000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

チャン・ヒョク  Just...Jang Hyuk

全97件 (97件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 10 >

◆Zoiの独り言

2008.03.25
XML
カテゴリ:◆Zoiの独り言
ひとりごと-T.jpg


  【 TBS これが世界のスーパードクター8!】
        ジルとマイティ-とアルファのDr. 山根義久先生


   今夜11時前、
   「おかあさん!あかあさん! アルファの先生がテレビに出てるよ!!」
   と末っ子が大声で私を呼びました。
   ん?  アルファの先生??    獣医師、山根義久先生でした。   

   番組はもう終わろうとしていたところですが、TBSテレビ( 21:00 ~ 22:54)
   【 これが世界のスーパードクター8!】という番組でした。
   タイトルどおり、世界の驚くべく“スーパードクター”8人が登場。
   “スーパードクター”獣医師 山根義久先生に私の犬たちは診て頂きました。
   ジルとマイティ-とアルファの先生でした。 

   昨年、スワンを逝かせるまでずっとずっと犬との暮らし(原則複数飼い)を
   してきた私なのですが、アルファと言う子ははシェルティのオス。 過去私
   がしつけて共に暮らした犬の中で最も利口な子でした。 そして、最期まで
   異常なほどに私だけを見つめ続けた子で(唯一長男が小学校に入学した頃か
   ら長男にも心を開きました。驚きでした・・)

   アルファは結婚する前から私が飼っていた子で、最期のその時を今夜テレビ
   に出ていた山根先生の病院で息を引き取りました。

アルファと二男と三男と (どーでもいいけど) わたし
アルファ.jpg

   山根先生は日本の小動物医療、小動物の学問を根底から変えた方です。
   山根先生のチャレンジは、それまでの日本の獣医学会そのものをも変えました。
   私は、20歳の時からそれを見続け、尊敬し、あげくの果て、獣医学雑誌(専門書)
   まで毎月取り寄せて購読していたほどです。(その頃から毎月のように先生の
   オペ、あるいは先生の獣医医療の取り組み方が掲載されていたからです。高い
   月刊誌でありました・・・。)
   それまでの日本の学会は、大学に残った先生方かた中心であったのですが、
   大学を卒業後、超ローカルなこんな田舎に帰り開業したひとりの開業医があ
   っという間に日本の獣医師会、獣医療のあり方を一転させ、学会等を引っ張
   り始めたのです。
   田舎の一介の獣医さん が、 です。

   私が始めて自分のお金でブリーダーの元から選ばせてもらったジルは、直接
   山根先生に診てもらいましたが、アルファは直接診ていただいたのはわすか
   数回だけでした。
   県内にふたつの病院を開業されていましたし、国立東京農工大(その後、教
   授として呼ばれることとなります)からもしょっちゅうお呼びがかかり大変
   ハードな暮らしをされていた頃でした。

   アルファを失ったとき、尊敬する大先生と、大口論・・いえ、あれは一方的
   に私がおいおい泣き叫んだだけ。
   「今週末には退院の予定だったじゃないですか! ○○先生たちの説明はま
   ったく納得いきません!」と、鼻水流しながら院長である先生に泣きながら
   訴えたこと、忘れられません。
   山根先生は、たくさんたくさん聞いてくださいました。私が落ち着くのを待
   っていてくださいました。そして、自分の元で働く若き医師たちの説明は、
   確かにたあなたの言うとおりだ・・・とおっしゃいました。
   いっぱい聞いていただいて、そんな風に言われてしまうと・・
   不思議ですね~  ふと我に返ることができたんです。 

   しょっちゅうここ地元にも帰ってきておられて、自分の病院は勿論行かれる
   のでしょうが、あんな大先生の講演会、地元ですので田舎ではありますが時
   々ありますので一般人が入れるものはでかけています。

   仕事を休んで行った数年前の講演会での山根先生の言葉に、超大型犬ボルゾ
   イの老後を迎え始めていた私は、多大なる影響を受けました。
   獣医学生さんからの「安楽死」についての質問に対して先生の回答。
   私は、わたしのボルゾイたちの最期の時を過ごすにおいて、先生の言葉を
   いつもいつも思い浮かべました。
   その学生に先生は反対にこう質問をされたのです。
   「それ以外にあなたは考えることできないですか? “最期まで共に苦しむ”
   という選択肢はないのですか」

   “最期まで共に苦しむ”・・・・
   超大型犬が自分で起きあがることができなくなった時、超大型犬が自分で一
   歩を踏み出だせなくなった時・・・・
   ボルゾイは3頭と暮らしましたが、うち2頭は最期の時を迎える、その前状
   態がそれでした。
   彼らがかわいそうで、そして自分が辛くて、・・・・先生がおっしゃった、
   そして私自信が選択をした“最期まで共に苦しむ”を泣きながらつぶやきつ
   つの毎日・・・、そしてあの子たちを送りだしました。

   自己満足ではないか・・・と言われたこともあります。
   でも違うんです。 彼らは自分が死ぬだなんて思っていませんでした。
   死にたいだなんて思ってはいませんでした。 それが確かであるのに、他の
   方法など選択はできません。
   体はしんどくても、起きあがることができなくなっていても、それでも私が
   そばに行けば目をかがやかせて喜ぶのですから。

