1901769 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Nice One!!

PR

Calendar

Category

Archives

2020.11
2020.10
2020.09

Comments

びー。@ Re:久しぶりぃ〜(09/01) おかえりなさいませ? なんか違うな。別荘…
みえこ55@ Re:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) お久しぶりです〜^o^ ブログにコメントを…
rose_chocolat@ Re[1]:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) kaoritalyさん コメントありがとうござい…
kaoritaly@ Re:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) ご無沙汰してます。 ベスト10の映画、…
rose_chocolat@ Re[1]:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) みえこ55さん こちらこそレス遅くなりす…
2010.11.23
XML
カテゴリ:洋画(は行)

原題: HERB & DOROTHY

監督 : 佐々木芽生

出演 : クリスト&ジャンヌ=クロード 、 リチャード・タトル 、 チャック・クロース 、 ロバート・マンゴールド

鑑賞劇場 : シアターイメージフォーラム

公式サイトはこちら。


<Story>


マンハッタンの質素なアパートに暮らすヴォーゲル夫妻は、日々美術展を巡り、気に入った作品を愛で、熱心にアーティストと語らう。
家に帰れば1LDKの間取りを所狭しと埋め尽くした4000点ものアートの数々が待っていた。
元郵便局員のハーブと元図書館司書のドロシーが、
慎ましい生活を送りながら40年の歳月をかけて買い集めた現代アートの膨大で貴重なコレクションは、国立美術館に寄贈されることになる。

ハーブ&ドロシー?-?goo?映画
ハーブ&ドロシー?-?goo?映画





<感想>

この映画、art-Link 上野-谷中 2010の時にも上映プログラムがあったの。
アートリンクがバックアップ&宣伝もしていました。
でも時間が合わなくてここでは鑑賞できなかったので、
イメフォにて。
すごい混雑してましたよ。。。 この作品。
評判いいんでしょうね。









そんなわけで観始めて、
やっぱりこれ好きです。 こういう作品。
とにかく、この夫妻の生き方が素敵。 
つましい、身の丈に合った暮らしの中で、自分たちの好きなように暮らす生活。
いいなあ。。。
本当に無理せず。肩の力を抜いて、
ですがアートに対しての審美眼だけは一切妥協しない2人。


・自分たちのお給料で買える値段
・アパートに入る大きさ
彼らがアートを購入する根拠はそれだけ。 あとは、気に入ったものを買う。
彼らがアートを気に入るとき、それは、単にその作品だけじゃなく、
アーティストたちのバックグラウンドまで見ていく。
その方法がすごく好きです。
自分も、好きな映画に出会った時は、
その映画のバックグラウンドなどを調べたくなりますし、その監督の他の作品も観たくなったり、
俳優さんたちのキャリアなんかも調べたくなったり・・・
いろいろ、知りたくなるんです。 だから彼らの買い方がすごく好き。
そのアーティストさんご本人とも親交を深めていくんです。
彼ら、夫婦仲が良いのですね。 きっと。
お互いに尊重して寄り添い、無理なく過ごす生き方。 憧れますね。


売れてない時代の駆け出しのアーティストさんにとっては、
作品を買ってくれる方、ましてや、
自分のキャリアにまで関心を持ち、心から知りたいという姿勢でいてくれる方というのは、
たぶん「神様」のように見えるんじゃないでしょうか。
実際にお金に困っている方だったら尚更です。
インタビューでも、「買ってくれたことが有難かった」という証言がかなりありましたし。
そして、その後も彼らと交流を持ち続ける人たちの多いこと・・・
ハーブ&ドロシー夫妻は、人を虜にする魅力があるんですよね。
もっと芸術のことを話してみたい、そうでないと週に1回のテレフォンタイムなんてないと思います。


アートと聞くと、投機や転売の対象として買いあさるイメージが先行していたので、
こうして私利私欲に走らずに、純粋にコレクターとして存在する人も
いるんだ・・ というのが素直な感想です。
ハーブ&ドロシー夫妻には、邪念がないのですね。
コレクションの行く末まで決めている。 それも、社会に還元できるような方法を考えているのがとても好感持てます。


いつだったか「俺が死んだらゴッホとルノアールの絵も一緒に荼毘に伏してくれ」とのたまい、
世界中から批判された日本の企業家(企業屋? 笑)がいましたね。
そういう、金に取り憑かれて醜態を晒している人たちに見習ってほしいです。
アート=金、しか考えない人たちが、アートを荒らす行為は、
見ている方が不愉快。
しかしながらそういう輩が跋扈している世の中です。
そのなかにあって、如何に「アート通」を気取る人々が非難しようとも、
ハーブ&ドロシー夫妻の信念は揺らぐことはなく、
そして、本当にアートを愛する人たちに受け入れられていくでしょう。
真実は受け継がれるのですから。


