000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

JUNE&BRIDE 別館

PR

Profile


bride619

Calendar

Favorite Blog

ちょっと晴れたから New! mogurax000さん

ウトウ New! 野鳥大好きさん

期日前投票で隣町…途… New! ひでわくさんさん

ミントにヤマトシジミ New! みなみたっちさん

山吹が一輪 New! どじょう家族さん

今人気のササゴイ フォト原さん

寛容になること LE MIELさん

久しぶりの鳥見 翡翠♪♪さん

あいちゃんの美味し… あいちゃんKOBEさん
CoCo Pujer ☆CoCo☆さん

Comments

JUNE@ ありがとうございます 皆様、あたたかいコメントをありがとうご…
今津定例担当@ Re:ブログ休止のお知らせ(06/04) まっことせんない話でごわす。(薩長土佐…

Freepage List

全785件 (785件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 79 >

子ども・おうち・自然

2010.06.04
XML
突然ですが、このブログをしばらく休止しようと思います。

このブログの情報をもとに、マナーの悪いバーダーが集まってきて
地元住民が迷惑してる...と言うご指摘がありました。
その危険性は自覚し、細心の注意をはらって活動してきたつもりでしたが
そう感じる方が、実際にいらっしゃる以上
今のスタイルのまま続けるのは、良くないと判断しました。

この機会に、どのような形の活動が良いのか
自分たちが本当にやりたい事は何か、ゆっくり考えてみようと思います。
仲良くして下さったブログ仲間の皆様、応援して下さった多くの方々
本当にありがとうございました。

【バーダーの皆様へ】
野鳥観察は、地域住民の御迷惑になる危険性を常に抱えています。
たったひとりの、配慮の足りない行動は
この趣味に対する、大きなマイナスイメージになりかねません。
周囲への思いやりを忘れず、素敵な野鳥ライフを満喫しましょう♪

(JUNE)



お気楽にはじめたこのブログ。
はじめた理由はホームページの更新をするのがめんどくさいから...
これなら簡単に更新できると、ほんといい加減な理由でした。

ところが気がつけばたくさんの皆さんに励まされ、
ほんとに楽しい日々を送ることができました。
ちょっとした日記に皆さんがコメントをつけてくれる。
これはなかなか快感でした。
そして鳥の名前、草花の名前、まったくわからずに載せていたら誰かが教えてくれる。
ありがたかったです。


今後はここの更新はしなくても...
皆様のところには伺います。
そして、いつか...復活できる日が来ると良いな。と思っています。

長い間、ありがとうございました。


(BRIDE)






Last updated  2010.06.04 22:22:07
コメント(14) | コメントを書く
2010.05.30
先週木曜日、5/27の事です。
出勤前に、地元をぐるっと回ってみると
途中で「にゃ~っ」の鳴き声。ん、いつもの野良猫...??

コウライウグイス(さえずり・mp3)

あらら、また君でしたか(^^;
5/15に続いて、今期二回目のコウライウグイスでした。
ホントに今年は、当たり年なのでしょうねぇ。
しかし、「声はすれども姿は見えず」のこの鳥。
時間のない、平日出勤前に出てもなぁ...

コウライウグイス(さえずり他・mp3)

翌5/28金曜日にも、まだ声が聴こえていました。
あんまり声が面白いので、ちょっと長めですが
一分余りの録音になっています。

しばらく声を楽しんだ後
そろそろ引き上げようとした、まさにその時



コウライウグイス
コウライウグイス posted by (C)bride619

葉っぱの間から、頭だけですが見えました!
まさしく証拠写真ですが、特徴のある姿が幸いして
コウライウグイスである事ははっきりわかりますね。



コウライウグイス
コウライウグイス posted by (C)bride619

コウライウグイス
コウライウグイス posted by (C)bride619

そこそこ黄色いですが、まだ胸に縦斑のある若い個体です。
この日のチャンスも、この一瞬だけで
あとはまた林の中で、鳴き声が響くだけ。

マニュアルフォーカスですし、露出等を合わせる時間はなかったので
ホントに厳しかったですが、証拠だけでも残せて良かった(^^)
一日粘ってもダメな日も多い一方
出勤前のちょこっとで、チャンスに恵まれる事も。
これもまた鳥見の面白さでしょうか。

