1648887 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日本一の果実栽培をめざして

PR

全42件 (42件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

2013/09/14
XML
カテゴリ:

『あ』

『あ』で始まる時は大抵良くありません。

出来れば『お』の方が良いですね。如何にも何か発見した様で良い響きがあります。

先程見てきましたら『あ』が順番待ちしているかのように並んでました。

 

 

あらっ。このあたりで既に『あ』が10回ほど。

016.JPG

 

 

 

あらら。ここにも。

008.JPG

 

 

 

 

今年接いだ興津20号の枝です。

あれっ。

 

007.JPG

 

 

 

2010年の実生桃です。

あららららら。

先日袋が大きくはち切れまして、仕方が無いのでぶどうの袋を被せてありました。

ぶどうの袋から透けてます。

ぶどうの袋では無理でしたね。

桃の袋って何故こんなに小さいのでしょう。

袋のお尻から入られたようです。

お尻から入るとは失礼な害虫です。

 

014.JPG

 

 

 

015.JPG

 

 

017.JPG

 

 

あとは3週間後に糖度20超えでお待ちしてます。

3週間。

厳しいなあ~。

この桃の木だけであと何回『あ』を言わされることやら。

 

 

 

にほんブログ村にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ







最終更新日  2013/09/14 08:04:04 AM
コメント(14) | コメントを書く


2013/09/09
カテゴリ:

痛んでいた部分が1~2日でカビて来ました。

桃も軸の部分が痛み易いんですね。

落ちた桃の重さを計りますと300~400g。

糖度は15~18。

真っ青な部分でも糖度15あるのはちょっと意外です。

(黄色い部分で糖度18。)

こんな真っ青な桃が食べられるか~。

・・・

食べられました。

目を閉じて食べれば普通に固い桃って感じです。

先日の3年目の西王母の完熟桃でも同じ糖度15。

何か変です。

現在生っているもので大きそうなものは500gくらいでしょうか。

 

 

 

2010年に生えて来た実生桃。

今年実質3年目になります。

昨年数個生りましたが収穫は10月上旬。

片親が西王母で晩生の可能性はありましたが、親より遅いのは困ったものです。

 

 

 

001.JPG

 

 

 

 

木はのびのび成長しています。

6月に一度立枝を全て落としました。

その後また徒長枝が3mほど伸びて来ました。

 

 

012.JPG

 

 

013.JPG

 

 

 

実生も面白いですね。

今年中に親に追い付けば大したものです。

まだ一ケ月あります。

面白い桃になって欲しいものです。

 

 

 

にほんブログ村にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ







最終更新日  2013/09/09 07:12:51 AM
コメント(10) | コメントを書く
2013/09/06
カテゴリ:

そんなバナナ。

あらっ。

こんなはずでは。

後で考え直しましたら当たり前のことでした。

 

 

 

植え付け3年目の【西王母】を収穫しました。

雨避けをしてあります。

 

 

3m×3m。

西王母は桃の中でも栽培が難しいと言われています。

ならば過保護に育てれば完熟まで行けるのでしょうか。

完熟まで待っておいしい西王母を食べてみたい。

そんな思いからでした。

雨避け試験栽培の結果報告をしましょう。

 

 

005.JPG

 

 

 

 

収穫した西王母です。

これはまとも。

 

002.JPG

 

 

 

これは痛みがありますね。

落下せずまだ木に付いた状態でした。

 

006.JPG

 

 

切ってみます。

001.JPG

 

002.JPG

 

 

糖度を計ってみます。

糖度15。

別の桃を計ってみます。

これも糖度15。

バラツキは無いようです。

完熟の西王母で糖度15。

予想外です。

糖度25まで行ってくれれば成功。

糖度で10の開きがありますね。

 

 

 

冷静に考えてみました。

・・・

・・・

・・・

 

なるほどね。

糖度15は当たり前ですね。

むか~し昔の記憶が蘇りました。

現在10年生になる西王母がありますが初生りの時の糖度は15くらいでしたね。

 

