32306001 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

h+and   ~ I want to throw away ~

PR

全18件 (18件中 1-10件目)

1 2 >

ミニマル&すっきり がらーん収納

2020.08.22
XML
暑いベランダでのお洗濯もの干しは、苦行なのだけれど。


今年の梅雨の、長い長い梅雨の、
あの「地獄の乾かなさ」が記憶に新しい今・・・


灼熱の日差しも、「お洗濯を乾かす」という一点のみにおいては、
涙が出るほどありがたいものです (;_;)


薄いワンピースとか、
特に「黒」なら、10分くらいで乾くこともある。


クロスが、「ぱりっぱり」に、

「板」みたいにカラリと乾く感じが好きです(笑)











マイバスケットも、今日は干してます。










買い出しと買い出しの「あいだ」の。

このバスケットが ただ家の中にある、という日々は、










このバスケットは、
回収場所に出すまでの「ペットボトルの一時置き」として
とても役立っています。


せっかくこれだけの容量のあるバスケットを 空っぽのまま置いておいたり、

あろうことか「ペットボトル専用のゴミペール」を買うくらいなら。


毎週毎週それ用のゴミ袋を消費するくらいなら。

このほうが、断然いいのです。


マイバスケットも、ペットボトルも、


行き先はどちらも同じ「週に1度のスーパー」なのだから。












 *****************************************





わたしの愛用の洗濯バサミはこれ。冷蔵庫にかけたキッチンクロスのズレ防止にも。挟む力がめっちゃ強い!






 ***************************************




そういえば、お子が幼い頃に、よく図書館で絵本を借りたんですけれど、
その時も「図書館お通い用のバスケット」を持っていました。

借りてきた本は、ずっとそのままバスケットに収納していました。

家の本と混ざってしまうこともなく、
お子が自分で取り出しやすく戻しやすく、
またそのまま持って返却にゆき、
新しい本を借りてくる。


行き先が同じものは、一緒になっていたほうがいいのです。










雑然と暮らしていた人が、
ある日「片付けるぞ!」となって、
これからはなんでも決まった場所に!となって、

それにはまず「ものに住所をつけよう!」となった時に・・・・


しまいやすい場所・片付けやすい場所で設定してしまうと、

たとえば今日のお話のような「回収までのペットボトル」ですと、

捨てやすい場所、という意味では「キッチン」かもしれませんし
あるいは「ベランダ」なのかもしれません。


けれど、キッチンにためておいて、1週間めっちゃ邪魔で、
回収の時にそれをまた何か別の袋に入れ替えたり、

もしくはスーパーに出かける直前にベランダで溜まったのを取りに行ったり、
  (大体ベランダは玄関とは反対方向にありますね)

そうすると、洗ったペットボトルもなんだかやっぱり屋外で埃っぽく汚くなっていたり、


そういうことの全ては「無駄な動き」となってしまって、

余計な「二度手間」となってしまって、

決して間違っているわけではないのだけれど・・・

結果、自分にとって「なんか面倒なこと」「非効率なこと」になってしまう。







そのままだと6〜8本くらい。 ぺたんこに潰せば、その倍以上入ります。




 **************************************




買い出しバスケットを持つ。


その1アクションで、
ペットボトル回収を含めた「スーパーに向かう準備の全て」が済む。


わたしがスーパーでの買い出しが「バスケット派」なのは。


「たためるマイバッグ」にしないのは。


お会計時のレジ通過作業→帰路 までがいちばん早い、ということだけでなく


家庭内での「ペットボトル一時置き場」を兼ねているからなのだ、ということを・・・



自分のことながら、いまさら、いまさっき、思い出しました。




ああ、図書館の絵本もこの方式だったなあ、と、18年前のことも思い出したのでした。



お通い袋から出して、本棚において、またお通い袋に戻して・・・・という

1冊入れ忘れた! とか、どっかいった!とか。

それが面倒で、そうしたんだったわ! と。







今日は大切なお友達の誕生日。
暑さの中でも丈夫&涼しげ&香りの良い・・・グラスグリーンブーケを贈りました。







 **************************************




当たり前のようにやっていると、
工夫、とか そういう意識は次第になくなっていって、
ただただ その人にとっての
「ふつうのこと」「いつものこと」になってゆきます。


市の収集を待とうとすると、
ペットボトルは2〜3週に1回となってしまいます。
そこまで溜めておくのも嫌ですし、
大きなビニール袋がその都度何枚もいるのなら、
なんのためにレジ袋を削減してるのかもわからないのです。


けれども。


そんな優等生なエコっぽいことよりも何よりも。


このやり方が、わたしにとっていちばん「楽」なのだ、とわかった。




「少ない服」も。「マイバスケット」も。「ローテーション献立」も。



わたしの続いていることは「楽なこと」ばかり、だなあ ( ´▽`)



「続けているぞ!」「こんなことやってます!」 



という意識さえもなくなったときこそが、きっと本当の「続いている証拠」。



暮らしの中の当たり前の風景になった証拠、なのかもしれないですね ( ´▽`)ノ







                                  おわり







今日も暑いですね (;_;) こんな暑い日も、お読みくださってありがとう。




↓ いつもポチッと応援くださることが、すずひはどんなに嬉しいことか ヽ(;▽;)ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村


パン屋さんに持ってゆくのにも「マイバスケット」はとても喜ばれます。

「すごく入れやすいです!」「焼きたての食パンもつぶれなくていいですね!」 と。

せっかくのパンを、つぶれそうなマイバッグでお客さんにお持ち帰りいただくのは、

パン屋さんとっても、密かに「悲しいこと」・・・なのかもしれませんね (;_;)















最終更新日  2020.08.22 18:45:36


2020.08.14
お盆の暑さを、

どうか忘れないでください。

どうかこの、今日の日の体感を、


ご自身の中に刻み込んでください。



 *********************************




さて!










今日の日記は、
質問に答える形式でお届けしたいと思います!


今のシーズン以外の服や、
ふだん出番のない服を何処にしまっているか、のお話です。



 ***************************************


 Q. 1 ニット類は何処にしまっていますか?



A. ここです!







3枚重ねて、たたんで、ここ、です。
ここにあるニットが、わたしの持つニットの全て。
入りきらなくて、此処ではないどこかにもニット、とか、ありません。










全10着の写真を撮るときや、
毎日着るような季節になったときは、ラックにかけますが、








キレイにお手入れしたら、

タンスの棚に、ちょこんとしまっています。




 **************************************



 Q. 2 喪服は何処にしまっていますか?



A. ここです!








喪用のバッグと一緒に引っ掛けています。









以前は別々の場所に収納していましたが、
去年あたりから、一緒に使うのだから一緒にしておくことにしました。






【週間ランキング1位獲得!感謝SALE 5千円オフ開催中】★レビュー評価 4.67★ カレット ブラックフォーマル 選べる 試着OK デザイン アンサンブル 送料無料 レディース 女性 洗える ウォッシャブル オールシーズン スーツ ロング丈 丈長め トール





お盆の暑さを、今日の暑さをどうか。 どうか忘れないでください。


いつの季節に故人が亡くなられたとしても、初盆は「夏」です。


この暑さの中で、黒い服着て、お墓に立ちます。


大げさでなく、命がけです。


それでも大丈夫、
この暑さの中でも着られるぞ、ということが、

喪服に求められる最も大切な機能性だとわたしは考えます。


そして「洗える」ことも。


冬なら「コート」を着ることができる。

中にヒートテックを着込むこともできる。

ストールでぐるぐる巻きになることも。


服を脱ぐのに限界があるのが「夏」なのです。


夏用・冬用と 持つことも一つの考えですが・・・


わたしはこれ1着で大丈夫だと感じています。





 **************************************


 Q. 3 コートは何処にしまっていますか?



A. 同じくここです!








喪服が端っこ。その隣がコートです。

こちらも、真冬のニットと同じ。
シーズンが到来すれば、ラックで管理。

1回でも袖を通したものを
そのまま(洗わないまま)タンスに戻すことはありません。


ラックが無い頃は、
わたしはその日着たコートなどもここに戻していたのですが・・・


今では考えられないです。




ゾッとするよ(笑)





 ***************************************




いつも着ているものはラック。

シーズン以外のものは、タンスの細っこいスペース。


服を「引き出しにしまう」ということを、わたしはしていません。


はっ! おとーさんも、お子もしてないわ!! Σ(゚д゚lll)


大半のものをハンガーにかけて、
ちょっとそれ以外のものを収納するスペースがあれば、

「服をしまう引き出し」は、誰も要らない、ということ。



ハンガーをかけるスペースがそこそこあって、

クローゼット内に服を置けるような棚があったとすれば。

そこに加えてさらに「引き出し」が必要な時点で、

もう服を、持ち過ぎているのかもしれないです。

ひとりでは着られないほどの量を、
知らず知らず所有して・・・いえ「貯蔵」してしまっている?


