1273869 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

ホームメイドの資材紹介 ~Home Made~

PR

Category

Rakuten Profile


Home Madeさん

手づくり輸入住宅のホームメイド

フォローする

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

Home Made@ Re[1]:昔は殆どこれでしたね(08/04) 葉月 生さんへ はい、機能性のいいものは…
葉月 生@ Re:昔は殆どこれでしたね(08/04) どんどん新しい良いものが出ているんです…
Home Made@ Re[1]:大きなガレージ・リモコン(04/04) sasayanさん > 情報、有難うございます。…
sasayan@ Re:大きなガレージ・リモコン(04/04) 拙宅は金剛産業施工のガレージですが、オ…
Home Made@ Re[1]:これが結構割れやすい(06/23) asakawa.kazutoshiさん > メッセージ、有…

Freepage List

Headline News

Free Space

輸入住宅の施工・メンテナンスや資材の購入については、私たち ホームメイドにお問い合わせ下さい。

輸入住宅通信 powered by ブログ新聞maker

輸入住宅通信
by ブログ新聞maker




Favorite Blog

まだ登録されていません

Archives

全72件 (72件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >

水栓金具

2017年11月09日
XML
カテゴリ:水栓金具




月曜に八事でオープンしたコーラー(Kohler)のショールームの
レセプションにお邪魔してきました。

所狭しと並ぶ輸入の水栓金具やシンクボウルが一杯ある上に、
輸入住宅の建築に関連する業者さんたちで、狭い空間はごった
返していました。

そんな中でも、面白い商品をいろいろ見てきましたよ。

まずご紹介したいのは、このバー・シンク(パーティ・シンク)用の
水栓金具。

頑丈そうな長くて太い水栓金具のデザインは、小さなバー・シンク
には不釣り合いなくらいの存在感があります。

ワンレバーの開閉金具やクラシックな吐水口は、何やらビール・
サーバーを思わせますね。

もしかしたらそういう使い方も出来るかも知れませんが、基本は
水とお湯の両方を出せる混合水栓になっています。

まあ、ビール・サーバーに使うなら、片方を接続せずにしておけば
いいのかも知れませんが、バー・カウンター付きの厨房を付けたい
という酒好きには持ってこいでしょうか?

但し、本当に設置するなら、使えるかどうかを予めチェックしてから
にして下さいね。(インテリア・デザインとしてでもOKですが・・)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。






Last updated  2017年11月09日 18時39分57秒
コメント(0) | コメントを書く

2017年10月28日
カテゴリ:水栓金具




私共が建てさせて頂いた輸入住宅で、洗面の水栓金具を交換させて
頂きました。

水側のカートリッジバルブ(止水パッキン)の問題だったのですが、
メーカーがなくなってしまい、交換用のカートリッジバルブの
入手も困難となった為、当社の在庫にあった輸入水栓を取り付けました。

陶器で出来たベデスタル・タイプの洗面台には、やっぱり舶来の
ものがよく似合います。

この水栓金具については、カートリッジバルブも少しですが在庫
していますから、万一交換することになっても安心です。

ただ、カートリッジバルブが悪くなった原因が、ハンドルを強く
締め過ぎたということと、元の水道管から流入する細かな砂粒や
異物と考えられますので、再度トラブルになる可能性も否定
出来ません。

ですから、私たちのような輸入住宅の専門家が、今後もこの家の
点検・メンテナンスを引き続き行っていくことこそ重要な気がします。

いくらいいもので家づくりをしても、使っていれば寿命を迎える
部材も多くあります。そんな時、ちゃんと修理して使えるように
してあげる体制が必要だと思いませんか?

<関連記事>: 丁度いいのがありました

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。






Last updated  2017年10月28日 13時46分05秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年10月17日
カテゴリ:水栓金具




こちらの洗面用の輸入水栓金具は、いざという時に施工が出来る
ようにと、私共が予備として在庫していた商品です。

今回、日進市のお客様から、レバーを回しても洗面の水栓金具から
水が流れ続けるというご相談がありました。

ポタポタという感じではなく、ダーッと流れて止まらないという
感じですから、ある程度人為的なトラブルなのかも知れません。

輸入の水栓に取り付けられている止水バルブ(カートリッジバルブ)は、
セラミックのバルブを開閉することで水を調節出来るのですが、
このバルブの開閉には力を入れる必要はありません。