当然のごとく、翌5/29土曜日以降はもう声は聴こえず。
大声なので、鳴いていれば必ず気がつきますので
やはり抜けてしまったんでしょうね。

(JUNE)






Last updated  2010.05.30 22:39:01
コメント(2) | コメントを書く
2010.05.28
かなり時期外れになりましたが、「野鳥だより・ふくおか」掲載記事を
それぞれの写真や、日記へのリンクと共に掲載します。


年明けから約1ヶ月半は、地元海岸で海鳥ラッシュ。
ウミアイサを筆頭に、カイツブリ類、カモメ類、ウ類、オオハム類など
多数の海鳥が間近で見られ、多くのバードウォッチヤーで賑わいました。
珍しい顔ぶれを中心に、日記風に振り返ってみます。



1月03日
ウミスズメ今季初認。
豆粒大ながら証拠写真も撮れ、新年早々幸先の良いスタート。
日記:ちょっと嬉しい鳥

ウミスズメ ウミスズメ(バタバタ)


1月11日
H氏がミツユビカモメ幼鳥を発見!
ずっと遠方を飛び回ってばかりいたが
白い翼上面に黒いM字模様は独特で、姿を追いやすい。
日記:試練の誕生日

ミツユビカモメ ミツユビカモメ


1月23日
ミツユビカモメ幼鳥が再出現し、嘴がほぼ真っ黒な個体を間近で観察。
日記:まずは前回のリベンジ

また幸運にも、ウミスズメ2羽に接近遭遇したが
モグラたたきの様に、出てはすぐ潜る2羽に撹乱されっぱなし。
日記:こちらもチャンス再到来

ウミスズメ(別個体) ウミスズメ(今回のベストショット)


1月30日
2羽目のミツユビカモメ幼鳥確認。こちらは嘴がかなり黄色くなっている。
この2羽は2月中旬までほぼ連日見られた。
外洋性の同種が、県内の海岸でこれだけ楽しめる機会も珍しいのでは?
日記:2羽、そして...

ミツユビカモメ(個体B) ミツユビカモメ(個体A&B)


1月31日
「そっちにカンムリウミスズメが浮いてる!」と
離れた場所にいたH氏より連絡。
ここからでも十分遠いのに、Hさん一体どんな目をしてるんですか?(笑)
待望の一種は観察中にどんどん増えて、ピーク時は一帯に30羽以上がちらばっていた。
残念ながらこの日のみの確認。
またこの日のみ、ミツユビカモメ幼鳥3羽を確認。
日記:待望の一種

カンムリウミスズメ カンムリウミスズメ



2月11日
シロエリオオハム1羽がスロープに上陸。
日記:雨の祝日

この日から約一週間は、3~5羽のオオハム類が
連日ぞろぞろ上陸して一躍人気者に。
ウミアイサが一緒に上がってくるケースも。
海鳥の数はこの頃をピークに減りはじめた。
日記:居心地よかった?

シロエリオオハム(上陸) のんびり♪


2月13日
防波堤の大型カモメ群れに、頭が真っ白で風切がグレーの固体を発見。
ワシカモメの奇麗な成鳥夏羽個体!
県内では非常に珍しく、特に成鳥の明確な記録はほとんど無いとのこと。
日記:「海鳥な冬」の締めくくり?

ワシカモメ ワシカモメ


2月14日
オレンジ色の大きな嘴に、顔には白い二本線。
海上に浮かぶ、まさかのウトウの姿に驚愕! 
既に生殖羽のようで、嘴基部の白色突起が確認できた。
Y氏ら数名が来られた頃には、すごいスピードの潜水を始めていた。
双眼鏡で追うのすら難しく、まさしく水中を飛んでいる感じ。
また前日に続きワシカモメも確認したが
ミツユビカモメ幼鳥は自身ではこの日が終認。
続・「海鳥な冬」の締めくくり?

