30409698 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

レベル999のマニアな講義

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール

レベル999

レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


20年04月期


20年07月期


20年10月期


21年01月期


21年04月期


21年07月期


21年10月期


22年01月期


22年04月期


22年07月期


22年10月期


23年01月期


23年04月期


23年07月期


23年10月期


24年01月期


NHKドラマなど


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


NHKドラマ2021年


NHKドラマ2022年


NHKドラマ2023年


NHKドラマ2024年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


SPドラマなど2021~


映画感想


お気に入りブログ

さくら 149 ~ 151 話 New! はまゆう315さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

今日はつぶやきます! 俵のねずみさん

阪神×サムスン @バ… 虎党団塊ジュニアさん

【ブギウギ】第21週(… ショコラ425さん

コブ付き>『ブギウ… ひじゅにさん

皆さま 俳優「窪塚洋… 鹿児島UFOさん

『劇場版ハイキュー!… クルマでEco!さん

制作中です シュージローさん

無題 やめたい人さん
2023年12月01日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
内容
梅丸楽劇団解散から数週間。やることが無いスズ子(趣里)
ある日、辛島(安井順平)から大阪に戻るという話があるという。
ただスズ子も、秋山たちから手紙などで、
大阪でも自由に歌えないことを辛島に尋ねると、やはり歌えないと分かる

羽鳥善一(草彅剛)に相談するスズ子だが、心が決まらなかった。
すると羽鳥から、茨田りつ子(菊地凛子)のチケットを手渡される。

敬称略


作、櫻井剛さん


“このご時世”

この単語だけで、全てがまとまる。

もちろん、茨田りつ子の歌っている場所が。。。。歌が。。。

そして、その志が。。。。が全てを補強しているのは、言うまでも無い。


ブレを生んでいるのは、楽劇団、梅吉という複数ネタを盛り込んでいること。

本来、好意的に解釈しなくても、“同じ要素”ではあるのだが。

ただ、梅吉部分は、妻の死という要素があるため、

どうしても、“違う要素”の“物語”に見えてしまうのである。

いっそ、戦争と重ねず、赤紙とも重ねず。上京と重ねた方が、良かったかもね。


ほんのひと言。それだけなんだけどね。

きっと“土曜版”じゃ、上手くまとまるのだろう。きっと。


可能性があったとすれば、

何度も、羽鳥善一、茨田りつ子と接触していること。

きっと、、、そこなんだと思います。

なんなら、羽鳥善一の妻でも良かったかもね。





最後に、

《まんぷく》第53回

ここからなんだよなぁ。。。。

このあたりから。

ここから、事あるごとに、御都合主義が顔を出し始める。

御都合主義は、仕方ないコトだけど。

“流れ”で生まれているわけでは無いことが多く。唐突で超能力状態。

“ドラマ”自体が面白いだけに。。。。なんかね。。。


TBは以下のミラーへお願いします
http://maxexp999.blog100.fc2.com/blog-entry-8386.html






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2023年12月01日 07時49分00秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事


カレンダー

バックナンバー

楽天カード

ニューストピックス


© Rakuten Group, Inc.