878530 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

松本道弘ブログ 元祖ナニワ英語道

PR

プロフィール


ナニワ英語道

カテゴリ

カレンダー

バックナンバー

2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月

ニューストピックス

お気に入りブログ

高田馬場伝説の帝国… New! むっちゃん1217さん

津島市・愛西市の子… がっきー塾長さん

NISA・iDeCoで確定申… 山田真哉さん

小林保著『エストニ… tommie_unterwegsさん

hanaのつれずれなる… hanatowakaさん
主婦の英語道 ohisamasansanさん
Pearls in the Shell まんなままさん
アメリカ在住日本人妻 Grace ぐれーすさん
GOC:LAC 【夜の野兎】 kiyoluckさん
後藤芳徳ブログ 大量… 大量行動(マッシブアクション)さん

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2008年10月21日
XML
カテゴリ:カマキリ物語

『秘密ファイル-CIAの対日工作(上)』(春名幹男著)によると、日系米人は対日スパイとしては最適な人種であったという。日系米人、しかも日本語の堪能な"帰米"は、通訳官としても有能とされていた。

ある時はアメリカ人、ある時は日本人。そして、その灰色的アイデンティティーは、その時の権勢により、白か黒かに塗り変えられ、都合よく利用された。師匠の西山千名人が、同時通訳者は透明人間ですよ、といわれたのはそういうことか。

二つの祖国を持つバイリンガル、そしてバイカルチャルな天才的同時通訳者は、死後、いったいどこに遺灰を撒けばいいのか。透明人間(通訳官)はいい。しかし、CIAの前身であるOSS(戦略情報局)からリクルートされた日系米人は、透明人間になることは許されなかった。対日スパイとして利用された。

日本人と同じ顔をして、英語がペラペラないやな人間という偏見は多くの日本人 ―― 私を含めて ―― にあった。しかし、占領軍にしては都合がよかった。

 

英語よりロジック

 







最終更新日  2008年10月21日 16時47分39秒
コメント(0) | コメントを書く
[カマキリ物語] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.