものに交換されていて、年数も相当経ってる感じです。

メーカーに止水バルブ(カートリッジ・バルブ)の交換で直ることを
確認して、新しい部品を取り寄せいざ交換。

まずが、ハンドル・レバーの付いた台座を外すのに、一苦労。

単純にネジを回すように外すだけなのですが、錆びているせいか
全然回りません。

お客様がお持ちの潤滑剤をお借りして、ようやく台座を外すことに
成功したのですが、今度はその中にある肝心のカートリッジ・バルブが
全く動かない。

こちらも水栓本体に固着している感じです。

散々トライしてどうしても外れないので、日を改めて水道屋さんと
一緒に交換作業をすることとなりました。

それにしても、輸入の水栓金具の修理は、何と手強いことか。

もし本当に外れないとなれば、本体ごと交換しなければなりませんから
大ごとです。

何とか直して差し上げたいので、頑張りますよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。






Last updated  2018年01月06日 11時17分44秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全85件 (85件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.