   (日付はもう変わりましたが)、今日3月25日はバニラの誕生日。
   15日はウィスキーの誕生日、そしてついでのように3月4日はダンナの誕生日。
   入進学の時期でもあるので、3月は大変忙しい時でしたが我が家はお祝いば
   かりやっていたように思います。

   去年逝ってしまったスワンと病院に行った時、たまたま東京から帰っていら
   した先生の姿を見たのが最後でしたので、今日のテレビで久々に先生の姿を
   目にして、うれしくて、そしてなつかしくて、・・・・
   だらだらだら~、だだだだ~~と書いてしまいました。









First updated 2008/03/26 01:35:05





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2008.03.26 17:13:38
カテゴリ:◆Zoiの独り言
ひとりごと-T.jpg


   【静か】・・・四方山話(真夜チキ、ランキング、遺言)



   静か。

   なんだか やけに 静か。 
   ヒョクの新しい写真も17日の宿命VIP試写会を最後にお目にかかれない。

   なんか この 静けさ、 よいです・・・。
   もっともぉ~っと静かだった、というか、ヒョクの陰も形も無かった・・・
   兵役中にヒョギを知り一気にこんなひどい(笑)状態になってしまったので
   すが、今、あの頃を思い出しています。懐かしい・・・

   この頻度でヒョギが出現してくれると、家事もちゃんと出来るし、久々に帰
   ってきた息子たちを「うっるさいな~」なんてむげにしないで済むし、一年前
   から中断してしまった韓国語の勉強も始めようか~なんてまじめな気持ちに
   もなってきたりするし、・・・・

   良いことだらけ! です(笑)

   良いことだらけである筈なのに、正直 寂しくなってきたりしていて・・・。

   不汗党撮影中、いろいろなイベントが重なったのでヒョギの体調をそりゃあ
   心配しました。 その中でのテヒ君誕生。こんな忙しさだったらテヒ君をゆ
   っくり抱っこもできないであろうと・・・そんな“よけいなおせっかいな”
   心配もしたりして・・・。それなのに、ヒョギの姿を追えなくなると、もう
   早々に寂しくなってしまい・・・。
   矛楯。
   ヒョギラーのみなさまは、いかがお過ごし?なのかな~



   こんな時もどんな時も、やはり真夜チキサイトを思わない日は一日としてな
    い私ですが、いまだにmayo mayo言ってる奴がいるなんて・・・・もし本人
   知ったら、すっごくうっとおしいでしょうね~。
   先日もあるヒョギブログが、ランキングサイトに登録しているのを見て、め
   ちゃくちゃ真夜チキサイトが懐かしく思い出されました。
   天下のヨンさまブログでもなく、まだ一般的な知名度の部分では下に位置す
   るチャン・ヒョクのブログであるにもかかわらず、韓国芸能部門ではランキン
   グトップに君臨したuri-mayoの【真夜中のチキンラーメン】でありました。


2008.11.08のランキング    [記事


   実は、このブログも同じランキングサイト(日本ブログ村)に登録していた時
   期が2ケ月ほどありました。
   その理由はただひとつ。・・・【私の夢への実現に向けての努力のひとつ】。
   ヒョギの来訪なんて、有り得ない夢をいだいて立ちあげたブログですが、当
   時はブログってなあに?ホームページとどこが違うの?の状態の私でして・・
   (私は、個人ホームページ全盛時代の人間です)

   ヒョギだけを意識して、ブログを綴り始めたのですが、ひと月ふた月と経過
   し全く無かったアクセスをたくさんいただき始めたころには、ブログという
   ものがいろいろ分かってきまして・・・
   日本の方にさえ来ていただけないブログをヒョギが見つけてくれる訳は無い!
   たくさんの方に来てもらえるような場所でなければ、ヒョギがここを見つけ
   てくれる可能性は限りなくゼロに近い! ということにハタと気づき、どこ
   かで聞いた、ランキングサイトに登録すればアクセスが増える! だなんて
   ことを信じ込み、真夜チキサイトで知ったランキングサイトにそそくさと登
   録したのです。
   (これは、実際効果皆無でした~。ブログ立ちあげの頃の登録でしたらある
   程度アクセスがいただけると思いますが、私の場合はほとんど今と同じアク
   セスを頂くようになっていた時期でしたから、変動はありませんでした。)

   私は、真夜チキと同じランキングのページにいることがとてもうれしかった。
   ベストテン内にヒョギブログがふたつも入っていることは、たいへんな喜びでした。



   何故に止めてしまったか・・・・
   これには、忘れることはできない苦い苦い思い出があります。
   辛かった・・・“いただいたお便り”
   このブログへのご指摘をきちんと書いてくださったお便りでした。私は知ら
   ないことばかりでしたので、素直にご指摘は受け止めなくちゃ・・と神妙な
   気持ちで読んだのですが・・・

   最後に添えられた数行にはさすがに素直にはなれませんでした。
   【そちらのブログはヒョギブログの中でも結構アクセスが多いブログなのです
   から、もっと気をつけていただきたいものです。
   どこかのランキングサイトにも登録していらっしゃるようでし。】