 

いきなり糖度25は無理でしたね。

試験栽培を開始する前に気付くべきでした。(反省)

 

 

初生りの桃。

6月下旬に初生りした『はなよめ』の完熟果の糖度は約13程度でした。

ちょっと低いかな。と思ったりしました。

でもこれも正解。

 

 

3年目の西王母の糖度は15ですが桃にしてみればこれが精一杯なのでしょうね。

 

 

若木の至り。

若い頃は本来の味が出ませんね。

人も歳を取るに従って人間味が増して来ます。

果樹も同じですね。

 

 

カタログ通りになるまで待ちましょう。

忍耐。

忍耐。

耐えましょう。

じっくりと。

 

 

昨日30年生梨の『長十郎』を食べました。

思った以上においしい梨でした。

きっと長十郎の味を100%出してくれたのでしょうね。

 

 

果樹栽培は時間が掛かりますね。

生って完成ではありません。

本来の味になった時が本当の意味の初生りかもしれませんね。

 

 

予想外の結果でしたが大いに勉強になりました。

今回の試験栽培は成功!

果樹栽培の真の難しさを教えてくれました。

 

年々少しづつおいしくなって行くのが果樹の成長ですね。

木が大きくなるだけが成長ではありません。

 

 

この西王母を冬に2mまで剪定します。

来年もここで雨避け栽培を試みます。

来年のこの時期、大きさ・糖度とともに成長した西王母を見てみたいですね。

 

 

現在糖度25の西王母が庭に生っています。本当~。(笑)

収穫するまで落ちないでね。

先日落下した青桃の糖度を計りましたら22ありました。

 

 

にほんブログ村にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ







最終更新日  2013/09/06 06:32:16 PM
コメント(12) | コメントを書く
2013/08/19
カテゴリ:

昨日からイチジクのダルマティを一人一日3個のノルマを課しました。

今朝の私のノルマ分です。

先程収穫して来ました。

 

002.JPG

 

本当は完熟まで待てば良いのですが、イチジクは日持ちが良くありません。

完熟果であれば収穫後2~3時間で腐ってしまいます。

収穫してすぐに食べないと行けません。

 

この写真のイチジクは完熟より半日早く収穫したものです。

やはりおいしくありません。

糖度は15。

写真で一番小さいものが完熟に近い感じでしょうか。これで糖度21。

半日の差で糖度的が6違って来ます。

 

 

完熟から半日前での収穫、止む負えません。これが待てるギリギリの線でしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日極晩生の実生桃をチェックしました。

紙袋が破れているものがありましたので、さらに上からぶどう用の袋を掛けておきました。

腐れ果は取り除いておきました。

 

2010年に発芽した桃の木です。

これもまだ名前がありません。

昨年は10月上旬でしたので、恐らく今年もそれくらいでしょう。

 

 

先日ネクタリンの3年目ハネージュで実が肥大しないと書きましたが、この実生桃も同じ傾向があります。

特に太枝に付いた実は全く小さな実です。

 

 

これで150gほどでしょうか。

013.JPG

 

 

こちらは細枝に付いた実です。

350~400gあると思います。

袋が破裂して痛んでおりました。

016.JPG

 

 

 

 

今年も収穫が厳しそうです。

 

これを見てますと徒長した元気の良い枝には実を付させては行けませんね。

樹勢が強いほど細枝に限ります。

 

 

 

 

にほんブログ村にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ







最終更新日  2013/08/19 07:07:09 AM
コメント(14) | コメントを書く
2013/08/05
カテゴリ:

桃に穴が出来ました。

桃に穴が開いた訳ではありませんが、暫く収穫出来そうな桃がありません。

 

8月の桃。

8月に収穫出来るおいしい桃は何がありますかね。

 

 

『岡山の白桃』

これなんかどうでしょう。

繊維質が少なく食味に優れるとあります。

 

 

 

圃場の一角の様子。

 