服の、貯蔵庫。


貯蔵したまま忘れてしまう。寝かせてしまう。


フタがあったり、中身が見えなかったり、

「収納され過ぎたもの」というのは、

文具でも、キッチンツールでも、とても使いにくいです。


出すのも面倒で、戻すのも面倒。


「服」もそれは、同じことなのかもしれません。












服の収納は「風通しがいいこと」が、とても大切だと聞きます。


引き出しの中を風が通ることは、ないですね。


タンスも、どんなにスッキリしていても、そういう意味では同じで(;_;)



ウォークインクローゼットのある住まいに、きっと引っ越すぞ!

そしたら、そしたら、やっとタンスを捨てられる!!


ミニマリストさんには、
とっても軽やかに引っ越しなさる方がたくさんいらっしゃるのに、
わたしはなかなか動けないなあ (;_;)


50歳を目前にして、
「動き出す意欲」とか、
「環境を変えることに対するストレス耐性」みたいなものが、

やっぱり年々下がって来てるのかな (;_;)


今よりもっと床面積の小さい、2LDK。

南側の部屋にウォークインクローゼット。

なるべくは駅近。でもそんなにこだわらない。

河川から離れた、2階以上。← これはもう絶対。



そして 新築!



そのくらいの条件なんだけれど。 なかなかこれが。



ずっとこのあたりに住んでいるので、
土地の高い低いの「治水関係」には、わたしは無駄に詳しくて、
若い不動産屋さんが知らなかったり黙っているようなことも知っていたりして、
良い間取りを見つけても、なかなか「場所」がね (;_;)


おっと話がそれました。


引き出しを、ここまでさんざんディスって参りましたが、

昔はこの画像のように、ハンガー引っかけ収納していたお財布だけは・・・









いまは、タンスの引き出しに、毎回きちんと片付けています。

お財布下げてちょっとそこまで、とか

お財布下げて、ちょっと足りないものを、とか。

そういう「ちょこちょこ外出」を、ほとんどしなくなりました。

とくに今月に入って、
わたしは実は、8月2日から、買い出しにでていません。

いろいろと差し入れに恵まれたこともあり、
コロナは怖いし。 なにより暑いし。


外にでたくない。


やれるとこまで買わずにやってみよう、と
黙々とあるものを消費していたら・・・


今日は何日?


14日!?  すご!! Σ(゚д゚lll)


今月、たった一度だけ買い出しに行っただけで、
すずひ家、ここまでこられちゃった!


無駄なお金を1円だって使うものか!と、カツカツしていた頃よりも。

緊急事態宣言で、頑張って頑張って自粛していた時よりも。


いちばん出かけていないのが、今だ、という不思議。


「暑いの最強」説。



暑さは苦手で、夏も苦手ですが。

家にいることも、無駄なお金使わないことも、

いちばん自然にこれができるのが、わたしにとっては「夏」なのですね。


出かけろ!と言われても、もはや嫌です。

頼まれても出かけたくない暑さです。


12日間も買い出しせずに生きられたのは・・・結婚25年目にして新記録だ。



 ***************************************



ウイルスも怖いが、暑さも異常。


怖さの種類は違っても、人の命を脅かすことは、どちらも同じ。



これもわたしの「ニューノーマル」か。



今日も、明日も「名古屋38℃」の予報を見て。



そんな気持ちになりました。







                                      おわり





こんな暑い日にも お読みくださってありがとう。


↓ 今日もポチッと応援ありがとう! 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


良いブログが書けるよう、すずひはこれからも、1つ1つ心を込めて書きますね ( ´▽`)ノ

本当に暑いー  みんな大丈夫かなー   どうかご無事でいてね ヽ(;▽;)ノ










最終更新日  2020.08.14 22:12:47
2020.04.06
「note 」という SNS が ありますね。

読者さまは、note の「有料記事」というのを購読されたことはありますか?
わたしは1回だけあります。
有料の記事をカード決済で購入して読む、というのは初めてのことでした。

初めてだったため、
購入して届いた記事メールの開き方をしくじり、
一文字も読む前になぜか「削除」をしてしまい、
慌てふためいてゴミ箱から探り出し、
あたふたと復元し、無事、読むことができた次第です。






「がらーん」が自慢の玄関ですのに、ちょっとだけモノが増えてしまいました。



 ***************************************




購入したのは しいたけ.さんの 記事でした。

「お金持ちが持つ“潔癖”の感覚」というタイトルの記事でした。


「潔癖」の感覚とリンクする「金運」の話と、
しいたけ.さんが占いを通して出逢った「お金持ち」に見出した共通点。

「お金持ちは、ある程度 “潔癖の感覚” を 持っている」 というお話。


こ・・・ これは興味深いよっ!


しいたけ.さんの見つけたお金持ちの共通点というのは、
それは「黄色の財布」だとか「財テク」とかそういうのとはどうやらあまり関係がなくて、
とても納得と合点のゆくお話ばかりだったのですが、


中でも「これは!」と感じた「お金持ち」の共通点。 



(1)どこかみんなと距離を取っている
(2)潔癖の感覚を強く持っている


うわぁ・・・

わたしが わたしの知りうる世界で初めて出逢ったいわゆる「お金持ちの人」というのは
中学生の時に同級生だった女の子だったのですが。

その子、まさにそうだったです。  
なぜ公立中に来たんだろう、という「姫」みたいな子で。
 
同じクラスになれることはなかったのですが
    (1学年13クラスあったからね・笑)
透き通るような白い肌をした、髪さらっさらの美しい女の子でした。

叶わなかったけれど、仲良くなりたかったです。

委員会とかで一緒になることはあったのだけれど、
同級生なのに、なんだか話すのすごく緊張しちゃってね ( ← 庶民 )







以前は玄関掃除の後には「塩」をふっていました。 今はこの「ミントの精油」です。



 ****************************************


さあ、「お金持ちの2つの条件」について、
しいたけ.さんのお言葉を大いに拝借しながら、さらに掘り下げてみたいと思います。



(1)どこかみんなと距離を取っている

お金持ちや金運の良い人たちは、多くの場合。
すごく仲の良い人達以外は
「社交辞令で合わせるけど、親友は少ない」みたいな感じで、
どこかみんなと「距離」を取っている。

おお!「距離を取る」! これは!

感染リスクを高めると言われる「3つの密(密閉)(密集)(密接)」を
もともとからして避けているような 独特な生き方をうかがわせます。



(2)潔癖の感覚を強く持っている

「汚れ」。
それは「汚れた空気」とか「汚れた環境」も含むのですが、
自分が大切にしてきている環境を、
汚れたものによって汚染されることがものすごく嫌。
「しいたけ.カラー占い」で言えば、それはずばり「白」のひと。



わたしは「白」だ。 

しいたけ.カラー占いは、いつ占っても「白」だ。 
許容範囲の狭さは思春期並み。ネバーランドの住人。永遠の中二病。それが「白」。

白の人が持つ潔癖のイメージ = お金持ちのイメージ。

白の人が持つ潔癖は・・・ すごいのだそう。
自分にとって興味のない人から興味を持たれることも嫌。
自分に汚染の空気が近づいてくるだけで嫌。

強烈な潔癖感覚を持っている。って(笑)

けれども、その潔癖ゆえ、面倒な事や仕事を、バンバン片づけていける人だ、って。

放置された食べ物が、やがて「腐っていく」ように、
ものごとを放置することに対しても、まるで「ものごと」が腐敗していくような
「病原菌と化すような生理的な恐怖感」と直結しているところがある。

