000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

システムエンジニアの一口馬主ライフ

全20件 (20件中 1-10件目)

1 2 >

ITシステム開発

2020.08.22
XML
カテゴリ:ITシステム開発
6.新しい世代の育成が必要

日本では宇宙産業に対する一般の人の理解が、まだまだ進んでいない。
気象衛星やGPSのように生活に身近な技術は増えていくことが予想される。
分かりやすく伝える情報が足りていない。

GPSの原理を知っている人は少ないし、気象衛星の重要さを分かっている人も多くない。
難しい部分があって、人に説明しようと思うとハードルが高い。

宇宙開発に関することは、知ってもらえれば興味を持ってもらえる。
大学の講義などは可能な限り引き受け、いい方法がないか模索する。

SpaceXがクルードラゴンを打ち上げる直前にYouTubeにチャンネルを開設。
最初にアップした動画で、SpaceXの有人宇宙飛行がどれほど意義のあるかを伝えた。
一般の人にもっと宇宙事業のことを知ってもらいたいという思い。

JAXAは広報活動に多額の予算を計上しています。
JAXAのYouTubeチャンネルには20万人が登録し
ロケット打ち上げの映像はかなり再生されています。
記者会見などの動画の再生回数は約1万です。

YouTubeでは素人の方の動画でも1~2万回再生されている。
堀江貴文が宇宙関係の話をすると10万回以上、再生される。

宇宙開発は、メディアでは感度高く取り上げられない。
堀江貴文のようにバズらないにせよ、
YouTubeでファンづくりみたいなことができれば。

一般の人の理解を深めると同時に、人材育成の意味もある。

アマチュアでロケットを開発していたトム・ミュラーが有人宇宙飛行を成功させた。
独学でロケット開発を始め、2019年には小型観測ロケットMOMO3号機の宇宙到達を実現。
学ぶ場を増やすことで、新たな世代が育つことを期待している。
航空宇宙関係の知識はアクセスするのが大変。
東京大学など旧帝大クラスに進学しなければ学ぶことができない。
宇宙関係の本流ではない大学に通っていたために、独学で知識を身につけるのに苦労する。
知識を得られる高速道路の整備が必要。

多くの人が見れば、新たな世代を育成できる。
宇宙産業が今後成長していくことは間違いない。
現在できることで時代を変えていくべきである。







Last updated  2020.08.23 12:54:40
コメント(0) | コメントを書く


2020.08.15
カテゴリ:ITシステム開発
5.日本でも民間のプレイヤーが増えるべき

アメリカとは大きな差があるとはいえ
日本も民間企業による宇宙産業への参入は広がりつつある。
ベンチャーが2015年から増え始め、40社ほどある。

ヴァージングループ傘下のヴァージン・オービットが
航空機を利用した小型衛星の打ち上げ事業を大分空港で実施する。
2017年設立。打ち上げは22年から。アメリカやイギリスでも展開する。

ヴァージン・オービットの事業は、インターステラテクノロジズが
2023年の実用化を目指しているロケット「ZERO」と競合する。

民間のプレイヤーが増えること自体はいいこと。
航空機利用には、時間的な余裕や打ち上げ方角の自由度がある。
ZEROはコスト競争力で分がある。特性で市場が分かれる。

宇宙関連の事業が民間に任されることも必要。
アメリカで有人宇宙飛行がSpaceXに変わったように
日本も民間力を活用する時期。

最先端のことはJAXA。技術や開発能力はJAXAに太刀打ちできない。
でも、できないことはたくさんある。

民間に任される事業が増えれば、競争が促されてコストが安くなる。
政府に民間をうまく使ってもらいたい。







Last updated  2020.08.23 14:10:05
コメント(0) | コメントを書く
2020.08.09
カテゴリ:ITシステム開発
トヨタは、中国で販売が好調なことを理由に
2021年3月期の連結販売台数目標を20万台上積みして720万台(前期比約20%減)とした。
一方で通期の営業利益予想5000億円(前期比79%減)は据え置いた。
台数が回復すれば業績が上振れる可能性がある。

