35107288 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

h+and   ~ I want to throw away ~

PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

ご訪問 ありがとうございます。
しろくろ、シンプル、すくないモノで暮らす 
すずひのブログです。3人家族。ミニマリスト。

人生のさいごには、
葛籠(つづら)ひとつにおさまるだけ、の 
少ない持ちモノになっていたい。


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村




 *** 読者のみなさまの おかげで ***



* すずひのブログが 1冊の本に なりました *





































































カレンダー

カテゴリ

楽天カード

2021.04.12
XML
テーマ:暮らしを楽しむ
カテゴリ:ミニマルに暮らす
長靴を、じゃぶじゃぶ洗いながら、ふと思う。



この4月には、ほぼ100万円が、消えます。







玄関ビルケンが大きくてコケそうですが、「玄関水しごと」にぴったりだと気づいて嬉しい!!



 ****************************************



去年の4月もそうでした。


その前の年(入学初年度)は、
あともう50万くらいの
入学金その他の学納金や準備金が必要でしたし、


・自動車保険
・大学納付金・半期分授業料(4月と9月です)
・通学定期券もろもろ
・国民年金の年払い(ラスボス)
・もうすぐ自動車税(4月の支出として毎年計上)
・いつもの生活費



我が家はこんな感じで、

ごっそり100万円ほど消えゆくのが「4月」です。



けれど、これが なかなか良いのです。






ビルケン亡き後の「玄関ばき」問題は、家族で共用のこれを出しっ放し、で、解決しました。





 ***************************************




4月にまず、毎年ごっそりこうして減るでしょう?


一旦 くらくらくら〜 (;ω;) っとなるでしょう?



ところが、


よし今年もしっかり支払うことができた! と、

ここで気を取り直し、

気持ちを立て直し、


ここから一気に駆け上がってゆくぞ!


見ていろ!



みたいな気持ちになることができてね。



ここからまた貯めてゆく! 


すずひ家の底力、見せてやる!っていうような、


ものすごく「上向き」「前向き」な気持ち。








玄関のバケツともぴったりとお似合いです。
家族で一番足の大きい人(27.5cm)の私物だったものを、これからは「みんなの玄関ばき」に。










***************************************



年度始めのフレッシュなスタート感。
季節が「春」であること。
美しい桜。

それらすべてに助けられ、 
総合的に、気分的に「良い」のかもしれない。


いろんな月に大きめの出費が、
把握しにくく分散してしまっているよりも、

この感じは、とても「我が家向き」。

と申しますか、

何ごとも「後回しが大嫌い」な、わたし向き(笑)


払うことのわかっているものは、

一刻も早く、わたしは支払いたいのです。







長靴は春が過ぎてもここに出しっぱなし。梅雨や大雨や台風の季節がやってきますものね。




 ****************************************




ああ、100万円。

しかしながら、です。

大学生のお子さんのいらっしゃるご家庭であれば、
このくらいのお金の動きというのは 
とても「ふつうのこと」であり、

学部や専攻によっては、

また実家を離れ「一人暮らし」のお子さんの場合などは、

もっともっとうんと高額となるのでありましょう。


だから。


100万円消えゆくことに、

わたしは全然びっくりはしないのです。


「ずっと前からわかっていたことだから」です。







この日の格好( H )KALANCHOEのワンピースの下にヒートテック + 玄関ビルケン  

          ※ 2021 わたしの最新ワードローブ一覧の日記はこちらです →






人がびっくりしてしまったり、
なんらかの衝撃を受けてしまうのは
おそらく、思ってもみなかったできごとや、
「心の準備が整っていなかった時」なのであって、


2019年〜2022年の春ころには
我が家の春にはこのような出費が伴うのだ。
こういう4月になるのだろう、ということは、


お子が生まれた2000年から。


20年以上も前から、


正確に「予測」できていたことでした。


だからこの、春のごっそり「100万円」は。

「出費」というよりも、

ようやくやってきたな、この支払いイベント! 


親としての、最後の頑張りどきよ! というか(笑)


この「お金の手放し」は、


どこかちょっと「断捨離」の気持ちとも似ているところがあって、


家族みんなにとって、


この家にとって、


そして「わたしの人生」にとって・・・・



心理的にとても「良い影響」をもたらす出費、


執着を手放すための・・・課題?


のようなところもあるのです。












すっきり支払った春!! 気持ちいいぞ!!


ぐるっとまわって2022年の4月のあたまに、


またお金が増えていたなら嬉しいから、がんばろう。



さあ! またここからだ!! 


そして、あともうひと息! というような、ね!


(学納金のごっそりは、春だけでなく秋にもまたあるのだがな!な!)



