8402304 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

玩具道楽・・・三昧

全318件 (318件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 32 >

GUN具(MGC-Model Gun)

2021.11.23
XML
テーマ:GUNの世界(3040)
カテゴリ:GUN具(MGC-Model Gun)
マイナンバーカードの普及にまた補正予算を1.8兆円も付けるみたいだけど、最初からIDカードにしなかったから普及しないだけじゃないの。

買い物に使えるポイント付与するのも良いけれど、国民に番号を既に振り当ててあるんだから、運転免許証や保険証に代わる正規の身分証名カードとして発行すれば良いだけだと思うんだけど。

さて今回も過去に取り上げた「MGC コルト NM ホーグカスタム 5inch オールシルバー」です。今回もメインSP交換とメンテナンスのために引っ張り出しました。



このモデルは80年代中頃の販売で、完成品のみの販売だったと記憶しています。人気モデルだったために限定カスタムなのに何度か再販されていたはすで、たまたま御徒町のボンドショップで販売しているのを見かけて入手しました。

人気の理由は当時放送されていた「ベイシティ刑事」の使用銃に近かい仕様だったと思われますが、定かではありません。自分的にはオールシルバーの仕上げの良さに惹かれたのが一番の理由だったような。

元々NMホーグカスタムは6inchスライドを加工して5inchを作っていたはずですけど、このシルバーモデルに関しては、圧倒的に5inchモデルの方が多く作られていたようで、6inchモデルは極少数だったようです。



スライドにはヘアライン加工が施されていて、サーチライトクロームメッキの光沢との相性が抜群でした。このモデル以前のMGCガバメントカスタムはフレームシルバーモデルとオールブラックモデルのみで、オールシルバーモデルはこのモデルが初だったように思います。

メッキモデルは、表面のオイルが乾くと白い染みのような曇りが出ることがありますので、メンテナンスとしては表面にオイルを塗布して柔らかい布などで磨けば、大抵の曇りは取れて元に戻ります。



例によってメインSPをタニコバ製GM7用SPに交換します。このモデルのメインSPハウジングはハウジングピンが貫通しているのでSPの交換が楽になっています。今の視点で見ると、右側のオリジナルSPの太さと巻きからSPの強さを考えると、フレームの強度が心配になります。



「ベイシティ刑事」に多少影響されて、エディース製と思われる(購入したのはNEW MGCだったので、本体購入から暫く経ってますね)マギーグリップを付けていました。かなり以前からレジン製グリップのあるあるで、経年でレジンが収縮してグリップ前面にスキマができているのが課題でした。

代わりとなるグリップを入手したので、次回はグリップ交換もしてみます。

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記


ミリタリーランキング




CAW モデルガン MGCリバイバル ナショナルマッチ シリーズ’70 【あす楽】


CAW ナショナルマッチ s70 HW ブラック(発火式 モデルガン 完成 本体) /Craft Apple Works カウ クラフトアップルワークス コルト ガバメント M1911






最終更新日  2021.11.23 22:34:37
コメント(2) | コメントを書く


2021.11.02
テーマ:GUNの世界(3040)
カテゴリ:GUN具(MGC-Model Gun)
衆院選が終わったら当初躍進を謳われていた立憲は惨敗で、自民が順当に票を伸ばす結果に。
そりゃ共産と組んで左に寄りすぎた政党は敬遠しますよね。日本人が欲しているのは保守系の対立政党。今回維新が議席を伸ばしたのは、正に反自民の受け皿になったからでしょう。

さて今回は「MGC ホーグ ロングスライド スペシャル」の続きです。



このモデルは、個人的には思い入れのあるモデルなんですが、一般的には後に発売されたキットモデルの「ホーグNM6inchカスタム」の陰に完全に埋没し待っているモデルだと思います。

また発売された時期がMGCがモデルガン専門誌「モデルガン・チャレンジャー」を発行していた時期だったために、他社の専門誌で特集されたことも無かったと記憶しています。肝心のチャレンジャー誌内の記事でも他のガバメント初期限定カスタムの内の一つという扱いだったので、当時から影が薄かったんですね。



