921927 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

つきももブログ

PR

全37件 (37件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

発酵食品いろいろ

2017.04.27
XML
カテゴリ:発酵食品いろいろ
パーティのメインは鮒ずし*\(^o^)/*

ミユキさんちで、鮒寿司パーティ。
この鮒寿司、ミユキさんがお友達と仕込んだ手作りなんです。
image

「食べ頃になった。」と聞いて、興味津々のスパイス研究室(仮名)のメンバー。
スペシャルゲストもお招きして、美味しい時間を過ごしてきました。

鮒寿司といえば、滋賀県の名産品、発酵によるにおいがすごい、
という知識くらいしかなく。
名産品と言っても、滋賀県民が日常食べているわけではなく、
滋賀育ちの私も、過去に1度、道の駅で売ってるのを、
ほんの少し食べたことがある程度。
しょっぱかった記憶しかないので、
手作りのがどんな味がするのかすごく楽しみでした。

鮒寿司ベテランのともこさんは、鮒寿司に合う日本酒を持っての登場。
なんと一升瓶で。

(ミユキさん、写真もらったー。)

滋賀県湖北の有名な料理屋「徳山鮓」で、鮒寿司に合うお酒として出されているらしいです。
まろやかで、クセが強くなくて美味しかった。


他にもご馳走がたくさん♪
ミユキさんが用意してくれた、しょうがたっぷりなスパイスカレー、
キューリの中華和え、彩り野菜の柑橘和え、
ミョウガ味噌豆腐、たくさんのパン、
みねばちゃんが作ってきてくれたピクルスや、CHOICEフロマージュの燻製チーズ、
ロワゾーブルーのパンや、珍しい洋なしのドライフルーツなどなど。

image

image


私が持って行ったのは、
ミユキさんの、
「鮒寿司はチーズのような感じなので、チーズに合うものは、だいたい合う。」というヒントをもとに、
パラックパニールの鮒寿司バージョン。
本来は、パラックというほうれん草をペースト状にしたカレーに、
パニールという木綿豆腐のようなチーズが入ってる北インドの料理。
パラックだけを作っていって、鮒寿司と食べたらどうかなと、
好奇心で作ってみました。
ミユキさんが焼いてくれたライ麦パンに、
パラックを乗せて、鮒寿司を乗せて。
美味しかったー。

もう1つは、キャベツのクートゥ。
クートゥはいろんな作り方があるけど、
スパイス研究室のみなさんに食べてもらうので、
スパイスたっぷり使うレシピで作りました。

鮒寿司、においも全然きつくなくて、しょっぱすぎず、
すごく美味しかった。
塩加減や、仕込む時に麹を入れるか入れないかで、
ずいぶん出来上がりの味や香りが違ってくるのだそう。
飯(いい)と言われるごはんの部分を日本酒と一緒に食べると、
たまらんうまさ!

酒と言えば、ミユキさんち、お酒を飲む時は、
お猪口じゃなくて、湯呑み茶碗のようなグラスなんです。
image
(ミユキさんオススメ不老泉も登場してます。)

そこになみなみ注がれた酒を、
顔色変えずにするする飲み続ける酒豪な皆さま。
すごいわー。
うらやましいわー。

昼下がりから始まったのに、気づいたらもう夜。
楽しい時間はあっという間だった。
みなさんどうもありがとう。
ぜひまたやりましょう。

あ、ロースイーツも試食してもらいました。
これを作るはずが、なぜかケーキ型が行方不明。
休憩〜。珈琲、塩バニララムレーズン、チョコ。大好きな組み合わせ。
コーヒー味のスポンジ、塩バニララムレーズンクリーム、チョコムースです。






Last updated  2017.04.27 19:29:35
コメント(0) | コメントを書く


2016.04.07
カテゴリ:発酵食品いろいろ
昨日は一家総出で(2人ですが。)味噌を仕込みました。
いつも11月頃にやるんだけど、
2014年の秋に、いつもの1.5倍量で仕込んだやつが、まだたくさんあって。
「今年はちょっと遅らせよう。」ということで、
年を越して春仕込みに。

