3010863 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

よろず屋の猫

PR

日記/記事の投稿

カテゴリ

バックナンバー

2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月

カレンダー

お気に入りブログ

監察医 朝顔 第10話 MAGI☆さん

おぼろ二次元日記 おぼろ.さん
non*non's diary _non*non_さん
旧:無菌室育ち わに庭さん
生きてるだけでマル… るぱん0786さん
からまつそう yamahusaさん
◆◇黒衣の貴婦人の徒… なぎさ美緒さん
読書とジャンプ むらきかずはさん
ことば日和 magrimagさん
まったり感想日記 せりざわはなさん

コメント新着

http://viagraky.com/@ Re:『BLEACH』 116話 (2/21) 感想(02/21) viagra 150 mg pills <a href="h…
http://buycialisonla.com/@ Re:『怪談レストラン』のグッズ(03/03) using viagra and cialis togethercialis …
310@ Re:『DOGS / BULLETS & CARNAGE』 6巻 三輪士郎 作 感想(02/20) わぁこんなに楽しく感想コメントしてるな…
alateentulk@ ,coach オンライン アウトレット,アディゼロ ツア   右の感触は:ほとんどのゴルファーは…
usaggidge@ ,レディス スニカ 人,モンクレル maya メンバーはナイキのバスケットボールシ…
usaggidge@ ,モンクレル ダウンコト, メンズ 人 彼らはそれを身に着けるために快適である…
MageMoons@ Re:ドラマ 『ガリレオ』が楽しみ!!(09/17) 流行 水着swiss 腕時計レディース 靴 通販…
監視カメラ@ fysnybkkun@gmail.com Amazing blog! Do you have any helpful h…

フリーページ

頂き物・お話



エンヴィーという名の刃


Blue


扉は冒険の入り口


大すきな赤い風船


春を待ちながら


頂き物で遊ぶ


夢の懸け橋...to おぼろさん


春の予感


十年早いぜ


分ってないな


ずっと手をつないで


金曜日のラララ (1)


金曜日のラララ (2)