   これ、トゲあるように感じまして、・・・うぐぐっとなってしまいその日の
   うちにランキングサイトから脱退した・・・というちょいっと苦い思い出です。

   でも、夢があるってことは すごいものです。
   そんなトゲを刺されても、・・・懲りないのです。 
   まっ、いいや、ほとんど効果なかったし、これからは毎日毎日ヒョギを綴り
   続けけよう、 毎日毎日ヒョギヒョギってこのブログに思いを込めよう、と
   数日で立ち直り、こうしてヒョギを綴っています。 夢を綴っています。

 

   私の夢は、誰に笑われようと、いまだに真剣であります。
   悲しいかな、ヒョギの人気とともにその夢はどんどん遠くなり、果てしない
   彼方のものになっていることくらい私は分かっていますが、それでもこうして
   夢見ながら、綴り続けています。

   最近では、私が事故に遭って死んだりしたらこのブログどーしよう? 私の
   夢はどーなる? などと思い、先日帰郷していた息子に遺言を言い渡しました。
   『かあさんの大切な“夢追いブログ”の後をタノム!』
   勿論相手にもしてくれませんでしたが、万が一の時には、「あの時おばかか
   あちゃんの言った遺言」===をきっと思い出してくれる筈。  ログインの
   IDとパスワードはメールで送りましたので、私に万が一のことが起これば
   息子がいつかこのブログにエントリーあげてくる???かもかも。
   いや、あいつはとても義理がたい奴なので、必ずエントリー1本はアップす
   る筈。
   それどころか、調子に乗って、ウリヒョギを 「ヒョン」 と叫ぶ、若きヒョギ
   ブロガーが誕生する!かもかも。



   (近しい人の突然の事故を経験なさった方、お怒りにならないでください。 先日赤信号無視で交差点に入ってきた車
     と接触し
かけました。  その時、本当にこのブログのことも考えてしまったんです。ごめんなさい。)











楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2008.03.25 17:51:09
2008.03.20
カテゴリ:◆Zoiの独り言
ひとりごと-T.jpg


    【南大門の火災に思う・・・】


南大門 火災 ・・・     お見舞い申しあげます。
ya08のコピー.jpg


   先月の南大門の火災(放火)・・国宝第一号の火災の記事はどこかでちらりと
   見て知ってはいましたが、まさか・・崩れ落ちるほどの大被害であっただなんて、
   知りませんでした。
   今夜その写真を見て、体が凍りつきました。


300PX.jpg


YouTube

Collapse of NAM-DE-MUN(SUNG -RYE-MUN)


YouTube

 Farewell to Namdaemun Gate





   今夜、韓国navreのあるブログでその写真を始めて見ました。
   日本のわたしたちも誰でも知っている・・・・そしてソウルに行ったことの
   ある方ならほとんどの方が直にその目で見たであろうあのみごとな歴史遺産
   がこんなにも見るも無惨な姿になっていただなんて・・・
   ショックでした。胸が痛みます。


   その写真を載せていたのは、韓国の18歳の女の子のブログでした。
   18歳の若者がブログに・・・、その写真に・・・添えていた言葉・・・・


悲しい・・・とても悲しい・・・ 涙があふれ出る・・・

守ってあげることができなくて申し訳ありません・・・

・・・悩み苦しむ・・・




    日本の若者だったら・・・なんていうのかな?
    「守ってあげることができなくて申し訳ありません・・・」
    こんな風に感じ、
    こんな言葉を発することができる若者がたくさんいる韓国。


    私は、韓国のそんな人たちが とても好きです。



First updated 2008/03/21 00:54:32





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2008.03.29 11:45:21
カテゴリ:◆Zoiの独り言
ひとりごと-T.jpg


    【この春・・・我が家の場合】


クロッカスの芽400px.jpg
  
   小・中・高校生をお持ちのヒョギラーが多いと思うのですが、年度末非常に
   お忙しいでしょう~?
   その時期を過ぎて、今振り返ると、フルタイム・残業付きの仕事を持ちながら
   よくまあ、あれだけのことをこなしていたものだと、思います。しかもその中に
   我が家の必須重要項目“必死で遊ぶ”も組み込みながら~~~うっしっし
   きっと・・・若かった ・・から。 でしょうなっ なはっスマイル 

   我が家はこの年度末、ふたつの引っ越しを完了。 
   そして、ひとつの卒業と、ひとつの中途退学を完了。

   先日、専修学校を卒業した次男帰郷。
   突然「やり直す」宣言(2/4 ここ★)をした三男は、最後のテストを終えた
   あと中退手続きにかかり、請けていたバイトをこなしたあと直ちに向こうを
   撤去して帰郷、現在は進路転換のために自宅で勉強開始。
   そして、末っ子の相談相手になってもらうために、長男を呼び戻したので、
   ただ今狭い家がさらに狭くなっています。