だからこそ、色々なものごとをできるだけさっさと片づけるし、後回しにしない。
ちゃんと片付けて「安心して暮らしたい」という思いを強く抱いている。


お金持ちの人はみな、この「白」の感覚を持っています。 と。



 ***************************************


手をつけないで放っておくことが自分の中でふつうになることが、嫌。

やるからにはやる。

やるからにはスピーディーに済ませる。


ああ、わたし。
片付けも、掃除も、
頼まれたことも、期限のないものでも、締め切りのある申請とかも、

ほんと、この感覚だ。 Σ(゚д゚lll)

書類が溜まる。という種類の悩みを理解できないところがあるのです。

溜めたことがないからです。

「書類〜 書類の管理は一体どうすれば〜 ・゜・(ノД`)・゜・。」と、

書類が鬼門の Eちゃんから何度も何度も相談されるんだけれど・・・

ちゃんとお答えできた試しが、ないの ( ;∀;)



 ****************************************


潔癖の気持ちを持つからこそ、
「腐敗」とか「余計な人情」に巻き込まれずに、
自分の安全と幸せを守る。
孤高の覚悟がある人達。


余計な関係性みたいなものも、
本当に自分の記憶の中から消しちゃうのだそうです。
汚れたものを自分の中に残しておかないという残酷さは「白」特有のもの、と。



 ***************************************



孤高の覚悟って、とてもいい言葉ですね。

今、「外出自粛要請」を守ろうとするとき、最も大切になる覚悟かもしれない。

友達に会いたい気持ちを自分が我慢していると、
ふつうに出かけちゃってる人を見て、気になってしまうことがあります。
自粛要請どうして守らないの!? などと思ってしまう。

錯綜する情報。 それぞれの正義のぶつかり合い。

批判する人。 
批判する人を批判する人。 
批判する人を批判する人、を、批判する人。 
批判する人を批判する人を批判する人、を、批判する人。
 
あ、批判しない人を批判する人、というパターンもありますね。
「なぜ批判しないんだ!」というような。

批判の土俵の広さは・・・果てしない。

誰の意見が正しいのか。 
自治体や教委ごとにまちまちで混乱するばかりの登校の開始や、休校の延長措置。
子の通う大学は、とても早い段階で延期の発表がなされました。 
この状況ですと、もっともっと延びるのかもしれません。まだわかりません。

自治体や学長の決めたことに、ただ黙って従っていて良いものか否か、誰もが悩む。

初めてのことだから。

一人で悩んで答えが出ないと、

「みんなはどうするんだろう」って、やっぱり気になってしまう。

ひとりで決断するのは不安。 とても自然なことだと思います。

日本にとっても初めてのことなのだから。


ああ、孤高の覚悟、よ。


後悔しない選択を、自分でするための覚悟。






玄関をしっかり拭き上げたあと。 することが、1つ増えました。


 **************************************



とても勇気がいるけれど、

今こそ それが求められる時なのかもしれません。

覚悟なきままで生きていると、
人はつい、多数派の意見に、声の大きい方に流れされてしまう。 
気弱になって、自分を見失ってしまう。

流されたあと、その判断が「誤り」であったと感じたときには・・・

◯◯のせいだ!! って 恨んでしまう。

流されたことも「自己決定」だったはずなのに。

流されない決定も、影響されない決定も、自由にできたはずなのに。 

ああ・・・




 






「生活水準」という言葉がありますが。
それは「清潔水準」と とてもよく似ているな、と思うことがあります。

「その国の生活水準を知るにはトイレの清潔さを見よ」というのは、
本当にそうなのだろうと思う。

「その国」を「その家」に。
「トイレ」を「玄関」に、「部屋」に、「キッチン」に置き換えても、
きっとそうなんだろうと思う。







一番最後。 水気を拭き取って乾燥させる前に・・・ アルコールを噴射。
トイレもそうしています。 水を流すレバーやドアノブ、手の触れるところは全て除菌。



 *****************************************



相手が 「見えないウイルス」ならば。
わたしも「見えない結界」で 臨もう。

清潔の結界を張ろう。

個人の力でできることは、こんなちっぽけなことばかりです。

入国制限や入国規制で国を守る!なんて、どう頑張ったってできないのだから。

ならば。 うちを守ろう。

自分の家の中だけでも、精一杯守ろう。

玄関は、外界と家庭を結ぶ・・・ 唯一の通用門だ。 


もはや手遅れなほどに広がりきってしまったウイルスですが、
それを運んでいるのは やはり「人」で、
この家に入ってくるのなら「玄関から」なのです。

玄関掃除には、自ずと力がこもります。

外にいる間に感染してしまうリスクの方が圧倒的に高いのだから
こんなことをしたって意味などないのかもしれない。


けれど わたしは、掃除する! 

「潔癖」の名にかけて!  










お金持ちの感覚と 潔癖の感覚は共通してる。


そんな嬉しいことを知ってしまったのなら・・・なおさら!

今こそ「潔癖」の本領発揮だ! 

めんどくさい、とか 無駄だ、なんて思わずに。

外出自粛のおかげで・・・ 時間はほら、こんなにもたっぷりとある。


不平不満が出そうになったら・・・掃除しよう!明るく掃除しよう!


わたしにできることをやろう!  って。


毎朝、ここに立ち、そう思うのです。









                                    おわり







今日もお読みくださって、ありがとう ( ´▽`)ノ

↓ まるで「結界」が見えるようだよ!のポチッと、ありがとう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

3密対策。すずひ家は、家族同士でもなるだけ密集しないよう気をつけています。
なるだけ散らばって、よそよそしく過ごしています(笑)

私は元気だよ!と知らせてくださるような読者さまのクリックに毎日励まされています。
みなさんと一緒に、1日1日乗り越えたいです。 
どうかご無事でいてほしいです。











最終更新日  2020.04.06 15:28:31
2019.04.18
ご飯茶碗が、割れました。
年明けすぐに、まず3個のうちの1個に ヒビが入ってしまいました。

ミニマリストですから、すぐには買いません。

せっかくなので、「ご飯茶碗2個」の生活を 3ヶ月 試してみましたところ・・・

マジ 不自由でした。 (3人揃ってご飯食べる家だからね・・・)


今月初めに、酷使した もう1個にもヒビが入ったところで ついに観念し、
ご飯のお茶碗を、3個 買い直しました。
我が家のご飯茶碗は、ずっと「ニトリ」の199円、とかでした。
こんな良いお茶碗買うの、実は初めてです。 嬉しいです!





すずひ家は「M」のサイズ。 ちょうどいいサイズ。 おとーさんは、3杯召し上がります。






 ↓ おかわりが面倒だ!というMEN'S の場合には「M」「L」の夫婦セットがいいのかな?



↓ ご飯はもちろん「新潟こしいぶき」。美味しすぎる。 もうスーパーのお米には戻れない!






さて。 今日は「カトラリー」の話、です。

カトラリーの収納って、みなさま、どうされてますか?

寝せていますか? 立てていますか?   すずひ家は「立てる派」です。








我が家の「カトラリー収納」を 一手に任されておりますのは ご存知、この「EATジャー」。









すずひ家でいま現在生き残っている、貴重な「100均商品」のひとつ、です。
かれこれ6年越えて使っていますから・・・すごいです! 丈夫です! 
「使い捨て」「消耗品」・・・そんな軽い気持ちで、
しかもミニマリストを目指す以前に、なんの考えもなしに100円で買ったものであっても、
こんな風に大きく期待を超えて活躍してくれるものがあることは なんだかとても嬉しいこと。

安くても ぜんぜん割れないものもある。 安くても良いものは、確かにちゃんとある。 
この「EATジャー」は、「すずひ、それを知れ。謙虚であれ。」と、わたしに語りかけます。





EATジャーの奥には、サブのジャーです。 今は「A」が 役目を担っていますよ。






カトラリーをこの「ジャーに立てるシステム」にする以前は、
ずらずらずらーっと寝かせて収納していました。 その方法しか思いつかなかったから。
実家もずっとそうでしたし、お店でもたいていそんな感じに寝そべって陳列されているので、
そのままの流れで、そういうものなんだ、という感じで 寝かせていました。

カトラリーを整理するための仕切りのついたトレーって 生活必需品だと思っていましたし、
浅い引き出しにそのトレーを設置して、カトラリーをずらずらーっと寝かせる。
日本って、そういう決まりなんでしよ? と(笑)



< ずらずらーっと、の イメージ図 >





ずいぶんと悪意に満ち満ちた広げ方(笑)ですね。
こんな風に平たく並べて収めておられる方は 流石にいらっしゃらないと思いますが・・・
カトラリーって、寝せてると、こんな感じで引き出しを、丸っと1段占領しちゃうんですよね。
たくさん引き出しのあるキッチンならば全然問題ないと思いますが、すずひ家におきましては 
「おまえらスペース取りすぎだろっ!」 と 怒りが生じます。






このようなケースに並べたとしても、 せいぜいこんな感じ。 







まあまあの 面積だね。 (この写真のおかげで「A」の漂白の必要に気づきました・笑)



ところが、ジャーに立てちゃうとね、この面積!  一気にコンパクト! 
立て!  立つんだ!  スプーン! フォーク! そして 箸っ!!






