573569 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

小さな庭で出会う緑たち

PR

X

全74件 (74件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >

その他のことなど

2021年03月20日
XML
カテゴリ:その他のことなど
アミガサユリがお隣の木に巻きついている写真を載せましたが、巻き付く代表は豆ですよね。
昨年暮れに植えたスナップエンドウが気温の上昇ともにぐんぐん伸びてきました。
花もぽちぽち咲いています。
つるの先が絡みやすいようにピンチや麻紐でネットにくっつけます。
これが結構楽しい。

↓↓ 伸びはじめたつる~巻きついたつる

















最終更新日  2021年03月20日 09時18分58秒


2021年01月05日
カテゴリ:その他のことなど


⇑⇑ メジロのお食事を新しいミカンに換えてあげました。
今日もちゃんと来てくれました。
針金をしっかりつかんでますね。

昨日のミカンをトレーに入れて庭のテーブルに置いてみたら
そちらにも別のメジロが来てますよ



​​鳥についての知識は全くありません。
今日はリンゴの切れっぱしを置いてみたのですが、さてどうでしょう?






最終更新日  2021年01月05日 13時18分42秒
2020年04月15日
カテゴリ:その他のことなど
​​​

ピンクと紫がまぜこぜですが…アジュガです。
​​昨日、「紫の花が好きよー」と書いたので…
今咲いている紫の花を載せましょう。

日蔭が多い私の小さな庭はアジュガ向き。
冬の間はほとんど枯れていましたが、
ほふく茎を横に伸ばしてどんどん領地を広げます。

⇓は数年前にお友達からいただいたスズランスイセンです。
春一番に葉をぐんぐん伸ばして、清楚な花が咲いてくれます






​​​






最終更新日  2020年04月15日 19時33分06秒
2019年04月01日
カテゴリ:その他のことなど
官房長官が発表された新元号「令和」の出典について、
「梅の花の歌32首の序文にある……」
えっ?それって太宰府の「梅花の宴」で詠まれた歌のことじゃない!

32首の歌をすべて知っているわけではないけれど、
「梅花の宴」聞いたことがあるぞお。
奈良時代・天平2年(730年)の正月13日(もちろん旧暦)のこと
大宰府の長官である大伴旅人の邸で宴が開かれ、
梅の花をお題にして詠んだ歌32首が万葉集巻の五に載っている。

文字に記し、書物として残したからこそ約1300年後の私達が
読んで学ぶことができる、ありがたいですね。

さて大伴旅人の邸は太宰府のどこにあったのでしょう?
はっきりわかる史跡は今のところ存在しません。
旅人邸跡と書かれた案内板を以前見たようなもしますが、
記憶違いかもしれません。

ばたばたとネットで調べた結果太宰府政庁跡に隣接した地の
「坂本八幡神社」の辺りらしい。近くに用もあったので
寄ってみました。

↓の高い木の下が「坂本神社」です。この写真の左側が太宰府政庁跡です。


神社にお詣りしてきました。


入り口近くに旅人様の歌碑が…梅の歌ではありませんでした



この歌碑の説明文に「この辺りは大宰帥大伴旅人の邸跡と伝えられている」と
書いてありました。



今は桜のシーズン
2月の梅咲く頃。たまたまこの辺で写真を撮っていました
「令月」の雰囲気あるかしら
太宰府市長も本日夕方、急遽テレビでメッセージ発表したらしいです。





今は桜が満開なんですよ。




















最終更新日  2019年04月01日 18時24分17秒
2019年01月05日
カテゴリ:その他のことなど
​1月5日になってしまいましたが、おめでとうございます。
最近は日記の更新もパラパラになってます。
もともと、何でも面倒くさがりのずぼらな性格なもんで…
それではいけない! 今年は日記もちゃんと書くぞ! 
と、一応言っておこう。

午前中に太宰府天満宮に初詣に出かけました。
本殿横の飛梅は、開花すると必ずローカル新聞に載ります。
10輪くらいは咲いていたようです。







コチョウランの花芽が少し伸びてきました。
この芽がぐんぐん伸びる頃が一番楽しい。
花は、見慣れてしまってあまり感動しなくなりました。





















最終更新日  2019年01月05日 22時23分18秒
2018年10月08日
カテゴリ:その他のことなど
​​今日は「体育の日」 
小学校で行われた地域の行事に参加しました。