こ、これは... ウトウ


2月19日
出勤前に、防波堤に座り込んだミツユビカモメ成鳥2羽を発見。
うち1羽は、重度の油汚染が見られた。
幼鳥と入れ替わるように出現したこの成鳥2羽で
この冬に5個体が確認できたことになる。

2月20日
ミツユビカモメ成鳥、油汚染がひどい一羽のみ見られたが
全般に海鳥の数が激減。
日記:複雑な心境

ミツユビカモメ成鳥(個体D) ミツユビカモメ成鳥(個体E)


これ以降は、おなじみの鳥がぼちぼち見られる
普段の静かな海に戻りました。

例年とは明らかに様子が違う「海鳥な冬」は
ライファー4種など貴重な経験になりました。
さて、来年はどんな冬になるのでしょう??

(JUNE)






Last updated  2010.05.28 00:04:51
コメント(6) | コメントを書く
2010.05.26
ミユビシギ群れ
ミユビシギ群れ posted by (C)bride619

5/15地元海岸にて見かけたのは
とっくに北へ帰ってしまったと思っていた、ミユビシギ9羽の群れ。
もしかして南から渡りの途中かな?



ミユビシギ群れ
ミユビシギ群れ posted by (C)bride619

それにしても、全く警戒心がありません。
採餌しながらどんどん近づいてくるので
こちらが後ずさりしながらの撮影です(笑)



ミユビシギ群れ
ミユビシギ群れ posted by (C)bride619

まだ全体に白い個体から、
かなり夏羽に変わってる個体まで、いろいろですね。



ミユビシギ群れ
ミユビシギ群れ posted by (C)bride619

もう少しあとまでいてくれたら、奇麗な夏羽になるのにな~



セイタカシギ群れ
セイタカシギ群れ posted by (C)bride619

おまけ画像は5/9、またまた7羽で群れていたセイタカシギ。
今期は本当に沢山見られました。
この直後にハヤブサが襲ってきてパニックでしたが
幸い捕まらずに済んだようです。

(JUNE)






Last updated  2010.05.26 21:45:48
コメント(2) | コメントを書く
2010.05.24
引き続き、更新が滞っている間の
4月末~5月前半の話になりますが

コサメビタキ
コサメビタキ posted by (C)bride619

エゾビタキ
エゾビタキ posted by (C)bride619

サメビタキ類などは、比較的良く姿を見せてくれるのですが
5月になると木々も茂り、小鳥の姿が見えない事もしばしば。
声はすれども姿が見えず
一瞬見えても写真は撮れず...が増えてきますね。

そこで、せめて声だけでも...と残した
小鳥達の声をいろいろとご紹介します。



ムギマキ(さえずり・mp3)
コルリ(さえずり・mp3)

はい、この辺りはおなじみと言いますか
なかなか撮らせてくれない鳥達ですね(笑)

コルリとちょっと違う様な?(さえずり・mp3)

こちらはちょっとコルリと違う感じですが、はて?
もう少し奇麗に録音できたら良かったのですが。
5/14とやや遅い時期の録音です。



エゾムシクイ
エゾムシクイ posted by (C)bride619

エゾムシクイ(さえずり・mp3)
キマユムシクイ(さえずり・mp3)

ムシクイ類も、さえずりですぐにわかるのですが
なかなか撮らせてはくれません。



ウスリームシクイ(顔が見えない...)
ウスリームシクイ(顔が見えない...) posted by (C)bride619

エゾムシクイにそっくりな姿の
ウスリームシクイの声が、この春は地元でも聴かれました。
さんざん追いかけてみましたが、暗い林で一瞬チラッと見えるだけ。
写真はかろうじて引っかかったこれだけ(泣笑)
せめて、声を載せておきますね。