                                  (航空写真的・笑)


家族が何人であろうとも、
このまま食卓に、とん、と 出せる。 1往復。  ほぼ1秒。

「慌てて配膳をする」ということはあまりしないので(余裕もって準備するのが好きなので)
それぞれの席のお手元に セッティングすることの方が 実際には多いのですが、

それでも、いざという時には 全員分を1秒で食卓に出せるこの感じが、好き。
人数が増えようとも、1秒。 この 各自でどうぞ!の「食堂感」が、好き。



一方、キッチンツール類は ジャーに立てることを わたしは好みませんでした。

あたまでっかちなものが多く、
調理中に何かを取り出そうとするたび 他のも一緒についてきちゃったりして。








もうずっと「吊るす」収納。 扉の中なら油煙もかぶりません。 いつもキレイ。
(さっそくまねっこしてくださった方のSNSを拝見しました。素敵でした。嬉しかった!)


オーブン(電子)レンジはよく使うから、と、
結婚当初、迷わずスチール製のレンジラックを購入しましたけど・・・
実際、1日の中で電子レンジ使う時間って「2分を2回」 とか、「1分を3回」とか、
我が家って 昔っからそんな感じで。 稼働時間全部足しても10分以下、って状態で。

お菓子焼いたりする頃は もうちょっと長時間な日もありましたけれどね。

1日たった10分しか稼働してないじゃん。 あなた、23時間50分 休んでるの!? と。

それで、格納(笑)

キッチンにおける「出しっ放し家電」は・・・ 今や、冷蔵庫だけ、です ( ´▽`)



レンジラックのある頃も、キレイだったのは 初めのうちだけ。
すぐに油煙をかぶり、しかもどうしても雑多に見えるから、見た目のための無駄な出費がかさむ。

ラックの棚板が1段空いてると ル・クルーゼとか並べたくなっちゃったり。
BURUNOとかの おしゃれなホットプレート買いたくなっちゃったり。

今はがらーん を楽しめますが、昔は空きスペースには「危機」を感じてました。
空いてる!! 何かを買ってきてここに置かないと! 飾らないと! 埋め尽くさないと!と。


棚の隙間が、心の隙間だった。


今は。

「棚の余裕」が「心の余裕」に感じられるのですから。我がことながら 驚きを禁じえません。


目の前のおなじ現象の捉え方が 変わる。   世界の見え方が 変わる。 


そういう変化。 嬉しい変化。


これもまた、「ミニマルな暮らしが続く理由」のひとつ・・・ なのでしょうね ( ´▽`)





                                     おわり




食器棚の「食器がおさまったようす」がなぜ書籍に掲載されなかったのか、実は、謎なの。
食器棚の中、ものすごくたくさん激写してくださっていたのに、なー ヽ(;▽;)ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村


今日はパネルヒーターを片付けます! ようやく春らしい ぽかぽかな お日和。
令和の始まりが近づいて参りました。暮らしを整え、気持ちの良いスタートを迎えたいですね!

今日もお読みくださり、ありがとう。 花粉、どう?すずひは あともう一息よ ヽ(;▽;)ノ





↓ いま、読んでみたい1冊。
  家具も食器も10分の1にして、小さな暮らしへダウンサイジング。
  モノにあふれた大きな家に別れを告げ、しがらみのない土地ではじめた、新しい生活。



  思い切って環境をリセット!普通に暮らしてきた夫婦の、お金をかけないセカンドライフ  「衣・食・住」を紹介! だそうです ( ´▽`)ノ


なんて素敵なご夫婦 (*゚∀゚*)!
50代すっ飛ばし、「60代シニアのライフ」に 近ごろ興味が尽きません。
このくらい先の人生に照準持ってゆくと、なんか、小さなことがいちいち気にならなくなるね!











最終更新日  2019.04.18 17:23:35
2018.07.09
暮らしの中で。
気になっていたり、ツラかった「見た目」が改善されるのって、嬉しいことですね。






このラベル、ちょっといいでしょう? ラベルのお話は・・・後半に! 


賃貸住宅に住んでいて思うことは・・・

入居の際は、「家賃」や「間取り」「立地」だけを気にするのではでなく・・・
入居者を大切にしてくれる、しっかりとした管理会社の物件を選ぶことは、とても大切な事です。
共用部のメンテナンスや 室内の修繕。 何年住んでいても、きちんと対応して貰えること。
ここにこんなに長く住んでこられたのは ひとえに そういったきめ細かな修繕サービスに支えられての賜物、だったように思います。

ウチの23年目のキッチンの ・・・
排水ホースとシンク下収納の底板張替え工事が、先日、ようやく完了しました。





シンク下、空っぽにして・・・業者さんを待機! 準備、1分30秒でした (笑)





グラグラになっていた扉の蝶番の取り替え、という、一見超簡単そうな作業に、意外にも最も時間を要し、途中、作業の大幅な足止めをくらってしまいましたが・・・
   (シンクのモデルが古すぎて・・・蝶番の取り寄せに1ヶ月以上もかかったの・笑)


今回の、この排水ホースと底板張り替えが済めば・・・ 今回依頼した工事は 全て終了っ!
        
              ・レンジフード 取り替えの日  →
              ・洗面システム 取り替えの日  →

長らく宙ぶらりんな状態でしたので、全て終わるこの日を・・・ 待ち焦がれていました!




害虫「G」の季節本番前に たわんだ底板 替えてもらえてよかった!
隙間、コーキングしてもらえて、本当によかった!
昨年・一昨年の遭遇回数は・・・おかげさまで、ほんと、お陰様で「0」なのです。
ですから今年も、そして これからも。 永遠の「0」で あってほしいのです(;_;)

わたし、多分、太古の昔に彼らから「捕食」された経緯が、遠い潜在意識の恐怖の記憶として
刻まれているのではないかと思う(笑) だって、そのくらい強く 彼らのことを 恐れている。


けれど、めっきり遭遇しなくなった時期って・・・
ミニマリスト志して 捨てまくった、片付けまくった時期と ぴったり重なるんですよね。
スッキリがらーん にしていると、彼らにとっても きっと隠れ場所が少なくて、身の危険を感じて・・・そこまでのリスク冒してまで人間驚かす意欲が 減退するのかもしれません(笑)


絶対あれ 我々を驚かしにきてるよね! わざわざちょこっと姿見せに来るもんね (;▽;)!


そうは言っても。 どんなに恐ろしくあっても。
出くわしたその時には、果敢に戦わねばなりません。(本当に体が震えますよ・泣)
見失うことだけは なんとしてでも避けたい。 見失ったら、まじ引っ越しだわ(;_;)

けれど。 なのに。 たいていは一人ぼっちで 立ち向かわなければならないというのに。
そのための武器(殺虫スプレー)、って・・・ほんと、ひどいデザインではありませんか?


ひどいが過ぎると 思いませんか?









なんで、この色合い?  なんでここまでリアルに 怖い虫らの絵を (;_;)?



で。


このようなものを購入してみました。 殺虫剤の恐ろしき戯画を隠してくれる神ラベル、です。
しかも 超・安価 Σ(゚д゚lll)!!











MUJIから殺虫剤が出てほしい、と。 ずっとずっと願ってるけれど、出ませんね。
他のメーカーさんから シンプルなスプレー缶で発売されることなど、まず期待できません。
セブン&アイの新進気鋭の「まっ白シリーズ」も・・・さすがに殺虫剤は無理 (;_;)?