015.JPG

 

 

 

圃場に居座った桃達です。

1年成長させ別の場所に移す予定が移動出来ずにそのまま残ってしまいました。

大きくしない予定でしたが木は大きくなろうとします。

なかなか管理者の思い通りには行きません。

大きくしない為には根域制限は必須かもしれません。

 

 

ここにハネージュ・照手水蜜・なつっこ・白麗があります。

かなり混んで来ました。

 

 

結論: この場所は白麗の枝を伸ばそう。

今年の秋から冬に着手します。

ハネージュは別の場所にもありますし、他のネクタリンも接いでありますので倒せません。切り詰めて対処。

照手水蜜となつっこは可愛そうなことになるかもしれません。

 

 

白麗は春に1mのヒョロ苗でした。

現在の樹高は2m。

来年中に枝張り5m。再来年から生ってくれればです。

岡山でこの白麗は8月中旬だそうです。現在は白麗の枝変わりの新白麗もあるようです。

新白麗は8月下旬の収穫。

 

『白麗』

 

016-a.jpg

 

 

桃を食べますと、歯の隙間に繊維質が引っ掛かります。

ハハハ。

これが結構気になります。

もしかしたら白桃は楊枝が不要かもしれません。

 

私の想像の中で白桃はおいしいはず。

8月の白桃に期待しましょう。

8月が白桃で埋まれば6月上旬~10月上旬まで桃の収穫が出来るようになるかもしれません。

 

そう言えば早生種の野沢白桃もありましたね。こちらの枝は50cm。さらに時間が掛かりそうです。

 

にほんブログ村にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ







最終更新日  2013/08/05 06:55:00 AM
コメント(8) | コメントを書く
2013/07/20
カテゴリ:

この桃、可愛そうですが名前がありません。

 

桃の木から実がポトリ。そのまま放置。

種を植えたのでは無く、その後偶然生えて来た桃です。 

世間では実生と呼ばれている桃です。

2010年に発芽。

2011年にヒョロ苗を畑に移植してありました。

 

 

親は西王母となつおとめになります。

 

どんな桃が生るのだろう。

実生は親を超えられない?

本当かな?

まあいいでしょう。一度生らせてみよう。

 

昨年数個生りましたが、全て何者かに食べられました。

今年ようやく収穫に漕ぎ着けました。

 

005.JPG

 

003.JPG

 

 

1個地上まで1~2cmの桃を見付けました。

獣にどうぞ食べて下さい。と言わんばかりの高さです。

これまで収穫した桃の中で、一番低い所に生った桃です。

この木では記念すべき一番果になりました。

 

(収穫:2013/7/16)

004.JPG

 

 

 

009.JPG

 

 

367g。

007.JPG

 

 

 

気持ち大き目と言った所でしょうか。

 

剥いてみますと、溶解性の桃のようです。

なつおとめの性質を受け継いでいますね。

001.JPG

 

 

 

糖度は14.4。

 

ほんのり甘さを感じます。

なつおとめの幼木の頃の甘さです。

 

 

この実生桃の良い所は、この時期に収穫出来たと言うことです。

気持ち早生っぽい感じです。

出来れば今後、親のなつおとめの糖度と大きさを超えて欲しいと思います。

糖度はなつおとめと西王母の中間。 (希望する糖度17前後)

大きさもなつおとめと西王母の中間。 (希望する大きさ400g前後)

ここまで成長してくれればこの実生桃を育てた価値が生まれますね。

 

来年以降に期待しましょう。

 

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ

にほんブログ村







最終更新日  2013/07/20 06:52:49 AM
コメント(10) | コメントを書く
2013/06/20
カテゴリ:

 

013.JPG

014.JPG

 

015.JPG

 

016.JPG

 

雨の日の紫陽花は綺麗じゃないですね。

今度晴れた日の綺麗な紫陽花を撮りましょう。

紫陽花の挿し木を忘れてましたね。

 

 

 

