000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

けん玉blogs

PR

全28件 (28件中 21-28件目)

< 1 2 3

けん玉の技

2006年11月15日
XML
カテゴリ:けん玉の技
もしかめ大会が終わりました。

いろいろとほかの地区の結果を見てみると、

8時間フルタイム続けた人がいた!!!

ようです。

とても人間技とは思えませんな・・。


わたしなんぞ・・

10分が限界ですよ!!!

もっと技を磨かなければ・・。

もっと体力をつけなければ・・。

もっと根気をつけなければ・・。



さて、本日の技は、

「イリュージョンもしかめ」

illusion.JPG

画像8枚だけでは、わかりにくいかもしれません。

虎の穴で一緒に修行した、バトン部のY田くん(注)が、ものすごいスピードで

やっていました。

(注)本人、帰宅部だと言ってますが。


イリュージョン[illusion]・・・幻影、幻想、錯覚

どういう持ち替えをしているのか、まさにイリュージョンでしたが、

本日やっとタネあかしと、あいなりました。


現在やっと10回できたところ。この技、見た目よりキツい・・。






最終更新日  2006年11月15日 13時54分52秒
コメント(3) | コメントを書く


2006年10月20日
カテゴリ:けん玉の技
アメリカ横断 飯田市S地区横断 ウルトラクイズがありました。

○か×かで答えます。

問題1
夏の甲子園で優勝した早実の斉藤投手は、
どの公式戦も、すべてのイニングを1人で投げきった。

問題2
その斉藤投手、バッターとしてホームランも打っている。


・・・

問題10
飯田市S小学校は現在、明組・正組・和組と分かれているが、
昔、松組・竹組・梅組という組分けもあった。



はじめはふつうの問題でしたが、だんだんローカルな話題になってきまして、

あの村とこの村では、どっちのほうが面積が広いとか、

あの村では年寄りのパーセンテージが何%以上だとか、

そんなのどっちだっていいよ、もう・・

と言いたくなりましたよ。

私は第1問で落ちましたので・・。


優勝者の賞品は、今月末に新発売されるDVDプレーヤーでした。いいですよね・・。



さて、本日の技は、

No.58 片手願掛けとめけん

願掛け.JPG

両手を合わせたとこに糸をひっかけてやるのが、ふつうの「願掛けとめけん」ですけど、

これを片手でやってしまうと、

ほとんど「つるしとめけん」と変わらない

ようです・・。


何かこう、パッとしたネーミングがほしいところです。



クイズの答え 問題1 ×  問題2 ○  問題10 ○






最終更新日  2006年10月20日 22時31分02秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年10月06日
カテゴリ:けん玉の技
「信玄餅」というお菓子をお土産でもらいました。

きな粉をまぶしたお餅に、黒蜜をたっぷりかけていただく、

という贅沢な和菓子です。

この信玄というのは、山梨、長野あたりを仕切っていた戦国大名の武田信玄です。

晩年、出張先の愛知から山梨の自宅へ帰宅途中、病気で亡くなったようで、

その場所が、私が生まれ育った

いな こまんば

だと、ある本に書かれています。


ところが、そうじゃないよ、という説もあるようです。


歴史は謎・・。それでいいです。



さて、本日の技は、虎の穴にて習得した

No.74 小田原ちょうちんとめけん

小田原.JPG

「小田原ちょうちん」というけん玉の技があります。これは、

第1図の形から中皿極意を決める技

だと、ある本に書かれています。

ところが、そうじゃないよ、という説もあるようです。


けん先を持って、ふつうに「中皿極意」をする技

とか、

ただの「中皿極意」を、関東の人がそう呼んでただけ

とか。


歴史は謎・・。



いやいや、これははっきりしたいですね。どれが正しいのだろう・・?






最終更新日  2006年10月09日 09時39分13秒
コメント(2) | コメントを書く
2006年09月17日
カテゴリ:けん玉の技
昨日の飯田・伊那地方、どの小学校もほとんど運動会でしたね。

もう、5年連続トップを逃がしているのですよ。リレー。

三石家は代々、私をのぞいてスポーツ万能だったようで、祖父母から親戚までが応援に来て、

ウイニングランを決め、勝利の美酒を味わいたい!!

と、テンション高かったでしたよ、外野は・・。

運動会9.16.JPG

残念・・3着でした。

ビデオ撮影の私、替えのディスクを忘れたり、よその子と間違えて撮っていたり、

散々でしたよ。

「も~~~う、あんたはけん玉のビデオしか考えてないんだから・・」



以後、気をつけます・・。



さて、本日の技は、

「遠心力」

遠心力.JPG

「けん玉の技百選」のうち、うまくできない技を練習しようと。

百の技は、こちら


調べたところ、

[遠心力]
円運動をしている物体が受ける慣性力の1つ。円の中心から遠ざかる向きに働く力をいう。


のだそうです。

たとえば、水を入れたバケツを大車輪のように回してもこぼれない、というヤツですな。


この技、この力が働いているのでしょうか?私のは何だか違うような気がする・・。






最終更新日  2006年09月17日 17時52分56秒
コメント(7) | コメントを書く
2006年08月23日
カテゴリ:けん玉の技
長いようで短い小学校の夏休みが終わりました。

毎年、頭を悩ますのが工作とか一研究ですよね。

去年は、日時計を作りました。

おととしは、海水を持ち帰って塩を作りました。(罰せられますかね?)