今回は通常通り約5kgの仕上がりで。

大豆1kg
米麹1.5kg
塩500g
大豆の煮汁 適量
今ある味噌 適当に

麹はこれ。


前日の晩から大豆を浸水して、
だいたい12時間後、朝8時半から開始。
1kgの大豆、浸水完了。

浸水後2.2kgになった大豆を3回に分けて圧力鍋で茹でていきます。
圧力かかってから15分→ピンが下がるまで自然放置。
冷めた大豆から2回に分けて(計6回)フープロ。

麹と塩を混ぜたものと潰した大豆を合わせて、
容器に詰める。

味噌作りは5回目。
慣れてきたのもあって、12時には終了した。
5kgの味噌を仕込みました。 今年は早くて午前中に完成。

はやっ。
今まではお昼ごはんをはさんで、午後までかかってたのに。

というわけで、午後から時間ができた。
ちょっと遠くまで買い物行って(店閉まってたけど。)、
帰ってきて本読んで、珍しくのんびり。
めっちゃ久しぶりに昼寝もしてやりました。

少しだけ残ってたベジ餃子、パクチーまみれで頂きました。

夜にはちょっとだけ余ってたベジ餃子をパクチーまみれにして食べて、
12時前には寝るという快挙!!
素晴らしい。

たまにはこういう日もいいな。
味噌、美味しくできますように。


おまけ:
今日は朝からざんざか雨。
こういう時は大好きな曲を聴く。
Coldplay - Talk







Last updated  2016.04.07 21:24:15
コメント(0) | コメントを書く
2016.04.05
カテゴリ:発酵食品いろいろ
米粉で作る乳酸菌ライスミルク、その美味しさにすっかりはまってます。
米粉を練らなあかん分、紅茶きのこや甘酒より、ちょっと手間かかるんだけど、
それだけの美味しさはじゅーぶん有り。

sumiさんのレシピで作ってます。
米乳百楽みたいな乳酸菌ライスミルクを作ってみるの巻

このレシピのプロバイオティクスを、ぬか床から上がってくる水分に代えて、
あとは同じ。

麹を投入
乳酸菌ライスミルク仕込み中。

アルコールはほとんど感じられず甘酸っぱい。
かなりシュワシュワ。
うまーーー。
自家製乳酸菌飲料、大成功!

これはミユキさんにもらったものを継いで作ったやつ。
発酵10時間でオトナの飲み物に。
ミユキさんにもらった乳酸菌ライスミルクを継いでみたら、 発酵10時間でオトナの飲み物に。 (本来は24時間で乳酸菌飲料が出来ます。)

ある時sumiさんが、米麹をいつもと違うタイミングで入れたら、
どぶろくが出来たって書いてはったので、私もチャレンジ。
乳酸菌ライスミルクのレシピ 溢れ出すどぶろくの反乱

温度を35℃くらいまで下げて、先にぬか床乳酸菌を投入。
しばらく放置してから米麹も入れてみた。
35℃で24時間保温。

米粉で作る乳酸菌飲料、いつもと作り方を変えてチャレンジ。

いつもより微炭酸で酸味強めな飲み物が出来た。
アルコールは発生してなさそう。
ぬか床乳酸菌が弱かったのかと、プロバイオティクスも入れてみたけど、
さらに酸味が強まっただけでどぶろくにはならなかった。

sumiさんのはボトルからあふれるくらいにブクブクなってたのにな。
家に住んでる菌の違い?
不思議~。
完成。微炭酸で甘酸っぱい飲み物に。

一緒に写ってるのは、毎年恒例、寺尾さんちのほったらかし栽培な駿河エレガント。
両方混ぜてスムージーにしても美味しい。

米粉と米麹と乳酸菌。
そして、温度計とヨーグルトメーカー的なものがあれば、
簡単に乳酸菌飲料が出来ます。
美味しいよ~。
“いつにも増して快便”という嬉しいオマケ付き。
お試しあれ。