一番の特徴である6inchロングスライドは専用の金型ではなく、GM5(シリーズ70)の金型を使って作られたと言われています(金型をスライドして作ったと言われていますが、真偽は不明)。スライド上部には機械加工のセレーションが入れられています。



左側スライド刻印は、GM5のシリーズ70と同じもの。製造ロット初期のものにはホワイトが入れられていたようです。スライド上部のマット処理は前1/3辺りには施されておらず、光沢処理になっています。これは手持ちの3挺全てが同じなので、スライド製作方法に関連していそうです。



スライド右側の刻印は、内容はGM5と同じ「COLT'S GOVERNMENT MODEL」ですが、書体や太さが異なっていて機械彫りのようです。エジェクションポートも下側に大きく広げられています。



6inchのメッキバレルは新規金型によるもので、後にパーツとして単品発売されたりホーグNM6inchカスタムにも使われています。リコイルSPガイドは、径の細いオリジナルタイプでNM版とは互換性はありません。



ハンマーは後にホーグタイプとし単品で販売された独自の形状のタイプですが、製品に組み込まれたのはこのロングスライド スペシャルだけなので、専用ハンマーとして作られたのでしょう。

グリップセフティはフレーム後端を丸めたタイプに付く新型で、後のピンガンカスタムやホーグNM6inchカスタムにも継続使用されています。トリガーはトリガーストップの付いたロングタイプで、後のピンガンカスタムのトリガーと同じです。



グリップにはアドバンテージ グリップシステムと呼ばれた、鉄製のウェイトが挟み込まれた仕様になっています。確か銃本体のウェイトを増やして反動を抑える役割だったと思います。グリップ全体の厚みが増してガバメント本来の握りやすさが損なわれるので、個人的に好きには慣れませんでした。

木製グリップは標準装備でしたが、チェッカリングを手作業で量産していた当時のものなので、後期のコンピュータ加工で作られたグリップに比べて、チェッカリングが雑で作りがよくありません。

簡単に細部について見ていきましたが、カスタムスライド以外はほとんどが量産パーツで作られています。ただし、このモデルが発売された時点では他のモデルに使われていたパーツでは無かったので、ある意味このホーグ ロングスライド スペシャル自体が、新型パーツを使った試験モデルだったのかもしれません。

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記


ミリタリーランキング




CAW ナショナルマッチ s70 HW ブラック(発火式 モデルガン 完成 本体) /Craft Apple Works カウ クラフトアップルワークス コルト ガバメント M1911


マルシン モデルガン 完成品 発火タイプ コルトガバメント MkIV シリーズ70 マットブラックABS


【送料無料!】 マルシン工業 発火モデルガン コルトガバメント M1911A1 ヘビーウェイト HW






最終更新日  2021.11.02 00:37:47
コメント(0) | コメントを書く
2021.10.31
テーマ:GUNの世界(3040)
カテゴリ:GUN具(MGC-Model Gun)
今日は早めに衆院選の投票を済ませてきました。10時頃に投票所に行くのは久しぶりでしたが、中々の行列。投票率が上がると良いんですけどね。

因みに20代と思しき層はほとんど見かけませんでした。若年層は投票しないから国から冷遇されるのに、分からないみたいですね。

さて今回は「MGC ホーグロングスライド スペシャル」モデルガンです。過去に2回(2挺)紹介していますが、今回はそれとは別の個体です。84年の発売当時のままの状態で所持しているモデルです。



後にキット化されたナショナルマッチをベースにした、ホーグカスタム6inchとは全くの別モデルです。

1984年に発売されて当初1,000挺限定販売だったはずですが、何度か再販されているはずなので実際の生産数はもっと多いでしょう(昔は限定モデルでも、今のモデルガンの1ロットよりも全然多い生産量でしたね)。



