2043577 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

がん 催眠療法 統合医療 ホリスティック医療 イーハトーヴ クリニック日記

PR

Free Space


※ご購読希望の方は、こちらの購読登録ページよりご登録ください。

Favorite Blog

ゆほびか11月号 New! mamadocterさん

4度目のホスティン… 矢尾こと葉♪さん

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

lovelovelove7240@ Re:貧乏の定義(09/06) risaさんへ コメントをありがとうござい…
risa@ 貧乏の定義 萩原先生 毎日ブログ更新、ありがとうご…
lovelovelove7240@ Re:「ありよう」とは?(08/28) コメントをありがとうございます。 「あ…
risa@ あるべきようは 萩原先生 こんにちは。 セミナーお疲れ様…
risa@ 煩悩だらけ 萩原先生 こんにちは。 ブログ更新ありが…

Freepage List

2019.08.06
XML


仲田和正先生の熱中症対策の
最初の重要なポイントを書かれています。

 診療所必需品は霧吹き(40℃の湯)、扇風機、シャーベット状氷(頸・腋下・鼠径に)

 診療所の必需品だと思ったのは、「霧吹きと扇風機、シャーベット状の氷」です。発熱+意識障害患者が来たら鑑別(熱射病、髄膜炎、脳出血、視床下部卒中、悪性症候群、悪性過高熱)ができるまで即座にクーリングを始めるのです。熱射病ならこれでたいていすぐ良くなります。熱射病は治療が遅れると死亡率が高いのです。

 冷水で霧吹きすると毛細血管が収縮するので体温くらい(40℃)の水を霧吹きでかけ扇風機で冷却開始です。頸部、腋下、鼠径にはシャーベット状の氷です。ただし意識があるとこれをいやがる患者もいます。

 救急隊の「scoop and run (救出して搬送)」でなくて「cool and run(冷やして搬送)」です。

 夏の診療所には「霧吹きと扇風機、シャーベット状の氷」を必ず用意しましょう。

熱射病に一度なったことがありますが、
意識朦朧となり、恐ろしい思いをしました。

その時には、大量に水分を補給し、小川に
浸かって、体を冷やしました。

熱射病は兎に角「冷やす」ことなのですね。

診療所でなくても、霧吹き、扇風機、氷は
用意できそうですね。


メルマガ読者登録は​

ここから​お願い致します。

意識に興味のある方は、
先ず、​催眠の基礎セミナー​から

オンラインの通信講座​もあります。







Last updated  2019.08.06 07:56:15
コメント(0) | コメントを書く
[がん 催眠療法 ホリスティック医療 ] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.