佐々木監督(監督が日本人っていうところにも親近感を覚えます)が、
彼らのコレクションの後日談として、続編の映画「Vogel 50×50」を制作しているとのこと。
こちらも楽しみです。
いつまでも長生きしていただきたい、素敵なご夫妻でした。




今日の評価 : ★★★★★ 5/5点


















Last updated  2010.11.28 21:32:44
コメント(12) | コメントを書く
[洋画(は行)] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


なにやら   KLY さん
イメフォでここまで混んでるのは初めてです。
こういってはなんですが、過去の名だたる名監督の傑作と呼ばれる作品を何回も上映してますが、それでもこんなこと無かったし。きっとご夫妻のこの姿勢、親しみやすい雰囲気がいわゆるアート系作品として敬遠されがちなことの多いこの手の作品の敷居をグッと下げてるのかな。
一番後ろで立ち見してたんですけど、イメフォの一番後ろで立ってみると、スクリーンの上が切れちゃうって初めて知りましたよ。(笑)
(2010.11.28 21:39:59)

Re:『ハーブ&ドロシー』 (2008) / アメリカ(11/23)   craftwork5659 さん
アートを本当に理解している夫婦。
素晴らしい才能を見出す才能ですね。
この映画見てみたい!
(2010.11.28 23:52:28)

コメントありがとうございます♪   yurico さん
はじめまして♪
コメント&TBありがとうございました♪

家に入る大きさ♪しかし、あの量。
うりも、コレクター夫婦なので、ひじょーにわかり
ひじょーに身につまされました。笑
しかし、処分はなかなかできませんっ
しかも、無料でなんてーーいくら博物館でもっ!!
いや、博物館ならいいかな?笑

とにかく、仲良し夫婦というか、同じものを見つめて
感想を言いあう仲っていいですよねー

そして、ハーブ氏の作品を見る目。 良かったですっ!! (2010.11.29 07:58:08)

こんばんは(^-^*)   ☆オレンジピール☆ さん
この作品、知りませんでした。(都会はいいなぁー)
いいですねー背伸びしないで、ポリシーのあるご夫婦、とても惹かれました。
DVDになったら借りて、観ますね。
(2010.11.29 20:46:17)

KLYさん    rose_chocolat さん
こんにちは~

ほんと、すごい混みようでしたよね。

>親しみやすい雰囲気がいわゆるアート系作品として敬遠されがちなことの多いこの手の作品の敷居をグッと下げてるのかな

それもありますね。
評判が評判を呼ぶ、みたいな。
いい作品でした。
(2010.12.01 05:52:29)

craftwork5659さん    rose_chocolat さん
こんにちは~

本当にアートが好きな人、
欲のない人を探すこと自体が難しいですよね。
欲がなくても、小賢しい人はたくさんいるから(笑)

彼らには本当に全く嫌味がなくて純粋なのが、
支持される理由なのかもしれません。
ぜひご覧ください。
(2010.12.01 05:54:00)

yuricoさん   rose_chocolat さん
はじめまして こんにちは。
コメントありがとうございます。

愛着がある作品の数々、そう簡単には処分できませんよね。
その処分の方法も、後世にまで気を配っているのはすばらしい。
感嘆しました。

>仲良し夫婦というか、同じものを見つめて
>感想を言いあう仲っていいですよねー

そう~。 そこもほんと可愛かった。

ハーブ氏が水平ですぐ飛びつく、
ドロシーが垂直でどっしりとっていう評価スタイル?も、面白かったです。
(2010.12.01 05:57:14)

☆オレンジピール☆さん   rose_chocolat さん
こんにちは~

これこそ単館公開の作品です。
何百ヶ所でかかるハリウッド系映画よりも、
こういう作品が自分は好きなんですよね。

(2010.12.01 05:58:38)

仲のいいふたりの・・   Cartouche さん
これはドキュメンタリーなのに感動的でとても良かったです。1点でも売ればいい暮らしができるのにそれをせずあの小さなテーブルの上で過ごしたふたり。でもそれが最高に幸せなのでしょうね。 (2010.12.14 22:47:20)

Cartoucheさん    rose_chocolat さん
こんばんは~

そうそう、アートに対して謙虚なんですよね。
そこがよかった。
社会に貢献している姿勢でしたね。
(2010.12.15 05:21:09)

アート=お金、じゃないよね。   きらり+ さん
劇中に見かけた″ART IS MUTE WHEN MONEY TALKS"という文字が印象的でした。

『夏時間の庭』でも感じましたが、美術品のほんとうの幸せは個人の手中にずっと保存されいることなんだなって。
ふたりのアパートの中のアートたちがすごく幸せそうにみえました。 (2011.01.27 11:39:59)

きらり+さん   rose_chocolat さん
こんにちは~

自分たちが楽しみ、アーティストたちも慈しむという彼らの姿勢がいいですよね。
2人に見出された作品たちは幸せだと思います。
(2011.01.28 08:27:20)


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.