▲ 左:タニコバ製GM7用メインSP、右:MGCオリジナル メインSP

今回はいつものGM5シリーズのタニコバ製メインSP交換を兼ねての、メンテ作業で引っ張り出しました。GM5はGM2よりはフレームにかかる負荷は小さくなっていますが、それでも一定のスプリング圧はピン穴にかかる構造なので、弱めのSPに変えておく方が気休めかもしれませんが安心できます。



広告等では「ビアンキカップで優勝したミッキー・ファラ氏が使用した云々」と書かれていましたが、実際にビアンキカップで使用されたモデルとは異なるようで(WAのホーグ ビアンキカップスペシャルがリアルにモデルアップしています)、シリーズ70をベースにしたイメージモデルってところです。

スライドは、既存金型を使用したロングスライドにスライドトップにセレーションを加えた手の込んだものになっていますが、フレームは金型で作られているようで初期のピンガンのような後加工のチェッカリングではありません。



恐らく後のピンガンのキットモデルで使われているものと同じ金型でしょう。そう言えばトリガーもピンガン用のモノと同じです。

ガバメントの古目のモデルでは、グリップセフティとメインSPハウジングの劣化(白錆)が起きることが多いですが、このモデルはひとまずセーフ。痛みが少ないので、暫くは大丈夫そうです。



握りにくいアドバンテージ・グリップ・システムそのままの、オリジナル状態のままなので余り握っていなかったのが幸いしたようです。MGCオリジナルの初期型アンビセフティのガタが少ないのも、作動が少ないからと思われます。



MGCのホーグ ロングスライド スペシャルが好きで、3挺も集めてしまいました。真ん中がオリジナル。左がグリップとアンビセフティを交換。右はグリップとサイトを除く金属パーツを全てWAのKスタムパーツに交換したモノ。

オリジナルガバメントよりもスライドが長い分、スマートに見えるのが良いですね。当時は6inchスライドは一種の流行で、手の込んだカスタム感のイメージがありました。今でもこのクラシカルな感じが大好きですw

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記


ミリタリーランキング




CAW モデルガン MGCリバイバル ナショナルマッチ シリーズ’70 【あす楽】


CAW ナショナルマッチ s70 HW ブラック(発火式 モデルガン 完成 本体) /Craft Apple Works カウ クラフトアップルワークス コルト ガバメント M1911






最終更新日  2021.10.31 19:03:53
コメント(0) | コメントを書く
2021.10.09
テーマ:GUNの世界(3040)
カテゴリ:GUN具(MGC-Model Gun)
明日は秋G1の前哨戦「毎日王冠」と「京都大賞典」。
両レースとも天皇賞トライアルになっているけど他のG1レースとも関連も深いので、混戦模様ながらしっかり馬券の結果を出したいですねw

さて今回は「MGC S&W M59 オールブラック 個人カスタム」です。このモデルは1979年発売時に購入したもの。結構発火したのでバレル&スライドやファイアリングプレートは交換してますが、30年以上愛用しているモデルです。。



12年前に一度紹介していますが、久しぶりに引っ張り出してみたら亜鉛合金製パーツ部分の白錆化が進んでいました。この部分は染め直しが急務ですね。思っていた以上に細かいキズ等があるので全体の仕上げ直しも必要かも。

改めてカスタムした部分を紹介しますと、ハンマーとスライドストップ、マガジンバンパーはWA製のM59カスタムパーツに交換してあります。これはWAからカスタムパーツセットとして3点まとめて販売されていたものです。



グリップはWA製M59 コンバットカスタムのグリップ交換で余った木製HWグリップに交換しています。リアサイトはMGC製のMMCカスタムサイトに載せ換えています。マガジンもオリジナルのブルー仕上げのものからメッキ仕様のものに替えています。



フロントサイトはイエローインサートを入れてあります。トリガーガード前部はフラットにしてセレーションを入れてあります。これらは80年代中頃に流行ったカスタムガンの影響ですね。



