12367997 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ショコラの日記帳

ショコラの日記帳

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

フリーページ

カレンダー

バックナンバー

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

トップページのピッ… New! 楽天ブログスタッフさん

親戚との付き合いと… New! いしけい5915さん

阪神×サムスン @バ… New! 虎党団塊ジュニアさん

🍠やきいもおいしい… New! らぶりーたわ子さん

連続テレビ小説『ブ… New! レベル999さん

コメント新着

2011年10月09日
XML

第39回の視聴率は、前回の15.9%より少し下がって、15.7%でした。

『江』の撮影、全てクランクアップしたそうです。

スタジオ収録は、9月30日にクランクアップして、スタジオクランクアップセレモニーが同日、NHKで行われました。

そして、唯一、残っていた長野県のロケを10月4日、終了。

すべての収録を終えたそうです。

放送の最終回は、11月27日です。(詳しくは、スタッフブログで)

 

10/11(火)の「スタパ」に福役の富田靖子さんが出演予定です。

京極龍子役の鈴木砂羽さんが、10/8(土)の「土スタ」に出演しました。

新しく改装されたスタジオパークを、あの着物姿で紹介しました♪

私は、「龍子の部屋」(江の宣伝2分番組)、好きです♪(^^)

公式HPに過去のがアップされています♪

 

さて、今回の『江』、随分、月日、進みましたね。

江、毎回、子供を産んでいましたが、今回は2人も生みました(^^;)

慶長11年(1606年)、江は、次男の国松を産み、皆の反対を押し切って、自分の乳で育てました。

ようやく江は、竹千代と会えたのに、江は国松のことに夢中で、竹千代にそっけなくて可哀想。。。

竹千代は義父様お気に入りの乳母・福に取られてしまったと、江は家康にも言い、まるで自分の子供でなくなったかのような扱いでした(汗)

語りでは、この頃から、何かずれ始めていたとのこと。

 

一方、次男が徳川家に生まれたと聞いて、豊臣家は動揺。

まだ秀頼に世継ぎがいないので、もし戦を仕掛けられたら困ると・・・

「これで良いのか?」と、淀は何度も迷いながら、秀頼に側室を与え、世継ぎを生ませました。

この時、秀頼は、17歳、千は10歳。

側室は何歳だったのでしょう?

千、可哀想。。。

ただ、「これでよいのか」と何度も自問していた淀は、切なさが出ていて良かったです。

こちらもこの頃から何かが少しずつずれ初めていたと、語りがありました。

でも、何も自分の行動に疑問を持たない江と、疑問を持ちながらもそうせざるをえない淀。

同じようにずれ始めていても、自覚があるだけ、淀の方が素敵でした♪

 

翌年、江は、5人目の娘、和(まさ)を生みました。

公式HPの年表では、“松姫(後の和子)”と書かれていたのですが、ドラマ内では、“和(まさ)”とのことでした。

 

家康は、駿府に隠居しました。

家康が政の方針を決め、秀忠にそれを実行させるという二元政治が始まりました。

 

そして、1609年、初の夫、京極高次が病で亡くなってしまいました。

初は出家して、常高院と名を改めました。

そして、初は、高次の遺言でもあったので、豊臣と徳川を結びつける覚悟をしました。

江の所に来て、その後、淀の所に行きました。

 

何年も前から挨拶に来るよう、秀頼に言っていた家康ですが。。。

慶長16年(1611年)3月28日、遂に、秀頼が二条城で家康に会いました。

秀頼は、大阪城から出るのは初めてだったそうです。

19歳で初めての外出なんて、すごいですね。

うつけではないかと思われていましたが・・・

家康との会話、素晴らしかったです♪

 