子どものころから「運動会」というものは苦手なんですが、
今回はテントの中でプログラムを渡す係だったので気楽だったのです。



上の写真はフラフープにチャレンジしている子供たち

上手な子は2本一緒にフラフープ回したりしてますし、
隣のコーナーでは竹馬ですいすい歩いている子どもさんや大人の方も…

どちらも、私はいまだに全くできません。
はい 運動音痴なんです。

⇓ 帰宅途中の近所で 大きく育っていたオオケタデ。
稲穂にピンクのお菓子をまぶしたような可愛い花なんだけど
ちょっと背が高すぎて近寄って見ることができません。




⇓ オオケタデの株元には紫葉のカタバミ。
我が家にもあります。
花壇の土の中から赤っぽい細長い球根が出てきたら
たいがいこのカタバミの球根です。






​​






最終更新日  2018年10月08日 23時58分10秒
2017年11月27日
カテゴリ:その他のことなど


11月25日の日記で載せた同じ公園です。

ウオーキングしていたら、我が家の近所の小学生二人が遊んでました。
家から歩いてくると15分くらいかかる公園なんですけどね。
広いし、子ども用の遊具もあって楽しいのでしょう。
グループでグラウンドゴルフをされている方もいます。

私は買い物があるのを言い訳にして、車で来て、ちょこちょこっと歩いてます。




右側の石垣の上で咲いていたヒガンバナを9月に載せました。
赤から白、その後黄色のヒガンバナと、ほぼひと月楽しめました。

最後の黄色のヒガンバナを載せてなかったので
おくればせながら…








最終更新日  2017年11月27日 21時55分05秒
2017年10月01日
カテゴリ:その他のことなど
今朝はぐっと涼しく、というか寒いくらいでした。

つぼみのままが長かったシュウメイギクがやっと咲きました。
秋明菊と書いた方が風情がありますね。
元は白花もあったのですが、今はピンクだけ残っています。
一度植えると、翌年思いがけない場所から顔を出したりして
儚げな姿とはうらはらに、繁殖力旺盛。
後ろの赤いのは紅葉したホウキグサです。




シュウメイギクの花びらって、実は「がく」らしい。
道理で形が不ぞろいでデコボコしている。
湿った半日陰で弱酸性の土が好き。
ということは我が家の庭に合ってるはず。

下のシュウメイギク、ひょろひょろと伸びて、
後ろのクレマチスに絡みつかれて倒れてました。
枝をほどいて、クレマチスも支柱に結わえてあげて,はいパチリ。
庭の見回りをさぼると、よくこんなことが起こります。











最終更新日  2017年10月01日 12時13分07秒
2017年09月20日
カテゴリ:その他のことなど
先週のことですが…

ベランダの南側に日よけとしてブラックベリーとアメリカテマリシモツケを植えています。

このアメリカテマリシモツケは銅葉で、初夏に↓のような可愛い花が咲きますが、

株元から伸びた枝が倒れるので、まとめて紐で縛っていたのです。





今の季節は葉がチリチリになって美しくないので、剪定することにしました。

紐をほどいて枝を切り戻していたら、一番奥の枝に何やらうごめくモノが…。

ゲッ!
蜂でした。スズメバチほどはないけどかなり大きめ。



急に揺さぶって、光を当ててしまったわりには蜂さんは慌てず騒がず…

20匹以上の蜂がじっととまっているだけ、不思議だな…

刺されることもなくてラッキーでした。

蜂の大きさとは釣り合わない小さな巣が枝にくっついてました。

針金でこさぐと巣は簡単に落とすことができました。


巨大な巣になる前に見つけて良かったのかな。


風通しは良くしておかないといけませんね。




ネットにからめたのブラックベリーの前向こうがアメリカテマリシモツケ。

向こうにちらっと見える青い花はサルビア・ガラニチカ

株が大きくなると見栄えが良く成ります。
















最終更新日  2017年09月20日 22時51分42秒
2017年03月14日
カテゴリ:その他のことなど
  • 庭にハト.JPG

ガラス窓越しに庭で遊んでいるハトをみつけました。
なにか食べ物を探している風です。
チョンチョンとスキップしながら行ってしまいました。

手前の寄せ植えは真ん中にハーデンベルギアの紫と白をメインにしています。
紫の小花が可愛いでしょ。


IMG_7158.JPG

ご近所のお宅では細い枝ががんがん伸びて、「増えて困る」と言っておられたのを
一度いただいて挿し木にしましたがダメでした。
苗も一株植えましたが枯れました。
日当たり良すぎと乾燥と霜には弱いようです。
ならばと鉢植えにチャレンジ中。
高く伸ばしてゴージャスになる予定…。









最終更新日  2017年03月14日 09時52分12秒
このブログでよく読まれている記事

全74件 (74件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >


© Rakuten Group, Inc.