ウスリームシクイ(さえずり・mp3)
ウスリームシクイ(さえずり・mp3)
ウスリームシクイ(地鳴き・mp3)

さえずりは「フィリフィリ」という独特な声で
上記のエゾムシクイの「ヒーツーキー」の声とは全く違います。
地鳴きはエゾムシクイに似てますが、もう少し金属的に感じました。

ちなみに5/1に1羽、5/5には3羽でさえずる声が!
この鳥が複数で確認できるのは、かなり珍しいかも。



エゾビタキ(飛び出し)
エゾビタキ(飛び出し) posted by (C)bride619

おまけ画像...
遊んでくれるのは、やっぱりヒタキ類くらいです。
正面顔とはちょっと違いますが、これはこれで面白い顔だったので(笑)

(JUNE)






Last updated  2010.05.24 22:33:32
コメント(4) | コメントを書く
2010.05.22
遠征の影響等で、いつも以上に更新が滞ってますが
5月に入ってからのシギチの様子です。
朝夕の撮影で、ちょっと色が変な写真が多いですが...

トウネン
トウネン posted by (C)bride619

今期不調の小型シギ
まずトウネンを見かけたのは5/1の一度きりでした。
しかもまだほとんど冬羽のような個体ですね。



ヒバリシギ
ヒバリシギ posted by (C)bride619

ヒバリシギも、5/5に3羽見かけただけです。
こちらは換羽が進んでいて華やかでした。



サルハマシギ
サルハマシギ posted by (C)bride619

もう少し大きな種類では
なかなか見られないサルハマシギは
この春3回見られ、まずまず好調です。



サルハマシギ
サルハマシギ posted by (C)bride619

今までは単独での観察ばかりでしたが、5/16には
3羽で一緒に行動しているのが見られました。



ウズラシギ(伸び~)
ウズラシギ(伸び~) posted by (C)bride619

ウズラシギも、4~5月にまずまずの頻度で見られました。
2ショットで、片方が伸び~というシーンです(^^)



チュウシャクシギ(バサバサ)
チュウシャクシギ(バサバサ) posted by (C)bride619

チュウシャクシギは出足こそ遅かったものの、ほぼ例年並みの様です。
たまたま翼の裏側が撮れましたが
もう少しシャッタースピードが速ければ...



キアシシギ(正面顔)
キアシシギ(正面顔) posted by (C)bride619

おなじみ正面顔を、今回つとめるのは
今期ちょっと影が薄い感じもするキアシシギ。
まぁ群れで飛来する、キアシシギやチュウシャクシギは
マジメにカウントしておらず、あくまで感覚的な話です。

(JUNE)






Last updated  2010.05.22 17:07:31
コメント(2) | コメントを書く
2010.05.19
連休中の離島遠征の話、最終回です。
今回はタヒバリ・セキレイ類を中心に。

カワセミ
カワセミ posted by (C)bride619

留鳥の少ない場所ではありましたが
愛想の良いカワセミがいて、よく遊んでくれました。
でもここでは、みんな忙しいので
カワセミをゆっくり観察してる暇がないのです(笑)



コマミジロタヒバリ
コマミジロタヒバリ posted by (C)bride619

これも嬉しい一種、コマミジロタヒバリです。
マミジロタヒバリに似ていますが、短めの嘴や尾羽、細めの足
中雨覆の軸斑の形状等、コマミジロタヒバリの特徴が出ていました。



コマミジロタヒバリ
コマミジロタヒバリ posted by (C)bride619

後趾の爪は長いですが、マミジロタヒバリ程ではありません。



ムネアカタヒバリ
ムネアカタヒバリ posted by (C)bride619

ムネアカタヒバリも何度か見かけましたが
このクラスの鳥になると、注目度もイマイチ(笑)



