000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

徒然”腐”日記

徒然”腐”日記

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
Jun 3, 2020
XML


あーつーいー!
ただでさえ暑いのに
マスクしてると蒸れる蒸れる

眼鏡かけてるんでね
当然曇り止めはやるんですが
こう暑いとね

曇らないけど水滴がついて困る!
マジで困る!

あー
換気のために窓全開の職場は
エアコンが役に立ちませんー

うぅ、顔が痒い

ってまずは恒例の愚痴(* ̄∇ ̄*)から

イザアスのお話
今回はメイリン目線で書いてるんですが
なかなか進まないのはなんでかなー
メイリン好きなんだけどな












「イザーク。今日はこの花が良い。」
後ろを振り返ってジュール先生にお話してるアスランさん。
夜の沐浴に使う薔薇の花を選んでいるのね。

「ん?これか?」
わぁ、薔薇に顔を寄せるジュール先生も絵になるなぁ。
「あーーーもう、王子様が二人!眼福よねぇー。」
「うん。あそこだけ少女漫画か映画の世界だよね。」
私たちが入り込めない、ううん、入り込んじゃいけない世界なの。

ジュール先生は香りを吟味して言う。
「これはもう、満開だな。香りの盛りが過ぎている。
あちらの開き切っていない方が香りが良いぞ。」
アスランさんの沐浴に使う薔薇は、毎日ジュール先生が選び抜いてる。
その日、その日で一番香りが良い花を。

でも、アスランさんはふるふると首を横に振る。
「あっちの花は、あのまま咲かせてあげて。
だって、ほら。蝶や蜂があんなに。」
あ、本当だ。
「彼らの御馳走を横から取るなんて可哀想だもの。」
「ふふ、貴様は優しいな。」

ですって!
「「いやーーーん、尊い!」」

暫くお姉ちゃんと二人でアスランさんとジュール先生を眺めてたんだけど。
そろそろ仕事に戻らなくちゃね、って窓際から離れようとしたその時。

「あ・・・・っ。」
「アスラン、危ないっ!」
花壇の縁石か何かに躓いたのかアスランさんの体が傾いだ。
それをジュール先生が咄嗟に抱きとめて・・・・・・

「「はぅっ!」」
なんて萌えるシーンなのっ!?
お姉ちゃんはすかさず動画モードで撮影してる。
さすがお姉ちゃん素早いっ!あとで頂戴ね。

「大丈夫か、アスラン。」
胸の中に抱きとめたアスランさんを気遣いながら
顔を覗き込んでるジュール先生。
「あぁ、大丈夫・・・・・・。」
アスランさんは言いかけて
「・・・・・・じゃないかも。」って続けた。

「どうした?アス・・・・・・・。」
ここからでも分かったわ。
ジュール先生の顔色がみるみる変わって行くのが。



短いけど
今日はここまで





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  Jun 3, 2020 07:06:38 PM
コメント(0) | コメントを書く
[アスラン 好きだぁぁぁぁ!!] カテゴリの最新記事


PR

Calendar

Archives

Apr , 2024
Mar , 2024
Feb , 2024
Jan , 2024
Dec , 2023
Nov , 2023

Category

Profile

天方美月

天方美月

Comments

千菊丸2151@ Re:東野圭吾「手紙」読みました(08/23) はじめまして。 この作品は何度も読み返し…
ハンサムクン3714@ Re:承継って初めて知ったわ(02/20) 第16話の「隊長と寺尾君」をご覧になっ…
てんぽ〜@ Re[1]:空いていてビックリ( ̄O ̄)(02/19) ハンサムクン3714さんへ こちらこそ、お読…
ハンサムクン3714@ Re:空いていてビックリ( ̄O ̄)(02/19) この度は私の描いた四コマ漫画「隊長と寺…

© Rakuten Group, Inc.