軽く閉じるだけでピタッと水が止まるのですが、国産の水栓と
同じ要領で手で強く閉めてしまう人がいるようです。

そうなると、バルブに異常をきたして止水バルブの機能をしなくなる
ことがあります。

多分今回もそのケースだと思いますが、すぐにとなると輸入品は
難しいのですが、たまたまそういうこともあろうかと、1セットだけ
在庫を用意してありました。

本来であれば、バルブの交換で対処出来るのですが、交換用の
バルブ自体が既に手に入らない可能性が高い為、水栓金具を
お値打ちに提供させて頂くことで何とかなりそうです。

やっぱり、転ばぬ先の杖ですね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。






Last updated  2017年10月17日 16時29分09秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年10月07日
カテゴリ:水栓金具




8年前に新築施工させて頂いた日進市のレンガ積み輸入住宅ですが、
キッチンと洗面の水栓金具の吐水口から水が漏れる不具合に
ついて相談がありました。

写真のキッチン水栓については、時折ポタポタと水が落ちる程度
ですが、洗面についてはずっと水が出続けるといった感じです。

こういう場合、ハンドル・レバーの台座に内蔵されたセラミック
バルブ(日本で言う止水パッキン)に問題があると考えていいでしょう。

これらの水栓金具は、カナダのアクアディス(Aquadis)社という
メーカーのものなんですが、数年前に一度廃業してから他の資本
によって復活したという経緯があります。

ですから、今の水栓金具と古い水栓金具との間には部品の互換性が
ない可能性が高いと思われます。

幸いなことに、廃業してすぐの時にカナダの卸し会社に残っていた
セラミック・カートリッジの在庫を少し調達しておいたので、
修理・メンテナンスは可能です。

キッチンの水栓金具については、同じ形式のセラミック・バルブが
ありましたので、すぐに交換して直すことが出来ました。

ただ、洗面については、私たちが在庫で持っているものとほんの
少し形状が違っていて、交換することは不可能でした。

同じメーカーのものでも、製品や生産時期によってセラミック
バルブに違いがありますから、これが他社のものであれば
全く合わないと考えた方が自然です。

確かに似たようなバルブだと思われる人もいるかも知れませんが、
こうしたバルブは北米には無数に存在します。

水漏れしたから交換したいと思っても安易に購入を考えないで、
メーカーや品番、施工時期を図面や仕様書で確認した上で、
私たちのような専門家に相談するようにして下さい。

こうしたことが分からなければ、セラミック・カートリッジを
交換するよりも、本体ごと入れ替える方が反って時間や費用も
抑えられるかも知れません。

その際は、予備のバルブも一緒に購入しておくといいかも
知れませんね。これさえあれば、水漏れの不具合には
将来も心配要りませんから・・・。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。






Last updated  2017年10月07日 10時59分30秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年03月18日
カテゴリ:水栓金具



先日、洗面用のホーロー・シンクらしき処に付いたキッチン・シンクの
不具合について相談を頂きました。

比較的小さめのシンクですから洗面用だと思うのですが、正面には
鏡らしきものがないし、もしかしたらキッチンなのかも知れません。

ただ、シンクの大きさからすると、少し大きめの水栓金具ですね。

さて、今回のご相談は、やはり吐水口からの水漏れで、ハンドルを
閉じてもポタポタ水が落ちるというものです。

止水パッキンであるカートリッジ・バルブを交換すれば、すぐにでも
直るトラブルですが、水栓メーカーが不明で品番や品名も分かりません。

輸入住宅に使われている金色の鶴首のキッチン水栓は、以前はどこの
輸入水栓メーカーでも作っていたのですが、今ではポリッシュド・ブラス
(ピカピカの金色)のクラシックなデザインは殆ど見かけなくなりました。

取り敢えず、同じデザインではありますが、鶴首がもう少し小さめの
洗面用水栓金具を見付けましたので、それをご提案しようと思います。

本当は、交換用のセラミック・バルブをご案内出来ればいいのですが、
少しでも形が違えば取付け出来ませんから、それは不可能です。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。






Last updated  2017年03月18日 21時14分27秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年03月12日
カテゴリ:水栓金具



台湾の会社、ジョーデンが製造している輸入水栓金具は、価格も手頃で
デザインも欧米のクラシックなものを踏襲しているので、輸入住宅に
採用されるケースが多いかも知れません。

止水パッキンは、北米の水栓と同じようにセラミック・バルブを使用
していますから、半永久的という触れ込みでPRしています。

でも、人間の作るものですから、絶対に壊れないということはありません。

今回ご相談頂いたお客様のものは、セラミック・カートリッジに
付属しているプラスチックのリング部品が劣化して欠けてしまいました。

バルブ自体には問題ないのですが、小さな付属部品が悪くなっても
水漏れは起こってしまいます。

リング部品だけを取り寄せて交換出来れば、バルブを交換しなくても
直ってしまうのですが、メーカーは小さな部品だけの販売はして
くれません。

こういう場合は、セラミック・バルブ自体を取り寄せて、交換する
以外方法はないですね。勿論、セラミックで出来た部分が割れたり
すれば、同様に交換が必要です。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。