砂神の玉座


設定 その1


設定 その2


序章 その1


序章 その2


序章 その3


第1章 『宴』 その1


第1章 『宴』 その2


第1章 『宴』 その3


第2章 『北へ』 その1


本の感想


『かもめの叫びは聞こえない』アン・スミス


『迷路』 キャサリン・コールター


『マーダー・プラン』 J・ケラーマン


『レッド・ライト』 T・J・パーカー


T・ジェファーソン・パーカー 一挙読み


『殺意』 リンダ・フェアスタイン


『ロマンスのR』 スー・グラフトン


『チーム・バチスタの栄光』 海堂尊  


『黄昏の百合の骨』 恩田陸


『家族狩り・5部作』 天童荒太


『麦の海に沈む果実』他 恩田陸


『天使の遊戯』 アンドリュー・テイラー


『天使の背徳』 アンドリュー・テイラー


『天使の鬱屈』 アンドリュー・テイラー


『蛇行する川のほとり』 恩田陸


『GOTH』 乙一


『ハリー・ポッターと謎のプリンス』 


『最後の旋律』 エド・マクベイン


『ZOO』 『失われる物語』 乙一


『追憶のスモールタウン』 R・ワトソン


『エミリーの不在』 ピーター・ロビンソン


『ウィンディ・ストリート』 パレッキー


『夜のピクニック』 恩田陸


『白狐魔記・戦国の雲』 斉藤洋


『No.6 ♯5』 あさのあつこ


『緋色の迷宮』 トーマス・H・クック


『天使と悪魔』 ダン・ブラウン


『ある秘密』 フィリップ・グランベール


『真夜中の青い彼方』 ジョナサン・キング


『ダーティ・サリー』 マイケル・サイモン


『渇いた季節』 ピーター・ロビンソン


『サメのこどもたち』 入り江わに


『よるくま』 酒井駒子


『手紙』 東野圭吾


『姑獲鳥の夏』 京極夏彦


『閉じた本』 ギルバート・アデア


『蒼い闇に抱かれて』 イローナ・ハウス


『邪魅の雫』 京極夏彦


『わたしのなかのあなた』ジョディ・ピコー


『容疑者Xの献身』 東野圭吾


『悪霊だってヘイキ!』 小野不由美


『悪夢の棲む家』 小野不由美


銃とチョコレート 乙一著


『あなたに不利な証拠として』ドラモンド著


『埋葬』 リンダ・フェアスタイン著


『オフィサー・ダウン』 シュヴィーゲル著


『煉獄の丘』ウィリアム・K・クルーガー著


『ぼくと1ルピーの神様』 スワラップ著


『青の炎』 貴志祐介著


天使が震える夜明け P・J・トレイシー著


2011年02月20日
XML
カテゴリ:マンガ
待ってましたの6巻です。
絵が良いのですよ、カッコ良いんだな、本当に。



表紙は黄色で、“地下”時代のハイネ、リリィ、ジョバンニ。
中にはバドーがサブマシンガン向けてるイラスト。


表紙で“地下”の話が語られるんだろうなと予想がついたので、覚悟して読みましたわ。
かなり酷いってことは今までの話で分かってましたから。


街を大混乱に陥れたアンジェリカの組織の最初の一撃。

ジョバンニが去った後でも戦闘態勢のハイネ。
そのハイネをスパンと叩いて、「もう終わったわよ。」と直刀。

いい感じになってきたな、この2人。
前は顔を合わせるとケンケンだったんですけど、戦いを通じて、ちょっと変化したか?。

バドーとミハイは入院。
取りあえずお元気そうで安心しました。

その病院で見たTVで、中央総務行政局局長のツェルナー・ノイバイテンの会見。
市民の前に顔を出したのは、おそらく始めて?。

ビショップ神父は行方不明。
亜人はハイネに疑いの目を向ける。

「今は守りたいものの為に剣を持つ事が大事に思える。」

「あなたは違うの?」とハイネに訊く直刀。

さて爆発は局長を狙うための囮だったようです。
局長の元に向かうジョバンニ、ヘルプスト。
局長会見の数時間前のことのようです。

ヘルプストによって操られた局の人間にまぎれて、局長に近づくジョバンニ。
そしてジョバンニよる局長への弾丸。

しかし局長は「やぁ、いらっしゃい。」
その顔に、ジョバンニは“母様”を見る。

ちなみに会見の時の局長の顔に、バドーは誰かを思い浮かべたようなんですが・・・。
狗に支配された時のハイネかなぁって思ったんだけど・・・。

ジョバンニの弾は局長の額と目を射抜いて、更に喉に二発入ってるんですが、局長は「終わりかね?。」
そして「伏せ」の命令に従っちゃうよ、ジョバンニ。

局長が見せる首に埋めこんである「ケルベロス」オリジナル1「総主・フューラー」。
ジョバンニがラムシュタイナーシリーズの現行ナンバーと知って、その性能を試す局長。
この局長ってのも、相当イッチャッてるヤツだな。

ケルベロスの名を冠するシリーズは、“総主”の忠実な番犬としてアンジェリカと局長(博士だそうです)によって造られた。
で、最初は攫ってきた人間とか亜人などで試したが、粗悪な結果しか出ない。
各地で起こった爆発事件の時の、あの図体のデカイのがそうなんでしょう。

なので実用に耐える試験管ベビーを生み出してラムシュタイナーシリーズを造った。

ってことで、ハイネやジョバンニたちは試験管ベビーなのか。
誘拐された子供かと思ってた・・・。

総主はケルベロスシリーズのオリジナルにして、その全てを支配・統率する。
じゃあゲルベロスを埋め込んでる者は、局長には逆らえないって事か?。
アンジェリカはそれを知ってる筈で、だったら何を狙って、この騒ぎを起こしたんだろう。

でまた、アンジェリカが複数いるかのような絵が。
前々からそうなのかなぁ?って描写はあったんですけども。
クローンでしょうか・・・。

そして“地下”の実験場の話です。

ハイネは頭角を現している。
ジョバンニはこの時は落ちこぼれっぽい。
そしてリリィは殺傷能力は高いが、度々自制心を失ってしまう。

リリィが本当に痛々しいです。
戦うことへの恐怖からの逃避手段として自制心を失ってるのですが、それにより殺人マシーンになってしまうこともまた恐れている。
普段が可愛らしいだけに、殺人衝動に支配されてる時とのギャップが怖い、そして悲しい。

兵器としてだけの為にラムシュタイナーシリーズを造り出しといて、「気品」を求めるアンジェリカ。
何言ってんだか、って感じのマッドサイエンティストですが、でも彼女の希望は分かる。
ご本人も美人さんですし、兵器であっても美しいのが欲しいんでしょう。