これは・・・ 期待のラベルです。 世の全ての女性を救うラベル、な気さえします。
カッティングシートなどで上手に隠しておられる方もいらっしゃるのかもしれませんが、
わたし 紙工作の類が 昔からからっきしダメでして・・・ まっすぐ切れない(笑)
折り紙とかも絶望的にだだくさ、でした。 中学生の頃、クラスで千羽鶴折った時に、
自分のスキルの低さを知りました。 みんなの鶴は 首がピン!としてて 美しかったなぁ。


これは、地味に「積年の願い」だった。  殺虫剤の「見た目」をどうにかする、ということ。
うまく行ったらならお友達にも差し上げよう!と、ちょっと多めに、余分に注文しちゃった!


ちょっと、まずはヘアスプレーを用いて イメージを掴んでみたいと思います。
これには貼らないで、くるっと巻いて・・・ どんな感じ?










ほぅ〜  (((o(*゚▽゚*)o))) ♪          

ちょっとこれ、なかなか素晴らしくないですか!?
殺虫スプレーの缶が、こんな風にシンプルになるのなら!! 





カッティングシートみたいにうっすら透けない! 変な色や怖い絵も これならOKだ!




いやあ、これ、 ほんと 日本中のご家庭に お配り申し上げたいくらい。

スプレー缶用のラベルなんて、なかなか 見かけないですから。 
スプレー缶だけは、中身の詰め替え、できませんから。
わたしが知らないだけで、100均とかには この手のラベル、普通に売っているのかな?



もう、シミュレートしたでけで大満足! で、早速こちら↓を注文し いま、到着待ちです!




実は。
ノズル(トリガー)が白い殺虫スプレー探すミッションが これまたひと苦労だったのです。
近所のドラッグストア4軒回ったけれど・・・ 全滅。 徒労に終わったわ。
トリガー部分って、「赤」とか「緑」とか「青」ばっか。 ことごとく、そんなのばっか。
今うちにあるのも、やはり「赤」です。 ← これはもうベランダ用に放り出す予定だ。


まあ、目的が「殺虫」ですからね・・・  虫ヲ殺ス! な 訳ですからね・・・
あまりにもそう見えないような美しい商品では 何か国の基準等に引っかかるのでしょう。
見た目にも いかにも毒々しい、おどろおどろしい危機感や「殺意」が必要なのでしょうね。
ラベルで隠すと、怖い絵が隠せますが、同時に「注意書き」なども隠れてしまいます。
ですから自己責任で、家族にも通達した上で、慎重に貼る必要があるのは確かだと思います。


この「ダブルジェットプレミア」は、普通のよりもちょっとだけお高いけれど、用途が広い。
殺虫剤を何種類も用意しなくても、家庭でやっつけたい基本害虫を網羅してくれてる。

すなわち! これ1本で 戦える!  ミニマル戦士!

ダブルジェットで、効果も3倍! なんと頼もしい! 早く届いて欲しいです (*゚∀゚*)ノ




さて。 



まっ白キレイになったシンク下に・・・もう すっかり恒例の がらーん 収納。







こんなにキレイにしてもらって・・・ 管理会社さん、大家さん、ありがとう ヽ(;▽;)ノ



我が家にある MUJIファイルボックスの総数は 現在5個です。 そのうちの1〜4がここ。







1)洗剤系 2)調味料 3)鍋ぶた・すりおろし器 4)オイル系 です。







ファイルボックス収納の一番の魅力。 それは。
見た目ももちろん好きですが。 それよりも何よりも、「手前に引き出せるようになる」こと。
引き出し無きところを、あたかも引き出しのように使うことができるようになる。
そこが特に素晴らしいのです。 ボトルが横っ倒しにならないのも良いですね。

齢50も近くなってまいりますと、肩が、ね。 肩の「可動範囲」が小さくなってきます。
立ったまま奥のもの取ろうとする動きは、実は 肩に とても負担が大きい。
わたしだけでしょうか ?(;_;)

統一感云々よりも、とにかく 奥にあるものが手前に一瞬で「引き出せる」こと。
その快適さに、日々、助けられています。


ちなみに。


引き出す時は「手」なのですが・・・
押し込む時は 実は、3回に1回は「足」です。 てか、蹴って押す(笑) ← 楽なのよ。

足蹴にしてもOK(笑)な 強くて頑丈で素敵な「MUJI ファイルボックス」ですが・・・

            この足ぐせと、お行儀の悪さを、いい加減、治したい。






                                     おわり








フライパンは。 「上半期」「下半期」で 買い替える、というシステムにしました。
我が家の使用頻度ですと・・・半年で、テフロンがほぼ剥げる、というリズムを掴んだので!


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

まだ下ろしたて! 底もピカピカ! いつまで保てるか・・・頑張りたいです!
皆さまは殺虫スプレーの缶の戯画・・・平気ですか? わたしはずっとツラかった (;_;)

今日もここへお越しくださって。 最後までお読みくださって、読者さま、ありがとう。






最終更新日  2018.07.09 10:28:14
2018.05.19
DIYは大好きで。 かつては色々なものを しょっちゅう こしらえていました。

ミニマリストを志し、このブログを始めて以降のDIYは・・・
長らく「壊す」ほうの。捨てるために解体するほうのDIYだけ、となってしまっていましたが。


本日は、だから すずひのブログ初!! 「作る方」の日記です!


なぜまたそんな意欲が湧き出てきてしまったのかと申しますれば。



これです。 頼んでいた「めっちゃかっこいい工具」が 届いたからです (*゚▽゚*) ♪




もう、このまま飾っておきたいビジュアルですよ。 この小さなボックスの中に工具!?



電動工具を持っていたいタイプ、なのが すずひです。
工具は、時々しか使わなくても、やはり必要だ、ないと困る、と感じるものの一つです。
以前の電動ドライバーが壊れ、数年前、IKEA のこの「fixa」に買い買えたその理由は、
白いケースに収納できるところを気に入って、のことでした。(ケース好きだった頃に買った)




ところが。 

届いてみると、この「オレンジ色」が やたらと気になる。
パリパリの中枠を捨てれば済む気がしていたのだが、スイッチの色が、地味に しんどい。






ね(笑) わたしは「オレンジ色」を 好まない人間なのだ、ということを まさかの失念。
そして 別に ここまでパワフルである必要も全くなかったことにも 気づく。
買ってすぐ「色々と間違えた」ということに 気づいたのでした。

これを買った頃は、まだそういう「モノの買い方」しかできない頃だった。
よく考えずに、すぐ買う。  平気で失敗を繰り返す。 服でも、モノでも、なんでも。


もう 今は、そして今後も そんな大したDIYをすることはないでしょうし、
ここ最近使ったのだって 1年半前に 食器棚を解体したとき が 最後でしたし、
電動工具は、ちょっと木ネジを締めたり緩めたりできれば、これからは、それで十分なのです。

IKEAへの憧れが強すぎて。 色々と盲目となり、買ってしまった、4〜5年前の すずひ。




で。 この度 ようやく 嬉しく買い替えたのです。








いやはや この小ささ!  まるでランチボックスサイズ!  

           本当にこの中に 電動ドライバーセットの一式が!?







オープンです。 この通り、です。  もう、しびれました。
もう、芸術的プロダクトだな。  この感じ たまらないな。  本気の愛を注げるな。
申し分なき この、ミニマル具合 & メカニックな、ロボ的な感じ  (;_;)














本体の大きさも重さも ぜんぜん違う。 もう、工具は これさえあればいいー ヾ(;_;)ノ








納戸を改造したときに2個余って、けれど まさかの捨てずに持っていた 棚受け金具。

これを使って、久々の、超・久々の DIY です!! 

わーい。「棚」つけるぞ!!  すずひのくせに、今日は、モノ 増やしちゃうぞ!!! 



