1652422 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日本一の果実栽培をめざして

PR

全37件 (37件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

イチジク

2013/08/17
XML
カテゴリ:イチジク

ロードスどすえ。

 

ダルマティを収穫するついでにロードスをみましたら一果だけ色付いていました。

ロードスもそろそろでしょうか。

何となく今年は遅いように思いますが。

今年伸びた新梢に付いた実の収穫は遅れますので、全体の1/3程度は昨年のヒョロヒョロ枝を剪定せず残しておきます。

 

『ロードス』

005.JPG


007.JPG

 

 

 
ダルマティも今朝15個ほど収穫しました。
こちらもそろそろ本格収穫に突入した模様です。
 
『ダルマティ』
004.JPG

 

 

 

 

畑から戻る途中に近所のおばあちゃんに、これみんな食べて~。

最近雨が降らず味的に問題無いと思います。

今度会ったら感想を聞いておきます。

 

 

 

最近他方でもぶどうの話題が多くなって来ましたね。

家のはどうなってるんだろう。

 

確認しましたらおまけのスチューベンだけ着色してました。

写真ではいかにも立派な房に見えますが、実際はデラウェアより小さな房です。

ヒョロ苗でも出来るものですね。

私のようなぶどう初心者にはうってつけの品種だと思いました。

 

『スチューベン』

001.JPG

 

 

 

黄玉や安芸クイーンもそろそろかと思いましたがほとんど真っ青。

まだまだ先のようです。

 

晩生種の『イタリア』の方がうっすら黄緑色。

こちらの方が早いのでしょうか。

 

『イタリア』

スチューベンの房の4倍くらいはあります。

収穫まで行ければ今年が初収穫になります。

香りが良い品種ですので楽しみなぶどうであります。

002.JPG

 

 

 

高妻も小苗で一房だけ生らせてみました。

開花期に房をまっすぐ伸ばそうと思いましたが、まあいいか~。

小さな房なのでやめておきました。

姿勢の悪い房ですね

『高妻』

003.JPG

 

 

 

 

今年は昨年より着色が遅いように思います。

私の顔はすっかり黒く着色しているのですがね。

 

着色が悪くても食べられるぶどが出来ればOK。

もともと例年大したぶどうが生ってませんので焦りも何もありません。

生らなくてもともと。

一房でも生ってくれれば有難いものです。

 

 

にほんブログ村にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ







最終更新日  2013/08/19 06:18:57 AM
コメント(10) | コメントを書く


2013/08/09
カテゴリ:イチジク

今年の新梢に付いたイチジクが熟しました。

秋果です。

今年の夏果のダルマティは大実でしたが、秋果は肥大に欠けます。

ただ数的には圧倒的に秋果でしょう。

秋は数で勝負です。

 

 

『ダルマティ』

009.JPG

 

 

 

小果ですが甘いと評判の『ロンドーボーデックス』も1個熟していました。

 

011.JPG

 

 

 

 

糖度はともに16.4。

今年の夏は雨が多く、まだ本来の味では無いようです。

ダルマティ 137g。 ロンドーボーデックス 25g。

 

 

013.JPG

 

 

イチジクの秋果はこれから11月中旬まで収穫が続きます。

 

頑張って生って下さいね。

頑張って毎日コツコツ収穫しましょう。

 

 

ほんブログ村にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ







最終更新日  2013/08/09 09:24:52 PM
コメント(6) | コメントを書く
2013/07/22
カテゴリ:イチジク

果物もいろいろな外敵から攻撃されます。

先日、イチジク畑に仕掛けたネズミ捕りに意外なものが掛かりました。

エサはイチジクです。

捕獲器は少し大き目のものです。昨年ヌートリアではないかと考え購入したものです。

 

005.JPG

 

013.JPG

 

 

 

ヒヨドリです。

 

今年の5月、桜桃の防鳥ネットに四羽掛かりました。

桜桃の場合、ネットの上からでも必要に攻撃して来ます。

 

この捕獲器で桃も試していますがこれまでに捕獲に至らず。

イチジクで初めて掛かりました。

 

今年、イチジクの鳥対策を一応したつもりでした。

006.JPG

 

 