秀頼に付き添ってきた加藤清正が、万一のためにと長い針を秀頼に渡しました。

でも、秀頼はそれを柱に刺し、面会の場に持って行きませんでした。

秀頼達が来た部屋の上座に、家康がやってきました。

そして、久しぶりだと挨拶したり、千姫は元気かと聞いたり・・・

そして徐々に本題へ・・・

家康「母君がよう出されたものじゃな」

秀頼「私が望みました」

家康「ほう。何故、来ようと?」

秀頼「詫びを言いたいと」

家康「詫び?」

秀頼「かつては、亡き父、太閤殿下に服従を強いられ、更には、国替えをされ、江戸に追いやられ、つもりつもった恨みもおありでしょう。

 それでも尚、豊臣のため、働いて下さること、ありがたく存じまする」

家康「・・・」

秀頼「これからも、徳川殿と共に・・・徳川殿と共に、泰平の世を築くこと、共に考えて参りたいと思います。

 よろしく頼みまする」と、浅く礼。

家康「・・・」

 

秀頼、立派だったと思います。

無事に秀頼が城に帰り、淀はほっとしました。

 

江戸城では、江が秀忠に、聞きました。

江「徳川と豊臣は、戦になるのでしょうか?」

秀忠「此度、秀頼様が上洛されたは、強いお覚悟あってのこと。

 その思い、無駄にはせぬ。

 秀頼様が関白となられ、私が将軍としてお支えする。

 此度のことで、その決意が固まった」

江「徳川と豊臣が並び立つと?」

秀忠「必ずそうしてみせる。必ずな」

 

語り「徳川と豊臣が並び立つ。

 秀忠様のご決意にただすがるしかない江にございました」

(つづく)

 

秀忠の決意と言っても、家康の前では、秀忠、力がないですからね(^^;)

言葉通り、秀頼を支えることはできないのではないでしょうか(汗)

今回は、秀忠より、秀頼の方が立派に見えました(^^;)

そして、実母の江に差別されて、気の毒な竹千代でした。

江、国松も他の子と同じように乳母に育てさせれば良かったのに、どうして、国松だけ自分で育てたのでしょうね?

その後に生まれた和は、自分で育てないみたいだし・・・(^^;)

世継ぎを自分で育てたかったのでしょうか?

 

次回は、「親の心」

ここにきて、話がサクサク進み、粗筋ドラマみたいでした(汗)

あと、残り7回です。。。

 

【第39回粗筋】

江(上野樹里)は2人目の男子・国松を出産。長男・竹千代の世話を独占する福(富田靖子)に対抗し、「自分の乳で育てる」と国松を溺愛する。駿府の大御所・家康(北大路欣也)、江戸の将軍・秀忠(向井理)という「二元政治」が盤石となりつつあった慶長16年、家康は京・二条城に秀頼(太賀)の上らくを求める。怒り心頭の淀(宮沢りえ)であったが、19歳になった秀頼は自ら上らくを決意。ついに運命の対面が実現し...。

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (関東地区)

[第1回]21.7%  [第2回]22.1%  [第3回]22.6%  [第4回]21.5%

[第5回]22.0%  [第6回]19.6%  [第7回]18.5%  [第8回]20.9%

[第9回]20.0%  [第10回]16.9%  [第11回]15.7%  [第12回]17.1%

[第13回]16.6%  [第14回]19.2%  [第15回]18.0%  [第16回]15.9%

[第17回]20.7%  [第18回]18.1%  [第19回]17.3%  [第20回]19.0%

第21回]17.6%  [第22回]18.3%  [第23回]18.0%  [第24回]18.1%

第25回]16.3%  [第26回]16.2%  [第27回]15.3%  [第28回]18.9%

第29回]17.4%  [第30回]17.6%  [第31回]13.1%  [第32回]15.4%

第33回]15.6%  [第34回]17.8%  [第35回]15.4%  [第36回]15.8%

第37回]16.4%  [第38回]15.9%  [第39回]15.7%

第20回以前のレビューは、第21回から飛んで下さい。全回レビューあります。

 

公式HP(家康と秀頼の運命の対面)

公式HP(徳川家お世継ぎバトル)

 

トラックバック、ミラーブログ『ショコラの日記帳・別館』へお願いします。

<トラックバックURL>

http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/52949579

 

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ  人気ブログランキングへ

どうか応援クリック、よろしくお願いします♪






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2011年10月11日 15時15分31秒
コメント(10) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.