地味で目立たないながら一番効果を実感できるのが、バックストラップ部分の角を丸めて加工を施した事。親指と人差し指の間がスリムになって握り心地が格段にUPしました。個人的にはエアガンのM759のバックストラップと交換するよりも握りやすいです。



我ながら物持ちの良さに感心しますが、未だに完動(発火は試していませんが)してフレーム本体にもヒビなど見受けられないのは凄いの一言です。この頃のMGCのABS製モデルガンの耐久性の高さは設計の良さなんでしょうね。

後にリアル化した他社製ABS製モデルガンやHW製モデルガンが、自然崩壊する事が多かったことを考えると素材選びも良かったんでしょう。凄いモデルガンですねw

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記


ミリタリーランキング




【新商品予約品】【2021年12月15日発売予定】 全国200台限定発売 ACTION 発火型モデルガン LIBERTY CHIEF 3インチ リバティチーフ【店内全品3%オフクーポン】


【新商品予約品】【2021年11月15日発売予定】 全国500台限定発売 ACTION 発火型モデルガン LIBERTY CHIEF 2インチ リバティチーフ【店内全品3%オフクーポン】


クラフト・アップル・ワークス CAW コルト ウッズマン スポーツ ELLIASONサイト付モデル ヘビーウエイト ブラック 発火モデルガン(CAW-MA1112)


モデルガン CAW デトニクス・カスタムIII ステンレスシルバー タニオコバ ダブルオープンブローバックカスタム ダイヤチェッカーモデル






最終更新日  2021.10.10 00:06:22
コメント(0) | コメントを書く
2021.10.07
テーマ:GUNの世界(3040)
カテゴリ:GUN具(MGC-Model Gun)
コンピュータを使って地球温暖化予測の枠組みを築いた先進的な研究でノーベル物理学賞を受賞された真鍋さん。マスコミが日本のノーベル物理学賞受賞は2015年以来と騒いでますが、真鍋さんってアメリカ国籍ですよね。

普通に考えれば日系アメリカ人がアメリカの大学で研究した内容でノーベル物理学賞を受賞したと考えるべきだと思うんですが、これって間違ってます?

さて今回は「MGC S&W M59 オールブラック モデル」です。MGCがS&W M59を発売し他時に入手したのがオールブラックモデルでしたが散々発火したので、後に新たに入手したのが今回のモデルになります。



これもMGCのイベントで入手したような記憶がありますが、時期的な部分を含めてよく覚えていません。後楽園のビル内で開催したイベントだったような記憶があります。

オープンカート時代のモデルでメッキバレル以前の初期モデルです。最初に入手したM59と全く同じモデルだったので、オリジナルのまま残していました 。



チャンバー部のシルバーは金属製のテープ。実銃のチャンバー部を磨いたバレルのようにリアルな仕上げでガバメントや32オートなどにも使われていましたが、メッキバレルが開発されてからは使われなくなった仕上げです。



MGCのM59の仕上げの特徴が、マット仕上げのスライドとABS地のままのフレームのコントラストです。購入時はフレームがマット地になっていないのが不満でしたが、後にスチール製スライドとアルミアロイ製フレームの違いを再現しているのを知って驚きました。

実銃の写真と比較すると、感心するほどリアルの再現されているのが分かります。当時はこういう凝った仕上げだからカスタムモデルなのかと思ってました。



当初からキャップ火薬を前提に設計されていただけあって、発火性能は当時のサイド発火方式としては群を抜くものでした。2マガジン程度は問題なく発火できた記憶があります。調子が悪くなると不発になったりジャムったりする事もありましたが、予後礼拝の原因は不明でした。

6inchパイソンとスタハチごっこをやったのが懐かしいです。昔は屋外で発火しても通報はおろか、怒られませんでした。おおらかな時代でしたねw

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記


ミリタリーランキング




【10月13日入荷 予約商品】タナカワークス Smolt Revolver Ver.3 HW 4インチ(発火式 モデルガン 本体) /タナカ tanaka スモルト スマイソン Smython SW COLT S&W コルト ハイブリッド PYTHON パイソン M19 Kフレーム