この 殺風景な壁面に。

ちょっとだけ アクセントをもたせたいなあ、と こないだから考えていました。











白く塗った 50cmの板。 棚受け金具2個。 材料、それだけ。




すぐ完成 (笑)



食器としては使わなくなった DESIGN LETTERS の「A」のカップを、ちょこん。

期せずして。 Arne Jacobsen の シンプルなコーナーが 完成しました。










カップ、ど真ん中に置くよりも。 ちょっと端っこにずらした方が、いいですね ( ´▽`) ♪











そうだ、クリスマスには、ここに「山帰来」か「ヒイラギ」をひと枝。
そして、お正月には。大掃除の後、赤い実もたわわな「千両」を飾ろう。(この気の早さ・笑)

いやいや 気は早くない。 
来月になれば、2018年も まもなく 折り返し。 正月なんてね、すぐ来るよ。

今の季節なら。  小さな紫陽花とか。 
できれば ユーカリとか。 または ローズマリーかミントの葉っぱでもあれば 
香りの良い 洒落た「グリーン」など ちょっと ひと枝 あしらいたいところだけれど・・・



今日も ウチには 葱 しかなかったです。  あと、きゅうりとブロッコリー・・・ (小声)






                                     おわり






「E」のカップは割れてしまったけれど。「T」のカップは 冷蔵庫内で現役活躍中。
コーヒーフレッシュとガムシロップを 入れています。 そのままテーブルに出せて、便利!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

「何にもなさすぎる」のは苦手という方とも ちょっと仲良くできそうな、最近のすずひ(笑)
今日もここへいらして下さった読者さま、ありがとう。みなさま どうぞ 佳い週末を ( ´▽`)ノ






最終更新日  2018.05.19 10:44:14
2018.04.26
2022年の完成予定。 愛知県に「ジブリパーク」が! 造られるのだそうです!
5つのエリアに分かれているそうで
魔女(ハウル・キキ)のエリア、と、トトロの森のエリアと、もののけの里エリアと・・・
もののけエリアには「タタラ場」が再現されるんですって (*゚▽゚*)

あと2つのエリアは忘れました。
なぜなら、「風の谷エリア」が予定されていないことに・・・ すずひは 絶望したからです。

あの大きな風車だとか、巨神兵の化石の展望台とか、登って遊べる王蟲とか、
赤ちゃん王蟲をこっそり隠していた 穴のあいた木、とか・・・
ガンシップやメーヴェのアトラクションとか、絶対に 絶対に作るべきですー ヾ(;_;)ノ

そして、グッズとしては テト(キツネリス)の実寸大ぬいぐるみは絶対ですし、蟲笛も必須。
青き衣のバスタオルポンチョがあれば、すずひは 買う。 飛行帽も欲しい。
そして テトを肩に乗っけて蟲笛を首にかけ 金色の草原を散策する!
傷ついたウシアブの前で、蟲笛をヒュンヒュンと回し・・・「大丈夫、飛べるわ!」と空高く
放り投げる、あれを どうかあのシーンを わたしにやらせてくれーっ!!


「ジブリパーク」は、あの サグラダ・ファミリア のように・・・「永遠に完成しない」ことをコンセプトとしているそうです。 ずっと、永遠に作り続けるのだそうです。

だから! 

オープン時の予定はこの5つのエリアだけれど、やがてどんどん永遠に増築?改築?されてゆくのだそう。 その中で、「風の谷エリア」も いつか出現してくれるかもしれない!

その時には すずひ すでに還暦迎えているかもしれませんが。 行きます。 行きますとも。

わたしは・・・・わたしは、ナウシカ。 わたしが 永遠のナウシカだ!! だっ!!!






さて。






少し前。 

それまで冷蔵庫の中段の奥に置いていた「粉・砂糖類」のケースを、
「ドアポケット」中段、に 移動させたんです。

      








そしたら。 そしたらね、その使い勝手がね、 おっそろしく快適で (*゚▽゚*)ノ



今までは。 
買い出し直後など、冷蔵庫がパンパンな時。
手前に詰めた食品のせいで 奥にある粉類が一時的に取り出しにくくなり・・・
下ごしらえや調理中に、たいそうイライラすることがありました。


今、今 片栗粉が欲しいのに! 小麦粉が欲しいのに!!
あれこれどけないと、取り出せない。  くっ!出しにくい ( *`ω´)!! って。

        ※ まだ 中段の奥におさめていた時の冷蔵庫の様子は こちら →



で。 試験的にドアポケットにそれらのケースを ちょっと移してみたのです。

その途端・・・  サッと取れる。








どんなに買い出し直後でも。 
週に1度の買い出しで、どんなに冷蔵庫がパンパンに詰まっていたとしても。
庫内でまったく影響を受けない 静寂の場所。  それが「ドアポケット」。


サッと取れる。


すると。 ただそれだけで。 めっちゃ 平和なのです。 我が心。


ああ、買出しの後 いつもこれを取り出しにくかったこと、こんなにストレスだったんだ。
パンパンの冷蔵庫が がらーん になるまでの数日間のことだけれど。  嫌だったんだなあ。



平和はね ・・・ 大切なことです。 「おかーさんの心の平和」。
世界平和・宇宙平和の最小単位。 それは「家庭平和」。 
おかーさんの心理状態が、家庭の雰囲気を大きく左右するのは、周知の事実。



ならば! ここはひとつ 宇宙の平和のためにも! ← ウソつけ

すぐに使いたい、そういう「粉系統」のものを、ドアポケットに集結させてしまおう、と。







ここには 絶対に「卵」です。 そういう規則です。  と 長年思い込んできたけれど。
長きにわたり、これまでずっと冷蔵庫側の言いなりになって来たけれど。
卵こそ・・・  別に奥でもいいんじゃない!?!?   卵は、そんなに急を要さない。



そして。 穴ぽこの卵置き場に1個1個 うやうやしく陳列しなくても・・・
こんな風に、ガサッと盛っちゃえばいいんじゃない?







ああ、これで十分だ。 卵はドアポケット、という思い込みは もう捨ててしまおう。
卵の真下に牛乳パックの「口」があることにも、なんとなくずっと不衛生に思っていました。



お気に入りの、sarasa design のケースを、だから あと3個 追加して。












お弁当によく使う「天ぷら粉」や「鶏ガラスープの顆粒」、そして「だしパック」など・・・
冷蔵庫の中に、これまで袋のまま適当に保存していたそれらも これからは ドアポケットに。


あああああ・・・楽しい!  なんなんだこれは。 この楽しさは、一体なんなんだ!!

元来、わたくしすずひは こういう「美化作業」が 3度の飯よりも好きなのです。
寝食忘れて・・・ 自らが納得するところ、気に入るところまで没頭する性分、なのです。

ちょっと、これ いかがでしょう。 冷蔵庫美収納の先輩のみなさま、先駆者のみなさま!


 初めての挑戦にしては、なかなか美しくないですか (;_;) ?










普段、自分と家族しか見ない場所ですし、
冷蔵庫内を美しく、「映え」るようにすることに対し、あまり興味がなかったんだけれど・・・


なんか。 ハマる、夢中になってしまう気持ち・・・ ちょっと分かる気がしました。


これは・・・ 映えるわ。

あのね、インスタ映え、とか SNS映え とか そうではなくて、そういう以前に・・・



  個人的に。  そう「自分の心」に・・・ ものすごく 映える。 


ここを見るたび、冷蔵庫開けるたび・・・ 嬉しくなる。 気持ちが パッと華やぐ。





だしパックはホワイト缶に移動。粉類を充実・優先させました。いやはや、なんと楽しき!








冷蔵庫の中がキレイな人って、絶対、もう 家の中やバッグの中、収納の中など、
そういうところは あっちもこっちも すでに当たり前に、常に整っているのに違いない。


きっと、もう することが、整えるべきところがなくなっちゃったのだろう。

でも、歩みを止めたくない。まだ何かしたい。 それで、最後に・・・ラスボス「冷蔵庫」。  

究極の、集大成としての「フォトジェニック冷蔵庫収納」に、行き着くのではないのかしら。




だって。 よくよく考えたら。  どこを整えるよりも「難しい」気がする。

入っているもの、おさめるものが 毎回決まったものではなく、その時その時で、量も形も違うでしょう?
その都度、創意工夫が必要なわけでしょう?  それって、ものすごい創造性にあふれてる。


毎回同じじゃない、流動的ってところが、 他の場所の収納と 決定的に異なるところ。


「創造的・流動的 冷蔵庫収納」か・・・ 


頭の体操がわりに・・・ちょっと取り組んでみるのも いいかもしれないな ( ´▽`)
もう、最近ほんと物忘れひどいし、いろんなこと 全っ然 覚えていられないから・・・
今から少しずつ楽しみながら。「やりすぎ美化」で 自らの首を絞めることにならない程度に。

「風の谷エリア」が出現するその日まで、しっかりしていたいから・・・
「脳トレ」(笑)代わりのつもりで・・・ ちょっと 継続して取り組んでみよう、かな!?