もっとも4~6月期決算で最終黒字を確保できたことについて
トヨタは「損益分岐台数(収支が均衡する販売台数)を下げてきた結果」と強調。
リーマンショック後の2009年3月期に連結販売台数は756万台(前期比15%減)となり
営業利益は4610億円の大赤字に転落した(2008年3月期は2兆2703億円)。

収益構造が当時と一緒ならば2021年3月期も巨額赤字に転落するが
10年以上かけて取り組んできた体質強化で営業利益で5000億円の黒字を見込む。

部品メーカーと一体となった原価低減は毎年2000~3000億円になり
リーマンショック時に比べ200万台以上の損益分岐台数を下げることができた。
「まだ無駄な工程は減らせる」と生産効率化の手は緩めない考え。







Last updated  2020.08.16 08:16:51
コメント(0) | コメントを書く
2020.08.08
カテゴリ:ITシステム開発
4.アマチュアでのロケット作りから夢へ

インターステラテクノジズの稲川は
トム・ミュラー氏に強くシンパシーを感じている部分がある。
アマチュアとしてロケット開発を始めた。

学生時代からロケット開発に取り組んでいた。
東京工業大学と大学院でロボットを学び、独学で論文や本を読み、ロケットを作っていた。
入社は2013年。宇宙開発を進めるなか、トム・ミュラーは大きな存在だった。

トム・ミュラーの論文を読んでいた。
90年代後半に、ロケットエンジンをスペースシャトルの
10分の1の値段で作れると論文に書き、未来を描いていた。
そして有人宇宙飛行まで達成した。

発言しない人ですが、打ち上げ成功の時は
『Sometimes dreams do come true!』とツイートした。
夢は時々かなうということですね。
アマチュアでロケットを開発しながら無謀ともいえる夢を見ていた人が、
イーロン・マスクと出会い、時代が合って創業から20年弱で夢を実現した。

トム・ミュラーが短い期間で歴史的な成果を残したことは、励みになります。
同じやり方をすればわれわれにもできるはず。
もちろん、SpaceXが完璧なわけではない。
彼らが達成したことを追いかけながら、新しい形をを考えていきたい。







Last updated  2020.08.23 14:09:01
コメント(0) | コメントを書く
2020.08.07
カテゴリ:ITシステム開発
3.成功の裏に天才技術者の存在

クルードラゴンによってイーロン・マスクが脚光を浴びることは当然。
ネット決済サービスのペイパルの前身になる会社を設立し、売却など
他の事業で築いた財産を投じて、2002年に創業したSpaceXを成長させてきた。

イーロン・マスクだけではこの偉業は達成できなかったと考えている。
重要な人物としてあがるのがトム・ミュラー。
SpaceXに創業当時から参加し、副社長を経て現在はアドバイザーの立場。

語られる機会がないが、打ち上げを成功に導いた重要な人物トム・ミュラー。
SpaceXでロケットエンジンの主任設計者を務めていて
打ち上げに使われたファルコン9のMerlinというエンジンを開発。

Merlinの何がすごいのかというと、圧倒的な安さ。
スペースシャトルのメインエンジンは1基あたり55億円と言われていた。
Merlinは1億円程度。
ロケットエンジンの原理は50年前から同じなので
安い開発に優れた技術力がある。

トム・ミュラーは、アポロの月面着陸用エンジンも開発した自動車部品会社の
在職5年間にアマチュアグループに入って趣味でロケットを開発。
5メートルの小さなロケットに取り組む。趣味でもロケット開発を続けていた。

イーロン・マスクと会った時に、自分なら安くロケットを作れると話し、
他の企業に買収される自動車部品会社のチームを引き連れて、
SpaceXの立ち上げに加わった。

宇宙開発の成功は、軍事技術によるところが大きい。
必ず天才的な技術者の存在があった。

アポロ計画を主導したのは、フォン・ブラウン。
ヒトラーが率いるナチスドイツでロケットミサイルV-2の開発に関わり
第二次世界大戦後にアメリカに亡命して、ケネディ大統領のもとでアポロエンジンを開発。