ビンズイ
ビンズイ posted by (C)bride619

セキレイやタヒバリ類がかなり入っている畑に、一緒にビンズイが。
周囲の只タヒバリは夏羽になっていて、ビンズイとは似ていないのですが
畑でタヒバリに混じってる事はあまりないので
すぐには正体が分からず、何者だぁ~っとちょっと焦りました(^^;



マミジロツメナガセキレイ
マミジロツメナガセキレイ posted by (C)bride619

白い眉斑が明瞭な、亜種マミジロツメナガセキレイ。
美しい鳥ですが、若い個体なのか
色が今ひとつ鮮やかではありません。



マミジロツメナガセキレイ
マミジロツメナガセキレイ posted by (C)bride619

こちらは奇麗な個体でしたが
角度によっては眉斑がほとんど見えず、別の亜種かと思っていました。



オオミズナギドリ
オオミズナギドリ posted by (C)bride619

帰路の船上で見送ってくれたオオミズナギドリ。
もっと近くを飛んだ事もありましたが
丁度カメラを持っていませんでした(笑)

連休中の離島遠征を、3回に渡ってご紹介しました。
評判どおりの面白い場所で、とっても満足でしたが
晴天続きで、尻すぼみに鳥が減ってきたのがちょっと残念でした。

さて、またいつの日かここを訪れる機会はあるのでしょうか。

(JUNE)








Last updated  2010.05.19 21:39:55
コメント(2) | コメントを書く
2010.05.17
ゴールデンウィーク明け、バードウィーク前後のこの時期は
春の渡りもピークを過ぎて、個体数はちょっと寂しくなるのですが
ひょっこり大物が現れたりするので、気が抜けません。
これまでにも、この街にヤマショウビンシマノジコ
昨年にはナベコウまでも飛来した、大好きな時期です。

今年も既に、キマユホオジロを見ることが出来ましたが
さらにだめ押しのヒットがありました。



5/15土曜日、いつもの様に地元の渡り鳥スポットを回っていると
何やら賑やかな声が聴こえてきました。

コウライウグイス(さえずり1・mp3)
この街では初めて聴く、コウライウグイスのさえずりです!

何しろ「声はすれども姿は見えず」の代表みたいな鳥で
かなり粘って、3回ほど姿が見られましたが
残念ながら、とても写真が撮れる状況ではありませんでした。

目にした姿は、完全な鮮黄色ではなく緑がかっており
雌もしくは若鳥ではないかと思います。
(雌もこんな声を出すのか、よく分かりませんが)

コウライウグイス(さえずり2・mp3)
コウライウグイス(みゃー・mp3)
それにしても、いろんな声を出す鳥で
なんだか聞いてるだけで楽しくなってきます(^^)

予想どおり、翌日にはもう声も姿もありませんでしたが
またぜひこの街に立ち寄って、その美声を披露してください♪



ところで、このコウライウグイスを待っている最中に
ふと見上げた快晴の空には、ハリオアマツバメが!
遠いなぁと思ってみてたら、一気に近づいてきて
猛スピードで頭上を通過して行きました。

ハリオアマツバメ
ハリオアマツバメ posted by (C)bride619

かろうじて撮った一枚、なんとかそれとわかります。
距離は近かったので、「針尾」が見えないか拡大しましたが
さすがにほとんど見えませんね(笑)

実はこの鳥も、地元では初めて見たので
一気に地元リストが二つふえた、ラッキーな日でした。



田園の夕暮れ
田園の夕暮れ posted by (C)bride619

おまけ画像は鳥見の帰り、田園風景の夕暮れです。
ちょうど夕焼けに伸びた飛行機雲が、あんまり奇麗だったので
久しぶりに標準レンズを使って撮りました。
明日天気にな~あれっと♪

あ、いや、天気が続くと渡り鳥が抜けてしまいがちなので
崩れた方がありがたいかも(爆)

(JUNE)








