128011 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

SF小説家・春橋哲史のブログ

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile


haruhasiさん

SF小説家

フォローする


■ 趣味・関心キーワード
アウトドア  脱原発  民主主義  戦争反対  映画 

Calendar

Comments

haruhasi@ お読み頂き、有難うございます 青島様、コメント有難うございます。当事…
LEON@ Re:フクイチでの、作業員の死者は(東電が認めているだけでも)累計14名(08/26) 若い方も多いので、衝撃を受けます。よほ…

Archives

Rakuten Ranking

2017.06.26
XML
カテゴリ:福島第一原発
6月第四週のフクイチ(福島第一原発)の汚染水貯留量・滞留量が公表されました。
 タンク内貯留量は約99万9600tとなりました。この数字は22日木曜日時点のものですから、実質的には、既に100万tを突破しているものと思われます。
 反面、建屋内滞留量はゆっくりですが減少してしているので、水全体のインベントリ(放射能量)は低下傾向です。
 来週には6月の増加量の数字が確定しますし、タンクの最新の設置計画も判明しているでしょうから、解説は来週に回します。

 以下、更新したグラフを掲載します。グラフ・表・ポンチ絵の無断転載・利用は御遠慮下さい。

2017年6月22日時点の福島第一原発の汚染水の貯留量・滞留量

元データ(東京電力のサイト)→ 福島第一原子力発電所における高濃度の放射性物質を含むたまり水の貯蔵及び処理の状況について(第308報)PDFファイル4頁右上の「RO処理水(淡水)」「濃縮廃液」「処理水」「Sr処理水等」「濃縮塩水」の5項目から計算。

タンク内貯留総量:99万9592t(撤去予定タンク底部の残水の一部と移送中の水は、計測不可の為、含めず)

タンク運用上限値:103万9800t容量(RO濃縮水が残っているフランジ[ボルト締め]タンクは、撤去・解体予定。当ブログでは運用数値に含めず)

 タンク理論上空き容量4万0208t容量バッファタンク・緊急受入れ用タンクなど、貯留容量として見込めない分が2万t以上は有ると思われる。詳細は以前の記事を参照。公開情報から、実質空き容量を正確に読み取るのは困難)

建屋滞留水(原子炉建屋+タービン建屋[1号機は除く]+プロセス建屋+高温焼却炉建屋)
 :6万0180t


※参考1:葛西臨海水族館の、マグロ群が回遊する大水槽が約2200t容量。
※参考2:1t≒1000L=2L入りペットボトルが500本

グラフ
「福島第一原発の汚染水~建屋滞留量・タンク貯留量・タンク容量 推移」(2011.12末~2017.6第四木曜)




別添1 既設ALPS構成図



別添2 ALPSで除去可能な62核種



別添3 汲み上げ水の排水基準



春橋哲史(ツイッターアカウント:haruhasiSF)







Last updated  2017.06.26 21:27:20
コメント(0) | コメントを書く
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.