   しぃ~ずかに、おだやぁ~かに 日々ヒョギヒョギしていましたから、以前
   のドタバタ暮らしは、ちと騒がし過ぎ・・・・
   みんな揃ってしまっているものですから、もっと深刻に考えなくてはならな
   い問題もなぜかことごとく“明るい諸問題”にすり替えられ、卒業祝いだ、
   引っ越し祝いだ、進路急転換祝い(?)だ、と長男企画に乗せられ~ 我が
   家のイベント費用が急増です。
   昨夜も実家のおばあちゃんを誘っての次男の卒業祝いを日付変わるまで延々
   とやってしまいました。

   こんな軽いノリでいいのかしらん?と不安にもなりますが、だだただ真剣に
   顔を付き合わせ、難しい顔をしてのミーティングがうまくいくわけではない
   ようで、4月からの自分の身の置き所が決定できずにもんもんとしていた三
   男も、結局この長男に乗せられてあっという間に決断し一気にすっきりと吹
   っ切れた表情に変わりました。

   進路変更、勉強のやり直しを決断した三男は県外の有名予備校に行かないと、
   効率的な浪人勉強はできないと考えていたようなのですが、「なにも東大レ
   ベルまでもっていくそんなキチガイ沙汰をする訳じゃないんだから、どこで
   も一緒だよ」、「浪人に大切なのはただひとつ、自分の気持ちを維持すること」
   との長男の言葉に、いとも簡単に納得し、ふたりで地元の予備校を回って資
   料集めをし、その日のうちに、地元で浪人することに決定しました。

   後で聞いて大笑いしたのですが、付き添いの長男も入校希望者と間違われ、
   資料一式、申し込み書まで渡されたとのこと。 本人若く見られてうれしげ
   でした(・・・二十歳を過ぎると、十代の子がまぶしいそうです)
   今日は、皆で書店と図書館だそうです。
   本人たちはなにげなくそう言ってましたが、私は内心「おおおお~~すっごい!
   よそのお宅の会話みたいだぁ!」 で聞いていましたが・・・・
   この春のお休みは、道場通いはない模様です。

donguriのコピー.jpg

   我が家の3ドラたちの未来、いったいどんな展開を見せていくのか・・・
   一向に分かりませんが、彼らはもう小さな子供ではないので、一歩引いた
   ところから眺めつつの応援をしてやるしかできない愚母です~。

   手帳にも書き込めないほどの予定が詰まった若きおかあさん♪
   この春を楽しみながら、頑張ってください。
   ・・・若いからできるのですから~~~ちょき
   










楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2008.03.20 11:20:41
2008.03.02
カテゴリ:◆Zoiの独り言
ひとりごと-T.jpg


   【四方山話】2008-3-2


13-8.jpg

   下の息子ふたりが帰ってきており、うるさくてしょうがないので「やっぱり
   大きくなると男同士よね~」と 父親と息子を残し、私はそそくさと愛する
   我がマウント・ダイセンへトライブに抜け出すことに成功 ちょき

   山へと言っても、私は観光道路とかを走るのは好きではなく、地元の人たち
   が抜け道として利用するような迷子になりそうな道を選ぶので、こんなに雪
   がたっぷりあるとそうそう標高の高いところまでは行けず。 まして夏場の
   私のフィールドへ続く道は冬場はずっと通行止めです。 無理して危険な場
   所まで行ってしまうとレッカー車のお世話にな可能性大なので、今日もいわゆ
   る「里山」あたりをうろきました。

   田舎育ちで、そして現在もやはり田舎暮らし・・・・見慣れた風景ばかりだ
   というのに、どうしていつも「ひゃあ~」「ふぁ~」と感嘆の声がでるのかなぁ~
   自然って・・・野生って・・・ なんでこうも心動かされるのかなぁ~

   一眼レフの出し入れや手入れがメンドーで(ヒョギに出会ってからというもの
   めったに使わなくなっている・・・)古い古いデジカメ持参。 今日のメイン
   はドライブと双眼鏡のぞき♪
   ふいと思い立ち、半日ちかくもこんなお外遊び簡単にできるこの田舎暮らし
   ・・満足~四つ葉

3-2-1.jpg
お気に入りの貯水池。ここから先(上)が私の
夏場のフィールド。   現在冬期通行止め中。

3-2-2.jpg
-2008.3.2- 今日のマウントダイセン
我が家から徒歩3~4分の場所から。

3-2-3.jpg
本日チャレンジの脇道。S字どころではない
恐怖の“Uピンカーブの下り”が待っていた。
3ケ所も!!!



   山道を走りながら、双眼鏡で猛禽の姿を追いながら、いろんな思いが浮かぶ。
   とどめなく、脈絡なく・・・・。

   人が天から心を授かっているのは なぜだろう。
   ボアローがいったように、“人を愛するため”だけであればいいのに

   大人げないなぁ この私。
   “所在を明かさぬ”ぶつけられた言葉のひとつひとつに反応して、怒りを覚え
   たり、とことんおびえ、振るえが止まらぬ、そんな心がいるんだもんなぁ
   そんなことに心が痛がらないよう、ふらふらしないようにはどうしたらいい
   のかなぁ

   ぶれない自分で居続けたいなぁ

a7のコピーのコピー.jpg


   まあ 痛みというのは 実は意外と簡単に処理はできるもの、日にちぐすり
   はたいそう良く効くということを私も知っているので、きっと・・・大丈夫。
   耐えることはできる(・・・ようになった)

