3007426 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

よろず屋の猫

PR

日記/記事の投稿

カテゴリ

バックナンバー

2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月

カレンダー

お気に入りブログ

偽装不倫 第10話 MAGI☆さん

おぼろ二次元日記 おぼろ.さん
non*non's diary _non*non_さん
旧:無菌室育ち わに庭さん
生きてるだけでマル… るぱん0786さん
からまつそう yamahusaさん
◆◇黒衣の貴婦人の徒… なぎさ美緒さん
読書とジャンプ むらきかずはさん
ことば日和 magrimagさん
まったり感想日記 せりざわはなさん

コメント新着

http://viagraky.com/@ Re:『BLEACH』 116話 (2/21) 感想(02/21) viagra 150 mg pills <a href="h…
http://buycialisonla.com/@ Re:『怪談レストラン』のグッズ(03/03) using viagra and cialis togethercialis …
310@ Re:『DOGS / BULLETS & CARNAGE』 6巻 三輪士郎 作 感想(02/20) わぁこんなに楽しく感想コメントしてるな…
alateentulk@ ,coach オンライン アウトレット,アディゼロ ツア   右の感触は:ほとんどのゴルファーは…
usaggidge@ ,レディス スニカ 人,モンクレル maya メンバーはナイキのバスケットボールシ…
usaggidge@ ,モンクレル ダウンコト, メンズ 人 彼らはそれを身に着けるために快適である…
MageMoons@ Re:ドラマ 『ガリレオ』が楽しみ!!(09/17) 流行 水着swiss 腕時計レディース 靴 通販…
監視カメラ@ fysnybkkun@gmail.com Amazing blog! Do you have any helpful h…

フリーページ

頂き物・お話



エンヴィーという名の刃


Blue


扉は冒険の入り口


大すきな赤い風船


春を待ちながら


頂き物で遊ぶ


夢の懸け橋...to おぼろさん


春の予感


十年早いぜ


分ってないな


ずっと手をつないで


金曜日のラララ (1)


金曜日のラララ (2)


