302933 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

元SF小説家・春橋哲史のブログ(フクイチ事故は継続中)

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


haruhasi

Calendar

Comments

春橋哲史@ きのこさん、提出お疲れ様でした きのこさんへ バタバタで提出して頂いた…
きのこ@ Re:「原子力損害賠償制度の見直しについて(案)」に対するパブコメを提出(09/09) 春橋様のご案内で、パブコメを知りました…
haruhasi@ もう一度送っては如何 きのこさんへ  お早うございます。春橋で…

Archives

Rakuten Ranking

2018.09.23
XML
お蔭様で30万アクセスを突破しました

 今回は、皆様へのご挨拶です。

 9月21日の金曜日に、当ブログのアクセス数が過去最多件数を記録し、累計アクセス数が30万件を突破しました。
 閲覧して下さっている読者の皆様、ツイッターのフォロワーの皆様、FBの友達の皆様に感謝とお礼を申し上げます。有難うございます。

 又、9月21日・22日には、2日連続で4桁のアクセス数を記録しました。これも、私のブログとしては初めての事です。

 2011年12月に当ブログを開設し、最初はヨチヨチ歩きで、趣味の事を多く投稿していました。一時は更新が滞った事も有りましたが、いつの間にか、金曜行動への参加の記録、傍聴の記録、そして、フクイチを含む原子力施設の廃止措置に関する情報を投稿するようになり、当初の開設目的から一変しました。

 特に、ALPS処理済み水の公聴会の開催が予告されて以降、アクセス数が急増しており、その頃に、FBで繋がった人数も急速に増えました。
 又、多くの方達―特に避難者・被害者や、福島県内で東電や経産省と対抗している皆様―に閲覧されているのも分かりました。当ブログの記事を通じて、連絡を取り合うようになった方達も多くおられます。

 記事を書く際は、私の主観や意見は後回しにし、出典を明示した上で、事実や公式資料を見易く加工する事に重点を置くようにしています。
 それが、どれだけの効果を上げているのか、又、工夫の余地がもっと無いのか等、検証・振り返るべき課題は多く有ります。とは言え、私も週に40時間以上働きながら、記者会見の視聴や会議の傍聴の時間を遣り繰りしつつ、自分の時間も見付けつつの取り組みですから、なかなか、全ての課題には向き合えず、「可能な範囲で対応している」のが実情です。

 これまでにも、「情報が豊富」「グラフやポンチ絵は参考になる」との声の他、「情報が多く、何処をどう見るべきか、分かり難い」「解説の文言を多めに」との意見・指摘が寄せられています。

 記事一本を書く時間を短くしたいので、出来るだけ、ポンチ絵やグラフに纏めようとしているのですが(このような手法は、官僚の会議を多く傍聴している内に学びました)、そのような見方・解説に慣れていない方が多くおられるのも現実でしょう。

 ご意見・ご指摘一つ一つを敏感に反映させるのは困難ですが、頂いた声は常に頭に置きながら、記事を書いています。
 出来る事よりも、限界の方が多いと言えますが、私が、核施設のリスクを追うのは、反政権だとか党派的な思惑ではなく、「日本を滅ぼしかけた3.11を止められなかった主権者としての責任と反省」が原点です。
 今後とも、この原点から軸足を外すことなく、そして、「福島第一原子力発電所事故は継続中」であることを踏まえて生活し、活動し、当ブログでの情報発信も続けて参ります。

 改めて、当ブログを閲覧して下さっている読者の皆様、ツイッターのフォロワーの皆様、FBの友達の皆様にお礼申し上げます。
 同時に、生活や人生を一変させる被害に遭われた皆様に、東京電力の電気の消費者であった者の1人として、お詫び申し上げます。

 最後になりましたが、福島第一原子力発電所事故の発生以来、亡くなっている社員・作業員の皆様のご冥福をお祈りし、ご家族に哀悼の意を表します。


春橋哲史(ツイッターアカウント:haruhasiSF)​​​​​​​​​​​​ ​






Last updated  2018.09.23 18:53:36
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.