【予約品】【2021年10月14日新発売予定】 タナカモデルガン グロック18C 3rd ジェネレーション フレームHW Evolution2 改【店内全品3%オフクーポン】


タナカ 発火モデルガン グロック17C Glock 17C 3rd Generation Frame HW “Evolution2改”(有)フジカンパニー別注


東京マルイ グロック19 Gen.4 [ガスブローバック]






最終更新日  2021.10.07 03:35:20
コメント(0) | コメントを書く
2021.09.28
テーマ:GUNの世界(3040)
カテゴリ:GUN具(MGC-Model Gun)
緊急事態宣言が解除されるそうですが、相変わらず医療体制の強化策やワクチン接種者への優遇策もないので、解除後また感染者が増えて年末に緊急事態宣言をすることになりそうですね。

バブル後の失われた20年+アベノミクス失敗の8年に、コロナ対策失敗の2年が加わるのか。日本は当分貧乏から抜け出せそうに無いな。

さて今回は「MGC S&W M59 オールシルバー モデル」です。大昔に手に入れて、最近発掘したモデルです。



所持モデルは初期のオープンカート時代の初期モデル。バレルがメッキ仕様なので最初期のものではないですね(確かオールブラックの次に、MGCのイベントで手に入れたモデルだったと思います)。付属マガジンはブラック仕上げだったので、別売のメッキマガジンに交換してあります。

メッキは少し黄色味がかったニッケルメッキ。実銃のM59にはステンレス仕様は無く〈ごく僅かの数が海軍用に試作されたようですが)、ニッケルメッキ仕様のモデルは存在したので この仕上げはリアルなことになります。



写真などで見る限り、金属パーツはブラック仕上げのままだったようなので、モデルガン的にも正確な仕上げと言うことになります。スライドと一体成形のエキストラクターがシルバーになっているのが実銃と異なる(実銃はブラック仕上げ)ところです。



バレルはクロームメッキ仕上げになっています。後期になるとサーチライトクロームメッキに変わります。バレルブッシングがブラック仕上げなのも実銃と異なっているところですけど、メッキ同士のパーツを接着するのが難しかったのでしょうか。

この部分は後期モデルで改良されたのかどうかは分かりません。M59よりも長く生産されたM39のオールシルバーモデルはブッシングもシルバーメッキされ他ものが存在します。



発火用モデルがM59 ブラックモデルと後から入手したM39だったので、このオールシルバーモデルは遂に発火しないまま現在に至ります。メッキモデルは発火すると,メッキが曇るから却って良かったのかもしれません。

M59のバリエーションの中で価格が最も高い割には一番人気が低かったモデルでしたけど、今見ると味のある良いモデルですw

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記


ミリタリーランキング




新製品予約 10月中旬頃 タナカワークス モデルガン本体 スモルト リボルバー 4インチ HW Ver3 発火式 18歳以上 サバゲー 銃


タナカ 発火モデルガン グロック17C Glock 17C 3rd Generation Frame HW “Evolution2改”(有)フジカンパニー別注


【予約品】【2021年10月14日新発売予定】 タナカモデルガン グロック18C 3rd ジェネレーション フレームHW Evolution2 改


【9月30日入荷 予約商品】東京マルイ グロック19 Gen4 ガスブローバック ハンドガン フルセット /Glock19 G19 Gen.4 ジェンフォー フォース ジェネレーション






最終更新日  2021.09.28 00:32:00
コメント(2) | コメントを書く
2021.09.24
テーマ:GUNの世界(3040)
カテゴリ:GUN具(MGC-Model Gun)
コロナワクチンの3回目接種はやらなくちゃダメみたいですね。
行きつけの医者の話では「2回目接種後、1ヶ月過ぎるとワクチンの効果が下がるのはホントだよ」とのことでした。

