439577 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

野菜ソムリエコミュニティおおさか

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

バックナンバー

2024.03
2024.02
2024.01

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

aki@ Re:【開催報告】れんこん収穫体験(12/14) この様な書込大変失礼致します。日本も当…
池田剛士@ Re:野菜LOVE応援プロジェクトVol.5「門真れんこん収穫祭」のご報告(03/06) 「ムチン」と呼ぶのは誤用(乱用)です!…
王島将春@ Re:射手矢さんの松波キャベツ収穫体験&てっぱん祭り(01/24) はじめまして。福井市在住の王島将春(お…
背番号のないエース0829@ 味は日本一! 「成人式が、無事終了 !!」に、上記の内容…

プロフィール

野菜ソムリエコミュニティおおさか

野菜ソムリエコミュニティおおさか

お気に入りブログ

まだ登録されていません
2020.12.06
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

皆さまこんにちは。

野菜ソムリエ コミュニティおおさか、幹事の川端佐織です。

 

急に寒さが増し、朝晩の寒暖の差が激しくなりましたが皆さまいかがお過ごしでしょうか。
 

早いもので2020年も終わりを告げる12月となりました。

さて今回は、大阪の東にある枚方市の『農園 杉・五兵衛』様にて、
食事と収穫体験をしてきましたので、その内容をご紹介します。
 
『農園 杉・五兵衛』は、京都府との県境近くに位置し、最寄りの駅はJR学研都市線の
長尾駅になります。長尾駅からは車で10分程度の住宅街をぬけた、のどかな場所にあります。

 
ここでは、甲子園球場2倍もの農地に、季節に応じた様々な野菜や果物、山菜、花を
育てておられます。
農園やお屋敷に一歩足を踏み入れると、タイムスリップしたような古き良き文化と、
季節感を味わうことができます。

農園で収穫された作物がお料理となり、農家さんが真心込めてていねいにつくる
季節感満載の彩り豊かなお料理にお腹も心も満たされます。

お料理をいただく本館(お屋敷)は、酒蔵を移築したことから、お屋敷の至るところに、

その名残が感じられます。




 

今回のお料理は、旬の野菜を堪能できる『農園会席』をいただきました。
 

まずはお通し。ホクホクの黒枝豆と茹落花生。

次に、自家製豆腐。こちらは、ほんのり大豆の甘みを感じることができます。
 



 

続いて、麹蓋に旬のお野菜が沢山盛られて出てきました。

葡萄の葉やミニキャロットが、優しい味付けのお料理を鮮やかに飾っています。

愛情たっぷりに育てられたお野菜は、どれも風味豊かで、会話も忘れ無言で
味わってしまいました。





 

次に、米油でカラッと揚げられた天ぷらをいただきました。

そして、菊菜や人参の入った風味豊かな地鶏の豆乳鍋。体をじんわり優しく温めてくれます。どれを食べても野菜、果物の旨みが感じられ、思わずお替りをしたくなります。

〆には蓮根のごはんと、どこか懐かしい味のお味噌汁に当帰の漬物をいただきました。

デザートには農園で収穫されたフルーツ達と柿シャーベットアイスをいただき大満足です。

 

 

 

お腹も心も満たされたお食事の後は、広大な農園を散策し、動物とのふれあい体験をしました。

ここでは、有機循環農法に欠かせないロバがいて、また、ニワトリやウサギもにぎやかに
遊んでいます。

美味しい野菜の肥料を作ってくれる動物たちに、ありがとうの気持ちを込めて
エサやり体験もしました。

 
 

 

そして、収穫体験。時期としては、終盤を迎える柿、みかんを収穫しました。

甘い木のみかんは、大人気なようでたくさん収穫されていました。

スタッフの方から『小さいみかんの方が甘い』とのアドバイスを受け、甘そうなみかんの木に
狙いをしぼり、もぎたてのみかんを試食しました。
枝からみかんをくるくるっと回しながらプチっともぎとり、たくさん収穫しました。

次は、柿の収穫。こちらも甘い実をたくさん収穫しました。

収穫体験をすると、柿とみかんを合わせて1kgまでお土産として持って帰れます。


試食したみかんの皮や柿のヘタは、近くで遊んでいるヤギが食べてくれます。

さすが、自然の恵みを無駄にしない方針ですね。

 


 

『農園 杉・五兵衛』では、有機循環農法という方法を用いています。

農園の野菜は、化学肥料を一切使用せず、ロバの堆肥やぼかし肥料で育てられており、
ロバたちは、野菜のヘタなどの食品残渣をエサにしています。

そして、スタッフの方々が、愛情を込めて野菜や果物などの世話をし、自然の恵みたっぷりの
野菜や果物たちを収穫し、美味しいお料理にしてくれます。

最後に私たちが食べることで、有機循環農法の輪が完成します。

47年も前からずっと自然の恵みを生かしているのです。
毎年、季節に応じて、田んぼを畑にし、また田んぼに戻すという大変な作業を行い、連作障害を避けているそうです。その苦労を惜しまず長年ていねいに肥やしてこられたそうです。

 
『自然を生かし、自然に生かされる』まさにその言葉どおりだと感じました。
新型コロナウィルスで世界中が混乱するなかにおいても、変わることのない自然の恵みに改めて感謝したいと思います。

そして、1日も早く皆さまと一緒に活動できる日が来ることを、心から楽しみにしています。
 

今回ご協力いただきました農園 杉・五兵衛様ありがとうございました。
農園 杉・五兵衛HP:https://sugigohei.com/






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2020.12.06 17:36:24
コメント(1) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:【活動報告】『有機循環農法』に触れてきました(12/06)   菊池寛治 さん
川端さん

活動報告を興味深く読みました。
なぜなら農園 杉・五兵衛は私が大学時代にバイトをしていたので。
私がバイトしていた頃とはずいぶん充実したのだなあと懐かしく
感じました。今年は40年ぶりに伺ってみます。 (2021.01.13 17:32:27)


© Rakuten Group, Inc.