Last updated  2017年03月12日 14時07分05秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年02月09日
カテゴリ:水栓金具



昨日、Aquadis社製水栓金具の水漏れトラブルの記事を書きましたが、
その代替のキッチン水栓が届きました。

北米では少なくなったブラス(ゴールド)のクラシックなデザイン。

白いレバーハンドルには、フランス語で「冷たい」「熱い」の文字が
書かれていて、ヨーロピアン・アンティークを思わせます。
(勿論、水栓はアンティークではなく、新品ですよ)

止水パッキンは、他の輸入水栓同様セラミック・カートリッジ。

ですから、水漏れのリスクは比較的少ないと思いますが、念の為
予備のセラミック・カートリッジも一緒に手配しました。

せっかく交換・修理するにしても、ワクワク感や楽しさを味わえる
ようなことをしたいですよね。

ただの修繕で終わるメンテナンス工事にするか、新たな価値を加える
リノベーションにするか。私たちなら、後者を提案します。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。






Last updated  2017年02月09日 14時14分44秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年02月08日
カテゴリ:水栓金具



写真は、豊田市で7年前に施工させて頂いたAquadis社の水栓金具。

アメリカではトレンドのいぶし銀(ニッケル色)で、その美しさは
まだまだ健在です。

ただ、この水栓は、水をひねるとキャビネットの中に少量ですが水が
ポタポタ落ちてくるというトラブルが発生しました。

どうやら、吐水する鶴首の根本の継ぎ目から漏水するようです。

水栓は、銅のような金属で中身が出来ていますから、緑青のような錆が
生じます。それが継ぎ目のネジ切りをバカにするのかも知れません。

こうなると、製品そのものの問題となりますので、水道屋さんでは
どうしようもありません。

残念ですが、新しい輸入の水栓金具と交換するしかないようです。

キッチンや洗面の水栓金具の水漏れは、栓を閉じた時に水がポタポタと
落ちるというトラブルが一般的です。

この場合は、止水パッキンのカートリッジ・バルブという部品を
交換すれば直ります。でも、それ以外の不具合もあるんです。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。






Last updated  2017年02月08日 09時46分26秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年01月29日
カテゴリ:水栓金具



愛知県豊田市にある輸入住宅にお住まいのお客様から、洗面化粧台に
付いている水栓金具が水漏れするので困っているというご相談を
頂きました。

建てた住宅会社は既になく、相談先がないというので私たちにお問い合わせ
を頂いたようです。

お話を伺うと、水栓メーカーはカナダのモエン(Moen)社。品番も
新築当時の資料に記載されたものがあるということでした。

実際にそれを基に調べてみたのですが、番号からしてモエンのものでは
なさそうです。

形状やデザインについては、北米の水栓金具としては当時よくある
スタンダードなものですから、そこから製品を特定することは出来ません。

今回は、建てた住宅会社にいた方が状況を見に来てくれるらしく、
一旦この件は保留ということになりましたが、水漏れの原因の多くは
止水パッキンのカートリッジ・バルブの破損です。

これは、メーカーや製品、製造時期によって様々ですから、そこが
分からない限り輸入水栓ごと交換が必要ということをご理解下さいね。

勿論、適合するバルブさえ分かれば、新品のように気持ちよく使えます。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。






Last updated  2017年01月29日 11時30分20秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年01月18日
カテゴリ:水栓金具



アメリカでもメジャーなデルタ(Delta)社の洗面水栓。
日本でも多くの輸入住宅に採用されました。

この写真の水栓金具は、10年近く前に施工されたもののようですが、
吐水口からポタポタ水が落ちる状況だそうです。

恐らく、レバー下に内蔵された止水バルブに不具合があるのだろうと
アドバイスを差し上げて、新築時の資料などを確認して頂きました。

幸運にも商品と一緒に箱に入っていた部品図が残されていて、
それをメールでお送り頂きました。

現在でも止水バルブは製造されているようで、何とかアメリカから
調達出来そうです。

このように少しの手掛かりがあれば、交換部品を探すことが可能
ですので、どうぞ新築時の資料を大切に保管しておいて下さいね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。






Last updated  2017年01月18日 09時23分52秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全72件 (72件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.