694515 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

あそぶきもち(五十路親父とJr.の自転車パワートレーニングでもがく)

April 23, 2017
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
チャレンジロードで大失敗をしてモチベーション下降中のJr. 
一発奮起をして
「第51回 JBCF 東日本ロードクラシック 群馬大会」
に参加してきました

Day1:
 クラスタ:E1
 コース:群馬サイクルスポーツセンター 7周42km

<結果>
 6位


<データ>
最大ケイデンス:146.0 [rpm]
平均ケイデンス:105.4 [rpm]
最大スピード:64.2 [km/h]
平均スピード:39.5 [km/h]
最大ペダリング・パワー:844.4 [W]
平均ペダリング・パワー:209.0 [W]

<以下 Jr.のレポート>
群馬は苦手なイメージはあまりないが、スプリントで勝てるイメージもないため、どこがでどーにかしたいところ。

チームメイトは6人出走。普段ボコボコにされてるメンバーが味方と思うと、心強いことこの上ない。

定刻スタート。7周なので足を貯めることに集中。

ポジションをキープすることに集中する。上がって下がってをくり返のもいいのかもしれないけど、キープするのが苦手なので意識して。

特にチームメイトの岡さんのように10~20番手あたりを常に走れるように、後ろに付かせてもらう。スピードを落とさないように、周りに合わせて加速してポジションをキープしている。なんとなくわかってくる。

しかし、下りがどうしても上手くなく、ポジションを落としすぎた時は、やむなく心臓破りで踏んで上がる。僕は最終周回以外インナーに落としました、無理です。笑
カントリーモーニング白谷さんの毎回完璧な調整のおかげで、なんの不安もなくフロント変速できました。。

そんな感じで足をためている間も、ドンパチが続く。リンクが強い。代わる代わるアタックをして、そこにユーキャン嶌田選手や有力選手がちらほら反応する感じ。

SAは増田くんや藤田先生がちょくちょく反応するけど、基本的にみんな足を貯めている様子。前方にチームメイトが多くとても走りやすい。

とりあえずポジションを下げすぎないように。最終周回に入るところで10番手以内まで上がる。

ホームストレート通過して、5番手ぐらいで下り始める。

なんとかキープしたいけれど、やはり下り&カーブで15番手ぐらいに落ちる。

3名の逃げが15秒差くらい?の状況。

心臓破りで勝負したいので、それまでに3番手へ上がる。先頭は藤田先生、僕、岡さん、増田くんで心臓破りへ。

やったる、僕らのチームはここしかない。

この周回のみアウターのままで。

リンクの渡辺選手??のアタックに藤田先生が反応。渡辺選手をかわし一気にあげる。僕も岡さんもそれに続く。

フルダンシング。一気にペースを上げる。後ろはブチブチ。登りきり、ここから一気に勝負にでるためアタック。

独走で追いつこうと思ったが、バルバの寺崎選手も飛び出す。20秒くらいは後ろを見ないと思って、2人で前の3人にブリッジをはかる。ごーごー いけるいける と叫びながら。

前の3人がバックストレートで見えたところで、後ろを見ると、、、、なんとピンク色が2つ視界に入る。

集団は見えない、、、スゴいキタコレ。

なんと岡さんと藤田先生が集団を連れて来ずに追いつく。これで先頭は9名、内SAは3人、集団は見えない。

なんじゃこの展開。

この時頭に浮かぶのは、、、“波状攻撃”。この言葉に興奮しない男子はいないであろう。

チームでスプリント力が1番あるのは岡さんだと思い、バックストレートが終わって最終コーナー前のちょい登りでちょいアタックなんちゃって波状攻撃。

しかし、思い切りがなくフィンズ?の選手の引きであっさり吸収。ここから岡さんが前に出て一本引き。

吸収されてから少し下がって藤田先生の横に、
『直樹!!獲れよ!』
と言われ、スプリントに向けて集中する。

こんなチャンスはないと思った。寺崎選手?はんざわ選手?が駆け出してスプリント開始するも、やはり敵わず、叶わず。

この先はもうひと超えしないと届かないんだろうな。

でもこんなにチームで展開できたことが嬉しくて、楽しかったです。

これは、3人が飛び出した時にしっかり集団先頭で抑えてくれた増田くん、チームメイトのおかげです。すぐさま間をあけて、追走を全部抑える。本当は飛び出したかったけど、すぐに判断し、自分のリザルトを捨てて抑える。簡単なことではなく、感謝しかありません。

なんとか勝ちたかった。スプリント力、、、。

2日目はどうしよう、なんとか頑張ろう。

<チームでアップ中:部分的に残雪あり、風も冷たい>
image2.JPG

<レーススタート>
image11.JPG

<レース終盤>
image3.JPG

<表彰式 6位>
image1.JPG


チームランキング3位
個人ランキング3位






Last updated  April 24, 2017 05:16:01 AM
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.