1271908 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

浮 世

浮 世

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

プロフィール

SHINSAKU

SHINSAKU

カテゴリ

日記/記事の投稿

バックナンバー

2024年04月
2024年03月
2024年02月
2024年01月
2023年12月
2023年11月
2023年10月
2023年09月
2023年08月
2023年07月
2009年03月12日
XML
テーマ:ニュース(99333)
米国人の4割が「地球温暖化は誇張されている」

地球温暖化の深刻さは誇張されていると考える米国人が4割に上り、過去十数年間で最も高くなったことが、ギャラップ社が12日公表した世論調査結果で明らかになった。

にほんブログ村 ニュースブログへ   楽天ブログ    くつろぐ クリックを!

 それによると、主要メディアが伝える地球温暖化の深刻さについて、調査対象者の41%が「疑わしい」と回答した。これまでは2004年の調査での38%が最高だった。
 また、8つ挙げた環境問題のうち最も懸念の度合いが大きかったのは飲料水汚染(84%)で、以下、水質汚染、毒物による土壌・水汚染、清浄水の供給、大気汚染、熱帯雨林の消失、動植物の絶滅と続き、地球温暖化は最下位だった。
 さらに、「地球温暖化の影響は既に出ている」との回答は昨年3月の調査での61%から今回は53%に低下。「影響が出ることはない」と回答した人は過去最高の16%に上った。
 ギャラップ社のアナリストはこの調査結果について、地球温暖化のメッセージが米国人に対して説得力を失っている可能性があると指摘している。調査は今月5―8日に固定・携帯電話を通じ成人1012人に対して実施した。

ブログランキング     BLOG FREAK

情報操作にやられていますね・・・


★ 自然災害(地震・台風・大雪など)の話題 ★


★ 社会問題 ★






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2009年03月14日 03時41分04秒
コメント(0) | コメントを書く
[国外・国際問題     ] カテゴリの最新記事


カレンダー

ニューストピックス


© Rakuten Group, Inc.