雨が原因ではありませんがブルーベリーが枯れてます。

003.JPG

 

実を付けた木でも枯れそうなくらいに元気がありません。

002.JPG

 

 

 

今年は収穫を諦めようかと思いましたが、反省の念で収穫を始めました。

今度の休日は今年初めてのブルーベリーのお世話をしましょう。

017.JPG

 

 

 

 

桃の『はなよめ』が1個落下していました。

019.JPG

 

021.JPG

 

 

何故落下していたかと申しますと、

018.JPG

 

 

糖度10.0。

全く甘味がなく、かなり不味いです。 

 

今年数個の味見をする予定ですが、ちょっぴり不安になって参りました。

袋を通しても色付きを感じます。

収穫は近いと思います。

 

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ

にほんブログ村







最終更新日  2013/06/20 07:13:40 AM
コメント(10) | コメントを書く
2013/06/08
カテゴリ:

足跡を残して行きました。

今回は完全犯罪とは行かなかったようです。

009.JPG

 

014.JPG

 

 

 

ひめこなつを防鳥ネットで覆ってありましたがやられました。

前日は雷雨。

突風の為かネットの一部が大きく開いています。

ここが侵入口です。

013.JPG

 

011.JPG

 

 

 

叩き付けるような激しい雨で地面が綺麗になり、表面が柔らかくなっていました。

真夜中の犯罪です。

 

 

一体何でしょう。

指先が丸い動物。

小動物の足跡をいろいろ検索してみました。

一番近かったのがハクビシン。

ハクビシンは5本指で丸い形。

ハクビシンは私より木登りが上手。これだとするとちょっと手こずるかもしれません。

 

 

 

さらに今度は15:20。

今度は現行犯の現場を目撃しました。

スモモの貴陽です。

口ばしで袋掛けした袋を引っ張っています。

カラスです。

024.JPG

 

貴陽は今年が初生りで2個のうち1個をやられました。

026.JPG

 

 

 

今年初生りの白麗も1個しか生っていませんでしたが、これもやられました。

029.JPG

 

 

まあカラスの勝手でしょ。にはさせておきません。

 

こうやって見ます敵だらけと言った感じですね。

ただ完全犯罪を崩せたのは大収穫でした。

敵は一種類では無く複数います。

上から下から。

原因あっての対策。

少しやり易くなりました。

私の日頃眠っている頭も少しづつ稼働を始めました。

 

 

 

ひめこなつを全収穫しました。

これだけあれば味見には十分な量です。

(大きさ的には110~140g。糖度は15~16。)

来年から本格収穫となります。

015.JPG

 

 

 

 

ぶどうも出来る所から摘粒と袋掛けを始めました。

(黄玉・出雲クイーン)

理想的には40~43粒ですが、そこまで立派な房ではありませんので25~35粒程度の小さな房です。

006.JPG

 

008.JPG

 

 

 

 

柿の生理落下が終わったようなので、摘果を済ませました。

柿も一枝一個。これを徹底させます。

今年もこの富有柿がメインになります。

1本で150~200個程度は生ってくれます。老木ですが今だ健在。頑張って欲しいものです。

今年の冬に粗皮を剥ぎましたので、病巣もこれで多少減らせられるかもしれませんね。

033.JPG

 

 

 

ひめこなつが1日で手で皮が剥けるようになりました。

まあ、味は平凡な桃です。

これでも食べて始動と行きましょう。

 

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ

にほんブログ村







最終更新日  2013/06/09 05:54:47 AM
コメント(18) | コメントを書く
2013/06/06
カテゴリ:

この桃がシグナルを送ってくれました。

ちゃんと対策しないと今年もやられますよ~。

収穫直前の桃の【ひめこなつ】が食べられました。

ひめこなつは高接ぎ枝から1個収穫しましたが、路地植えの4個を食べられました。

 

手口は昨年と同じです。

昨年は結局対策が出来なかった為に、ほとんど桃の収穫に至りませんでした。

袋ごと落とされ、袋を破られ、綺麗に。

ゴチ!になりました。

 