暖かくなってきて、紅茶きのこも元気出てきた。
甘さがなくなるまで放置して、
これも酸っぱい炭酸状態で飲んでます。

暖かくなってきたので、紅茶きのこの発酵がいい感じ。


そしてこれを書いてる今、
浸水中の大豆がパチパチと良い音を出してます。
明日は味噌仕込みDay。







Last updated  2016.04.05 22:17:49
コメント(0) | コメントを書く
2015.10.18
カテゴリ:発酵食品いろいろ
先日、sumiさんとミユキさんから、
古代米で造ったお酒“伊根満開”の酒粕を頂きました。
お土産

向井酒造“伊根満開”


紫とピンクの混ざったような色。
古代米のお酒“伊根満開”の酒粕

酒粕特有のアルコールの香りやクセがほとんどなく、
かなりあっさり。
ちょっと酸味もあり。
普通の酒粕はあんまり好きじゃないんだけど、
これは美味しい!!

いろんなものに使ってみました。
(酒粕1枚約50g)

ビーツのスープ
ビーツのスープ

ひたひたの水で茹でたビーツ大きめ1個(茹で汁ごと)、カシュー1つかみ、酒粕2/3枚、
ココナッツフレーク少々、クミンパウダー少々、水

ヘンプシードといちじくのスムージー
ヘンプといちじくのスムージー
ヘンプシード大さじ3、いちじく2個、ざくろ(実)大さじ2くらい、酒粕1/3枚、水1カップ

鮭の白味噌煮
鮭の白味噌&酒粕煮

鮭2切れ、大根4cm、昆布、白味噌大さじ1、酒粕1/2枚、
生姜1かけ、赤かぶの茎
白味噌だけだと甘いけど、酒粕でうまみと風味アップ。
あっさりしながらも、すごい美味しいスープだった。

豆乳ヨーグルト
酒粕豆乳ヨーグルト

豆乳150ml、細かくした酒粕大さじ2くらいかな。
1日半くらいで固まった。
1回目はかなり酒粕風味が強かったので、料理に使い、
瓶の底に残したものに豆乳を入れて2回目。
今度は一晩で完成。
私の好きな酸味のあるヨーグルトができた♪
うまー。

ドレッシング
酒粕ドレッシング
タマネギ小さめ1/4個、酒粕大さじ2、りんご酢大さじ2、出汁、すり胡麻大さじ2、生しょうゆ

かぼちゃといんげんのスパイス煮込み、小松菜と人参のごま和え
かぼちゃといんげんのカレー、小松菜と人参のごま和え

スパイス煮込み:かぼちゃ1/4、いんげん1袋、クミンシード、カロンジ、カレーリーフ、
チリ、ターメリック、ココナッツフレーク、ココナッツオイル、酒粕、塩など。

ごま和え:小松菜1袋、人参1本、梅干し2個、酒粕大さじ1、すりゴマ大さじ2。


どれも酒粕味は強く出てないです。
でも、入れてない状態より旨みが増して、
ぐぐっとレベルアップした奥行きのある味に。
楽しいーーー。

トマト系の煮込みやカレーなど、
他にも試してみる予定。

この伊根満開というお酒も美味しいんだろうなー。
sumiさん、ミユキさん、美味しいお土産をどうもありがとう。







Last updated  2015.10.18 21:13:31
コメント(2) | コメントを書く
2015.08.29
カテゴリ:発酵食品いろいろ
ラウレアのつがる2015
ラウレアグリーンズのつがる2015

久しぶりに甘酒を作った。
(玄米ごはん300g、玄米麹200g、水適当。)