砂神の玉座


設定 その1


設定 その2


序章 その1


序章 その2


序章 その3


第1章 『宴』 その1


第1章 『宴』 その2


第1章 『宴』 その3


第2章 『北へ』 その1


本の感想


『かもめの叫びは聞こえない』アン・スミス


『迷路』 キャサリン・コールター


『マーダー・プラン』 J・ケラーマン


『レッド・ライト』 T・J・パーカー


T・ジェファーソン・パーカー 一挙読み


『殺意』 リンダ・フェアスタイン


『ロマンスのR』 スー・グラフトン


『チーム・バチスタの栄光』 海堂尊  


『黄昏の百合の骨』 恩田陸


『家族狩り・5部作』 天童荒太


『麦の海に沈む果実』他 恩田陸


『天使の遊戯』 アンドリュー・テイラー


『天使の背徳』 アンドリュー・テイラー


『天使の鬱屈』 アンドリュー・テイラー


『蛇行する川のほとり』 恩田陸


『GOTH』 乙一


『ハリー・ポッターと謎のプリンス』 


『最後の旋律』 エド・マクベイン


『ZOO』 『失われる物語』 乙一


『追憶のスモールタウン』 R・ワトソン


『エミリーの不在』 ピーター・ロビンソン


『ウィンディ・ストリート』 パレッキー


『夜のピクニック』 恩田陸


『白狐魔記・戦国の雲』 斉藤洋


『No.6 ♯5』 あさのあつこ


『緋色の迷宮』 トーマス・H・クック


『天使と悪魔』 ダン・ブラウン


『ある秘密』 フィリップ・グランベール


『真夜中の青い彼方』 ジョナサン・キング


『ダーティ・サリー』 マイケル・サイモン


『渇いた季節』 ピーター・ロビンソン


『サメのこどもたち』 入り江わに


『よるくま』 酒井駒子


『手紙』 東野圭吾


『姑獲鳥の夏』 京極夏彦


『閉じた本』 ギルバート・アデア


『蒼い闇に抱かれて』 イローナ・ハウス


『邪魅の雫』 京極夏彦


『わたしのなかのあなた』ジョディ・ピコー


『容疑者Xの献身』 東野圭吾


『悪霊だってヘイキ!』 小野不由美


『悪夢の棲む家』 小野不由美


銃とチョコレート 乙一著


『あなたに不利な証拠として』ドラモンド著


『埋葬』 リンダ・フェアスタイン著


『オフィサー・ダウン』 シュヴィーゲル著


『煉獄の丘』ウィリアム・K・クルーガー著


『ぼくと1ルピーの神様』 スワラップ著


『青の炎』 貴志祐介著


天使が震える夜明け P・J・トレイシー著


2012年09月10日
XML
カテゴリ:週刊少年ジャンプ
おはようございます。

PCの調子が悪いです...orz...

電源入れる◎のボタンの効きがご機嫌斜めで・・・。
まぁ、このパソコン購入して数ヶ月でダメになったパーツが再び・・・なんですが。
使用頻度の高い箇所がこうも壊れやすいってのはどうなのよ?。

このパソコンに関しちゃ、1年ちょっとでハードディスクがぶっ壊れるとか、ホント散々な思いをしてるし、そこそこ使ったし、修理に出さないで新たに購入と行きたいところなんですが、PCって高いしなぁ・・・。

すいません、朝から愚痴でした。


さて、41号のジャンプの感想です。

表紙・巻頭カラーは新連載の『烈!!!伊達パイ』、表紙見た時はジャンプと一瞬思えず、何の雑誌かと思ったですよ。スマイル

感想はパス。


『ONE PIECE』

茶ヒゲのペットに乗って移動中のルフィー海賊団(除くルフィー)のリラックスっぷりが可笑しい。大笑い

「レディがおれを呼んでいる~!!!」
「女の・・・涙の落ちる音がした」


女の為ならどこまでもヘタレになれるサンジですが、たまにはカッコ良くもなれます。

たしぎのピンチを助けるのがサンジとは思ってなかったですが・・・。
ま、かまいません、私はゾロにはロビン・・・な人なので。

さてシーザーの元に辿り着いたルフィーとスモーカー。
ルフィーはシーザーに先手必勝のとばかりにパーンチ!!。

も、ギッタギタにやっつけて頂きたいと思います。


『NARUTO』

実は私は、随分前にネッ友さんがアナグラム(って言うほどのものでもないけどさ)からトビ=オビト説をチラッと書いていた時から、たぶんそうなんだろうなと思ってはいたんですよね。
岸本先生らしいし。
何よりそのネッ友さんって、勘がとっても良い方なんで。

で、オビトですが、何故世界を滅ぼしたいかと言えば、「なぜかとあえて問うなら、お前がリンを見殺しにしたから・・・・だろうな」だそうです。

大事な人だと言うのは、話を読んだ時に良く伝わってきましたけど、今や少年ではなく、酸いも甘いも噛み締めたはずの30代。
「世界をぶっ壊しちゃえば良い」と思い続けるんだ。ショック

うちはの人たちって、もの凄く思い込みの激しい人たちなんですね。

そう言えばリンの物語ってまだ描かれてないよね。
過去話で出てくるのかな。

カカシ、すっかりショック!!ショックです。
ナルトに言い聞かせられるなんて情けない...orz...

そしてマダラ参戦。
ってことは、サスケもここに来るのか?。
あ、その前に大蛇丸とどこぞに向かってるサスケの話が先か?。

最終局面へ!!とか言ってもまだまだ長そうです。

って言うか、『NARUTO』が終わっちゃったら、今のジャンプ、ホントにやばくないか?。


『トリコ』

ゼブラさんのも、粗野に見せて、ホントはみんなの事を考えてる良い人なんだからと言う超ツンデレっぷりを堪能しました。

四天王、大ピンチですが、ここは会長が出張ってくるのでしょうか。


センターカラーの『暗殺教室』

ラブコメマンガの表紙かと思っちゃった!!。

ビッチ姉さん、教師としても有能なところを見せて欲しかったんですが、ダメダメです。
でも殺せんせーの教師としての有能ぶりを見せ付けられ、改心。
実地会話を売りにした英語教師になるべく、頑張るようです。