   神様はありがたいことに、人間の心をそんな風に作ってくださったようです。
   反対に、“良い記憶”、“楽しかった思い”、“なつかしさ”、“愛された記憶”
   は決して忘れ去ることできないようにしてくださっていて、それは生きてい
   く、生き続けていくためにとても重要で、とてつもなく有り難いことではあ
   るけれど・・・・

   だから、私は“真夜中のチキンラーメン”を “uri-mayo”を忘れる筈はな
   いんだ・・・。 だから、しょうがないんだ・・・。
   私が未練がましいしつこい奴! という訳ではないんだ。
   uri-mayoのその肩越しにhyukを “みんなで” 見ることができた楽しかった
   日々。uri-mayoが見るヒョク、uri-mayoが見る私たちヒョギラー、その見方
   はとてもおおらかで、中性的で、くすみなく・・・


   ははっ・・・  全くもって脈絡無くいろんなこと考えながら車を走らせて
   いたものです。 
   ここまで、読んでくださった方がいらしたら~・・・つまらぬ話にお付き合
   いくださって・・・すみません。   ありがとうございました~四つ葉


mayo1.jpg






 





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2008.03.02 20:08:49
2008.02.24
カテゴリ:◆Zoiの独り言
ひとりごと-T.jpg


   【四方山話】

   関東には昨日春一番が吹いたとのことでしたが、こちら“山の陰”山陰は昨
   日の朝から大荒れでした。 丸一日以上もこんな吹雪が続くなんてまれに見
   ることでした。

   がちがちに凍りついてはいましたが、今朝は風もようやく治まり、かすかな
   日差しも差しこんでいました・・・となれば!“山へ河へ行かねば!!”
   (ヒョギに出会うまでの私の病気です)となり、今日は午後ちらりと河に行
   き、その後ずっと山ごもり。
   と言っても私のお気に入りのフィールドは冬場は通行止めとなるので、山と
   いうよりもっと標高の低い民家なんかもちらほらある “里山” あたりです。

ootaka-aa.jpg
オオタカ


   しょっぱな、オオタカに遭遇。 はぁ~ いつ見ても美しいです。
   オオタカは、決して大きいタカではありません。  カラスよりすこし大きい
   くらいなものです。カラス数羽に“あっち行って~!”と責め立てられて上
   空を旋回していました。 よく見るその光景でした。 弱いわけではなく、
   自分と大きさのそうそう変わらないカラスさえ猟の獲物にすることもありま
   すし、なんといってもオオタカのその身体能力はカラスなんぞの非ではない
   のですから。
   やはりいつもの通り「はいはいはい。あっち行けばいいんでしょ。はいはい。」
   で、すいぃ~と飛び去っていきました。

   飛んでいるときは、ほとんど黒いシルエットとして見ますので、高い上空な
   ら色の識別は出来ないのが当然ですが、トビのような茶色ではなかったので、
   ジュニアではなく成鳥のようでした。 大鷹ジュニアはトビのような色をし
   ているのですが、2~3歳と進むうちに、青みを帯びたグレーの羽色に変わり
     ます。   とても美しい羽の色と模様です。

   猛禽に興味を持つまでは、ハヤブサ・・ってかっこいい鳥みたい・・・だと
   思っていましたが、ハヤブサのお顔は美しくはありませんし(笑)、羽色、
   模様もきれいではないです。 ただ飛翔の姿とその名前からそんなイメージ
   をもっていたんですね。きっと。
   水鳥を中心に「顔ブス」な鳥も多いのですが、大鷹は猛禽の中で一番美しい
   顔をしています。ミサゴのように広げた羽が長くはないのですが、その直線
   的な飛翔はそりゃあ見たときには、どっくんどっくん胸が鳴るほどで、止ま
   り木に止まるその姿かたちは「孤高の鷹」と呼ばれるにふさわしい気高さを感
   じます。

   今回のように一日以上も吹雪が続いたあとは、自然の中に行けば一斉に生き
   物たちがわんさと出てくるので、今日は是非お外遊び! 迷うことなく決断。
   3時間以上ほろほろした里山には、鳥たちが一斉にエサを探しに出てきていました。        お腹ぺこぺこ状態ですから、いつもよりずっと警戒心が薄くなっていて、結
   構近い距離で遭遇できるのです。 

     思えば、ヒョギに出会うまではこんな冬場でも河川敷に止めたワゴン車のス
   ライドドアを全開にして腰掛け(分厚い座布団持参)、三脚・カメラをセッ
   トし、何時間もただただ鳥たちが来るのを待ったものでした。 もちろんず
   っとこの目は回り一面をずっと見ていますから読書も無し、鳥たちの声は聞
   き逃すことできないのでミュージックももちろんなし、限られた貴重な時間
   でしたから、ただ待つその数時間はあっという間に感じていました。

   ・・・が、今日は・・・ ずっと車の中。 エンジンを止めることなど出来ず。
   ヒョギに出会うまであたり前にしていたことが、今日はあまりに無謀なこと
   に思えて、考えただけでも振るえる上がり、・・・・なまけもんのお外遊びで
   ありました。


   zoiの四方山話。








楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2008.02.25 00:06:10
2008.02.14
カテゴリ:◆Zoiの独り言
ひとりごと-T.jpg


