000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Nice One!!

Nice One!!

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Calendar

Category

Archives

2024.05
2024.04
2024.03

Comments

びー。@ Re:久しぶりぃ〜(09/01) おかえりなさいませ? なんか違うな。別荘…
みえこ55@ Re:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) お久しぶりです〜^o^ ブログにコメントを…
rose_chocolat@ Re[1]:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) kaoritalyさん コメントありがとうござい…
kaoritaly@ Re:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) ご無沙汰してます。 ベスト10の映画、…
rose_chocolat@ Re[1]:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) みえこ55さん こちらこそレス遅くなりす…
2010.11.08
XML
カテゴリ:洋画(は行)

原題: OSCAR ET LA DAME ROSE/OSCAR AND THE LADY IN PINK

監督・脚本 : エリック=エマニュエル・シュミット

音楽 : ミシェル・ルグラン

出演 : ミシェル・ラロック 、 アミール 、 アミラ・カサール 、 ミレーヌ・ドモンジョ 、 マックス・フォン・シドー

鑑賞劇場 : TOHOシネマズシャンテ

公式サイトはこちら。


<Story>


わずか10歳で余命宣告をされた少年オスカー(アミール)。
医師はおろか両親までもが彼に気を遣い、真実を語ろうとしない中、病院内で偶然出会ったデリバリーピザの女主人ローズ(ミシェル・ラロック)だけは、口は悪いが唯一正直に彼に接してくれる大人だった。

オスカーたっての希望で、病院側とピザの宅配を条件に12日間、毎日彼の元を訪れる約束をするローズ。
だが、12日間が自分に残された時間と察し落ち込む少年に、ローズは1日を10年間と考え日々を過ごすこと、また毎日神様に宛て手紙を書くよう勧める。

初めての恋、結婚、試練、最愛の妻との別離…その日からオスカーの毎日は、病院を舞台に目まぐるしく展開していく。
そして彼と過ごした日々は、過去に囚われていたローズの頑なな心をも溶かしていくのだった。

100歳の少年と12通の手紙 - goo 映画
100歳の少年と12通の手紙 - goo 映画




<感想>

日比谷ついでにこの日はもう1本鑑賞。









病気ものと動物ものは苦手な私にとって、予告でもしかしたらこれは合わないかなと
思っていたのですが、やっぱり的中してしまいました。


オスカーくんが、『エアベンダー』の彼にどうしても似ているようで・・・ 笑
それはまあいいとしても、いたずらが多いせいか、
病人としてはすごく元気なように見えたんですよね。


「12日間で一生を生きる」ことも、励ますローズの存在も素敵だったのですが、
どうも今一つこの話の世界に入りきれませんでした。
何ででしょうね。。。? と考えたのですが、
恐らく、「死ぬ」ということがあまりリアルな感じがしなかったからかもしれないかなと。
最後に、医師と看護師が取った行動もちょっとよくわからなくて・・・。
いくら愛情表現は希薄だったとしても、ご両親なのだから、
彼らの想いも尊重してあげて欲しかったです。


子どもが難病にかかって、闘病するということ自体が切ないだけに、
いろいろなものでオブラートで包んで、少しでも観る側にその辛さを軽減してほしいようにも感じました。
その1つが「色づかい」。
この監督の作品は初めてなのですが、色にこだわる方なのでしょうか。
「ローズ」という役名からもわかるように、彼女の服はとてもポップで可愛らしく、
ピザ屋や小物ともコラボしていたのが素敵。
雪景色に原色はとても映えます。
あとは、ブルーの女の子なども。
原色がかえって哀しみを際立たせているようにも思いました。






今日の評価 ; ★★☆ 2.5/5点

















お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2010.11.14 10:53:50
コメント(6) | コメントを書く
[洋画(は行)] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


ああ…   KLY さん
私もずーっと何だろうって思ってて、帽子取った瞬間気づいたよ「エアベンダー」……^^;
まあその丸坊主だったからってのもあるんでしょうけどね。並べば違うだろうから。(苦笑)
難病モノというよりファンタジーの要素が強かったですね。子供の目線、子供の想像力を映像化したものだと監督も言ってましたから、悲痛さが、言葉は悪いけれど幼稚に見えてしまうところに逆にリアリティを感じてしまいました。 (2010.11.14 18:15:29)

KLYさん    rose_chocolat さん
こんばんは~

たぶん、こういうジャンルが苦手なんですよね。
子ども+難病×ファンタジー、みたいな感じのがね。
ラテンビートでも『アベルの小さな世界』っていうのがあったんだけど、いい映画だったんだけど自分的にはピカイチじゃなかった。

医師と看護師が、両親にどうして最後会わせなかったんだろう?っていうのがすごく疑問でした。
(2010.11.14 18:23:10)

色にこだわる・・   Cartouche さん
私もこのジャンルは苦手なのですが、これはローズがさばさばしてたからかベタつかず、明るくて良かったです。
そうですね。”色”にこだわる監督さんかもしれません。
風船の色も印象的でした。
ところで先週、香港とマカオに行ってきましたが、ポルトガルっぽいマカオがなかなか素敵でした。 (2010.11.17 22:18:19)

Cartoucheさん    rose_chocolat さん
こんばんは~

色はとても綺麗でしたね。
白い雪に映える原色。
ピザ屋さんがピンクっていうのも可愛いかも。
風船とか封筒も凝っててよかったです。

これ、最後に医師と看護師がしたことがどうしても
納得がいかなくて。
あれは両親は哀しいと思ってしまいました。

香港&マカオ、いいですよねー。
(2010.11.17 23:51:24)

手厳しいですね   バラサ☆バラサ さん
リアリティ無しのファンタジーですね、この作品は。
その手が駄目としたら、「テラビシアにかける橋」も駄目?病死ではないですが。 (2010.12.05 01:53:22)

バラサ☆バラサさん    rose_chocolat さん
こんばんは~

うー、厳しい?
『テラビシア・・』は好きですよ。

これね・・・ どうしてだめだったかと言うと、
作り込み過ぎ? て思っちゃった。
それがファンタジーでもあるんだけど。
自分の場合、ファンタジーはすごくいいか、ほぼ無理かのどちらかに分かれます。 残念ながらこれは後者でした。
(2010.12.05 02:41:26)


© Rakuten Group, Inc.