Last updated  2010.05.17 22:41:24
コメント(8) | コメントを書く
2010.05.14
連休中の離島遠征の話、その2です。

ノジコ
ノジコ posted by (C)bride619

留鳥が少ないここでは、只ホオジロはほとんど見かけません。
代わりに多かったのが、このノジコ。



ノジコ
ノジコ posted by (C)bride619

とにかく、あちこちで姿が見られます。
地元では縁が無いのに(笑)



コホオアカ
コホオアカ posted by (C)bride619

ノジコに続いて、コホオアカの姿も
割と頻繁に見られました。



キマユホオジロ
キマユホオジロ posted by (C)bride619

運良く見やすい場所に、ペアでとまってくれたキマユホオジロ。

あとシロハラホオジロも何度か見かけましたが
いずれもすぐにブッシュに入ってしまって撮れず...



ハチクマ
ハチクマ posted by (C)bride619

ワシタカではハチクマやサシバ、ハイタカを何度か見ましたが
群れで見かける事はなく、例年になく低調だったようです。



コムクドリ
コムクドリ posted by (C)bride619

只ムクドリもあまり見かけない代わりに
コムクドリの群れが目立っていました。



ギンムクドリ
ギンムクドリ posted by (C)bride619

ギンムクドリ
ギンムクドリ posted by (C)bride619

嬉しかったのは、このギンムクドリが見られた事。
二枚の写真は別個体です。
この鳥も、地元に来てくれないかな♪

(JUNE)






Last updated  2010.05.14 22:30:10
コメント(4) | コメントを書く
2010.05.12
連休中の5/2~5/4は、たまたまお誘い頂いて
珍しく離島へ遠征してきました。
初日はまずまずの状況でしたが、晴天が続いた為か
二日目、三日目と尻すぼみ気味の感じでした。
ただ、晴天故に撮影条件はまずまずでした。

いろいろ撮影してきたので、何回かに分けて掲載します。
掲載の順番は、特に意味はありません(笑)



キビタキ(至近距離)
キビタキ(至近距離) posted by (C)bride619

まず迎えてくれたのは、おなじみキビタキでした。

この写真は、少し後でみかけた別個体の写真ですが
我々から数メートルの位置にとまって、全く警戒する様子無し。
下からなのが残念ですが、これはこれで面白い写真かも(笑)



オオルリ
オオルリ posted by (C)bride619

オオルリも何度もチャンスがありましたが
振り返ってみるとあまり写真を撮っていませんでした。
おもいきり枝かぶり(笑)



エゾムシクイ
エゾムシクイ posted by (C)bride619

ムシクイ類は意外と少なかったですね。
この個体はエゾムシクイだと思いますが、本来はたくさんいるはずの
本種やセンダイムシクイの声があまりせず。
一番良く耳にしたのは、キマユムシクイの声でした。



サンショウクイ
サンショウクイ posted by (C)bride619

サンショウクイの声は
期間を通じてあちこちで聞く事ができましたが
姿を見る機会は意外と少なかったですね。



ハヤブサ&トビ
ハヤブサ&トビ posted by (C)bride619

ふと見上げると、飛びをモビングするハヤブサ...
と言う事も無いんでしょうが
一緒に旋回していてたまたまこの構図に(笑)



アカハラ
アカハラ posted by (C)bride619

アカハラはホントに沢山でした。
シロハラとどっちが多いかな?という感じ。



ヤツガシラ
ヤツガシラ posted by (C)bride619

ひらひらと飛んできて、木にとまったヤツガシラ。
もしずっととまっていたら、これでは多分見逃したでしょうねぇ(^^;



ニュウナイスズメ
ニュウナイスズメ posted by (C)bride619

数は多くないものの、ニュウナイスズメも見られました。
ただ、いきなり電柱の上の鉄管に潜り込んでびっくり。
こんなところに営巣してるのかな??

その2へ続きます。

(JUNE)






Last updated  2010.05.12 23:45:21
コメント(0) | コメントを書く

全785件 (785件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 79 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.