旧ソ連では、世界初の大陸間弾道ミサイルを開発したセルゲイ・コロリョフが担った。
世界初の人工衛星スプートニク1号の打ち上げや、有人宇宙飛行を成功させた。
コロリョフを重用したのは、最高指導者だったフルシチョフ。

宇宙開発の偉業では指導者である政治家の名前が取り沙汰されるが
成功を支えたのは“天才技術者”。SpaceXの偉業もトム・ミュラーと
イーロン・マスクの出会いがあったからこそ。







Last updated  2020.08.23 14:11:07
コメント(0) | コメントを書く
2020.08.06
カテゴリ:ITシステム開発
1.民間による有人宇宙飛行成功の原点

米国宇宙ベンチャーのSpaceXは5月30日、フロリダ州のケネディ宇宙センターで
NASAの宇宙飛行士2人を乗せたクルードラゴンの打ち上げに成功した。

アメリカからの有人宇宙飛行はスペースシャトル以来の2011年ぶり。
民間企業が開発を主導した有人宇宙船が国際宇宙ステーションに接続するのは初めて。
SpaceXは2002年創業。創業者でCEOを務めるのは
電気自動車大手テスラのCEOでもあるイーロンマスク。
イーロンマスクがクローズアップされるが、裏には“天才技術者”の存在があった。

2.SpaceXがNASAを超えた

SpaceXによる有人宇宙飛行の成功は、宇宙に取り組む関係者にとって
ショッキングな出来事。
人を宇宙に運んだことでNASAがすごいというこれまでの常識を変えた。
一部においてNASAを超えた。

SpaceXが有人の宇宙飛行を成功させたことは偉業。
アポロ11号が有人の月面着陸を果たしたのは1969年。
2011年に退役したスペースシャトル以来、5機目の有人宇宙船になる。

クルードラゴンがこれまでと大きく違うのは
民間の宇宙ベンチャー主導で開発した宇宙船。
これまでの有人飛行は、国家が主導してきた。

スペースシャトルがなぜ退役したか。有人飛行はとんでもなくお金がかかるため、
NASAではもうできないという文脈があった。
SpaceXは民間の努力によって、安く有人宇宙船を作ることを実現した。
NASAという公的機関ではなく、民間の力を活用した宇宙開発にシフトしたところに、
アメリカのすごさがある。

クルードラゴンが打ち上げられたケネディ宇宙センターには
トランプ大統領も、副大統領も観覧に訪れた。
その状況だけをとってみても、今回の打ち上げに対するアメリカ政府が分かる。

トランプ大統領が来ていたのは象徴的。
アメリカはアポロ計画の頃から宇宙産業に多額の税金を投じてきました。
スペースシャトルまでは宇宙産業において偉大な存在でしたが
この9年間はロシアのソユーズでアメリカ人をISSに送るなど、偉大な存在とは言えなかった。
再び偉大な存在になった。

インターステラテクノロジズは、
5月2日に予定していたMOMO5号機の打ち上げを、大樹町長からの強い要請によって延期。
ロケット打上げには最大限の新型コロナウイルス対策を講じる予定であった。
感染が広がっている状況下で、来町の自粛を呼びかけても
なお打ち上げを見に多くの人が訪れるのではないかと大樹町が危惧したため。

アメリカは大統領と副大統領が打ち上げを見るため現地に足を運んだ。
打ち上げの瞬間を見るトランプ大統領の後ろ姿の写真は、
アメリカ国内だけでなく世界中に広く報じられた。
宇宙開発には国家安全保障の面もある。

有人宇宙飛行の成功は、近年ロシアの後塵を拝し、中国への危機感を感じていたアメリカが
トランプ大統領の掲げる「メイク・アメリカ・グレート・アゲイン」に合致する
快挙を成し遂げたことを、世界に強くアピールした。







