38414622 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

h+and   ~ I want to throw away ~

PR

X

プロフィール


すずひ hd-09

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

*** 読者のみなさまの おかげで ***



* すずひのブログが 1冊の本に なりました *



にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ ナチュラル系へ
にほんブログ村


にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村







































































カレンダー

カテゴリ

楽天カード

2021.11.27
XML
テーマ:オシャレ大好き
怒りよりも、優しさを。 

批判よりも、励ましを。

わたくしの思う・・・ 理想の心。





立ち位置を確認してから、の・・・



 ****************************************


もっともっと早くそういう心を持てたなら

どんなに良かったことか、と思うけれど、

もっと早くそういう人でありたかった、と思うのに、

本当に気をつけられるようになったのは、

ここ1年とか、まだまだごく最近のことのように思えて・・・


うれしいような、情けないような。


気をつけることで、人は、初めて変わってゆけるのだと思います。


相当気をつけていないと、


人って、そう簡単には変われないのだと感じます。






「さあ、撮ろう!」の画像です。


 ****************************************



これはきっと、

考え方の習慣だけでなく、暮らし方全ての習慣において、そうなのでしょうね。

たとえ不便だったり 理想と違うと感じていても、


変わらないでいる方が 断然「楽」ですもの、ね。












それでも。


そう簡単には変われないわ。

だったらもうわたしなんてこのままでいいわ、と、

いたずらに諦めてしまうことなく、


少しでも変わろう。

少しでも良くなってゆきたい。


そう思う気持ちこそが大切なのかもしれません。


人として生きる、ということなのかもしれません。


より良いわたしになりたい、と思うこと。


長い長い時間軸で、物事を捉え、自分を捉え、見守ること。



「良くなってゆこう」とする人は、小さな子でも、大人でも、

若くても、そう若くなくても、

キラキラと、素敵です。


見習いたいなあ、と思うのです。





今年のスワッグのサイズ感です。 人が持ってみることが、いちばん伝わる気がします。



 *****************************************



人間関係で、いちばん大切なのは、きっと・・・・相手を敬う心。


「羨む(うらやむ)」じゃなくて、「(敬う)うやまう」ね  ( ´▽`)



これも、うんと気をつけて自分を律していないと、

意外ととても、とってもむずかしいこと。



「うらやむ」の方は すっごく簡単なのに、ね ( ´▽`;)






部屋が余白だらけなので、壁に掛かってると、うんと小さく見えてしまうでしょう?









人はみな、ひとりになる時間が、とても必要なのだと思います。

ひとりでいる時間の中にこそ、孤独の中にこそ、

本当の自分と出会える瞬間が、多分、あるから。



もしもひとりの時間がなかったら、

    わたしはこんな着画を撮ることは絶対にできません。(笑)


「ひとり」という状況の中でこそやりたいことや、

気づくと楽しくてついやりたくなってしまうことって、


きっと、その人にとって、すごく好きな「物」や「こと」。


その人にとって、とても大切な世界。


わたしは服が、とても、とても好きなのだと思います。



 ***************************************




生きておりますと。


努力が報われなかったり、何も結果が残せなかったり、

大切な人と思いが通じなかったり、

なんだか疲れてきて虚しくなることもありますけれど、


わたしね、思うんですよ。




たとえば「食器洗い」です。


食器の後片付けって、本当に後始末、というか、

食事づくりにおける、もっとも末端な地味な作業で・・・

みんながやりたくないような仕事で。



けれど。


もしも、もしもですよ?


お皿1枚洗うごとに10000円もらえるとしたらどうでしょう。

お箸やカトラリーは1本1000円で(笑)

もしもそうなら、もう誰も食洗機を使わなくなるでしょうし、

食器の汚れ物は多ければ多いほど最高でしょうし、

この仕事を「我こそは!」と、

同居の家族を倒してでも、流血してでも奪い合うのかもしれません(笑々)









本当に1枚10000円もらえる訳ではないのですけれど、

「そのくらい豊かなことをしているのだ」という自己イメージ? 

と申しましょうか、

こんなにいいこと、わたしが独り占めしちゃうからね! みたいな気持ち。


すると、なんだか、目の前の現実が、ちょっと変わるんですよね。






首の短いわたしが着ると、このタートルはこの通り鼻の下まで隠れます。ストールいらず。


 ****************************************



なんか、本当に豊かな気持ちになってくる、というか

楽しくなってくる、というか、

笑けてくる、というか、

叶いそうな気がしてくる、というか・・・

こんな家事(お皿洗い)には価値がない、と思っていることこそ


とても間違った思い込みなのかな? と。


「お皿洗い」という仕事が、キラキラ輝き始めるんですよね ( ´▽`)


発想が、銭ゲバ過ぎますでしょうか? (笑)


でも、楽しいのなら。

そのほうがより愉快な気持ちで家事ができるのなら、

どんな気持ちで取り組むかは「自由」です。



そう考えてみてもやりたくないほどのことが、

 本当にやりたくない家事、なのかな、と思っています。






こんな格好の時は、かごよりも「カーニバル」。ナチュラルに寄りすぎてしまわないように。



*****************************************



50歳になると。


本当に、自分の身の丈を知るのです。 体力の衰えを知るのです。


その一方で、もう十分に満たされていることにも、とても気付きやすくなります。


毎日の暮らしの中で、本当の意味での「心の安らぎ」を感じられるようになったのは、


本当に、50歳間近になってから、のこと。


世の中は、こんなに激動で、未曾有で、

心揺さぶられるような時期であったはずなのに・・・不思議です。


これも「ひとりの時間」のおかげなのでしょうか。











何も持たずに生まれてきたわたしたちは、この世を去る時もまた同じです。

いかに幸せに生きたか、懸命に生きたか、

周りに優しくできたか、ということだけが、

あの世に持ってゆける、かけがえのない宝物。











あなたにとって。

世の中がどんな状況にあっても、

変わらずそばにある大切なものや、

大好きだと気付いたことは、何だったでしょうか。

「大好き」と気付いた存在は、誰だったでしょうか。


今のままでもよかったけれど、それでもいいのだけれど、

少しでも「より良くしてゆきたい」と感じたものは何だったでしょうか。



つらいときや、心が折れそうなときに、

そっと寄り添ってくれる、励ましてくれる大好きな「人」や「もの」は、

きっとどなたさまの心の中に必ずあって、


本当に 人それぞれで。 


とても「敬うべきもの」で。


そういう人やものの尊さや、そういう時間の楽しさって、


やっぱり。


こんな「ひとりの時間」にこそ気づくもの、なのかもしれませんね。






                                  おわり









↓ 「読んだよ!」と、ポチッと知らせてくださるお気持ちを、いつもありがとう!

にほんブログ村 ファッションブログ ナチュラル系へ
にほんブログ村


ギンガムチェックとニットのコーディネートの画像を撮りながら、

この服や、こういう時間が、わたしは本当に好きだなあ・・・という気持ちのまま、

ふと心に浮かんできたとりとめもないことを、今日はそのまま、書きました。





フォローをしてくださっている1330名ものみなさま・・・

h + and ~  I want to throw away  ~ - にほんブログ村

更新を楽しみに待っていて下さること、とてもうれしいです。 いつもありがとう りんご




















最終更新日  2021.11.27 12:48:10



© Rakuten Group, Inc.