2387147 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

今が生死

全1040件 (1040件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

健康

2022.01.21
XML
カテゴリ:健康
昨年9月に入院した84才女性、脳梗塞症例を紹介する。
左片麻痺があり、左手、左足が動かない。言語障害、嚥下障害があり、食べることが出来ないので鼻から管を入れて栄養している状態で当リハビリ病院に転院してきた。当初は回診の度に動く方の右手にはめられているグローブ(ミトン)が煩わしく「これを取って、取って」とせがまれるのが辛かった。右手にグローブをはめていないと鼻から入れられている管を抜いてしまうのでミトンを外すことは出来なかった。
しかし数日前からそのミトンが外されていた。鼻に管も入っていない。口から食べられるようになったのである。STという専門の療法士が少しずつ食べさせる訓練をして、最初は朝一食のみで他は鼻管栄養、しばらく様子をみて昼も経口摂取を試みてみる。何度も何度もトライしながら昼も食べられるようになったら夜も試してみるという方法で遂に3食口から食べられるようになり、鼻管を抜き、ミトンも外されたのである。今朝の回診では顔は晴れ晴れとして輝いていた。そして「ありがとう、ありがとう」と言われた。今は座る練習をしたり、車椅子にも乗っており、入院当初とは大きな違いである。ここまで来るには4カ月かかっており、簡単ではなかったが辛抱してリハビリ受ければここまで来れるという好例だと思った。
個人差や病巣の広さなどによって回復の程度は異なるが概ね半年近くなるとかなり改善する印象を持っている。脳梗塞になっても絶望しないで時間はかかるけれども少しずつ良くなることを信じてリハビリを行ってもらいたいと思う。






Last updated  2022.01.21 13:30:54
コメント(6) | コメントを書く


2022.01.04
カテゴリ:健康
仕事始め、会う人皆さんから「明けましておめでとうございます」と言われるのがもう何十年も経験してきたことだが少し照れくさくて苦手である。
少し休みが続いたので患者さんの容態が心配だったが殆どの皆さんは大体落ち着いていて安堵した。しかしすい臓がんの方は1月2日に嘔吐と発熱があり、当直の先生が対応してくれて絶食と点滴の指示をだしてくれてあったのでその指示を継続しながら、大病院への転院依頼の手紙を書いた。
大病院は救急患者や重症患者を受け入れたりする最後の砦で、一般の患者さんや個人病院の医師などが最も頼りにする病院である。
リハビリ病院というのは、大病院で手術等した後その後日常生活復帰までの間の訓練を担当する病院である。
中小病院と言うのは大体200ベッド以下の病院で慢性疾患での入院や小手術などをしてくれる病院である。
個人医院はかかりつけ医院ともよばれ、地域で常日頃見て頂く医院である。
どこか具合が悪いと感じたらまずかかりつけ医に相談するのがよいと思う。そこで必要があれば中小病院や大病院を紹介してもらうことになる。入院が必要な場合にはまず中小病院に紹介するがその病院で手におえない病気だとすれば直接大病院に紹介することもある。リハビリ病院は大病院から手術後の患者さんが送られてきて中小病院からも時に送られてくることもあるが個人医院から送られてくることはない。
医院や病院はそれぞれ機能分担しているがそこで働いているのは同じ医師免許をもった医師たちであり大病院の医師が一番偉いという訳ではない。
しかし大病院は専門分化しており、技術も高く医師が多いので夜中でも対応してくれる有難いところである。所が平均年齢をみると大病院の医師が最も若い。その次は中小病院の医師だと思う。その次は個人医院で90才以上の高齢の医師もいる。それより高齢な医師はリハビリテーション病院かも知れない。リハビリテーション病院は骨折後とか脳卒中後とかがんの末期とかご高齢の患者さんが多いのでご高齢の医師でも務まるのかもしれない。
大病院以外の病院に勤務している医師は大病院におんぶに抱っこされている感じだがそれぞれの持ち場はそれなりに重要なのでその持ち場で力の限り努力していこうと思う。






Last updated  2022.01.04 15:43:58
コメント(8) | コメントを書く
2021.12.25
カテゴリ:健康
家で採れた白菜と大根、今までは義兄が作ってくれていたが体調を崩して来れなくなったので妻と二人で協力して作った初めての野菜である。

勤めから帰ってくると郵便物やダイレクトメール、広告などが沢山配達されている。中には新型コロナ3回目接種券など重要なものもあるが多くのものはそれ程重要でないものが多い。しかし年金関係の書類や源泉徴収票、ネット購入の領収書などは確認が必要である。特に近日は電話攻勢に負けてインターネットのプロバイザーの変更を承諾したものだからその書類が一杯くる。中には期限付きで返信しなければならないものもある。
所が高齢になってくるとそれらの書類をみたり処理したりする能力が落ちてしまい締め切り過ぎてから開封することもある。情けないと思うが、このような郵便物だけでなく物事の処理能力全般がかなり遅くなったように感じている。
それが分かったのだから今後は来た郵便物は直ぐ開封して処理し、寒くなってきたために時計が随分遅れるようになってしまったので即座に電池を取り換えるとか、やらねばならないことはズルズル後回しにしないで気が付いたらすぐやるようにしようと思った。上記野菜も妻が息子の所に送りたいと言ったのでぐずぐず言わないですぐ手伝って収穫した。このすぐやる姿勢がいつまで続くかは分からない。






