000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

徒然”腐”日記

徒然”腐”日記

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
May 22, 2020
XML
今日は何だかもやもやちょっと暑い
昨日があれだけ寒かったからね

明日はもっと暑くなるって?
でもって、じわじわと初夏の陽気に

って・・・・・・
マスク暑いぃぃぃぃ!!
フェイスシールドが蒸れるぅぅぅ!!

25日に、もしかしたら首都圏も緊急事態宣言解除かも
っていってるけど
マスク着用は続くし自粛は続けた方が良いだろうし
っていうか、自粛しないとまた感染者増えそうだしね

あぁ
顔が痒い

なんていう愚痴は、まぁ置いといて
6(下僕か保護者か)
のお終いの方
激しく短い小ネタなもんで

さらっと読んで下さい



















「そうか。」
アスランはじっと緑色の瞳で俺を見据え
小さく息を吐き出した。
「分かった。それならもう頼まない。」

頑として動かない俺に痺れを切らしたのか
アスランはディアッカとシンに視線を合わせた。
「お前たちは、どうなんだ?俺をこのままにしておくか?」
「は、はひっ!」
「あぁ、はいはい。ただ今解きますよ、皇子サマ。」

ディアッカとシンがバタバタと駆け寄っていく。
「俺はディアッカ。よろしく、皇子サマ。」
「シンであります。」
貴様らは良いのか、下僕と呼ばれても。
この状況に馴染んだということか。

「しっ、失礼します。」
緊張の面持ちで、どこから手をつけようかと逡巡するシン。
対してディアッカは
「はいはい、もうちょっとだけ、辛抱してて下さいよー。」
などと軽々しく言いながらアスランの体を包む布の、胸元辺りに手を掛けた。

ミイラとして葬られたアスラン。
この布を取り去れば、その下には・・・・・・。
「すぐ楽にしてあげますからねー?カワイコちゃん。」

「待て待て待て待てっ!」
いかん!!
それはいかん!!
ていうか、させるかぁっ!!

「ちょ、なんだよ、イザーク。」
「ジュール先生、何故、止めるんでありますか?」
「貴様らは向こうの部屋へ行っていろ。俺がやるっ。」
ディアッカとシンの手を掴み、ドアの方へと引っ張って行く。

「おい、イザーク。追い出すなって!」
「オレもお手伝いしたいでありますっ!!」
「必要になったら声を掛ける!とにかく外に出ていろ!」
二人の背中を押してドアの向こうへ押しやると
内側から鍵を掛けた。

・・・・・これでよし。

「なんだ、イザーク。急にどうしたんだ。」
呆気にとられたような表情を浮かべるアスラン。
「解いてはくれないんだろう?お前は。」
「やらないとは言っていない。」
「だって、下僕じゃないんだろう?お前。」
「そうだ。下僕ではない。」

断じて、下僕ではない、が。
「だが・・・・そうだな。俺は貴様を守る義務があるのだ。
ふむ、保護者、とでも言っておこうか。」
「保護者、だと?」
聞きなれない言葉だったのだろう
アスランは僅かに動く首を傾げ、大きな目を瞬かせた。

「そうだ。身の回りの世話は俺がやる。」
「何だ、それ。やっぱり、げぼk」
「下僕ではないがな!!」

そうだ、俺は下僕ではなく保護者だ。
3500年前のとはいえ、こいつは14歳の少年だ。
古代エジプトでは婚姻も出来る年齢だが、今の時代では未成年。
保護者の管理下に置かれるべき年齢なのだ!!

礼儀知らずの生意気で腹立たしい口を利くが
そこは皇子という立場ゆえと我慢してやる。
「少し、そのまま待て。布を緩めてやる。」
「・・・・・・・分かった。」

「緩めたら自分で解けるはずだ。そうしたら。」
俺は椅子にかけてあった自分の白衣をアスランの枕元に放り投げる。
「これを羽織っていろ。」
「ふぅん、何やら着心地が悪そうだな。」
「暫くは我慢しろ。衣類はこれから見繕う。」

そう。
”暁の皇子”アスランはミイラなのだ。
よって、布の下は全裸のはず。
ディアッカの視線に晒すことは危険すぎるし
シンには刺激が強すぎるだろう。

俺とて心がざわめいてしまうかも知れん。
これほどに美しいのだから。







<おわり>





そうです
ミイラはZENRA
そりゃあ、イザさんとすればディさんに見せたくはないよね
もちろん、シンにもw

その昔、ミイラを一般公開するに当たり
全裸のまま公開するのは死者の尊厳に考慮していない
なんてクレームがあって
布を掛けて公開したっていうエピソードがあるそうです

なんでしょうねー?そういうの
尊厳ってナニ?っていうね

街路上に設置してある現代彫刻家の裸婦の像に
服を着せたがる人たちもいる

それこそ冒涜だろうが!
あ、それはまた別の話ですがね

ではまた書けたら次のお話をアップしていきますね





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  May 22, 2020 07:29:43 PM
コメント(0) | コメントを書く
[アスラン 好きだぁぁぁぁ!!] カテゴリの最新記事


PR

Calendar

Archives

Apr , 2024
Mar , 2024
Feb , 2024
Jan , 2024
Dec , 2023
Nov , 2023

Category

Profile

天方美月

天方美月

Comments

千菊丸2151@ Re:東野圭吾「手紙」読みました(08/23) はじめまして。 この作品は何度も読み返し…
ハンサムクン3714@ Re:承継って初めて知ったわ(02/20) 第16話の「隊長と寺尾君」をご覧になっ…
てんぽ〜@ Re[1]:空いていてビックリ( ̄O ̄)(02/19) ハンサムクン3714さんへ こちらこそ、お読…
ハンサムクン3714@ Re:空いていてビックリ( ̄O ̄)(02/19) この度は私の描いた四コマ漫画「隊長と寺…

© Rakuten Group, Inc.