白米で作るより甘さ控えめ、
ちょっとクセのある味になって、私は大満足。
ただ、そのままだと粒々のままなので、
ブレンダーでガーッと回してなめらかにしました。
久々に甘酒

で、ここから作ってみたかったのは、
いつぞやにミユキさんのブログで見た米サワー

こんな感じでやってみた。

出来上がった甘酒を、飲んで美味しい甘さより、
ちょっと甘めになるように水で薄めて(200mlくらい。)、
そこに酒種酵母を小さじ1弱くらい。
(現在、この酵母も玄米ごはんと玄米麹。)
よく混ぜる。
米サワー作ってみる

夜に作って常温で朝まで置いといたら、
ぶくぶくシュワシュワ。
冷蔵庫へ。
朝こんな感じに

はい、夕方のおやつタイム。
スパークリング甘酒

ビール並のしっかりした炭酸でめっちゃ美味しい。
甘さもかなり控えめになってて、
酸味がちょっと出てるので、
アルコールも発生してそうな・・・。
(だから朝に飲むの控えた。)
でも紅茶きのこみたいにクラクラすることもなく。
ひゃー、はまりそう。
明日もヘロヘロなって帰ってくることが予想されるので、
今夜も仕込んどこ。

今使ってる玄米麹は、鈴木こうじ店の無農薬玄米麹です。
職権乱用気味に手に入れましたが、
ヒジョーに美味しくて、香りも素晴らしいです。
塩麹も醤油麹も一段と美味しく仕上がる。
おすすめです。




一緒に写ってるりんごは、今年の初物、
ラウレアグリーンズのつがる。
sumiさんに便乗させてもらって、手に入れることができました。
今年は河内晩柑がなくなる前にりんごが来たので、
スムージーの果物に困ることもなく。
sumiさん、どうもありがとう~。


おまけ:
盆休みや腰痛で2週間休んで、
今日は久々のXtend。
ラッキーなことにマンツーマンでした。
Chizuko先生独り占めレッスン♪
しっかり身体動かして気分爽快。
お尻とお腹、明日筋肉痛くるだろうなぁ。







Last updated  2015.08.29 21:41:58
コメント(0) | コメントを書く
2015.08.14
カテゴリ:発酵食品いろいろ
豆乳ヨーグルトの美味しさがやっと分かってきました。

今まで何度か作ってみたものの、
豆乳の味の残る、おぼろ豆腐みたいなのが出来て、
「これなら豆腐食べてる方が良いわ。」と、
美味しさが分からないでいました。

最近、何度か継ぎ足して作るうちに、
豆乳の味は薄れて、ヨーグルトっぽくなっていくと聞いて、
再度チャレンジ。
作り方は熱湯消毒した瓶に豆乳と玄米リジュベラックを入れて、
室温で放置。
分量はめっちゃ適当。
(sumiさんが、分かりやすく書いてくれてはります。→
3回目継いだくらいから、すっぱくて私好みな味になってきた♪
固まるのも早くなって、
夕方仕込んだら、寝る前には固まってる。

だいぶ過発酵で分離してる。
でも酸味があって極微炭酸で、好きな味。
発酵しすぎた


乳製品を摂らなくなって4年。
もともとそこまで好きではなかったし、
バター、チーズ、生クリームはむしろ苦手だったので、
困ることはそんなにないんだけど、
最初の頃、時々食べたくなってたのがプレーンヨーグルト。
ビフィダスとかブルガリアとか、
スーパーに売ってる500g容器に入ったやつ。

あのヨーグルトにバナナときなこ入れて、
ずーっと朝ごはんの定番でした。
酸味の出てきた豆乳ヨーグルトで、久しぶりに作ってみたら、
うまーーー。
そう、こんな味だった。
(見切り品完熟のちょっとアレなバナナで作ったので写真なし。)

