32771364 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

h+and   ~ I want to throw away ~

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

ご訪問 ありがとうございます。
しろくろ、シンプル、すくないモノで暮らす 
すずひのブログです。3人家族。ミニマリスト。

人生のさいごには、
葛籠(つづら)ひとつにおさまるだけ、の 
少ない持ちモノになっていたい。



 *** 読者のみなさまの おかげで ***

* すずひのブログが 1冊の本に なりました *


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村







































































カレンダー

カテゴリ

楽天カード

2020.11.24
XML
テーマ:暮らしを楽しむ
「どうしたら毎日掃除ができるようになりますか?」

そう聞いてもらえることがあります。



習慣だから?


まじめだから? 


強い意思があるから? 


それとも根性があるから?


どれも違うのだとわかりました。


わたしが毎日掃除をできる理由。 それは。



今日の日記の、「いちばん最後」に あります。











1年後。半年後。

かつてワニで話題になったのは「100日後」でしたね。

自分が死んでしまうなら。 というお話。

ワニくんのお話があれほどまでに人々の心を震わせたのは。

おそらく、その「死」の設定が、

「もしも」の話なのではなく、「必ず」であったから。




 ***************************************



何もそう物騒な深刻なお話、としてではなく、
そういうことって、
楽しい時であっても、そうでない時であっても、
どなたさまもが時々は
ふと考えることなのではないかな、と想像するのです。


わたしはしょっちゅう考えています。


こんな今だからこそ余計に。

仮に100日後、1年後に死ぬのだとしたら、

わたしは何をしたいか。 何をすべきか。





リースから落っこちた葉っぱと、ちょっとだけカットしたユーカリ。 小さなクリスマス。




 ***************************************



人の抱く悩みや迷いの多くは。
このままの人生がこれからもずっと永遠に続く、という
不確かな確信が大前提な場合がほとんどなように思うのです。


「100日後に死ぬ」という仮の前提に立ってみると、

たいていの悩みは驚くほど「どうでも良いもの」となり・・・

一瞬で消え失せてしまうのかもしれません。

だから、しょっちゅうそう思っていることは、
わたしにとっては 物騒なことでもネガティブなことでもなく
むしろ、余計な悩みから解放され、
日常がとても楽しく、心も軽くなるのです。

残された時間のありがたみに、気づく。












服でも、家電でも、何か「もの」を買うのは。
「何かを真剣に選んで買う」ということは、
まさに「生きることへの意欲や希望」なのだろうと思います。

それを今日買うのは。
明日も、明後日も、それこそ「100日後」も。
わたしは(きっと)生きていると信じているから。


100日後に死ぬとわかったら。
わたしは「もの」は、買わなくなるだろうな。

買うことをやめ、今以上に捨て始めることでしょう。

少ないもので暮らしているとはいえ、
いざそういうこととなれば、
わたしの持ち物は、まだまだ「いらないものだらけ」です。

残された人が。

「生きてゆく人たち」がどうか困らないように捨てる。

& 自分があの世で赤面しなくていいように捨てる。




 人間、死ぬ時まで持っていたモノは、
 生きている人に処分してもらうということになるわけです。

          中川淳一郎さん / by くらため帖





そして、


たとえば「犬を飼おう!」とか 
「今の仕事で出世しよう!」とか、
100日こっぱでは責任を果たせない、達成できないことに対する思いは自ずと低下し、


「いまできることだけをしたい」と思うはず。 なのです。


わたしは何をするかな。


「なんでもない毎日の暮らし」を、やっぱり大切にするのかな。






椅子を上げたこの景色の気持ちよさ。 一人で過ごす日中なら、夕方まで上げっぱなしです。





 **************************************




もしも100日後に死んでしまうなら。

それなら要らないや、
それだったら持たなくていいや、と思うものって 
たくさんたくさんありますね。

ずっと欲しかった何かを買ってしまって
「形見の品」を残されるより、

おとーさんだってお子だって「現金」の方がいいでしょ?(笑)



なかなかいつもそんな風に思うことは難しいけれど。

ときどきそんな風に思うだけでも、

不要なものって、むやみには増えにくくなります。


あと100日で死んでしまうと宣告されたなら、

わたしは、このブログを毎日書くと思います。

伝え残したことを、思い切り書くのだろうと思います。


今は。 


ずっと生きていられると思っているから。


書けないことも実はたくさんあるんだよ(笑)



 ***************************************




特別なことは、何もしないんだろうな。

いつも通りの好きな服を着て、エプロンをして。

ご飯を作って、この部屋の掃除をして、

ブログを書く。



残り100日でも、そうでなくても、このままを続けたい。


そう思えるくらい・・・わたしはこの暮らしが好きです。


今、こうして日記を書きながら、


そのくらいかけがえのない日々の中にわたしはいるのだ、と気づく。


このブログを書けることの幸せに、気づく。


わたしのブログを今日もお読みくださるあなたがいてくれること。


あなたさまとここで会えることは、


今しかできない本当に幸せな、


そしていつか「終わり」があるということにも、気づく。




 








この景色をただ見たくて、今日も掃除するわたしがいます。

床に反射する「光の柱」が、
こちらまで長く長く伸びるこの感じが、
たまらなく好き。


100日後に死ぬのなら、


わたしは100日、毎日掃除をしたい。


あと99回。 あと98回。  あと50回・・・


ううう、あと3回ー・・・・・ (;_;) と。


残り少なくなればなるほど、

わたしは「掃除」を、きっと、

日に日に愛おしく思うことでしょう。


それをできる日が1日1日減ってゆくことは。


たとえ「残り100日」であろうとなかろうと、


今日だって。 今だって。 
 

わたしにとっても、どなたさまにとっても


誰一人として例外のない「真実」でありますのに、ね。







少しずつ「ドライ」になり始めていますよ。どれだけ眺めていても飽きることがありません ♪( ´▽`)



 *************************************




人の行動の出発は「愛」か「怖れ」かのどちらかで。




何かが目障りだから掃除する。
家族から文句言われたから掃除する。
誰かが訪ねてくるから掃除する。
運気が下がるのが嫌だから掃除する。
散らかっていては(誰かに対して)恥ずかしいから掃除する。

それらはきっと「怖れ」の掃除で。

怖れがあると、やはりあまり楽しくはないのです。



自分の心が喜ぶから、掃除する。


これが「愛」の掃除、なのかもしれません。


それがわかるまでに。


わたしは何十年もかかっちゃいました。


わかったのだから。


ああ、せっかくわかったのだから。


できれば元気で、 少しでも「長生き」して(笑)


1日でも長く、わたしは掃除をしたいです。


 ************************************



そして今日は。 自由を満喫できる日。  









願わくば。


「美味しい昼ビール」も、1回でも多く飲みたいです(笑)ビール






                                   おわり






今日もお読みくださって ありがとう。




↓ 「読んだよ!」と、いつもポチッと知らせてくださってありがとう。
このワンピースが「はげはげ」になるまで自分は必ず生きられると信じて買いました(笑)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

さて、いちばん最後のお話。

わたしが毎日掃除をできるのは、根性があるから? 意思があるから?
いいえ「いのち」があるから、です。
今日の命があるから、わたしは掃除することができる。 

最後までお読みくださったあなたの「今日」が・・・どうぞお健やかな1日でありますように。




読者登録をしてくださっている928名もの皆さま・・・本当にありがとう!

h + and ~  I want to throw away  ~ - にほんブログ村

今日も、書けたよー ( ´▽`) りんご
























最終更新日  2020.11.24 23:15:29



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.