000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

よろず屋の猫

PR

日記/記事の投稿

カテゴリ

バックナンバー

2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月

カレンダー

お気に入りブログ

Heaven?~ご苦楽レ… New! MAGI☆さん

おぼろ二次元日記 おぼろ.さん
non*non's diary _non*non_さん
旧:無菌室育ち わに庭さん
生きてるだけでマル… るぱん0786さん
からまつそう yamahusaさん
◆◇黒衣の貴婦人の徒… なぎさ美緒さん
読書とジャンプ むらきかずはさん
ことば日和 magrimagさん
まったり感想日記 せりざわはなさん

コメント新着

http://viagraky.com/@ Re:『BLEACH』 116話 (2/21) 感想(02/21) viagra 150 mg pills <a href="h…
http://buycialisonla.com/@ Re:『怪談レストラン』のグッズ(03/03) using viagra and cialis togethercialis …
310@ Re:『DOGS / BULLETS & CARNAGE』 6巻 三輪士郎 作 感想(02/20) わぁこんなに楽しく感想コメントしてるな…
alateentulk@ ,coach オンライン アウトレット,アディゼロ ツア   右の感触は:ほとんどのゴルファーは…
usaggidge@ ,レディス スニカ 人,モンクレル maya メンバーはナイキのバスケットボールシ…
usaggidge@ ,モンクレル ダウンコト, メンズ 人 彼らはそれを身に着けるために快適である…
MageMoons@ Re:ドラマ 『ガリレオ』が楽しみ!!(09/17) 流行 水着swiss 腕時計レディース 靴 通販…
監視カメラ@ fysnybkkun@gmail.com Amazing blog! Do you have any helpful h…

フリーページ

頂き物・お話



エンヴィーという名の刃


Blue


扉は冒険の入り口


大すきな赤い風船


春を待ちながら


頂き物で遊ぶ


夢の懸け橋...to おぼろさん


春の予感


十年早いぜ


分ってないな


ずっと手をつないで


金曜日のラララ (1)


金曜日のラララ (2)