なんだ、結局良い人じゃないか・・・路線。 ┐(-。ー;)┌ヤレヤレ

ってことで、呼び名が目出度く“ビッチ先生”になりました。大笑い

殺センセー vs ビッチ先生 & 生徒の殺伐ほのぼの殺し合い授業が楽しみです。



『ハイキュー!!』

猫 vs 烏の試合開始。

私は団体スポーツでは頭脳的・司令塔的ポジションの選手が好きなので、両チームのセッターに焦点があたってる流れも面白いです。

でもやっぱりバレーなら、スパイカーにスポットライトを当てても欲しいの。



『BLEACH』

山本総隊長はもうイイ。

一護はどうした?。

雨竜はどうした?。

竜弦・一心パパsの話はいつになるんだ!!?。



『黒子のバスケ』

秀徳が勝つなんて思っちゃいませんよ、えぇ。
でも緑間の良いところは見たいじゃないですか。

・・・と思ってたので、とっても嬉しい。\(~o~)/バンザーイ

しかもですよ、中学時代は基本自分のことしか考えてなかったキセキの世代の一人である緑間が、チームメイトを信じてプレイする。

良いじゃないですか、こう言うの。

黒子 vs 火神が赤司と戦う時のポイントはここでしょうか?。
仲間を単に部下としてしか見てない赤司と、一緒に勝利を目指すチームとして見る黒子と火神と言う。



『べるぜバブ』

おバカ古市、更に調子に乗る。

ティッシュペーパーがなくなった時どうするんだ?とか考えないかね、普通。スマイル

楽しく観戦していた男鹿ですが、ジャバさんが召喚されちゃって、顔色が変わる。

このマンガでバトル一直線は全然期待していないので、楽しく古市が下向き矢印されるところを楽しみにしてますわ。



『銀魂』

あら、この話、まだ続くんだ。
銀さんったら拘束されちゃって。スマイル

将軍様と仲良しになった桂さん。
将ちゃんは記憶喪失中です。

何と言うか、組織の長としての才がある人は、どこにいっても、長としてやっていけるんだなってことをつくづく思わせる、将ちゃんの人間性でした。

敵の顔も識別できない桂さんの、懐の広さにも驚嘆です。

主人公の銀さんはともかく、松陽先生のところの三人組の内、高杉があれほど上向き矢印で描かれてるのに、どうして桂さんはいつもこうなんだろうと思うと、涙が・・・。涙ぽろり

でも桂さんってどんな状況でも楽しそうで良いよね。
今回は出番待ちしないですんだし。


『REBRON !』

最初の1コマ、何のマンガかと思いました。大笑い

圧倒的に強いイェーガー。
ディーノ、ピーンチ!!。ショック

そこに「借りは返したよ」

キャー!!、ディーノ、骸、雲雀の3人揃い踏みよ!!。ハート

・・・と思ったらディーノさん、戦力外通告...orz...

しかし今度はキャー!!、雲雀と骸のコンビネーションプレイよ!!!。ハート

くっくっくっ。
二人のやりとりもとっても“らしい”。

「骸と雲雀の奴、仲が悪いようで、息があってるな」by リボーン。

それはもうお約束ってものでしょう。ウィンク

そうだよね、掲載順もこんな下なんだし、やっぱりテコ入れで雲雀と骸でしょう。
・・・と思ってたんですが・・・。

雲雀ピーンチ!!。
そこにやってきたのはツナ!!。

うーん、『BLEACH』はムダにサブキャラのせいで展開が遅遅で、一方『REBORN !』は早すぎる主人公登場。


『戦星のバジル』が最終回でした。

絵は個性的だし、良いんですけど。
肝心の話がステレオタイプで。
どこかで読んだようなエピソードぱっかりで、また、「それでも」と思わせる表現も描写もなかったんですよね。

期待しているマンガ家さんなので、残念です。

次回、絶対に待ってますから。
お疲れ様でした。


42号のジャンプは土曜に出るから気をつけろ。

表紙・巻頭カラーは新連載の『クロス・マネジ』です。
私的にはやっと本命登場って感じです。

センターカラーに『REBORN !』と『伊達先パイ』と『ニセコイ』です。

私は旅行中につき、たぶん感想はパス。












最終更新日  2012年09月10日 11時26分33秒
コメント(1) | コメントを書く
[週刊少年ジャンプ] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.