今年は、和紙の研究をしたいと、息子が言い出しました。

和紙1.JPG

三石家は代々、和紙職人でしたが、私があとを継がないので、途絶えています。

和紙2.JPG

ですが、障子貼りは私の得意とする分野でして、

自称  障子貼り道 二段

最近、仕事が少なくなりました・・。



さて、本日の技は、虎の穴でわりと早く習得できた技の1つ

No.88 カニばさみとめけん

かに.JPG

つまんだ指がブレないように。


逆に、習得するのに大変だった技は、

No.59 のれんとめけん  

No.128 二見が浦ふりけん  

No.167 輪投げ飛行機


などなど・・。


これらはもう2度と、やりたくない・・。






最終更新日  2006年08月23日 13時37分21秒
コメント(5) | コメントを書く
2006年08月02日
カテゴリ:けん玉の技
ついに、この日が来てしまいました。

注射嫌いの私は、何かと理由をつけて逃げていましたが、とうとう本日逮捕されました。

そう、献血です!!

血です.JPG

まだやったことのない方のために、ざっと解説しますと、


まず左手から血をとって、ビーカーの中に一滴たらします。

これが沈めば合格で、合格者のみバスの中に入場できます。

このあと右手に、さっきよりも太い針を突き刺して、あとはポンプで吸い上げるかのように、

一気に流出していくわけですよ。200ccが5分ほどで出ます。


携帯で写真なんか撮ってますけど、余裕などないです。

「これがあなたの血ですよぉ~。写真とりますか?」

ううっ・・。気分悪くなってしまいましたよ。


でもまあ、今日は良いことをして、満足感いっぱいです。



さて、本日の技は・・

「米つきバッタ」

米つき.JPG

簡単そうで、なかなかムズい技です。

ヒットの加減が微妙なのと、さすときのけん先が見にくいのが、困るとこですよ。

も~~う、イライラしますね・・。






最終更新日  2006年08月03日 07時54分08秒
コメント(2) | コメントを書く
2006年06月09日
カテゴリ:けん玉の技
明日、学校での授業参観のあと、全校親子レクのような催しがあります。

全校と言っても200人弱なのですが、親子で1つの教室に参加します。

1 パソコン教室
2 餃子つくり
3 楽器で合奏
4 ドッチビー
5 紙すき、けん玉
6 竹とんぼ

などなど。

この中から好きなものを1つだけ選ぶわけですよ。

そしたら、パソコンと餃子に殺到してしまったようです。

5番はというと、なんと合計13名です!!!

あらら・・1割にもおよびません・・。


先日、教頭先生から電話があったのですが、

「和紙つくるのに待ち時間があるので、その間にけん玉すればいいでしょう」

う、う、・・暇つぶし、ですかい??



さて、本題。

写真は、新技かも・・。

「ムーンサルト」

moon.JPG

去年「飯田りんごん」というお祭りに、アップルけんも店を開いていましたが、そこへ

けん玉道七段と自称する黒メガネの男が現れ、いきなりこの技をやって見せました。

あの方、何者・・?


お心あたりの方は、アップルけんまでご連絡ください。






最終更新日  2006年06月09日 14時53分35秒
コメント(3) | コメントを書く
2006年02月23日
カテゴリ:けん玉の技
こんなふうに玉を移動させてから「けん先すべり」をする技です。

「おみこし」と「けん先すべり」の合体技です。

段違い.jpg

久々画像のUPです。

アップルけんのI支部長が貸してくれたビデオにこの技がありました。

このビデオはたぶん20年くらい前のもので、ウルトラC技が次から次へと繰り出され、

とにかくスゴいんですが、ナレーションの語りとF会長のインタビューがおもしろいです。



「けんと玉を自在に駆使して、そこに生まれる華麗なる技の数々。~~」

という語りから始まります。

「演技の途中はスリルサスペンスに満ちています。」

スリルはいいけど、サスペンスって・・?


こういうことも言っています。

「けんに玉をのせる場所だけで14通り、玉にけんをのせる方法が9通りあります。」

こんなにあるのでしょうか・・。



けん玉人口についての質問に・・

「現在会員数は5000人、その下の準会員が150万人以上いますねぇ。」


海外ではけん玉やってるかという質問に・・

「スイスや昭和基地、ケニアやエチオピアでもさかんですね。

アフリカなんか大変なさわぎですよ。」


けん玉の魅力について・・

「成功したときの感動ね。これが何とも言えないんで引きずり込まれていくんでしょうね。」



何度も観たせいで、画像が相当悪くなっています。

これ以上劣化する前に全部できるようになりたい・・。











最終更新日  2006年02月23日 12時58分09秒
コメント(10) | コメントを書く

全28件 (28件中 21-28件目)

< 1 2 3


© Rakuten Group, Inc.