さて今回は「MGC S&W M59 ハーフシルバー 個人カスタム」です。10年前にオールシルバーモデルとして紹介したモデルのスライドをブラックモデルに交換したものです。



元々はS&W M59ハーフシルバーのキットモデルだったので、原型に戻した感じです。スライドはパーツBOXにあったもの(以前MGCでパーツとして手に入れたもの?)ですが、スライド側面がABS地そのままのツヤ有りのもの。

M59&M39のスライドは側面がマット処理されていたはずですが、後期モデルはツヤ有りに変わっていたのかな?今となっては不明です。



カスタムと言っても、グリップをWA製ホワイトパールHWグリップに、リアサイトをMGC製MMCサイトに交換した以外は、トリガーとスライドストップレバー、マガジンキャッチの頭をシルバーメッキのものに交換して、ハンマー側面を磨いたぐらい。

ここで謎なのが、シルバーメッキトリガーとスライドストップの存在。キットモデルを組み立てたときに入手したからMGC純正パーツだと思いますが、MGCのM59のバリエーションに両パーツをメッキにしたものはありません。と言うより実銃にステンレスモデルが存在しなかったので、金属パーツは全てブラックのままでした。

トリガーとマガジンキャッチの頭はM39のもの(M39は金属パーツをオールシルバーにした後期モデルがありました)かもしれませんが、トリガーはサーチライトクロムでは無いし。スライドストップはガスガンのM659のものかもしれません。



今では貴重なMGC純正MMCサイト。左右調整の他に六角レンチを使って上下の調整も可能になっています。オリジナルサイトが左右調整しか出来なかったので、取り替えるだけで高級カスタム感が味わえました。

サイト後半部分は実物のMMCサイトに似ていますが、サイトベースを含め実際にM59(M39)用のサイトが存在したかどうかは,良く分かりません。



MGC M59は1990年頃には既にカタログ落ちしていたので生産期間が短く、最近は本体の中古どころか、パーツ自体もあまり見かけなくなりました(よく見かけるのはM39と共有パーツばかりです)。

発火しないのならハンマー等はガスガンのものが使えるので、ガスガンのM659を手に入れてフレーム側の金属パーツをオールシルバーに変えるのは有りですね。お手軽カスタムとは言え、ベースがキットモデルだと今で遠慮せずに弄れるのが楽しいですねw

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記


ミリタリーランキング




【25日P5倍】 【10月中発売予定!予約品】タナカ モデルガン Smolt Revolver 4inch HW Ver.3 スモルト リボルバー ヘビーウェイト 4インチ 4537212009966


【予約品】【2021年10月14日再版売予定】 タナカワークス S&W M36 チーフスペシャル 2inch ブラックHW バージョン2 モデルガン


KSC イングラム M11A1 HW システム7






最終更新日  2021.09.24 19:49:25
コメント(0) | コメントを書く
2021.09.19
テーマ:GUNの世界(3040)
カテゴリ:GUN具(MGC-Model Gun)
秋競馬が始まりましたが、相変わらずリハビリ期間(自称)から脱却できません。
今日もエイシンヒテンは買えませんでした(>_<)

さて今回はメンテと撮影用に引っ張り出した「MGC S&W M59ハーフシルバー」モデルガンです。12年前に紹介したモデルと同じものです。



MGCからM59が発売された1979年は、既に放映されていた「刑事スタスキー&ハッチ」の影響でオールブラックモデルが人気でしたが,翌年「太陽に吠えろ」にドック刑事が登場するやいなや、完全に人気はハーフシルバーモデルに移行しました。

発売と同時にオールブラックモデルを購入してしまったので、ハーフシルバーモデルを入手するまで暫くかかりました。MGCのイベント(だったと思う)で安く売られていたのを入手しました。



元々S&W M59にはハーフシルバーモデルは存在せず、月刊GUN誌のターク・タカノ氏がサンドブラストでフレームのブラック仕上げを剥がしてアルミ合金地肌にした、カスタムモデルをモデルアップしたものと後から知りました。