砂神の玉座


設定 その1


設定 その2


序章 その1


序章 その2


序章 その3


第1章 『宴』 その1


第1章 『宴』 その2


第1章 『宴』 その3


第2章 『北へ』 その1


本の感想


『かもめの叫びは聞こえない』アン・スミス


『迷路』 キャサリン・コールター


『マーダー・プラン』 J・ケラーマン


『レッド・ライト』 T・J・パーカー


T・ジェファーソン・パーカー 一挙読み


『殺意』 リンダ・フェアスタイン


『ロマンスのR』 スー・グラフトン


『チーム・バチスタの栄光』 海堂尊  


『黄昏の百合の骨』 恩田陸


『家族狩り・5部作』 天童荒太


『麦の海に沈む果実』他 恩田陸


『天使の遊戯』 アンドリュー・テイラー


『天使の背徳』 アンドリュー・テイラー


『天使の鬱屈』 アンドリュー・テイラー


『蛇行する川のほとり』 恩田陸


『GOTH』 乙一


『ハリー・ポッターと謎のプリンス』 


『最後の旋律』 エド・マクベイン


『ZOO』 『失われる物語』 乙一


『追憶のスモールタウン』 R・ワトソン


『エミリーの不在』 ピーター・ロビンソン


『ウィンディ・ストリート』 パレッキー


『夜のピクニック』 恩田陸


『白狐魔記・戦国の雲』 斉藤洋


『No.6 ♯5』 あさのあつこ


『緋色の迷宮』 トーマス・H・クック


『天使と悪魔』 ダン・ブラウン


『ある秘密』 フィリップ・グランベール


『真夜中の青い彼方』 ジョナサン・キング


『ダーティ・サリー』 マイケル・サイモン


『渇いた季節』 ピーター・ロビンソン


『サメのこどもたち』 入り江わに


『よるくま』 酒井駒子


『手紙』 東野圭吾


『姑獲鳥の夏』 京極夏彦


『閉じた本』 ギルバート・アデア


『蒼い闇に抱かれて』 イローナ・ハウス


『邪魅の雫』 京極夏彦


『わたしのなかのあなた』ジョディ・ピコー


『容疑者Xの献身』 東野圭吾


『悪霊だってヘイキ!』 小野不由美


『悪夢の棲む家』 小野不由美


銃とチョコレート 乙一著


『あなたに不利な証拠として』ドラモンド著


『埋葬』 リンダ・フェアスタイン著


『オフィサー・ダウン』 シュヴィーゲル著


『煉獄の丘』ウィリアム・K・クルーガー著


『ぼくと1ルピーの神様』 スワラップ著


『青の炎』 貴志祐介著


天使が震える夜明け P・J・トレイシー著


2012年10月08日
XML
カテゴリ:週刊少年ジャンプ
こんにちわ。

土曜日はお散歩がてら鎌倉に行ってまいりました。
暑い日でねぇ・・・。

で、次の日曜日、ハッと気がついたですよ。
昨日ジャンプの発売日じゃないか!!。

自分がジャンプを忘れてたってことに、ショックだったわけですが・・・。

一軒目のコンビニが売り切れで再びショックでしたが、二軒目で無事手に入れました。

既に2日遅れですので、サクッと簡単感想。


表紙・巻頭カラーは『NARUTO』です。
600回かぁ。( - -)トオイメ

表紙が良いですわ、オビトを中心に現在と過去。

先週の感想書いてないので、ここで書くけど、マダラったら『ハガレン』のラスボスさんみたいな状態だよね。

ま、それはともかく、一所懸命カカシとリンの元に駆けつけてみれば、カカシの手がリンの腹を貫いていた、と。

カカシの写輪眼に流れるのは雨か涙か・・・って感じなので、カカシとしては殺さなければならない事情があったんでしょう。
リンが実験体にされていたとか?。

オビトとしては、リンを守って欲しくてカカシに写輪目を譲ったんですものね。
カカシの事も相応に大事に思ってもいるでしょう。

だから夢の中の世界をつくって・・・ってことかな。


『ONE PIECE』

あっちこっちでバタバタ中。

ヴェルゴったら、さっさと心臓握りつぶしちゃえば良いのに、余裕かましてるから、スモーカー登場。
イエ、私はローが大好きだから、ローに死んでもらっちゃ困るけど・・・。
余りにもマヌケがすぎるだろう、ヴェルゴ。

スモーカーがヴェルゴと戦っているうちに、ローが心臓を取り戻して、二人してヴェルゴ撃破ってとこ?。


『暗殺教室』

劣等E組に汚い手を使わなきゃ勝てないってのも情けないんじゃないか?、理事長?。
と思わなくもないけど、恥も外聞もなく、そこまで出来るのが優れた経営者ってことでもあるのかも知れない。

殺せんせーとE組生徒が良い感じになってきたですよ。
殺せんせーが皆に持たせたかったのは“プライド”でしょうか。

打倒!!、理事長!!。
暫くはこれで面白いぞ、と。


『トリコ』

究極の武器が“食欲”ってところが、さすがは『トリコ』。

主人公が口からよだれダラダラってのが、強敵に戦う前段階って。大笑い



『黒子のバスケ』

誠凛は鼻高々キャラとの試合続きで、どうしても何なの!!、コイツ!!怒ってる的な感想を持つことが多かったのですが、ここからは純粋にバスケが好きな人たちの戦いが楽しめそうで嬉しい。

リコ監督が目論む“先行逃げ切り”とはいかないようで・・・。



『BLEACH』

山爺がラスボスを倒しちゃったら主人公の出番なくなるんで、最後は「古老、堕つ」になるのは分かりきってたことなんですが、長かったよね、ここまで。

もうちょっとサクサクっと進んで欲しいものですが。

Lのロイドを倒せば、卍解って取り戻せるの?。



センターカラーの『岸辺露伴は動かない』

面白いよね、やっぱり

カッコ良いよね、やっぱり



そのカッコ良いマンガを原作にして、どうしてあんなアニメ仁なっちまうのか...orz...

『ジョジョ』みたいな作品は、それなりのセンスが必要だと思うの、私。
決定的にそれが欠けてるよ、アニメ・・・。



『銀魂』

歴史の年号を覚えるのが大嫌いでした。
・・・なんてことを思い出した、今回の『銀魂』。

(最初の方の)月詠先生に関しては、晴太の学ぶ姿勢に問題があるんじゃないかと。

でも銀さん先生って言う選択肢はメチャクチャだよ、晴太。
いくら勉強逃れだとしても。

「そういや銀さん、アンタは寺子屋通ってたのかい。」
「え?、まァ・・・寺子屋っつーか・・・一応色々習ってたけど。」


うん、通ってはいたよね、松陽先生のところに。
でも居眠りして、何も習ってはいないと思うんですが。
あ、睡眠学習ってヤツですか?。



『ハイキュー!!』

敵校のアタッカーは凄いけど、それもちゃんと練習の積み重ねって言うのが良いですよ。

諦めない烏野のメンバーも良い。
今の烏野は力足らず。
でもそれを力技で何とかする、荒削りで不恰好でも。
それが烏野。

そして練習試合が終わったら、きっと力足らずを克服する練習が待っている。
そう思わせる。
「学生のクラブのスポーツ」ってことを感じられるマンガで好き。



『べるぜバブ』

「・・・誰が後ろに立つって言った・・・。オレが立つのは横だ。」

喧嘩しかない男鹿は、危険な状態だったんですよね。
このまま育ったら、社会不適応者ですよ。

その横に立ったのが古市。

古市君、どうしてそのまま真っ直ぐに育たなかったの?。泣き笑い
何が君をヘタレにしてしまったの?。

でも、ま、男鹿も、そして皆もわかってるんでしょう、古市の良いところは。

ただそばに居る。
それにもまた強さが必要。

・・・だと思うよ、実際にそれが男鹿の隣となると。



『REBORN !』

バミューダを倒したツナ。
「優勝はリボーンチーム」と告げる尾道。

しかし尾道は虹の代理戦争の本当の目的を知らなかった。

現れたチェッカーフェイス。
その正体は川平のおじさん!!。

何と!!な展開でしたわ。
うーん、チェッカーフェイスって今までは純粋な敵だと思ってたんですけど、こうなると分からなくなってきました。



46号のジャンプ、表紙・巻頭カラーは『斉木』です。
センターカラーに『BLEACH』と『クロガネ』
三週連続で読み切りが入るそうで、第一弾は『恋愛銀河区 石川荘』。
↑これはセンターカラーじゃないのかな。










最終更新日  2012年10月08日 12時17分25秒
コメント(1) | コメントを書く
[週刊少年ジャンプ] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.