854430 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

元SF小説家・春橋哲史のブログ(フクイチ事故は継続中)

PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


haruhasi

Calendar

Comments

春橋哲史@ Re[1]:パブコメを提出~MOX燃料加工施設の審査書案について~(11/05) きのこさんへ 記事の主旨にご理解を賜り…
きのこ@ Re:パブコメを提出~MOX燃料加工施設の審査書案について~(11/05) 春橋さまが、パブコメの記事を書かれたの…
春橋哲史@ ご理解下さり、ありがとうございます 岡村隆さんへ  長文の記事を読んで下さ…
岡村隆@ Re:運動の品質を低下させる、小出裕章氏の「ネトウヨ並み」の文章(10/02) 春橋哲史様は批判と共に実はこの運動の質…
谷ひろ子@ Re:六ヶ所再処理施設の適合性審査書案に関して、パブコメを提出(06/09) 池上彰さんが「原発はトイレのないマンシ…

Archives

2021.10.15
XML

​​​​​ 久し振りに、原発から離れた記事です。

 先ず、概要です。

●個人の事
 ▸8月20日に、新型コロナウィルスのmRNAワクチンの1回目を接種
 ▸9月20日に、新型コロナウィルスのmRNAワクチンの2回目を接種
 ▸10月5日に、中和抗体検査を受ける(自費)
 ▸検査結果は、(血液中の)抗体は3368U/mlで「ワクチンの効果が十分期待できる」。「過去に新型コロナウィルスに感染していた可能性は低い」とのこと。

●日本全体の事
 ▸10月14日時点で、新型コロナウィルス陽性者の国内の入院・療養者数は、7602人
 ▸内、重症者は357人
 ▸新型コロナウィルス陽性者の国内の死亡者数は、10月14日時点の累計で1万8044人

 何れも、詳細は、記事後半のグラフ・ポンチ絵等をご確認下さい。


異常に拡大した第5派で考えを変える

 私は、普段から不織布マスクを着用し、手洗いと消毒を習慣づけ、外出回数や時間が減少したので、そのまま「感染防止策を続け」つつ、新型コロナウィルスのワクチン接種については、副作用の情報が積み重なるのを待って判断を下すつもりで「様子見」としていました。
 ところが、今年7月下旬から始まった第五波は、それまでとは違った異様な拡大傾向を見せました(国内の累計陽性者は、今年1~8月で約120万人を数えました)。まさにオーバーシュート(感染爆発)で、「ワクチン接種か、コロナ罹患か、どちらを選ぶか」状態としか思えませんでした。

 そこで、ワクチンの副反応に関する情報を集めようと、厚労省の
厚労省の会議の資料を確認したところ、「ワクチン接種後の死者」は、ワクチン接種が原因でない要因も相当程度含まれているのが分かりました(「誤嚥性肺炎」「転倒して頭部強打し、脳内出血」「老衰」「風呂場で溺死」「自殺」等)。

 これらの要素を踏まえて、私は考えを改め、新型コロナウィルスのワクチンを接種することとし、諸々の情報を確認して、以下のように整理しました。


考えを整理し、メーカーを選ぶ


●収束の見通しがない以上、新型コロナウィルスに感染するリスクは避けられない。
●感染して発病すれば「重症化」「死亡」のリスクが有る。
●新型コロナから回復したとしても、呼吸が浅くなる・ブレインフォグ・倦怠感等、ロング・コビド(「重度の後遺症」)のリスクがある。
●闘病中の精神的・肉体的な苦痛が耐え難いものになる可能性が有る。
●ワクチンの副作用によるリスクは対処法が分かっており、接種会場には医師・看護師もいる。副作用の症状で長期間の外出禁止になる可能性も無い。
●死亡のリスクは、現時点で明らかになっているデータでは、新型コロナウィルスの方が高い。
●ワクチン接種が進んでいるイギリスやアイスランドでは、新規陽性者数と入院者数に相関が見られなくなっている。
●mRNAワクチンの長期的な影響は未知数でリスク要因だが、新型コロナウィルスのリスクが避けられないものである以上、リスクとリスクの比較にならざるを得ない。どちらかのリスクを選ばざるを得ないのだから、相対的に大きいリスクを避ける(=相対的に小さいリスクを選択する)のが合理的。