   【2月14日、今日がお誕生日のおふたりへ】


    やばいやばい、日付が変わる!!
    間に合うか? 無理か?
    まあ、よしとしましょう。 こうして祝う気持ちがあったのは2月14日
    コレを書いている“今”なのだから~~


    2月14日がお誕生日の美智子さあん、お誕生日おめでとう四つ葉

    からだ中、刀キズのごとくあちこちに手術のあとが痛々しく残るその虚弱
    な身体でいながら、よくよくそれでも元気でいてくれてありがとう。
    私を生んで育ててくれてありがとう。



green3のコピー.jpg


    2月14日がお誕生日のmacky~♪  お誕生日おめでとう四つ葉

    今mackyがここにくれた初コメを探して自分のブログいっしょけんめで
    走り回っていました。結構見つけるのって手間でしたっ・・・
    “ちょうどこんな時だった筈・・・”で探していました。
    知り合えて丁度1年だと想ったので、お誕生日だということを知り、どう
    しても初コメ読み返して見たくなったんです。

    2007/2/27エントリー【ヒョギやぁ~い ミンギソやぁ~い】
    へのコメントでした。



投稿者mackyさん(2007.02.28 13:33:02)
感動!!!!
はじめましてです。我が家のPCが故障中でずっと携帯から覗かせて
いただいてた者です☆ 動画のヒョギ見たさに本日はネットカフェに
来ました。 公式HP見てきました。
普段は携帯の画面ですが、PCの大画面に感動!!そして韓流ドラマ
コンサートでの動画のヒョギ♪ 感動しました
(いつの時代の人やねん・・・) zoiさんのコメントも見つけて
大興奮でした。時々また寄せてもらいま~す。あ~自宅で見たい
(2007.02.28 13:33:02)



    とにかく携帯からコメントくれる人って初めてでしたし、、ひどい環境の
    中(pc無し同様)で、よくまあここを見つけてくれて、そしていつも携
    帯からコメントくれて・・・
    だからよくよく、あのころのこと覚えているだよ。

    楽天ブログは、会員交流型のブログではなくどんな人でもなんの手続きも
    なくコメント書き込みできるので、あちこちの方からコメントいただいて
    いますが、mackyの携帯コメ、回を重ねるごと慣れてきたのが、本性が
    (笑)ちらりちらりと見え始め・・・こっ・・これはっ!!!と感じた
    ことをはっきり覚えています。 ただものではないと感じ、私のブログの
    一日、日替わりブロガーをやってくれって私からたのんだんですよね。
    あとにも先にもわたしから直接頼んだのはおふたり・・・のみです。
    私は、“感じること” “想い” 優先人間です。
    私はmackyをカンジマシタ。

    能力や、才能のないわたしですが、すぐさまmackyの才能をカンジマシタ。
    mackyの初めの頃の超おそまつブログエントリー(笑)も忘れられません。
    わたしにしたってひどいものでしたが、mackyのそれって、あまりにひどく・・
    よくまあ、あんなに荒くひどい画質の写真をアップするわいな とその度
    胸におそれおののきました。 が、ひどいのはその写真やアップする技術
    だけであり、やはり、やはり予想した通りの独特の感性のある才能あふれ
    るブログでありました。
    ブログの技や知識は、勉強すればだれでも同じことできますが、macky独自
    の感性や才能は持ってうまれたか、あるいは何かが影響してその人のもの
    となった訳でしょう。決して人がまね出来るものではなく・・・・
    マッキーがヒョギラーでよかった・・・です。

    お誕生日の祝辞になっていませんな、これ。
    まあ、勘弁してやってください。

    今日誕生日を迎えたあなたに乾杯  カクテル   おめでとう。四つ葉
    

      (あっだめだ・・・日付け変わってしまってる。 ごめんなさい。)








楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2008.02.15 00:57:28
2008.02.04
カテゴリ:◆Zoiの独り言
ひとりごと-T.jpg


   【ほらぁ~~♪】


img24ca7765zikbzj.jpg


    ほらほらほらぁ~~♪
    幸せにしてると・・・しんどくてに一歩も前に歩め無いときでも、前さえ
    見ることを忘れずにいれば、必ず幸せは向こうからやってきてくれると、
    脳天気なエントリーを昨日上げたばかりでありますが・・・

    じゃじゃじゃあぁ~~~ん!!
    きたきたきたぁ~~~!!  ほんとにそれがやって来たのです
         (あっ・・・ここで前置き。チャン・ヒョクとは一切関係ない
         話ですのでヒョギラーさまでしたら、そそくさとスルーしてく
         ださいませ~)
    私の三ドラ息子の末の子から、昨夜遅くにメールが届きました。
    たった一言。
    ---大学行きたい

