2200690 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

“ガス抜き”初老日記 (analyzer的独白)

2018.11.02
XML
カテゴリ:小田さん&音楽

小田和正、71歳で全国ツアー完走 天災に心労も
日刊スポーツ 2018年11月1日6時0分
全国アリーナツアー最終公演で歌う小田和正


 シンガー・ソングライター小田和正が10月31日、横浜アリーナで全国アリーナツアー最終公演を行った。代表曲「ラブ・ストーリーは突然に」、最新曲の「会いに行く」に加え、ハロウィーンにちなみ、ピーター、ポール&マリーの「ア・ソーリン」を披露するなど、1万2000人を魅了した。

 約1年半ぶりで、昨年古希を迎えてからは初となった今回のツアーは、5月4日のグランメッセ熊本公演を皮切りに、お盆の時期を除いて、中4~5日のペースで公演を21カ所で行った。その中で、6月に開催予定だった大阪城ホール公演は、直前に発生した大阪北部地震の影響で延期(来年1月8~9日に同所)したほか、各地で大型台風の接近なども相次ぎ、ギリギリまで開催するかの決断を迫られる心労も重なった。

 関係者によると、のどの調子が優れない時期もあったというが、公演前に腹筋し、バンドメンバーとラジオ体操をしてから臨む新たなルーティーンも加え、乗り越えてきた。小田は「最後まで完走できるか? と思ったことはこれまでなかったけど、この日を迎えることができました」。

 来年1月の振替公演に加え、来春にはアリーナクラスでの追加公演開催も決まった。この日も3時間超で31曲。何度も全長185メートルの花道を走った。「精進して努力を重ねていきます。また会おうぜ!」。71歳。まだまだ走り続ける。

【日刊スポーツ;元記事はこちら


 ◆わたしは台風接近が懸念された9月30日の新潟市・朱鷺メッセでこのツアーに参加しました。当日はものすごく規模の大きい同窓会みたいな感じで、同じ年代の大人たちの楽しそうな顔に会えてとても幸せなひとときでした。小田さんよりは若いにしてもわたしもそこそこいい歳になりましたので、「また会おうぜ!」のその日が早く来ますように新潟で楽しみに待っています。


   コンサート開演前の朱鷺メッセ・メインステージ(撮影;わたし)






最終更新日  2018.11.03 08:03:35
コメント(2) | コメントを書く


PR

X

プロフィール


あならいざぁ

ニューストピックス

カレンダー

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ


© Rakuten Group, Inc.