919473 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

おきらく楽天 映画生活

PR

カレンダー

カテゴリ

バックナンバー

2020.04
2020.03
2020.02
2020.01
2019.12

コメント新着

http://buycialisky.com/@ Re:『ターミネーター』を観たぞ~!(06/12) tv props and reply cialisviagra and cia…
http://viagrayosale.com/@ Re:『ターミネーター』を観たぞ~!(06/12) pfizer viagra kaufen ohne rezept <a…
ETCマンツーマン英会話@ Re:『レールズ&タイズ』を観たぞ~!(12/12) 『レールズ&タイズ』を調べていてこちら…
hoshiochi@ Re:『ノウイング』を観たぞ~!(07/13) はじめまして。私もこの映画をテレビで見…

お気に入りブログ

今日の収穫 (コミ… New! BROOKさん

保存食作り サボテン_01さん

ポテチは買い占めて… めが姫さん

Guildの反撃!!! Guild26さん
MY HIDEOU… GATECRASHERさん
2009.01.16
XML
カテゴリ:映画 ア行
『アンダーカヴァー』を観ました目

1980年代のニューヨークを舞台に、かたやエリート警察官、かたやマフィアと
交流のあるアウトローとして生きる兄弟の壮絶な運命を描くサスペンス・アクションですかちんこ


>>『アンダーカヴァー』関連

原題: WE OWN THE NIGHT
ジャンル: ドラマ/犯罪
上映時間: 117分
製作国: 2008年・アメリカ
監督: ジェームズ・グレイ
製作・出演: ホアキン・フェニックス マーク・ウォールバーグ
出演: エヴァ・メンデス ロバート・デュヴァル

【ストーリー】
1988年、ニューヨーク。警官一家に生まれるもののその道を外れたボビーは、名字を変えて
素性を隠し、ロシアンマフィアと通じるナイトクラブのマネージャーとして働いていた。
一方、彼の兄でニューヨーク市警のエリート警官ジョセフは、2人の父親である警視監
バートと共にロシアンマフィアの撲滅へ麻薬取締班を組織する。
その標的は、ボビーのクラブに入り浸るニジンスキーだった。
そしてジョセフ指揮の下、ボビーのクラブが一斉検挙される。
しかし、ニジンスキーを取り逃がしたジョセフは、その夜何者かに襲われ瀕死の重傷を
負ってしまう。
捜査協力を断っていたことから自責の念に駆られるボビー。
やがて、ジョセフ襲撃の黒幕がニジンスキーで、次に父が狙われていると知ったボビーは
一味の壊滅を決意、警察の囮としてロシアンマフィアの麻薬工場へ潜入するのだが…。


下矢印ここから先はネタバレを含みます。!ご注意を!!!


1988年、ニューヨークー
兄弟の運命は一発の銃弾で動いた。



ホアキン・フェニックス、マーク・ウォールバーグ、ロバート・デュヴァルと並べられたら
観ないわけにはいかないってもんで、楽しみにしていた作品です音符

僕のお気に入り俳優の一人、先日電撃的な俳優引退宣言をしてしまった ホアキン・フェニックスは、
裏社会に通じるナイトクラブのマネージャーの弟ボビー。
死んだ母の姓を名乗り、優秀な警察一家出身であることを隠して生きてきたアウトローでございます。
いや~、ホアキン・フェニックスにはアウトローが似合いますグッド

マーク・ウォールバーグが演じるエリート警察官の兄ジョセフと嫉妬心から反発し合い、
さらに予告なくナイトクラブにガサ入れされて怒りまくり、
感情と感情のぶつけ合いの激しい兄弟喧嘩に緊張感が高まりました上向き矢印

そんな弟ボビーが自らの意思とは裏腹に、警察とマフィアの争いに巻き込まれていくストーリー
ということでしたが、期待したほどハラハラドキドキなサスペンスという感じではなく、
巨大な組織であろうロシアンマフィアとの闘いという部分では意外にあっさりしていました。
ですが、どことなく印象的な演出の光る映画でもあり味わい深いのです。

ボビーが警察側の囮捜査に協力する過程での麻薬工場突入シーンも意外にこじんまりとしているのですが、
ボビーに漲る緊張感だけがこちらにも伝わってくる独特の映像で心臓バクバクでしたどきどきハート

もうひとつ心臓バクバクものだったシーンは、猛烈な雨の中でのカーチェイス・シーンです車
壮絶なカーチェイスの先に待っていたのは、冷たい雨に打たれるボビーの深い深い哀しみ。
強烈な印象を残すシーンでした。

そして、演技派俳優のすばらしい演技が堪能できる作品でありますきらきら
本当の家族のように親しくしていたロシアの一家と、警察である父親、兄との立場の違いによる板ばさみ、
父の期待に添えなかった後悔、エリートの兄に対する嫉妬心、
そんな苦悩するボビーを演じるホアキン・フェニックスの演技は胸にグッと来るものがあります。

そんなホアキンと本作で共同プロデュースしているマーク・ウォールバーグは、
父親の望む通りに人生を歩んできた兄を演じています。
実は自由に生きていた弟を羨ましく思っていたなんて、
胸に秘めたエリートならではの苦悩を印象的に演じてました。

そして、やっぱりロバート・デュヴァルです。
警察のお偉いさんである父親を厳格たっぷりに演じているんですが、
その根底には2人の息子をこよなく愛する、愛情溢れる父親なんですね。
無償の愛情を見せてくれる息を飲むシーン他、
どのシーンでも存在感のある演技を見せてくれました上向き矢印

期待していた展開の映画ではありませんでしたが、
豪華俳優陣の演技が光る、意外にも家族愛を考えさせられる味わい深い映画でしたかちんこ上向き矢印


下矢印ランキング参加中です。ポチっとしてくれたら感激ですウィンク
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ




【DVD】帰らない日々/ホアキン・フェニックス


マーク・ウォールバーグ
/ザ・シューター/極大射程



ロバート・デュヴァル






最終更新日  2009.07.06 22:46:14
コメント(6) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.