逃げることを画策する被検体の子供たち。
「ここでなきゃどこで死んでも良い。」のセリフに、この場所の酷さが出てます。

ますます悪化するリリィ。
リリィを止めるハイネ。
それを見て、ハイネに目をつけたアンジェリカ。

アンジェリカはハイネを呼び、総主・フューラーを埋め込むことを提案する。
そうすればリリィも救えるかも、と。
受けるハイネ。

そしてケルベロスと“面談”するハイネ。

主となる検体を手に入れたアンジェリカに、他の子供達はもう必要ない。
しかし気まぐれで「殺しあいなさい、残った子を愛してあげる。」
そして殺し合いが始まった。

自制を失い、ひたすら殺しあう子供達。
仲の良い仲間ですら手にかける。

リリィに飛び掛ったジョバンニは、しかし正気。
他のみんなにはあるのに、何故自分にはないのか?と問う。
どうしてリリィで、どうしてハイネで、どうして僕は僕なのか?と。

これはさっぱり?ですわ。
ジョバンニもまた別の意味で特別な子なんでしょうか。
まさか3人だけ試験管ベビー・・・なんてことはないよねぇ・・・。

ハイネに変化が。
総主・フューラーと繋がれていたコードをぶち切ってみんなのところに向かうハイネ。
たどり着いた時には子供達の死体の山。
そしてリリィが完全に自分を失い、1人楽しそうに踊っている。
これほど怖いシーンもなかなかないと思う。

「遊びにきたよ」と言うハイネもまた、自分を失っている。
それは被検体のハイネではなく、ケルベロスそのもの。

ハイネが気付いた時、手は暖かい、血塗られているから。
リリィの身体を二つに千切っていた。

「お前が欲した力で、そいつは救われただろうが」とケルベロス。
泣き叫ぶハイネ。
セリフはありませんが、絵からハイネの叫びが聞こえるようです。

そして現在。
実験場の経験がハイネに、「守るとか救うとか、俺みたいのにそんなこと出来るわけないだろう。」と言わせる。

で、直刀を探していた曲刀がこの場に来ました。
ハイネ、曲刀がお互いに相手を指差して、「彼氏?」と訊いて、直刀が「違う!!」ってのに笑っちゃいました。


相変わらず分からないところが多いんですが、今回は実験場の事が描かれて、謎の一部が明らかになったので、楽しめました。

ビショップはハイネより明らかに年上ですけど、ハイネ世代の前にも試験管ベビーの被検体たちが居たってことでしょうか。
ビショップ世代は失敗で、全て廃棄・・・なのかなぁ。

カンパネルラとヘルプストは人間離れした能力を持ってるけど、どう言う存在なんでしょうか。

ジョバンニは、実験場の記憶も薄れていってる模様。
しかし彼はそれを失いたくないと思ってる?。
試験管ベビーの彼には、その前の記憶が一切ないわけで、実験場の記憶ですら、取っておきたいものなのでしょうか。

で、局長さんですが・・・。
ハイネの事件の後に、総主を自らくっつけて出奔したってことかな?。

なんて事が次巻では分かるでしょうか?。

筆が遅いらしい三輪先生。
これだけの絵を描いてるから仕方がないかぁ・・・。
一年にコミック一巻って感じ?。
うーん、先が長いぞ・・・。








最終更新日  2011年02月20日 22時52分04秒
コメント(3) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


qnuthank@gmail.com   メンズファッション さん
Hey! Do you know if they make any plugins to protect against hackers? I'm kinda paranoid about losing everything I've worked hard on. Any recommendations? [url=http://www.fashionjapan.biz/]メンズファッション[/url] <a href="http://www.fashionjapan.biz/" title="メンズファッション">メンズファッション</a> (2013年08月03日 08時20分15秒)

fysnybkkun@gmail.com   監視カメラ さん
Amazing blog! Do you have any helpful hints for aspiring writers? I'm hoping to start my own site soon but I'm a little lost on everything. Would you advise starting with a free platform like Wordpress or go for a paid option? There are so many choices out there that I'm completely confused .. Any suggestions? Cheers! [url=http://www.bohankamerajp.com]監視カメラ[/url] <a href="http://www.bohankamerajp.com" title="監視カメラ">監視カメラ</a> (2013年08月03日 12時28分41秒)

Re:『DOGS / BULLETS & CARNAGE』 6巻 三輪士郎 作 感想(02/20)   310 さん
わぁこんなに楽しく感想コメントしてるなんて!!
私もこの漫画大好きなのですが知ってる人少なくて…
絵、いいですよね(´つヮ⊂`)ウオオwww
これからの展開、気になります。
(2014年11月02日 15時13分19秒)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.