146926 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

読書の日々

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

プロフィール

ウトガルト

ウトガルト

カレンダー

バックナンバー

2024.06
2024.05
2024.04
2024.03
2024.02

カテゴリ

カテゴリ未分類

(1)

雑談

(4)

ラノベ

(457)

コミック

(32)

実用本

(2)

カクヨム

(0)

web小説

(2)

日記/記事の投稿

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2021.08.26
XML
カテゴリ:ラノベ
こんにちは♪

本日の一冊はこちら(*'▽')

内容紹介(出版社より)

​ダークスらとの激闘を終え、新たにネルを仲間に迎えるべく賭け神(ブックメーカー)との戦いに臨むフェイたちだったが、狡猾な賭け神にネルはあえなく返り討ちに。だが、フェイは「想定通り」と力強く宣言して賭け神を挑発。天才的な起死回生の策と共にフェイVS賭け神の1VS1の戦いを仕掛ける。同じころ複数の都市を巻き込んで使徒(プレイヤー)が「神々の遊戯」から帰還できないという異常事態が発生。「無敗の我が遊びに来てやったぞ」--そしてさらなる「規格外」の参戦で、フェイの遊戯は新たな局面を迎えようとしていたーー!​


​前の巻でネルを再起させるためにブックメーカーとのゲームに挑み3敗したという情報だけが残っていましたが、その続きが今巻からで、さらに言うならweb版も2巻のラストまでなのでここからはweb版を読んでいる方も初見で待ちわびました!!!

とりあえずブックメーカーとのゲーム自体は何というか今までの神の理不尽さが全くない本当の意味での知恵比べみたいな感じに・・・
まぁ、”人”対”神”なので理不尽を要求されるのはわかっていましたし、さらに言えばその理不尽をどう覆すのかをワクワクしながら読んでいたのも否定しません(*'▽')

それらに比べれば今回のブックメーカーはとても紳士?に見える不思議・・・
”人”対”人”を思わせながらもやはり”神”なのだということをしっかりと抑えるように魅せてくれるのは流石だと思います。

基本的に今回はネルをゲームに復帰させるのが目的の巻だという認識がもともとあったので表紙はもちろん?ネルが飾るのかと思ったのですが、購入画面の表紙を見て「誰?」と本気で頭の中に疑問符がたくさん(^^♪
(ちなみに、イラストをみて某作品の兄妹を連想したのはきっと自分だけじゃないと信じてます!!!)
まさかあんな超展開が待っているなんて思いもよりませんでした(;゚Д゚)
確かに既存のキャラでしたけど・・・服装違いすぎ!!!

そしてラストには次巻に向けて様々な伏線や熱い展開が予想される場面が!!!
正直に言います・・・​​「​次まだですか?​​(*'▽')​​​

今回も知略にとんだゲーム展開がおもしろいので是非皆さん読んでみてください。​






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2021.08.26 16:45:09
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.