Last updated  2020.08.23 12:52:35
コメント(0) | コメントを書く
2009.02.28
カテゴリ:ITシステム開発
★熟練技術者の実践的なコメントが欲しいです。。

1.新機能開発のポイント
機能を分割し数回のステップで開発する「インクリメンタル開発」。
各ステップの最初に機能の仕様検討会を実施し、明確になった仕様から機能を実装、入れ込んだ機能を検証して、仕様に適合したソフトウエアをリリース。

2.品質確保のポイント
要求仕様の矛盾や抜け、潜在仕様の抽出といった上流設計が重要。
個々の仕様が実現しようとしている目的を把握し、システムの使い勝手などをユーザの立場で仕様検討。怠ると設定途中での仕様や設定変更が多く、設計品質の確保が困難。

3.工程レビューのポイント
完成したソフトウエアは見ることができない。見るには開発以上の工数が必要。
よって、工程ごとにレビューを徹底する。レビューでは、熟練技術者のノウハウを盛り込んだ開発用チェックリストを活用。
(1)ルール通りに開発しているかを確認する開発プロセスチェック
(2)同じ過ちを犯さないために過去のノウハウを確認するノウハウチェック

4.開発効率化のポイント
ソフトウエアの資産化。一度設計した機能ブロックは、類似製品を開発する際の有益な資産。
資産としての価値を持たせるには、使用制限に幅を持たせたり、他のプログラムとの結合が弱いなど、ソフトウエアの流用コストを最小限にとどめる工夫が必要。

5.品質向上のポイント
バグ修正を着実に行うことやバグの収束状況の予測と実績、さらに静的解析ツールの活用。
最も効果的かつ即時的なのはバグ票の活用。バグを正しく記録すると開発状況が見えてくる。

6.テストのポイント
作成したソフトウエアの正しさを確認のではなく、あくまでも不具合があることを前提として、不具合を発見することが目的。
不具合の除去が充分なレベルに達しているか、不具合の収束を間接的に証明するには、バグ曲線と照らし合わせる。






Last updated  2020.08.04 12:44:13
コメント(0) | コメントを書く
2007.05.04
カテゴリ:ITシステム開発
大きな問題が発生した時にリーダーは何を行うか。どう行うかを考えるよりも難しい。日露戦争時代の小説なのですが、わずかな可能性に賭けた名参謀の戦略は、現代の経営にも役に立つと思います。

私の仕事でも、現場を知らないプロジェクトマネージャやプロジェクトリーダーが殆どで、勇気がある人が見られない。独創性と健全さが満ちている、私にとって最高のビジネス指南書の一つです。






Last updated  2007.05.04 20:12:32
コメント(0) | コメントを書く
2007.05.03
カテゴリ:ITシステム開発
明日は職場が停電らしいので、強制的に休暇となりました。
働く自由が無いのもじれったいものです。まあ明日ぐらいは、朝からマクドやファミレスを移り渡って、本を読んだりプログラミングしたりのんびりしたいと思います。

自宅に持って帰れるような仕事だと良いのですが、最近は真面目な仕事が多いので、休みの日は休むしかないのです。実際使うかどうか別にして、プログラムの試作部品ぐらいは作っておけますけど・・






Last updated  2007.05.03 20:38:48
コメント(0) | コメントを書く
2007.05.02
カテゴリ:ITシステム開発
昨日は、残っていた受信・処理試験の手順書の残り半分(5時間)と、試験手順書の作成要領(1時間半)を作成しました。SSの画面仕様と試験手順書を調査するのが、予想よりも時間がかかってしまった。作業時間は、早めに帰宅したので6時間半程度ですね。

今日の目標は、作成要領への追記(1時間)、試験計画書の修正(4時間)、日次スケジュールの具体化(2時間)です。昨日までにGW中の最低目標が終わったのですが、作業時間は7時間程度を予定しています。

適度な睡眠が取れ、だいぶ身体の疲れも無くなってきたので、今日も頑張れそう♪






Last updated  2007.05.02 09:16:43
コメント(0) | コメントを書く

全20件 (20件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.