唯一開いているのが、私が通る50cm四方程度の空間のみ。

004.JPG

 

 

 

今年、この状態でことごとくイチジクを食べられています。

 

ヒヨドリも良くこの隙間を探し出すものです。

折角捕獲しましたので、桃を丸ごと入れておくとどうなるか確認してみましょう。

 

020.JPG

 

 

 

一日経ちました。

綺麗に完食。

012.JPG

 

 

 

ヒヨドリを捕獲して、一つ参考になりました。

ヒヨドリは桃よりイチジクの方が断然好きなようです。

今年桃は空からの攻撃に対し、全然ガードが甘い状態です。

食べられて当然ですが、それでもイチジクを狙って来ます。

 

 

さらに最近ネクタリンの根元で別のものが掛かりました。

鳥ではありません。

こちらはショッキング画像ですので伏せておきます。

果物もいろいろなものから攻撃されます。

安泰とは行きませんね。

 

イチジクの秋果、これで収穫出来るのでしょうか。

それともまた別のものに狙われるのでしょうか。

 

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ

にほんブログ村







最終更新日  2013/07/22 06:09:37 AM
コメント(6) | コメントを書く
2013/07/09
カテゴリ:イチジク

梅雨が明けました。

梅雨は日本固有のものでは無く、雲の帯が日本→中国→インドへと続く広範囲の気象現象のようです。

雲の始まりはインドから。なのでインドの雲の動きから梅雨明けの時期をある程度予測出来るようです。

今年は早々に梅雨明けが早いと予想されていました。

バッチリ当たりましたね。

早い梅雨明けは体には堪えますが、果樹にとっては好都合。

良いのではないでしょうか。

鉢栽培の方は水切れに注意なさって下さい。

 

 

梅雨が明けて嬉しいのですが嬉しく無いことも。

イチジクの『ダルマティ』です。

一週間ほど前から注目していた実があります。

 

これです。

これまでの150g程度の小物とは明らかに違います。

ちょっと期待。

001.JPG

 

 

昨日の朝に見ましたら、

002.JPG

 

 

 

これで今年の夏果の記録を残す予定でしたが記憶だけが残りました。

200gは確実に超えていましたね。

もしから250gの可能性もあっただけに残念です。

手の平サイズのイチジクは栽培意欲が出ますね。

 

記録は一時の通過点。

今度記録がかかった時は金網で防御をしましょう。

ダルマティの夏果は思っていた通り大物ですね。

出来れば夏果は200~250gで揃えたい。

夢が広がりました。

また今度です。

 

ヤツはダルマティを狙っているようで、他のイチジクは無事収穫出来ております。

今のうちにグッドー・コナドリアなどの小さな実のイチジクを収穫しましょう。

こちらは目立ちません。

梅雨が明けてこれからイチジクもおいしくなります。

おいしいイチジクを頂きたいですね。

 

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ

にほんブログ村







最終更新日  2013/07/09 05:56:34 AM
コメント(18) | コメントを書く
2013/05/01
カテゴリ:イチジク

昨年半分以上鳥に食べられました。

防鳥糸も全く効果がありません。イミテーションカラスが逆に鳥に突かれてました。おもちゃ同然です。

昨年は惨敗。

今年も鳥対策次第のイチジクになりそうな気配です。

枝の誘引を始めました。当初は十文字を狙う予定でしたが、最近は何文字?六十文字くらいでしょうか。

イチジクも出来れば大実でおいしいものを。

珍しく昨年書いたブログを読み直してみました。

2012年7月10日。ダルマティ初収穫とあります。151g。木を成長させ2013年は200gとあります。

やっぱそうでしょう。目指すは200g。考えにブレはありません。

 

『ダルマティ』

015.JPG

 

夏果も20~30個残してあります。

10cm程度のものが収穫出来れば成功です。

幹の近くにゴムチューブの首輪を巻き付けてあります。これは蟻除けです。蟻も過去に痛い目に遭っておりますので。

ゴム臭、蟻がこの堰を超えるのは至難の業かもしれません。

昨年一応の効果を確認しました。

さてさて、今年はまともに収穫したいイチジク群です。

イチジク畑全体をすっぽり防鳥ネットで覆うのが確実かもしれませんね。

最近この思考に傾きつつあります。

上空から、地上から、各方面から攻めて来ます。ともに対策は必要のようです。

 