そんな4月の。



すずひ家の「ごっそり」のお話、だったのでした。


こういう4月も、


そうか、けれどもう、残すところあと1回だけ、なんだな。 (予定です)






 ***************************************




支払うものを支払ったあとの気持ち良さ、と。

服の手放しのあとの気持ち良さ、は、

どこか、ちょっと似ている。


そのシーズンにしっかり着たもの、使ったもの、

「溜めてしまった何か」や、

あるいは「貯めてきた何か」を手放すこと。



春って、そういうことにぴったりの季節なのかも。


黒いニットの手放しを決心した翌朝、

くよくよチクチクしていた気持ちもさーっと晴れて、

なんだかとても清々しかったのです。



手放しを決心したり、

支払ったことで、

もしも「気持ちがいい」「清々しい」のなら。



それは服でも、そして、そう「お金」であっても。



それは その人にとって、きっと「とても良い手放し」。



「価値ある手放し」なのだろうと思います。








あら!?手放す仲間がどんどん増えてゆきます。「家族間連鎖」のチカラって、偉大 ( ´▽`)




 ***************************************



服やものや、要らなくなったものはわかるにしても。


お金の手放しまでもが「気持ちいい」だなんて。


これはね、もうね、


「ミニマルな暮らしを始めたことの賜物」


としか言いようのない、謎の心境の変化、です。



わたしも正直、まだ そんな自分に慣れてないの(笑)




お金が減ることは、

以前はただただ不安で、心細く、悲しかった。


さまざまなものをたくさん抱え、
引き出しの中にも、納戸の中にも、
隙間なく何かをぎっしり詰め込んでいた頃は、
不安で不安で、
いつも「足らない!」と、年中心が焦っていて。


がらーん と少ないもので暮らし始めたら、

「ある」や「足りている」という思いや

「そこにある事実」や

そして「もう大丈夫」という穏やかな感情みたいなものが


暮らしの中のあらゆるシーンにおいて、


くっきりと浮かび上がってきてしまった。



うまく言えないんだけれど。



これが・・・「安らぎ」や「余裕」というもの、なの?









手放される仲間が、日に日に増えてゆきます。きれいなダンボールのチカラは、偉大(笑)



 ************************************




もしも誰かにそんなことを語られても、

10年前のわたしなら、

絶対に信じることをしなかったでしょう。


なにを言っているのかわからない人認定、だったことでしょう。

自分と違うことを言ったり考えたりする「危険な人」。

「すごく苦手な人」「変な人」「嫌いな人」!!


「こちらの聞きたくないことばかり言う人」


すなわち 「敵認定」 だったろうと思います(笑)




暮らしの発信って。


価値観がたくさんあって、
いろいろな「ふつう」がありすぎて、
とてもむずかしいものだ、
デリケートなものだ、とくじけそうになっていた頃、


あなたが楽しく暮らす姿を見せてゆくだけでいいのよ、と



そう教えてくれた人がいます。











言葉を尽くして説明しようとしたり、
頑張って質問に答えてアドバイスを試みたり、
自分のしていることを正当化すべく躍起になったり

そうではない暮らしを好む方を変えようとしたり、
片付ける気のない人に片付けさせようとしたり、

ああはなりたくない、という
何か反面教師的な姿や
成れの果てを見せるでもなくて (←これは脅しにしかならない)


また「こうするといいですよ〜!」と、


優しい笑顔で、


こちらの思い通りになるよう「ソフト誘導」するのでもなく・・・






あなたが楽しく暮らす姿を、

      ただ見せてゆくだけでいい、
と。





それが何よりの「説得力」になるんだよ、と。


大好きな方のブログで、気づかせてもらったこと。


とても素敵な言葉です。


本当にその通りですね (;_;)



わたし自身が人生の中で、何かから「良い影響」を受けた時だって、


振り返れば、いつもいつも、


いつだって、そうだったじゃないか。











わたしが そういうものになれるかどうかわからないけれど。


わたしにそれができるのかどうか、わからないけれど。



わたしが楽しそうに、


うきうきと手放しの準備をしているだけで、


こうして「仲間」が増えるのですから。



「わたしも手放すんだからさ、おとーさんも手放せば!?」 



なんて 意地悪な嫌味の一つを言うよりも、




楽しそうに、幸せそうに、妻がなにやら何かをやっている。




それが「妻」であろうとも、


見知らぬ誰かであろうとも、



その姿をただ見せるだけでいい、と言うのは。



SNS の世界であっても、現実の世界であっても。




きっと本当のこと、なのだろうな、と。  



いつも そう思うのです。








                                    おわり








今日もお読みくださって ありがとう。




↓ バナーをポチッと応援してくださるお気持ちが、

にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村

いつも、どんな時も、わたしの発信するエネルギーの源になっています。 ありがとう。





フォローをしてくださっている1145名ものみなさま・・・

h + and ~  I want to throw away  ~ - にほんブログ村

更新を楽しみに待っていて下さるお気持ち、とても嬉しいです。 ありがとう ( ´▽`)ノ

















最終更新日  2021.04.12 14:31:26



© Rakuten Group, Inc.