39125180 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

h+and   ~ I want to throw away ~

PR

プロフィール


すずひ hd-09

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

*** 読者のみなさまの おかげで ***



 * すずひのブログが 1冊の本に なりました *

にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ ナチュラル系へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 50代女性ファッションへ
にほんブログ村






































































楽天カード

カテゴリ

カレンダー

2022.01.17
XML
ミニマリストが買ったものは、なに?



一生使わないかもしれないのに、

要らないかもしれないのに買ったものは・・・なに?



わたしが買ったのは・・・ 








わたしが買ったのは、ものではなく、「安心」です。



 ***************************************



わかったようなことは書けないのです。

なぜならわたしは、50年の我が人生の中で、

震度3以上の地震を経験したことがありません。

豪雨や洪水で、家屋が浸水したこともありません。

「防災グッズ」を抱え、または、なにも持たぬまま、

必死の思いで恐怖の中を避難した、という経験が・・・

まだ、一度もないのです。


大きな災害が起こるたび。 

次は来る。 次は きっと ここに起こる。

そう思っていつも怖がって怯えるばかりの愛知県民。 

それが わたし。 



これまで、

恐ろしい災害を経験されたことのある方が大勢いらっしゃる一方で。

わたくしと同じような、

大人になって未だ「被災未経験者」という場合が沢山あることも、

また拭えない事実、だと思うのです。


被災経験値が「ゼロ」。


それが わたくしであり、わが家族。 

周りの友人知人も、殆どが、そうだと思います。


「被災未経験者」は、まだまだ日本には、とてもたくさんいると思うんだ。



それって、とても「怖いこと」だと思うんだ。














いつか起こるかもしれない災害から逃れることはできなくても、


闇雲に恐れるのではなく、

できる範囲での備えを見直したり、

とにかく「心構え」を持つことが、

わたしにできること、わたしの役目だと思っています。



水・電気・ガス、そして・・・ 食料。




 ***************************************




真冬だからこそ行動に移すことができた・・・ 


ミニマルな我が家における、小さな「防災の見直し」。


すごく寒くて雪の降った、ある日。


今エアコン壊れたらすごく困るなあ、と、


ブランケットにくるまりながら、ぼんやり思った。


この寒さは、たとえ室内であっても、

今のわたしには、数時間だって耐えられないだろうな、と。


それなのに。 毎日こんなに寒いのに。


わが家の暖房機器は「停電したら全滅」ということに、はっとした。


今さらながらに、ようやく、本気で気づいた (;_;)



いつか買わなくちゃ、と思いながら、

9月の防災の日には「寒さ」の実感がまるでわかなくて、

ストーブよりも、ビールを買ってしまった。


ずっとずっと後回しにしていた・・・

備えることから逃げてしまっていた・・・

カセットガスで使えるタイプの・・・小さなストーブ。









↓ 「ハイパワータイプ」もあるんですね ( ´▽`)






これを使わないで済むことを祈りながら、買う。


でも、いつ使う時が来るかもわからない、ということを ちゃんと覚悟しながら持つ。



備えること。  


これは、「モノの少ない暮らし」になってから、初めて できたこと。


モノが徹底的に少なくなって初めて、


やっと 気づくことができたこと。 



少し前に購入したバッテリーも、とてもコンパクト。









今回購入した カセットガスストーブも、こんなにコンパクト。











こんなに小さな存在なのに、

わが家にもたらされた安心感は、今・・・


とってもあたたかくて、とても、とても大きいです。



 ***************************************



たとえ主婦の気休め、だとしても。


一生使わなかったとしても。



それは誰にもわからないこと。 だから、備えない。


それは誰にもわからないこと。 だからこそ、備える。


どちらを選ぶことも、今、わたしたちにはできますね。



ふつうの時にこそ備えておくことの大切さは、

コロナ禍の、マスクやトイレロールでもしっかり学んだこと。


災害は、対ウイルスよりも、はるかに身の守りようがなく、


そして「突然」なのだと思います。



今日の日記を、お読みくださった読者さま、ありがとう。 



わが家もなにか備えよう!見直そう!って思ってくださる方が、


お一人でもいてくださることを祈りながら、


「1月17日」に。  心を込めて書きました。









                                    おわり






↓ 今日もこうしてお読みくださったことを・・・

にほんブログ村 ファッションブログ ナチュラル系へ
にほんブログ村

 ポチッと知らせてくださるあなたのお気持ちを、ありがとう りんご


小さな家でもこうして備えられるのは、暮らしを圧迫することなく収納できているのは、

ものが少ないことのおかげ。 わたしの自己満足ではなく、家族の理解と協力のおかげ。 

そう思っています。






フォローをしてくださっている たくさんの読者さんのみなさま・・・

h + and ~  I want to throw away  ~ - にほんブログ村

更新を楽しみに待っていて下さること、とてもうれしいです。 ありがとうね りんご
















最終更新日  2022.01.17 23:30:07



© Rakuten Group, Inc.