「こんな味。」ってゆーてるけど、
今、売ってるプレーンヨーグルトを食べたら、
乳製品特有のにおいとコクで、
たぶん美味しいと感じれない気がするな。
試してみたいけど500gは多すぎる・・・。

きゅうりのライタ。
豆乳ヨーグルトできゅうりのライタ
豆乳ヨーグルト、スパイス、レモン、塩。
本来はさいころ切りにするとこを、細切りにしたので、
水分が出てつゆだく状態。

桃ラッシー。
桃ラッシー 豆乳ヨーグルトで作ってみた。

良かった、はまったのが夏で。
豆乳飲むと、胃から始まり、身体全体が冷えるので、
これが冬だったら、楽しめないとこだった。

そういえばTGGヨーグルトとやらが流行ってるの?
豆乳に生玄米を入れてかき混ぜるだけらしい。
こっちのやり方でも作ってみよう。


おまけ:
盛夏のピークは過ぎたんかな。
最近、朝晩ちょっと涼しくなったよね。
先週まで、セミに朝起こされるという初めての経験をしてたんだけど、
今週は数が減ってる気がする。

代わりに、今朝はカラスの鳴き声で起きた。
なんとツェッペリン鳴き。
面白くて眠気が吹っ飛んだわ。

2分10秒~14秒あたりの音を、カラスで脳内再生してみてね。
Led Zeppelin  “ Whole Lotta Love”




















Last updated  2015.08.14 21:04:56
コメント(6) | コメントを書く
2015.05.18
カテゴリ:発酵食品いろいろ
先日、東京へ行った時、
義妹Rちゃんから、「もう使ってないから。」と、
3合炊きの炊飯器をもらってきました。

念願の酵素玄米ごはんにチャレンジ。
大豆で酵素玄米ごはん

全然そそられないビジュアルですな。
玄米と大豆で炊きました。

もちろん最初は定番の小豆でやりましたよ。
写真撮り忘れたので、2回目の大豆の写真になった次第です。
大豆もまた違った味わいで美味しい。

普通の玄米ごはんは、発芽させて、圧力鍋で炊いても、土鍋で炊いても、
そして、しっかり噛んで食べても、
やっぱり白米や5分づき米に比べると、
消化の悪さを感じるけど、
酵素玄米ごはんは胃が楽。
3日間の発酵を経ることによって、
消化の悪さに一役買ってる、あの茶色の部分が、
柔らかくなるのかな。

ただ、米研いでから、食べるまでに5日くらいかかる。
(炊く前にちょっと発芽させた。)
出来上がるのはたったの3合。
1日で食べきってしまう量。

こうりつわるっ。

普段のごはんではなくて、
オタク趣味的に食べることにしよう。

次は黒豆でやってみます。


おまけ:
忌野清志郎 “善良な市民”


'94年の京都三条鴨川でのライブ音源らしい。
ってこれ、私行ったやん。
始発で行ってずーっと何時間も待ったおかげで、
かぶりつきの場所で清志郎が見れました。






Last updated  2015.05.18 21:41:29
コメント(0) | コメントを書く
2014.11.19
カテゴリ:発酵食品いろいろ
今年も味噌を仕込みました。

気合い入れて昨年の1,5倍量にしてみた。
(昨年の記事→
・大豆1,5kg
・米麹 2,25kg
・塩 750g
・昨年作った味噌 150g

麹は星六の。
ここの麹、とっても美味しい。
なくなったら買ってます。



大豆もいつものようにこれ。



昨年まで約5kg出来上がってたので、
その1,5倍の材料だと7,5kgになるはずが、
出来上がり量は6,2kg。(おそらく)
おかしいな~。
大豆の浸水時間が昨年より短かったから、
水分量が関係してるのかな。

それはともかく、材料を増やしたので、
特大ボウルやら、大鍋やら総動員でした。

朝9時前から、大豆を茹で始めて(圧力鍋で4回に分けて)、
少しづつフープロでつぶす。
10回くらい回したかな。
そこまでの作業で12時過ぎくらい。

お昼ごはんを食べたら、
塩切り麹とつぶした大豆を混ぜる作業です。

塩切り麹
塩きり麹。今年は去年の1.5倍仕込むし、量多い!