 

 

 

桃の第一次の摘果を終えました。

大して生ってませんのであっと言う間に終了。

摘果をしますと良く無いものが視覚に入って来ます。

うぅ~。何やら通常とは違う感触。うぅ~触ってしまいました。2秒だけ後悔。これは幼果ではありませんでした。

009.JPG

 

 

 

『縮葉病』

冬季に2回石灰硫黄合剤を噴霧しましたが完全防除とは行きませんでした。

感染予防の為にむしり取っておきます。

003.JPG

 

 

 

これは幼果の2cm手前で手が止まりました。触る前に気付きました。セ~フ。

002.JPG

 

 

 

 

これは梨ですが、葉は広げるもの。丸まっては行けませんね。

005.JPG

 

なかなか良いテカリ方です。

006.JPG

 

 

今年からアブラムシの防除を『モスピラン』に変えます。

浸透性がありますので葉の裏から攻撃します。内側に隠れたつもりでも容赦しないぞ~。

今年は害虫に対して厳しい日本一の果実です。

(モスピランはキツイ農薬のようで劇薬指定のようです。購入時に印鑑が入りました。濃度も2000~4000倍で相当強いように思います。使い方を注意しませんと。)

 

 

 

あれれ。早くも病気?

004.JPG

 

良く見れば鳥の糞。しっかりこかれました。

まあこれは許しましょう。

鳥の躾まで出来ませんでした。

 

 

 

ここ数日風が強く防除が出来ません。

今日も無理のようです。

 

 

 

杏も昨年6月中旬に収穫していました。あと一ケ月ちょっとです。

今年も綺麗な紅浅間を収穫したいものです。

暇ですから今日袋掛けを行います。

数個なので出来る技です。

完璧な杏を目指しましょう。

たくさん生るまでの期間限定です。

 

今朝は手足が冷えますね。寒さが浸透して来ます。猫はコタツで丸くなる。私も丸くなっております。

もう暫くコタツが必要のようです。

今日もコタツの上でのブログアップでした。

外を見れば快晴。

さてと・・・・。

 

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ

にほんブログ村







最終更新日  2013/05/02 05:51:15 AM
コメント(15) | コメントを書く
2012/12/12
カテゴリ:イチジク

リンゴのグラニースミスを3個残してありました。

これでコンポートを作ります。

 

グラニースミスを切ってみますと若干蜜が入っています。

これを四等分に切ってグラニュー糖とハチミツで煮ます。

 

圧力鍋は使いません。(笑)  ちょっと先日の悪夢が脳裏をかすめました。

安全策を取ります。普通の鍋で。

問題無くおいしいコンポートが出来上がりました。

最初から失敗したらどうしようかと思いましたが何とか無事に。

 

008.JPG

 

009.JPG

 

 

 

 

 

リンゴのコンポートを作りながら発想は一気にイチジクとフェイジョアに飛びました。

 

現在のイチジクです。どこも同じような感じだと思います。

11月末で収穫を終えております。

 

 

この未熟のイチジクを何とか使えないものだろうか。

リンゴのコンポートから頭の中はこのイチジクで満たされました。

 

写真はLady White。

014.JPG

 

 

 

未熟イチジクを使ってコンポートを作ってみます。

未熟イチジクと言っても触ってみて少し柔らかくなったものを使います。

カッチカチはやめておきます。

 

家の全イチジクから寄せ集め、軸の部分を少し厚めに切って大鍋にぶち込みます。

真ん中に熟したイチジクを乗せダシ代わりにします。

グラニュー糖とハチミツを入れて煮ます。

 

 

柔らかめの未熟イチジク。

022.JPG

 

 

ダシ。

023.JPG

 

 

 

025.JPG

 

 

 

グツグツ。

赤ワインで煮たような良い香りが漂って来ます。

 

 

これが成功すれば私自身、それなりの感動があります。

 

004.JPG

 

 

 

さてさて試食タイム。

 

u~~

ムムムムム。

ム無理だぁ~~。

 