 以上が、私が「様子見」から「接種」に舵を切った理由です。

 国内で接種されているワクチンは、ファイザーとモデルナ製で、何れも2回の接種が必要。更に、2回目が終っても、体内で十分な量の中和抗体が生成されるまで、ある程度の期間が必要とされています(ファイザーは2回目接種から概ね1週間程度、モデルナ製は同じく2週間程度)。
 従って、ワクチンを接種するなら、早目にしなければいけません。

 その上で、厚労省の会議のデータを基に、「死亡のリスクがより低い」と思われるモデルナ製を選びました。
 

​ 以下は、私の接種記録・副反応の状況と、接種後の抗体検査の結果をまとめたものです。
 厚労省の審議会の結果を基に、接種100万回当たりの副作用疑いの件数も一覧にしたので、資料1として掲載します。
 ワクチンのメーカーを選択できる接種体制を構築してくれた大田区に感謝です。接種券も6月末に届いていたので、「接種しようと思えばいつでも動ける」状態であったことも、迅速な接種に繋がりました(ワクチンを接種することに決めたのが8月15日。第一回接種が8月20日でした)。
 接種後に、モデルナワクチンへの異物混入が報じられましたが、私が接種したのは、問題のロットではありませんでした。


記事に関するお断り

 当記事に関しては、以下のお断りを追記しておきます。

ワクチン接種は個人の身体に関する事であり、「自分の心身に関することを、外部からの強制やインセンティブ(誘因)無しに決定する」のは、個人の尊厳の基本。

何れを選択したとしても、社会的な不利益や制限が加えられてはならない。

ワクチン接種の進捗とは別に、政治・行政は、医療関係機関への逼迫を解消できるよう、最大限のリソース(予算・人材・資機材)を投入するべき。

当記事はワクチン接種の推奨を目的としたものではなく、個人の考えと体験を記載したもの。又、私は、ワクチン接種に関して、如何なる利益供与も受けていない。

 表・グラフ・ポンチ絵は、クリックすると拡大します。無断転載・利用は御遠慮下さい。​​​
 表やポンチ絵は、最低でもB5サイズ以上のタブレット・PCで閲覧する事を前提に作成していることをお断りしておきます。​
 読み難い場合は、ワード又はペイントにコピペしてご覧下さい(windowsの場合)。
 グラフ等は、数字だけではなく注記もご確認下さい。

「書く順番が違う」とお叱りを受けるかも知れませんが、これまでに新型コロナウィルス感染症で亡くなった方達のご冥福をお祈りすると共に、闘病中の皆様のご快癒を願っています。合わせて、日々、勤務を継続して下さっている医療関係者の皆様に感謝申し上げます。

​​​​​
接種履歴 



1回目の接種概要と副反応



2回目の接種概要と副反応



中和抗体検査の結果



1回目接種の痕(鏡に映して撮影)


​​​
2回目接種後の副反応


​​​資料1 副反応疑い報告件数


●​第69回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会、令和3年度第18回薬事・食品衛生審議会薬事分科会医薬品等安全対策部会安全対策調査会(合同開催)​/資料

●​第70回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会、令和3年度第19回薬事・食品衛生審議会薬事分科会医薬品等安全対策部会安全対策調査会(合同開催)​/資料


資料2 新型コロナウィルスの国内のワクチン接種者数、月間推移


(リンク)
●​新型コロナワクチンの副反応疑い報告について​(厚労省)

●​米ファイザーのワクチン接種後に女性の胸が大きくなり始める現象 ノルウェー
(スプートニク/21年7月9日)

●​COVID-19ワクチンモデルナ筋注の一部製品の使用見合わせのお知らせ​(武田薬品/21年8月26日)

●​新型コロナウィルス・ワクチン接種状況​​(首相官邸)

●​新型コロナウィルス・ワクチン接種状況​(東洋経済オンライン)


資料3 新型コロナウィルスの国内の陽性者数・検査件数(PCR検査)



資料4-1 新型コロナウィルス陽性者で、入院治療等を要する人数・月間推移




資料4-2 入院治療等を要する重症者数・月間推移



資料5 新型コロナウィルス陽性者の国内の死亡人数・累計


●​新型コロナウイルス国内感染の状況​(東洋経済オンライン)


資料6 新型コロナウィルスに関する、個人的なまとめ




春橋哲史(ツイッターアカウント:haruhasiSF)​​







Last updated  2021.10.15 18:16:17
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.