結構な力仕事な上に、量もあるので、毎年この作業は同居人の担当。

何とか混ざった。
特大ボウル(6リットル以上あるサイズ)にいっぱい。
混ぜ終わり!大量だ!

まんべんなく混ぜたら、丸めて空気が入らないようにきっちり容器に詰めて行きます。
今まで使ってた4,3リットルくらいの容器には入らないので、
今年は新しく買いました。

野田琺瑯のラウンドストッカー。



内フタを取れば直火にかけれるので、
中を煮沸するのも簡単。
どこかでレビュー見てたら、これで大豆を茹でて味噌を作ってる人もいました。

完成♪
出来た!今年は7.5kg!出来上がりは来年7月くらいかなー
(ビー玉は隙間から空気が入るのを防ぐために乗せてます。)


全部終わって、片付けたら15時前。
仕込み量を増やした割には、時間は昨年とあんまり変わってないかな。

塩麹のように簡単にできるわけではないけど、
一度仕込めば何ヶ月も美味しいお味噌が食べれるわけで、
やっぱりやるだけの価値はあるな~。
そして、出来上がるのをワクワクしながら待つという楽しみも!!
美味しいのが出来ますように。









Last updated  2014.11.19 21:26:03
コメント(0) | コメントを書く
2014.10.11
カテゴリ:発酵食品いろいろ
今月のvege smileでミユキさんから頂いたいちじく&ざくろの酵母。
さすが、めっちゃ元気。
写真は撮り忘れたんだけど、vege smileその日の晩に、
あふれそうなくらいブクブクだったので、
中のいちじくを1個食べて、冷蔵庫で休んでもらってました。

自分で酵母を起こす時に、少し入れると良いとのこと。
冷凍のオーガニック苺でやってみました。
「冷凍果物って酵母菌いるの?
ほんとはフレッシュな果物でやるのが基本だろうな。」と思いつつ、
苺フレーバーの酵母ジュースが飲みたくて。

いちじく&ざくろの酵母と苺酵母

左がミユキさんのいちじく&ざくろの酵母、
右が冷凍苺。

解凍して柔らかくなった苺10個くらいを軽く潰して、
ココナッツシュガーを小さじ1強、いちじく&ざくろ酵母を小さじ1。

仕事から帰ってきたら、こんななってました。
1日足らずでこんなにシュワシュワ

すごー!!
苺とココナッツシュガーだけだったら、ぜーったいこんな風にはならない。
ミユキさんの酵母のおかげです。

炭酸が出てシュワシュワ。
そのままでは濃いので、発酵し過ぎてかなりすっぱくなった紅茶きのこと、
ゲロルシュタイナーで割って飲みました。

苺のスパークリングジュース

甘酸っぱいスパークリング苺ジュース♪
美味しかった~。

こっちはルバーブジャム。
ルバーブジャムがこんなことに。

や、ジャムって言われて、いきなりこの写真見ても、何のことか分からんよね。
ミユキさんちでジャムが発酵したと聞いて、
同じジャムをもらってたので試してみたら、やっぱり我が家ではウンともスンとも。
さらに、間違った管理をして死にかける始末。
これもミユキさん酵母で、見事に生き返ったわ。
冷蔵庫に入れてても、フタを開ける時に「ぶしゅっ!!」って言うくらい元気です。
まだ甘いので、ほんとに発酵ジャム。

これだけ分かりやすく発酵してくれると、面白いなー。
柿やバナナでもやってみよう。
今はミユキさんの酵母の助けがあって発酵してるけど、
そのうち我が家にも菌が住み着いてくれたら、
自力でも発酵するようになるかな。