良く見ますと今回は種も割られています。

 

005.JPG

 

006.JPG

 

 

 

 

これとは別にまだ全然熟していない【桃水】と【はなよめ】の袋も落とされていました。

今年はこの2品種が初生りで収穫時期とおおよその味を確認しないと行けません。

特に桃水の味は注目です。

9月中旬に収穫出来ればきっとおいしい桃です。9月下旬であればちょっと厳しいかもしれませんが。

 

 

【桃水】 (奥の3個が落とされました。破られた袋は近くで見つかりました。)

011.JPG

 

 

 

 

昨年ヌートリア用の捕獲器を仕掛けましたが結局掛からず。

もし鳥だとしたら鳥に笑われていたことでしょうね。

 

今回試しに防鳥ネットを掛けてみました。

鳥であれば手を出さないはず。

007.JPG

 

 

今年は徹底抗戦の構えです。

400~500個袋を掛けてありますが、一体何個収穫に至りますか。

 

 

桃の他、リンゴも同じ手口でやられたのを今思い出しました。

 

 

6月7日 5時45分。

高接ぎ枝の『ひめこなつ』 3個捕獲。

001.JPG

 

002.JPG

 

 

鳥・獣に食べられなければですね。

 

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ

にほんブログ村







最終更新日  2013/06/07 05:52:01 AM
コメント(12) | コメントを書く
2013/06/04
カテゴリ:

柿が生理落下を始めていました。

落ち着いたら摘果をしましょう。

柿は一芽に一個(細枝一本に一個)。これをきっちり守って行けば来年も同じように生ってくれます。

022.JPG

 

 

 

 

6月上旬。

そろそろでしょうか。

6/2(日)の夕方に桃の【ひめこなつ】を1個収穫しました。

これで2013年、いよいよ桃の開幕です。

手前の色着いた桃を収穫してみましょう。

 

030.JPG

 

 

今は6月5日(水)の早朝。収穫後丸2日は経っております。

手で簡単に剥けました。

収穫時は77g。現在は68g。

非常に小さな桃ですがこの時期としては貴重な桃になります。

カタログ値の大きさは120g程度。今年はそれに近付けるかもしれません。(2010年秋植え付け)

002.JPG

 

004.JPG

 

 

糖度は16.0。

ひめこなつにしては何故か糖度が高いです。

(昨年の糖度は11.0。 カタログ的には糖度12.0。)

甘いに越したことはありません。

幸先の良いスタートとなりました。

 

 

 

 

ぶどうと今年二度目の乾杯をしました。

遠慮せずたくさん飲んで下さい。

010.JPG

 

  

 

 

今年の注目品種の中にスチューベンがあります。

こんな感じです。

草に埋もれそうです。

草取りしなさい。 は~~い。

ここは地上から40cmの場所です。空中戦では無く地上戦に近い場所です。

ぶどう棚の一番端にあります。

先日も雨にズブ濡れでした。雨避けが出来ておりません。

2011年に挿したものですが、今年初めて蕾が付きました。

 

注目は花振るいが見られないことです。

なかなか優秀であります。

雨ざらしの場所で最後収穫まで行ければ有難いですね。

もしかしたら私のような素人に合っている品種かもしれません。

病気には強い品種らしいですがどうでしょうか。

 

003.JPG

 

 

 

小さな房ですが一応形を整えておきます。

(下の写真は上の棚のもの。 上と下。各1本づつ這わせてあります。)

001.JPG

 

 

002.JPG

 

 

 

 

こちらは出雲クイーン。

少し膨らんで来たように見えます。

そろそろ摘粒を始めないと行けません。

 

006.JPG

 

 

 

黄玉、今年はちゃんと生って下さい。 m(_ _)m

008.JPG

 

 

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ

にほんブログ村







最終更新日  2013/06/05 05:03:50 AM
コメント(10) | コメントを書く

全42件 (42件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.