                                     おわり





        *** すずひ 良品週間お買い物速報 ***

今回の10% OFF では、こちらを購入します ( ´▽`)
今使っている他社製品は6年もちました。ステンレスだから錆びないけれど、ピンチの強度が
もう終わってる。靴下が落ちる。末期(笑) MUJIのを使うのは、実は初めて。楽しみです!


オールステンレス角型ハンガー・大/約56.5×35.5cm・ピンチ28個付
















ちなみに。 冷蔵庫、今回キレイにしたのは ドアポケットの上2段だけ、ですっ!キリッ!
ボトル類の立ってるところは・・・まだ 全っ然はちゃめちゃ生活感のまま、だよっ (*゚▽゚)ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

ナウシカ愛を熱く語ってしまいました。大ババさまの実寸大ぬいぐるみも、必要じゃない!?
毎日、楽しみにここを訪れてくださる読者さま、ありがとう。今日は更新できました ( ´▽`)ノ






最終更新日  2018.04.26 10:06:17
2018.04.23
洗面台の、下の収納の扉が。 23年間使ってまいりました扉が。
いわゆる「合板」の集積材のような材質の扉だったのですが・・・砕けて(!)きたのです。

掃除しても。 パラパラと。 木屑が床に落ちる。 踏むと、地味に痛い(泣)
もう、これも、充分 こちらから、入居者から修繕を要請していいレベルだ。 
管理の方に、その現状を・・・あるがままの状態を検証していただきました。


「これはいけませんね!そっくり取り替えましょう。」 即断で おっしゃって下さいました。


 あゝ 賃貸住宅 ばんざい!  ばんざーい  ヾ(;_;)ノ !!



そして。 待つこと1週間。 2日前・・・晴れて設置完了!
  
し・・・・白い。  なにこの白さ。  白さが・・・眩しいよっ ヾ( ;∀;)ノ







時間を少々 巻き戻します。

約束の朝10時。 真新しい、まっしろ洗面ドレッサーが搬入されようとしています。
何にもない玄関だから。 何にもない通路だから。
洗濯機の買い替え時同様、業者さんは、楽々搬入。障害物がないから、とにかく作業が早い。
そういうところも、ミニマリズムの賜物。 







スムーズに、短時間で作業が済むことは・・・業者さんだけでなく、わたしにも、嬉しいこと。
入居して以来。 こんな景色を見るのは初めてだから なんだかとても新鮮な眺めです。 


とても優しい、一生懸命な業者さんでした。 そこが いちばん嬉しかったな。







わー。 ああ、白っていう色は、本来こんなに白く、そして清潔で美しいのね。
なんてったって「旧」のボロっこさが すごかったですからー(笑)


搬出に伴って。
「旧」の洗面台・収納に収められていたものを、すべて出しました。 まさに「全出し」です。
洗面台収納を全出しするのは・・・そういえば、とても久しぶりのことです。







おおっ・・・・・!?

これ。なかなか結構な「物量」ですよ! はっきり言って「非ミニマル」なストック量ですよ!







鏡の周りの・・・ 普段から表に出ているものの数は少なかったのだけれど。
下の収納部分に収められていた、いわゆる「ストック」が・・・ 意外とたくさんあります。




これを。 新しい洗面台収納に収めます。 願わくば、前よりも より美しく(笑)
スペースや配管の位置が変わりましたから・・・ 全く同じようには収められません。
ちょっと 変更や工夫が必要です。  


ああ、こういうことに アタマ使うのも 久しぶり! 
すずひの「美収納魂」の焼け木杭に・・ 久々に 火がつく!  なんか、高まる!







収めました!  無理なくキレイに収まりました。






旧時代、横に並べていた「NO STRIPES, ボックス」。3階建てに積むかっこうとなりました。
横に並べようとすると、ちょっと配管とぶつかったためです。
一番よく使う「おとーさんヒゲ関係グッズ」の入ったボックスを 1番上に。 最上階に。


このボックスね。 中身を寄せれば・・・ 実はこの通り 本当は1個 減らせるのです。






入れるものがなくなって、収納ボックスを捨てられる!!という 有名な、アレです。
モノが減ったことの証!ミニマリスト界隈においては・・・興奮の生業「収納ボックス捨て」!


けれど。すずひ 今回は捨てませんでした。ちょっと迷いましたけれど、思い止まりました。
中身、ゆったりがらーん と おさめて「3階建て」。 その方が、今の物量には使いやすい。


けれど。  せっかくこうしてブログの記事に書くのなら。
またもう1個 収納ボックス捨てましたーっ!の方が 盛り上がったかな ( ´▽`)!?
捨てない理由には このボックスそのものを「気に入っている」ということも実はあります。
捨ての初期の頃は、家中至る所に、愛着もない、統一感も何もない しょうもないボックスだらけでしたので・・・それで 未練なく捨てられたんですね。




いつの日か 本当に中身がなくなって。
一点の迷いもなく不要だと感じる時が来たなら、その時に これを手放そうと思います。
うっかり早まらないように。やっぱり必要だった!ってなって 買い直さなくていいように。

どんな買い直しよりも、いわゆる「収納ボックス」の買い直しが・・・ 
すずひとっては、一番悔しく、虚しく・・・耐え難く勿体ないことのような気がするの。

何でも捨てる「捨て鬼」も。3年経って。 丸く、そして 少々 まともに? なりました(笑)







はい、完成です ( ´∀`) ノ 


鏡周りの収納スペースが。 意外や意外、「旧」よりも 面積的に少なくなってしまって。
ああでもない、こうでもない。これはこっちにあった方がいい。いいや、こっちか!? と、
意外に悪戦苦闘。 思ってたよりも時間かかった (^_^;)





とりあえず、定位置を仮決定。 必要なもの、すべて設置することができました ヾ( ´▽`)ノ





さて。




洗面台が真っ白になったらね・・・

なんか、ちょっと今までは全く関心がなかった「冷蔵庫収納」に対しても、ちょっとだけ
見直したいような気持ちが 湧き出てきてしまった。 むくむくと。










「火のついた焼け木杭」の 延焼、ってやつですよ。 なかなかタチが悪いやつですよ(笑)

 ちょっと気になる そのお話は・・・ また 次の機会に ( ´∀`)ノ





                                    おわり






画像もりもり11枚でお送りしました(笑) 画像容量無制限・楽天ブログ万歳 ヾ( ´▽`)ノ
まっしろ収納をお好きな読者さまに、楽しんでご覧いただけたら・・・とても うれしいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

わたしは意外とストック多めなミニマリスト。ちょこちょこ買いに行くのが 嫌なのよー(笑)
更新が減ってからも、こうして変わらずここに来てくださる読者さま・・・本当に ありがとう。






最終更新日  2018.04.23 09:27:05
2018.04.21
クリーニングに出していたコートが戻って来たなら。 これをしたいと思っていました。
      ※ すずひ家のクリーニング、そしてクリーニングバッグのお話は、こちら →

服、11着の世界。 オールシーズン これで全て。 
今現在 わたしの所有する「11着の服」の全てを ここに 掛ける。



これが、そうです。

お天気の良い日に撮影しようと・・・ 楽しみにしていました。








手持ちの服すべて、が 此処にある、ということの 安心。

たとえば、セーターはどっか別の引き出しの中に。 真夏の衣類はクローゼットの奥に。
そんな風に、家の中のあちらこちらに自分の服が分散・点在していた頃を、思い出す。
そのせいで把握しきれなかった頃の・・・漠然とした不安、そしてストレスを、思い出す。

たかが自分の服ごときのこと、なのに。 それを把握できていないなんて。
自分の買った服を、覚えていないなんて。 自分の持ち物を、把握していないなんて。




そういうことの一切ない状態。  全部がここに、わたしの目の前にある。 

あれ? あの服どこにしまったっけ!? なんて、 そんなセリフとは無縁の暮らし。

想像してみてください。  ちょっといいな、って お感じになりませんか  ( ´▽`) ?








    ※ わたしの服 全11着の一覧はこちら、です ↓
    https://plaza.rakuten.co.jp/0212minimalist/diary/201801070000/




いいえ、全く感じませんね。   いいな、とか 感じるわけないだろ。
服が、私はいっぱい欲しいんだ!「ここからここまで全部くださーい買い」が、夢なんだ!