これはミユキさんから頂いたグルテンフリーの米粉クッキーと米ぬかマフィン。
そして手作りの栗渋皮煮。
ミユキさんに頂いた酵母のお菓子と栗の渋皮煮

どれもめっちゃ美味しい。
クッキーは1枚づつ大事に食べるはずが、さっくさくで止まらない。
1袋(大きめのが3枚入り)いっきに食べてしまった。
どうもありがとう~♪


次回のvege smileは、11月2日(日)。
詳細はもうすぐお知らせします。

【場所】
Utaripe(ワンパーエイトビルディング)4F
〒604-8381京都市中京区西ノ京職司町67-15  

・JR二条駅 御池通を東へ徒歩10分
・地下鉄「二条城前」駅3番出口 西へ徒歩5分
・市バス15番・京都バス61,63,64,65「神泉苑」バス停 徒歩1分
(駐車スペースがございませんので近隣のコインパーキングをご利用下さい。)


ご予約はこちら。
(予約先アドレスが変更になりました。)

vegesmilekyoto☆hotmail.com
☆を@に変えてくださいね。







Last updated  2014.10.11 21:21:59
コメント(2) | コメントを書く
2014.08.26
カテゴリ:発酵食品いろいろ
ぬか漬け復活


2011年から始めたぬか漬け、
時々表面が真っ白になったりもしつつ、
そこそこ順調に育ててたんだけど、
今年の夏、危機に陥りました。

ぬか床は、常温保管で1日1回かき混ぜて育ててます。
でも毎年暑くなってくると、産膜酵母が増えるのか、表面が真っ白になる時があって、
そうなると、表面を捨てて、秋が来るまで半日冷蔵庫保管にしてました。
(白くなっても、中に混ぜ込んでしまっても良いらしいけど。
 私はにおい、味ともに、あんまり好きな感じじゃないので捨てます。)


それが今年は、全然真っ白にならない。
何でだろうと思いつつ、通常通り常温保管してたら、
なんとなーく味が変になってきて、
「あれー。」と思いながら数日後、
食べるのも嫌なくらいぼやけた味になってしまった。
塩味も酸味もない。
においも変。

ショック~。
ぬか床を全部捨てようか迷ったけど、
3年も育ててたから愛着もあるし。
2/3くらい捨てて、残りで新しく作ることにしました。

自然農栽培の米ぬか、ニュートリショナルイースト、塩(今回は雪塩)、
鷹の爪、生姜の基本材料に、
酒種酵母と、今回ちょっとズルして、プロバイオティクスも入れてやりました。
塩が多かったのか、ちょっとしょっぱいながらも、
元気に発酵し始めて、1週間くらいで見事復活。
またあの酸っぱいぬか漬けが食べれるようになった。
良かった~。

もうちょっと涼しくなるまで、忘れずに半日は冷蔵庫に入れてやるようにしよう。


おまけ:
ピーマンと人参の重ね煮きんぴら

さすがにインド系おかずばっかりだと、
同居人にも申し訳ないので、
今日は、ピーマンと人参の重ね煮きんぴら。
でもついつい、生姜と花椒を効かせてしまい、結果スパイシーな感じに。
塩麹&味噌で味をつけて、隠し味にココナッツシュガーを1つまみ。
出来上がってからごま油。
美味しかった。
(まだ私しか食べてないので、自画自賛。)



☆お知らせ
9月7日(日)は、ワンデーカフェ「vege smile」の日。
ローフード、ロースイーツ、自家製酵母100%の手作りパン、
ヴィーガンスパイス料理、ヴィーガンスイーツなどをご用意してお待ちしてます。
詳細はここ→vege smile

予約席は埋まってしまったけれど、
13時以降は来ていただいた方からご案内します。
ふらっとランチやお茶しにきて下さいね。







Last updated  2014.08.26 21:00:18
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全37件 (37件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.