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・ ダイヤ・・・・・・・・・・・・・・・・・

    実はわたしの三ドラたちは、高3の夏までは10年以上も柔道が一番!の
    生活をしていまして・・・ですから高2の頃からは、どの子も受験勉強に
    削く時間とパワーが取れないことに苦しみました。
    それでも長男なんかは、いつもおちゃらかを装っていますが、もともとま
    じめで超がんばり屋でしたから泣くような思いで自分と戦い両立させました。
    次男はというと完全放棄でとっとと推薦で入れる専修学校にたいした努力
    もせずに進学。

    そして、昨夜メールを送ってきた三男は・・・こいつは・・・こいつも・
    高3の時期、自分と戦うことをしませんでした。柔道・・・最後のインタ
    ーハイだけで精一杯でありました。(早朝練習の頻度も増し・・・朝の5
    時過ぎには家を出る生活でした)引退後は、既にその受験対策への遅れを
    はっきりと認識し・・・そして一旦は進学を放棄。12月になった時には
    ついに“もういい、僕は働く”と言い出したのです。

    母は激怒!! でありました。 (進学意欲がなくなっていることは感じて
    はいましたが)なんという言いぐさ!
    「働きたい」であるなら、よかったのです。
    でも末っ子のそれは 「だったら、働く・・・」でありました。
    激怒し、台所でわんわん声を出して大泣き号泣 しました。
    「ふざけたこと言うなぁ! かあちゃんは、こんな思いをするためにがん
    ばって育ててきたわけじゃなぁ~~い!」
 とわんわん泣きました。
    何日間もひと言も! 口をきいてやりませんでしたぷー
    
    そして、そのことにはお互いひとこともも触れない日がひと月以上たった
    ある日・・・・「まだ ここだったら間に合うんで、受験させて」とぽつり。
    やぁ~ 楽な道へと自分を放棄しなかったこと、うれしかったですね~
    (ニートってもんになるんじゃないかと不安不安していましたので)

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・ ダイヤ・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ランクをひとつもふたつもどどっと下げ、大学は既に無理、専門学校しか
    ありませんでしたが、まっそこで精一杯やって見るのもいいなで(ほんと
    はその時一浪を進めたのですが)航空専門学校へ進学し、今、1年がたと
    うとしているところです。

    成績はトップクラスでここまで来ましたが(なにせ、どどどぉ~んとラン
    クを下げての進学でしたので・・・^^;)母は、やはり、その方面に進
    むにはその学校ではどっともならないのではという気持ちはずっと抱えて
    いました。

img6b9270c9zik0zjのコピー.jpg



    そして、昨夜深夜に届いたメール。
    ---大学行きたい

    なんともうれしく・・・、四つ葉
    頑張ることを避け続けてきた子が、
            生まれて初めて頑張る表明を発したのです。
    
    今からだったら来年の受験になんとか間に合う・・・かも。
    2年の回り道をしたことになりますが、そんな前向き発言をしたことのな
    い末っ子が発したその言葉はとても意味深いものでした。
    脳みその機能は、我が家で一番高いのは、家族は皆知っていました。が・
    過去の成績表は、ずらりと満点表示(これ中学までの話です。高校は進学
    校でしたのでがくん↓でありました)のつく長男とは違い、ぼちぼち~。
    決っして、がんばることをしない子でした。でもプライドだけは高くてら
    っしゃったようで(笑)、中間あたりになるとちょろちょろっと勉強して
    それ以下にはならぬよう調整する子でありました。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・ ダイヤ・・・・・・・・・・・・・・・・・


    私と性格のよく似たまじめでがんばり屋の長男とよく話したものです。
    「あいつ、もったいないねぇ~ 頑張ることが嫌いだからな~ 」

    一生懸命、育てたつもりでいても、しょせん子供たちは私の所有物ではな
    く、それぞれが自分をもっていて、親の思い通りにはいかないもので。
    まして、いくら頑張って育てたとはいえ、所詮育てたのはこんな未熟もん
    の母です。 父親は仕事と付き合いオンリーでしたので、母子家庭と変わ
    らぬ環境でしたし・・・。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・ ダイヤ・・・・・・・・・・・・・・・・・

    件名:「GO!」で返信しました。
    「よっしゃぁ~~! やってみなされ!
    かあちゃんは、○○○が“がんばることに決めた”ことが
    めちゃくちゃうれしいぞっ!」   と返信しました。
img8077f279zik3zj.jpg

   こんなうれしいことが時々あるから、(そうではないことも多かったように
   思いますが)長らく、いっしょけんめ子育てやってこれたんですよね~、

   女に生まれて良かった四つ葉 母でいられて良かった四つ葉 です。 

            ここまで、もしかして・・読んでくださった方がいらしたら~スマイル
            お付き合いくださって、ありがとうございました~四つ葉




 





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2008.02.04 08:31:59
2008.02.03
カテゴリ:◆Zoiの独り言
ひとりごと-T.jpg

    【blog】  


お気に入り.jpg







img37ea785dzikazj.jpg
『うさぎ風船DX』

     これからアニメーションやろうだなんて気はもうとうありません。
     出てくる専門用語・・・理解しようとも思いません。

     ところがですね~  このブロガーさん、ちと魅力的。
     わたし的には、相当に好きなタイプ。     
     カテゴリー開いてみて良かったっ♪
     理解できないエントリーのその中に、・・・
     『人にかけた情は水に流せ、人から受けた恩は石に刻め』 
     こんなフレーズが、時折りぽろりと混ぜ込まれているのです。

     週に数回は覗いています。 (あちらはご存知ないでしょうがうっしっし) 








wのコピー.jpg
『手帳の達人』

     本日 発見。
     手帳の管理の教本として活用するもよし。
     手帳以外のカテゴリーに足が止まり、・・・また行くべし!









楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2008.02.06 13:45:09
2008.01.30
カテゴリ:◆Zoiの独り言
ひとりごと-T.jpg


   【四方山話】

z12-510.jpg

    ちょっと、というか・・・相当! 異常な域に達していると思われるほど
    いつもヒョギヒョギして、そして毎日毎日エントリーを上げ~~
    そんな尋常ではないわたしにも、当たり前にオフラインで過ごす日常もあ
    り、その日常というものもまたまたやっかいなルールや決まりごとが有る
    わけで・・・。

    動物は、その生態による区分けとして、単体生活をするものと、集団生活
    をするもののふたつに分類されます。
    そして、ホモサピエンスは、集団行動をする生き物です。
    私はひとりで居ることが決して嫌いではないほうなのですが、所詮人間は
    ひとりでは生きられない生き物、集団生活をする生物に分類されます。 
    集団生活するようにできているのですから、こんな世界が形成されたのだ
    ・・・と、野生鳥獣大好き人間の私は、そのしがらみをうっとおしく感じ
    たりする時に、いつもこうして野生動物の営みの原点を考えたり、それぞ
    れの生態を思い起こし、そして納得しています。
    子育てもしかり、、、繁殖行動もしかり、、、です。

    ん? あらりゃりゃりゃぁ~ またまた やっちゃいました。
    書こうとしていたことと、キーボードを打つその内容が、・・・ずれてし
    まっています。
    でも・・・あれっ? あれれ?
    ・・・・(笑)
    考えなくちゃ わからないほど、脱線していました。
    わたしは、数日ほぼオフラインで過ごしていました・・・という事が書き
    たかっただけ♪ でありました~(笑)

z10.jpg


    数日ヒョギニュースを見ないでいるというのは、とても不安です。
    今日検索かけるとき、実は・・・どきどきしてしまいました。
    年末、突然のあのニュースのような・・・とんでもないことが(笑)起き
    ていたらどうしよう~ とドキドキしながら、検索ページを更新しました。
    ほっ・・・ あんな突発・衝撃的ニュースは出ていないんですね。ほっスマイル

    目に止まったニュース記事。
    プランダンで共演中のチング役のキムジョンテの記事。『 キムジョンテ,
    公式ホームページに感謝の文を残す。』 (こちら★)
    自分のホームページに、プランダン、そして自分を応援してくれてこるこ
    とに関しての感謝をホームページの『From Star』に投稿したというニュ
    ースでした。

    ヒョギと同じサイダス所属俳優ですから、勿論ウリヒョギと同じくサイダ
    ス運営の自分のホームページがあります。
    どの俳優のページもみな同じ構成になっています。 ヒョクのページに
    も勿論『From Star』のカテゴリーはありますので、もしや!思い、慌て
    てヒョギのページへ飛んでしまいましたが、“ちゃん・ひょく”で検索し
    ているですから、そんなことがあれば先にニュースとして上がってきてる
    筈ですよね。  ヒョギに関しては、どうもあきれるほどに冷静さを失っ
    てしまいます。
    Sidus HQ- キム・ジョンテ,公式 ★
    Sidus HQ- チャン・ヒョク公式 ★

z11-510p.jpg


    不汗党が放送開始となってから、彼は今までの悪役ばかりの役柄とは一転
    した不思議なキャラを好演し、注目を集めていますのでニュース記事もと
    ても多いです。 不汗党のギャリーこちら★)には、 なんと!これ、
    ちょっと ばかし!心外!で苛ついているのですが・・・・実はヒョギより
    写真(ドラマキャプチャーなどの)掲載の投稿がうんと多いのです。
    韓国のヒョギラーさま! いったい何してらっしゃるのぉ~?
    コマスムニダのギャラリーとは、打って変わった内容で進行しています。
    ちと、不満であります。  こうなれば、自ら会員登録して投稿せねば ぐー
   
    さあピンクハート、今夜は不汗党の第9話。
    激動の年末年始、揺れまくったわたしの思いもようやくカチッと方向を定
    めましたので、ちゃんとヒョギの大切な作品、まとめ始めようと思います。
    心がざわざわして、宙をぐるぐる舞っている時に放送スタートとなった不
    汗党。   気持ちが揺れ動いて、リアル視聴しなかった日もありました。
    ・・・・・ そろそろ、不汗党 まとめなくては四つ葉

    身体を鍛える時間もなく過ごして居るのが一目瞭然・・・今ヒョギの身体
    の筋肉の張りは無くなり・・あんなに痩せて・・・
    ウリヒョギ、がんばっております。 とてもがんばっている筈です。
    不汗党、しっかり!心して!見なくては、ヒョギに悪い・・・。










楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2008.01.30 15:18:38

全97件 (97件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 10 >

PR

Category

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.