このハーフシルバーモデルも、アルミっぽいクロムメッキのフレームと、ブラック仕上げそのままのトリガーやスライドストップレバーなどの金属パーツの組み合わせは月間GUN誌1979年6月号に掲載されているタカノ氏所有のM59と同じ仕様です。



唯一実銃の仕様と異なるのがバレルで、実銃はブラック仕上げなのに、所持モデルはクロムメッキバレルになっています。最初期生産モデルはオールブラックモデルと同様、ブラックバレルでチャンバー部にアルミシールが付いたものだったと言われていますが、今のところ未確認です。

M59のメッキバレルは最終モデルまで続きますが、CPカート仕様になった辺りからサーチライトクロムメッキ仕上げに変わったようなので、クロムメッキ仕上げのものも初期生産品になるのかな。



カスタムモデルの名に恥じないのは、スライド側面と上面は梨地のマット仕上げ。のっぺりとしたアルミアロイ製のフレームとの質感の違いを再現したと言われている凝った作りです。

そのスライドも後に手に入れたパーツでは側面がツルツルになっていたので、サンドブラストなどの後加工だった可能性もあります。



モデルガンとしては初めてダブルアクション&ダブルカラムマガジンを再現したモデルとして、高価だったにもかかわらず人気は高かったようです。量産モデルなのにカスタムモデルとして発売した結果、後にキットモデル化して大幅に価格を下げたのはゴールドカップ ナショナルマッチ(GM4)と同じです。

後にガバメントカスタム(GM5)と並んでシューターワン対応モデルも発売されましたが、センターファイアー化はされませんでした。

M459のガスガン製造の際に金型を流用されたのか90年にはカタログ落ちをしています。認知度が高い割には、販売年数が短かったのは以外でした。

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記


ミリタリーランキング




タナカ/フジカンパニー コラボレーション限定モデルガン グロック17C 3rd ジェネレーション フレームHW Evolution2 改【店内全品3%オフクーポン】


タナカワークス Smolt Revolver Ver.3 HW 6インチ(発火式 モデルガン 本体) /タナカ tanaka スモルト スマイソン Smython SW COLT S&W コルト ハイブリッド PYTHON パイソン M19 Kフレーム


マルシン ガバメント M1911A1 HW ブラック(発火式 モデルガン 完成 本体) /コルト Clot Government






最終更新日  2021.09.19 17:26:55
コメント(0) | コメントを書く
2021.06.01
テーマ:GUNの世界(3040)
カテゴリ:GUN具(MGC-Model Gun)
昨日の日本ダービー、シャフリヤールトエフフォーリアのゴール前の大接戦は見応えがありました。
横山騎手の一瞬の隙を突いた、福永騎手の技ありですね。
日本ダービーは当たると嬉しいし、勝つともっと嬉しいです。

さて今回は、これも部屋の掃除で発掘したモデル「MGC S&W 44マグナム 8 3/8inch」です。
MGCから発売された頃は、M29というよりも「44マグナム」という名称が勝っていた気がします。商品名も最初は「S&W」も「M29」も無く「HEVEY DUTY」の愛称?が付いていました。



「大都会 Part3の」牧野刑事や「遊技シリーズ」の鳴海昌平がMGCの44マグナムの8 3/8inchバレルベースのプロップとして使用していたので、当時は「ダーティ ハリー」の6.5inchモデルよりもリアルに感じていました。

そんな訳で、自分にとっては未だにタナカのM29は「ダーティー ハリー」や「タクシードライバー」のイメージがあるのに、MGCのは日本映画(TVドラマ)のイメージが定着しています。



所有モデルは発火済み、購入後随分経ってから木製グリップに交換した記憶がありますが、オリジナルは金属M19用のオーバーサイズグリップにスペーサーを組み合わせたものが、装着されていたと思います。



