694763 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

あそぶきもち(五十路親父とJr.の自転車パワートレーニングでもがく)

April 3, 2017
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
JBCF 舞洲TT に参加してきました。

<結果>
E1 クラス4位 2分57秒268 (トップ差2.010秒)

<データ>
 最大ケイデンス:123.0 [rpm]
 平均ケイデンス:107.0 [rpm]
 最大スピード:48.3 [km/h]
 平均スピード:39.0 [km/h]
 最大ペダリング・パワー:703.6 [W]
 平均ペダリング・パワー:326.3 [W]
 ※スタートして約30秒のデータが取れていなかった
 ※昨年はトップスピードは50km/h越が2回あったが今回は無いが、タイムで2秒短縮

<以下Jr.レポート>
昨年E3で参加し優勝した縁起の良いコース!


スタート前まで風向きがコロコロ変わるため、スタートギアの選択をギリギリまで変えて待つ。

定刻スタート。下り基調の向かい風気味。全開。第1コーナーまでに50キロ以上にあげられるように。速度だけ表示しておいたサイコンを、チラッとみると0の表示。スタートボタンは押しておいたけど、きちんと起こしてなかったためオートスタートしていない。(起こす:オートパワーOFF解除、ペダルを回しておく)

第1コーナー、立ち上がり重視のコーナーリングが出来ず、さらに立ち上がりのギアが軽すぎて追い風に上手く乗せられない。折れそうになるが、まだここから!という気持ちでいられた。

第2コーナーは、昨年同様ベースバーを持って頭を低く、なるべくペダリングを止めない。

そして長いストレート。向かい風気味。頭を下げて、確認しておいた綺麗な路面、水溜りをさけて第3コーナー。

ここで父からげきが飛ぶ。ここから後半戦、まだ追い込める気持ちなれた。

後半は気持ちで最後までタレることなく出し切れた。

結果は4位。2秒届かず、大きな差。

コーナーリングは前重心を中心に戻して、シフトダウン、パイロンではなくコーナー出口を見て、立ち上がり重視、クリッピングポイントを奥にと意識できたが、スピードを落としすぎていて、立ち上がりでスピードに乗せられていない。風向きに合わせたシフトダウンをミスしたコーナーもあった。

中々上手くいきませんが、ひとつひとつ乗り越えて吸収して次に生かします。


明日は舞洲クリテリウム!

2017年4月1日現在
個人ランキング4位
チームランキング5位

<表彰式>6位の高校生くんは昨年の舞洲でも隣だった
image111.jpg

<今回の機材>基本昨年と同じ、フロントホイールがフルクラムからZIPP404NSWに変わった
image22.JPG

<ホイールにはこのステッカーが、舞洲はUターンダッシュが3回ある、DISKより掛かりはかなり良い>
image33.JPG






Last updated  April 4, 2017 11:53:30 AM
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.