37455257 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

h+and   ~ I want to throw away ~

PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

ご訪問 ありがとうございます。
しろくろ、シンプル、すくないモノで暮らす 
すずひのブログです。3人家族。ミニマリスト。

人生のさいごには、
葛籠(つづら)ひとつにおさまるだけ、の 
少ない持ちモノになっていたい。


にほんブログ村 ファッションブログ ナチュラル系へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村



 *** 読者のみなさまの おかげで ***



* すずひのブログが 1冊の本に なりました *





































































カレンダー

カテゴリ

楽天カード

2021.09.20
XML
テーマ:オシャレ大好き
本当に気に入った「それ」を身につけたとき。









いちばん喜んでいるのは「心」よりも、

あなたの、わたしの「足の裏」なのかもしれない。









足の裏は、すごいですからね。 

人体における「第二の心臓」とも呼ばれますからね。

この秋冬の、ファッション関連最後の、


わたしのお買いものは・・・ ソックス。 


そう。 「靴下」です。


今日の日記の中盤には、


「どこどこどこ・・・」の査定額発表!もありますよー ( ´▽`)ノ






金属やプラスチックを使わない留め方。 素敵なソックスってそういうのが多いです。


 *****************************************



無地のソックスでも。

たとえば無地のTシャツでも。


数百円で購入することのできる同じように「見える」ものが

世の中にはたくさんたくさんあったとしても、


50歳の今。

それを選ぶとき、

そして身につけるときに、わたしが本当に感じたいのは、

「安かった」「高かった」という価格の云々ではなく、

自分にとっての「最高の気持ち」だ。

「自分の心」にとって。「自分の肌」にとって。

そして自分の「足の裏」にとっての・・・最高 ( ´▽`)






1回洗うとシュッと細くなる「パンセレラ」は、メンズのSサイズ。
レディースよりも、履いた時にクシュっとさせられるこの長さがちょうどいいのです。
パンプスにもはける手縫いのつま先の滑らかさ、ひびかない薄さが、とてもいい。








 どちらを選んだかが大事じゃないわ。

 自分で悩んで決めたということが大事。


        精神科医 Tomy先生のお言葉 





これができない何十年間、だったな。

「自分で悩んで決める」ということ。

雑誌やSNSをせっせと見比べているのは、

それは悩んでいるのでも考えているのでもなくて、

本当は思考を捨てて真似しようとしていただけで、

誰かの言いなりになったり、

わかりやすい流れに飛びつくことは、

いつも、とても「楽」だった。


何も考えずに ただ真似して、


まるで自分で決めたみたいに「大いばり」してたの。







全身ハグオーワーを着られる日のわくわくするこの気持ちは、格別。わたしにとっての「最高」。
ハグオーワーのソックスは・・・「1100円」でした。



 *****************************************



秋の手放し。


家族の手放しに便乗して・・・ よく見てみて ( ´▽`)ノ


このたびすずひの買い替えた「旧のバングル」が参戦!











その査定額・・・・



どこどこどこどこ・・・・・


どこどこどこどこどこどこどこどこ・・・



じゃじゃん!










この金額はこの日の全手放しの合計。 わー!すごい!


すずひのバングルは「1000円」でした ( ´▽`)


たい焼きでもなく、アイスでもなく、


「1100円のソックスを100円で買う」に活かすことのできた 2021秋。




 ***************************************



去年の秋に。


秋の遠足の日に下ろしたソックスは、この秋も活躍。









1年愛用できるなら、ソックスといえど、

これは消耗品なのではなく、もはや「服の一部」だな。



総柄のソックスには、このサンダルを合わせることが好きです。








柄を存分に、余すところなく楽しむことのできるこの感じ ( ´▽`)









ここ最近の日記では、 

秋冬本番に向けてのニットのスタイリングをたくさんご覧いただいておりましたが、

実際に、今の時期に着ているのは


この感じです。








5分袖や7分袖のワンピース + ソックス。









「5分袖や7分袖のワンピース + 裸足」から、

まずは、ソックスへ。 

そしてタイツへと 徐々に移行してゆきます。


 ****************************************



コロナ禍で、家で過ごす時間が増え、


おしゃれして出かけるようなシーンは、ずっと自粛のままです。


それでもやっぱり服は楽しくて、 

ワードローブなどどうでもいいわ、と思うことはなくて、

大好きです。


30代から40代は、服に悩んでばかりいたけれど、

惑わされてばかりいたけれど、


そこで満足して、成功して「ピーク」を迎えてしまっていたら

そのあとの・・・ピーク後の人生が長すぎて、

わたしは息切れしたり、失速していたかもしれない。


「人生100年時代」という噂が本当なら。

この未曾有の出来事を持ってしても、その説が覆らないのなら。

人生の楽しさや、大好き!や 幸せ! という気持ちの「ピーク」は、

 

なるだけ 後ろに。



後ろ、後ろ、にあった方がいいのかもしれません。



少し前、80歳の母に贈ったこの本が、本当に素敵でした。





89歳の時にご主人を亡くされ、90歳から始めた「ちぎり絵」。

彼女の転機は、なんと「90歳」で訪れたのですね。 

奈良県桜井市生まれ、在住の木村セツさん 現在92歳。

セツさんのツイッターアカウントのフォロワー数・・・なんと 5.9万人!大人気です!



 ***************************************



わたしの人生のピークって、いつだったろう。


子供の頃? 

学生の頃? 

ピッチピチの20歳の頃?

当時の「適齢期」で結婚した25歳?

子育て頑張る若いママだった頃?

たくさん捨てた あの夏?

それとも「50歳」の・・・ 今?




いや。


まだ わたしの「それ」は、訪れていないような気がする。




60代や70代に、

80代に、

そして ちぎり絵のセツさんのように「90歳」で。


もっともっとそれ以降にだって「自分の人生のピーク」を持ってこられたら・・・


なんだかそれって、本当に素敵なこと。



今の時代って、もしかするとそれが、多分、みんな、できる。



今が一番いい、と思いながら 

ひたむきに、精一杯に生きた先に、

その人のピークは、きっとある。



生きてゆくことを これからも楽しみたいですね。



ここで一緒に過ごせる時間を、


このブログでお会いできることを、


1日、1日、大切に楽しみたいですね ( ´▽`)



 


                                   おわり






今日もお読みくださって ありがとう。




↓ 毎日を、一緒に楽しく生きてゆきましょう! のポチッと、ありがとう。

にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村

うんとおばあちゃんになっても、ギンガムチェック・・・わたし、着ていたいなあ ( ´▽`)






フォローをしてくださっている1292名ものみなさま・・・

h + and ~  I want to throw away  ~ - にほんブログ村

更新を楽しみに待っていて下さるお気持ちを、いつもありがとうございます りんご
















最終更新日  2021.09.20 16:55:34



© Rakuten Group, Inc.