そうお思いになられる方のほうが・・・ やっぱり大多数なのかな。 
そりゃそうだよな。 だってわたしも、ほんの数年前までは、はっきりと そう思っていた。

着る服に迷うのは、服が足りないからだっ! って。
出かける前に悩むのは、アイテム数が、バリエーションが 不足しているからだっ! って。

もっと もっと 買わなければ。様々なテイストのものを、沢山買い集めなければ。 って。



その考えは・・・なんと 反対だった。 「真逆」だったんだよ ( ´∀`)ノ






ここに。手持ちのどのボトムスを持ってきても大丈夫。 その安心感って、計り知れない。




ここまで絞るのは。 簡単なことではありませんでした。
間違ったりもしたし、迷ったし、減らしながらの買い直しもしたし、結構お金も、かかった。


でも。  それでも。


どんどん増やしたくて アホのように散財していた時と比べたら、全然。

しょうもないものや 安物や どうでもいいものを 何着も買うお金、というのは・・・ 

「ちゃんとしたもの1着」の予算を、知らぬうちに、あっさりと 上回るのです。

服の日記を書くときは、いつもそれを思ってる。
それに気づいて欲しくて、いつもそれを読者さまに伝えたくて、服の日記を書いています。


わたしのような 悲しい散財を・・・ もう どうか、誰にもして欲しくないから。




春は、このコーディネイトが一番好きです。 グレーのパンプスを合わせて。



家族と暮らしているから。
わたしのうちには「クローゼット」「たんす」が あります。 存在しています。

けれど。 これ、わたし1人だったなら。  もう、完全に、要らない。


もう、「たんす」とか「収納」とか・・・そういう次元を わたしは 本当に 突き抜けた。


クローゼットは 端から端まで ぱんぱんで。 向こうの壁が見えなくて。
ハンガーにかけ、バーに吊るしてるんだけれど、
バーなんてなくても服が落ちないくらい、きっちきちの、隙間なしの、ぱんぱんで。

それなのに、それとは別の3段・4段の衣装ケースもあって。そっちも負けじと ぱんぱんで。
引き出しが歪んで スムーズな開閉ができなくて。奥の方に何が詰まってるのか、常に謎で。

防虫剤も、たくさん要って。  タンスにゴンとか、ムシューダとか、たくさん買って。

それなのに。 そんなに沢山服があるのに。 いつも「足らない」気がしていて。
季節の変わり目や、出かける日の朝。 着るモノが何にもない!! と 焦って。

そして、また 買って。  買って。 買って。


その全てが・・・・  泣きたくなるほど ストレスだった。




次の「金属の日」、この最後の4連ハンガーを捨てます。四半世紀のお付き合い、ありがとね。




ここにある服が、全て。


この 言葉にできないくらいの安心感を、伝えたい。わたしのブログの読者さま すべての方に。



夏には 念願の・・・目星をつけてる「白シャツ」に 満を持して 挑戦してみようか。
冬には 今度こそ 失敗のない 厚めのタートルを1枚。 できれば 憧れの「カシミヤ」で。

そんな風に、少しづつ循環させる。お買い物の楽しみを放棄している訳では 決してないのです。


もともとは。 もう服のことを考えるのが苦しくて、嫌で・・・ それで 数を減らした。
ところが。 こうして 「適正最低数」にたどり着き、落ち着いた途端・・・

折に触れて、そして 積極的に 「服」について 考えるようになった。

むしろ。昔よりも、うんと真剣に考えている。 わたしらしい「服の持ち方」を。


けれどもね。  違うのは。

その 考えたり 悩んだりすることが、もう あの頃みたいに「ストレス」じゃ、ない。


服が少なくなった今・・・・それは、とっても贅沢な、不思議な感じの「楽しい悩み」。


わたしの暮らしに於いて。  


服にまつわるストレスは・・・ついに「ゼロ」に。 そう。「何にもない」に なりました。





                                    おわり






無印良品週間が始まりましたね! 今回は・・・すずひ 1品だけ、買う予定です!
そのお話は また・・・ 次の機会に。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

昨日は まるで「初夏」の日和。見上げた新緑のあまりの美しさに、思わず写真を撮りました。
すずひの少ない服の話。 読みにいらして下さった読者さま・・・今日も、 ありがとう ( ´▽`)ノ






最終更新日  2018.04.21 09:01:18
2018.03.27
すずひ家の「お天気担当」。 
我が家の小さな気象台・私設お天気予報士(笑)ミニマリストおとーさんの発表によりますと。

今週の半ばには、気温が24〜25℃ にまでなるよな 初夏のようなお日和があるのだそう。


そうとなれば!  もう 本格的に 片付けだ!!!



冬物の一時掛けに大活躍だった IKEA の傑作 「MULIG」。






わおわお、見て!こんなことになっちゃった!! 目の保養。しびれる景色。 がらーん具合。




冬物クリーニングの本準備。 こないだのアレは 「仮準備 & 心づもり」 の段階、でした。



けれど。


こないだの時点で。 
この冬の夫婦合わせてのクリーニング枚数「4着」つって、すずひ 大喜びしていたのですが。

なんと!  「3着」に! 
この短い期間の間に・・・ さらに1着 クリーニングに出す衣料の数が 減りました!!! 









 なぜか。


おとーさんが。 このグレーのニットの「お家クリーニング」を 承諾してくれたからです。
家で洗う方が、どれほど衣類に優しいか。 おとーさんの潔癖ニーズに合致しているか、を、
根気よく根気よく説いた結果・・・・ 「じゃあ、ニットは うちで洗う」と ( ´▽`) ノ




天気予報士の指示に従い、ものすごく晴れた日に、無事ニットのお洗濯完了!!




嬉しい「あゆみより」でした。  そう。「歩み寄り」。
  
これって、夫婦が・・・ 夫婦なんて言っても 元は赤の他人同士の大人の男女が、
一緒に暮らす上で、共同生活する上で、最も大切な心がけ、なのではないでしょうか。


「思いやり」や「家族協力」とも なにか違う。 
もしかしたら「愛情」よりも もっと効果的なのかもしれないのが 「歩み寄り」。
「夫婦愛」「家族愛」よりも、おそらくこれは もっと偉大な・・・
               もはや「人間愛」や「人類愛」、「世界平和」の範疇か(笑)


我を100%通そうとするのではなく、歩み寄る。 お互い たとえ1歩ずつであろうとも。





総数「3着」だなんて!ピーク時と比較したら焼肉1回分くらい浮きました!



では。冬物をバッグに詰めましょうね。 あとは 北海道帰りの塩息子のダウンを待つだけ。
3月の終わりの北海道は・・・ やっぱり まだ とても寒いんでしょう (;_;)?










冬物の一時掛けに大活躍だった IKEA の傑作 「MULIG」。
さあ、がらーん となったここへ、嬉しく春物を掛けましょう。 





春も、夏も、ここに掛ける「簡単収納」で、すずひ家は、まいります!




帽子のタグがついていたこの ナイロンの細いテープが・・・








MULIG の この「滑り止めポッチ」に帽子かけておくのに大変便利だ、ということに気づき、






ちょっと、試しに こうして残しておくことに。 タグだけ上手に切りました(笑)








こんなに服が少なくなったって、「衣替え」が 全くないわけではありません。
こうして あっという間の一瞬ですけれど、季節行事としての「衣替え感」を 満喫。







新しい「クリーニングお通いバッグ」は、3着納めて まだ余裕のサイズ。塩息子のダウン待ち。


わたしの 座右の銘「DO YOUR BEST」。  ベストを尽くせ。 毎日 尽くせ。


結果を残す、とか。 上手にやる、とか。 誰かと競い合って勝つ、とか。 

そういう高く厳しい目標は ただただ しんどい。 心を消耗する。 そして、老ける(笑)


だからわたしは 毎日 自分なりの「ベストを尽くす」。


それなら 誰にだって、
今日からだって 今からだって、己の決心一つで・・・ 始められますもの、ね ( ´▽`)





                                      おわり






この ごろーんウサギの寝姿は・・・ 休日のミニマリストおとーさん そのもの、です。
ほかの家族、誰1人としてソファーに座れませんが、そんな時こそ、歩み寄りましょう(笑)


 ↓ にほんブログ村・ミニマリストランキングに参加しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

読者さま、今日も最後までお読み下さり、いつもすずひに歩み寄って下さり・・・ありがとう。













最終更新日  2018.03.27 15:37:04

全18件 (18件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.