食べれたものではありません。

早速雪の中に隠しました。(笑)

 

甘味が足りません。人工甘味料の甘さでは無理ですね。

完全な失敗です。

思い付きの発想は100回に1回しか当たりませんので、こんなものでしょう。

 

イチジクのコンポートは熟したもので作りましょう。

 

今度はフェイジョアで。

フェイジョアも誰も手を出しません。香りは良いのですがジューシーさが今一です。

うまくリサイクル出来れば良いのですが。

 

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ

にほんブログ村







最終更新日  2012/12/12 07:08:55 AM
コメント(10) | コメントを書く
2012/10/24
カテゴリ:イチジク

『大敗じゃ~』 このカラスがうなだれて、そう申しております。

ガックリ。

 

006.JPG

 

 

カラスの効果もありませんでしたが、防鳥糸の効果もありませんでした。

イチジクの夏果を食べまくられ、何とか対策しようとしましたが結局駄目でした。

最近諦めてノーガードに戻しました。

 

 

 

ところが最近イチジクが収穫出来るようになりました。

何故でしょう。

 

 

なるほど。 

 

013.JPG

 

 

この枝だけ完璧に摘果を忘れましたね。

オレンジ色になってやっと気付きました。今年は完璧に摘果したつもりでしたが。

本来であれば3個生っているはずです。

1個熟した柿を鳥に突かれました。

 

これが最近イチジクが収穫出来るようになった答えです。

 

 

イチジクの収穫もそろそろ終わりのような気が致します。

因みに最初の写真はグッドーですが、3年前に庭のグッドーを倒してその木から挿し木したものを畑に植えたものです。

庭で直径8mほどになり管理出来なくなりました。現在それに匹敵するほどに成長してしまいました。

単に場所が移動したに過ぎません。(汗)

コンパクトに育てるつもりが以前と全く変わらず。

ヒヨドリに食べられなくなりましたので有難く頂戴しております。

 

 

 

Lady Whiteも挿し木して3年目。

今年は無理かな~って思っておりましたが、ギリギリ間に合ったようです。

手で割ってみました。

包丁を使えば良いのですが、朝キッチンに立ってますと邪魔にされます。

しっし! 猫じゃないんだから。

なかなか包丁も使わせて貰えません。

よって寂しく日本一の果実の手包丁となります。

 

015.JPG

 

 

このLady Whiteは見た目より甘いですね。

糖度は29ありました。

確か数年前、仙人さんの年間糖度ランキング一位に輝いたように思いましたが。

 

 

 

ダルマティも最後の踏ん張りを見せています。

あらっ。

一瞬キッチンが空きました。 最近ちょっと(相当)シワが目立って来た赤鬼のいない間に。

今度はスパッと。

 

001.JPG

 

 

この状態になりますと口をベタベタにして食べるかスプーンですくって食べるか。

家にはイチジク用に板厚の薄いスプーンがちゃんと用意してあります。

皮のギリギリを狙います。

言うなればジャムイチジク用のスプーンとでも申しましょうか。

 

 

 

あ~ん。

仕方無いので自分で言って食べます。

因みに糖度は24。

002.JPG

 

 

 

イチジクも終盤ですがこれで安心して収穫出来ます。

嬉しい誤算でした。

残り数週間ですがイチジク三昧が出来そうです。

 

お蔭と申しましょうか、最近リンゴの被害も無くなりました。

 

柿様々です。

柿にとっては戦々恐々?

でも本来柿にとっては鳥に食べられた方が幸せなのでしょうね。

 

種がポトリ。

 

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ

にほんブログ村







最終更新日  2012/10/25 06:04:20 AM
コメント(12) | コメントを書く
2012/09/06
カテゴリ:イチジク

落とし物です。

少し匂います。

 

拾ってから一日経ちました。さらに匂いがきつくなって来ました。もうすぐ家中の誰もが気付くはずです。

今、ポポーから5m離れてアップしてますが十分匂ってます。

匂い注意報を発令しました。

明日あたり警報に切り変わることでしょう。

 

001.JPG

 

 

002.JPG

 

 

003.JPG

 

 

デービスですが、ブログにアップした途端1個落下しました。

今年の挨拶代わりなのでしょう。

標準的な大きさです。

腐る直前の見極め。ポイントはここです。

予想ではあと3~4日後?