元箱ごと仕舞ってあったので表面のキズも少なく、比較的綺麗な状態で残っていました。理由は手入れを覚えた事もありますが、発火の中心が後に発売されたプラパイソンに移っていったので、実際はそれ程撃ってなかった(当時としては)からでしょうね。

今のレベルで再現度云々というモデルではないですが、MGCの44マグナムは思い入れのあるモデルです。懐かしいだけかもしれないですけどw

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記


ミリタリーランキング




ガスガン タナカ コルト パイソン スネークアイズ” 2.5インチ “R-model” ニッケルフィニッシュ


ガスガン タナカ コルト パイソン スネークアイズ” 2.5インチ “R-model” スチールフィニッシュ


タナカワークス TANAKA WORKS モデルガン S&W M29 ブラック HW 6.5インチ 6-1/2インチ カウンターボアード 発火式 ダーティハリー モデル (009621)


あす楽対応/タナカ S&W M29 クラシック 6 1/2インチ スチールフィニッシュ バージョン3 ガスリボルバー






最終更新日  2021.06.01 00:19:19
コメント(0) | コメントを書く
2021.05.28
テーマ:GUNの世界(3040)
カテゴリ:GUN具(MGC-Model Gun)
コロナとの戦いが戦争ならば、対策の誤りを認めず責任を国民に押しつけるやり方は、70年前と同じですね。「灯火管制」「酒類の販売禁止」「贅沢品の禁止」等々・・・。税金は国民を守る対価のはずなんだけどな。

さて今回も「MGC S&W ハイウェイ パトロールマン」です。先に紹介した個体とは別物で、今で言う「後期タイプ」と呼ばれるモデルです。



大昔のイベントで入手した発火済みの中古品です。先に紹介したモデルの部品取り用として入手しましたが、発火済みでも状態が良かったので、そのまま保管していました。入手当時はハイパトなんかは過去の(時代遅れの)モデルだったので、今の中古価格からは信じられないぐらい安かったのを覚えています。



後期タイプと判断したのはフロントサイトベースが長いことと、グリップにアダプター用の切り欠き等があることです。ローコストのためバレル内の金属パーツを省いたので、補強のためにサイトベースを伸ばしたという説もありますが、実際どうだったんでしょう。

シューターワン時代にハイパトが復活したのは構造上安価に作れたからという話もあるので、コスト削減の改良だったというのは説得力がありますね。


上:初期のハイパト用カート、下:後期のハイパト用カート

カートリッジは実弾風に先端を延長した新型になっていました。当然ハイパト間での互換性は保たれています。いつからこのカートに変わったのかは不明ですが、44マグナムが発売されてからの改良でしょう。



所持モデルに付属したパッケージは、白地にアメリカンポリスのイラストが付いている中期頃のタイプでしたが、過度期のモデルなのかは不明です。中古で入手したモデルの素性探しは、楽しいけど無理がありますね。



久々のハイパト揃い踏み。「黒く、そして重い」がキャッチフレーズだったと記憶していますが、テカテカのABSの地肌と、見た目サイズの割に軽かったのが最初に手にしたときの印象でした。同時期のSIG SP47や、後に発売されたローマンなどよりも印象的だったのは発火性能と耐久性につきます。

後の刑事ドラマの影響も確かにありましたけど、スタ管詰めて発火したときの迫力は本当に凄かった。美化された思い出かなw

今日はここまで!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記


ミリタリーランキング




【予約品】【2021年6月初旬発売予定】 HWS ビンテージモデルガン ナガンM1895 ヘビーウエイト ロシア帝国制式リボルバー


【6月9日入荷 予約商品】タナカワークス S&W M13 FBIスペシャル グリップアダプター付 Ver.3 HW 3インチ(発火式 モデルガン 完成 リボルバー) /タナカ tanaka SW Kフレーム M13 M65 357


【予約品】【2021年6月上旬新発売予定】タナカモデルガン S&W M13 3インチ FBI Special HW Ver3






最終更新日  2021.05.28 00:24:51
コメント(0) | コメントを書く

全318件 (318件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 32 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.