 

 

 

 

イチジクのロードスです。

最近皆様のブログでも良く見掛けるようになりました。

 

私のロードスの感想です。

 

外観はおいしそうに見えませんが、味は本物です。

迷わず植えましょう。

損はありません。

 

イチジクの濃縮した味がします。濃い味です。

ドーフィンを5倍くらい濃くした感じです。

味が濃い割にジューシーです。

このイチジクは豊産です。たくさん採れます。

味・収量と良く出来たイチジクです。

小さ目ですが、数で十分カバー出来ます。

 

004.JPG

 

005.JPG

 

 

 

糖度は17.6。

無茶苦茶甘いって言うことはありませんが、糖度以上においしいイチジクです。

 

最近毎日イチジクを食べております。

口の中がかぶれそうです。

イチジク、結構来ます。

 

 

 

 

 

追記。

 

外が明るくなりました。

あれっ。

 

今年は何故か早いです。この色からしますと熟して落下してますね。

落ちた衝撃でキズが付き、そこから蟻の攻撃に遭っております。

敷物を用意しておきましょう。

 

長さは12.5cm。

果重=(長さ)×20g

まずまず。

日本一の果実流、ポポーの定理です。

001.JPG 

 

 

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ

にほんブログ村







最終更新日  2012/09/06 06:08:31 AM
コメント(11) | コメントを書く
2012/08/21
カテゴリ:イチジク

早朝、雲を眺めるようにしております。

少しひんやりした空気もそうですが、雲も秋の雲に変わりつつあります。

快適な朝に変わりつつあります。

 

 

 

今朝、またあらら・・・。

イチジクのダルマティです。

この食べっぷりは。

鳥では無さそうな感じも致します。

 

桃に続き、今度はイチジクのようです。

とりあえず今日の収穫はイチジクもやられるって言うことですね。

地面に近いイチジクがやられました。

 

 

どうせ食べるのであれば、もう少し綺麗に食べなさい!

 

001.JPG

 

004.JPG

 

 

 

今年は収穫の味レポートより獣害レポートが多くなりつつあります。

良くない傾向ですね。

 

 

今一番心配なのは実生桃です。

数個生っております。

前回も実生桃が獣害で完全にやられました。

今回は何としても収穫まで行きたいですね。

まだ真っ青ですが、少し肥大しつつあります。収穫時期はさっぱり分かりません。

現在推定250g。

 

003.JPG

 

 

 

庭の西王母も少し膨らみかけて来ました。

300gを超えて来たように思います。

 

前回、庭のなつおとめも完全にやられただけに西王母も気になります。

 

 

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ

ほんブログ村







最終更新日  2012/08/21 06:59:32 AM
コメント(14) | コメントを書く
2012/08/19
カテゴリ:イチジク

6年ほど使っていたPCが壊れ今日から新PCになりました。

まだ何も入れてませんが、ブログだけは見られる状態にしました。

数日かけて体制を整えて行きます。

 

 

今朝イチジクを見回ってましたら、ダルマティが一果熟してました。

秋果の一番生りです。

雨上がりのイチジクです。味は期待出来ませんが収穫してみました。

 

133g。

2012 8 20 021.JPG

 

2012 8 20 022.JPG

 

 

食べ頃でした。

糖度は18.0。

 

ダルマティはしおさんから苗を送って頂き今年が3年目に入ります。ようやく今年から本格収穫になります。

獣害や鳥害に合わなければこの秋に100個は収穫出来そうです。

 

鳥害は防鳥ネットの簡単なものです。

これも試験運用です。

これで防ぐことが出来れば有難いことです。

 

 

 

今朝、面白い茄子を収穫しました。

昨年二股の大根足を収穫しましたが、今年は茄子です。

大根は土に養分ムラがあると二股になることがあるようですが、今回は?

2012 8 20 020.JPG

 

 

 

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ

にほんブログ村







最終更新日  2012/08/19 09:09:21 PM
コメント(12) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全37件 (37件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.