Last updated  2021.12.25 17:47:38
コメント(8) | コメントを書く
2021.12.14
カテゴリ:健康
寒くなってきて起きるのが辛くなってきた。病院に来てみると患者さん達が理学療法士に支えられながら廊下を歩いていた。一生懸命努力している姿をみたら「寒い」「寒い」などといっていられないと思った。
昨年7月当院に赴任して、以来119人を受け持たせて頂き、大半は既に退院しており残っているのは23人である。朝病院に着いたら76才男性患者さんが下血しているとの報告あり。貧血が起こっているか調べるための血液検査をして、出血部を推定するため肛門から指を入れて診察し、大腸腫瘍などを調べる目的で腹部CT検査の指示をだし、栄養管理のための点滴の指示を出した。
骨折で入院したのだがこのような重大な合併症が起こることもある。このような重症患者さんも数名いるが、多くは骨折などが治り、独力または杖やシルバーカーを用いて自宅なり施設に退院していっており、リハビリの効果を改めて感じている。
リハビリテーション医学は新しい医学である。医師にとってはあまりカッコいい診療科ではない。テレビに出てくるようなカッコいい外科医でも、重症患者さんに対応する専門医でもない。実際の治療はリハビリをしてくれる理学療法士等の役割が大きく、医師の役割はそれほどでなくて専門性も少ない。そのため若い医師には魅力が少なく、何処かの病院を定年退職した後の高齢の医師が勤務していることが多い。しかしここで働いてみてそれ程カッコいい診療科ではないが、リハビリ医学は極めて重要な医学部門だと思った。
骨折や脳卒中などで当院に入院してリハビリ訓練を受けると少しずつだが確実に良くなっているのが分かる。従来の考え方だと脳卒中になったら寝たきりになるのは仕方ないと思われていたりするが、重症は無理でも中等症位までの患者さんならかなり機能が回復することを観てきた。
骨折についても86歳男性が転倒して左股関節を骨折して県立病院で手術してもらってその後のリハビリ依頼で本日当院に転院してきたが、このような経過の方は殆ど歩けるようになって退院している。
この方の場合、糖尿病や高血圧、心筋梗塞後等の合併症があるので、そちらの病状の管理もしていかなくてはならないが、高齢者で骨折なさる方々は殆どが合併症を持っている。それらに対する対応は我々医師がするので直接リハビリ指導は出来なくても、チームの一員として患者さんの機能回復に取り組んでいる。あまり目立たない地味な職場だが、全く動けなかった患者さんが少しずつ動けるようになっていくのを観るのは楽しく、これからもしばらくここで働かせてもらおうと思っている。






Last updated  2021.12.14 13:24:54
コメント(6) | コメントを書く
2021.12.10
カテゴリ:健康
今すい臓がんで手術出来ないステージ4期の患者さん、69歳と76才の方二人を受け持っている。大きな総合病院からのリハビリ依頼で入院になったが本人、家族に病名と余命が告知されていた。
さぞかしダメージが強いだろうと思っていたが痛みなどの症状が無い時には二人共明るくて救われている。一人の方は症状が落ち着いている時に自宅退院を希望しており、ホームヘルパーさんの力を借りるなどして何とかそのご希望に添えるようにと考えている。
お二人共この病気になる前は何の症状もなかったのに69歳の方は今年の2月黄疸で病院を受診してすい臓がんが発見され、76才の方は昨年9月腹痛で受診してすい臓がんと診断された。いずれも進行がんで治る見込みのない癌ということでそれまで全く健康できただけにショックは想像できないくらい大きかったと思う。今はすこし気持ちの整理も出来ているのだと思うが、看護師等と話し合いながら肉体的、精神的苦痛を少しでも和らげてあげられるようにベストを尽くしていきたいと思っている。






Last updated  2021.12.10 13:47:29
コメント(6) | コメントを書く
2021.12.06
カテゴリ:健康
リハビリテーション病院では骨折手術後、脳卒中後、パーキンソン病などの慢性疾患患者さんの機能回復のためのリハビリを中心に診療を行っている。
骨折手術後の患者さんで合併症が無い患者さんは所定のリハビリが終了したら2-3か月で退院できるが脳卒中や慢性疾患などでは入院が長期になることが多い。
脳塞栓で入院してきた84才女性を例に挙げて紹介する。
以前から心房細動があり、7月14に大腸がん手術を受けている。1人暮らしで8/20に倒れている所を息子に発見されて県立中央病院に搬送された。MRI検査で右中大脳動脈が閉塞していることが分かり、機械的に塞栓除去術を行って成功したが閉塞していた期間に血液が流れず酸素供給が出来なかった右前頭葉部に病巣が出来てしまっていた。
左片麻痺で左手、左足が動かず言語障害があり、呑み込みが出来ないので鼻から管を入れて栄養していた。リハビリ継続目的で9/6に当院に紹介されてきた。入院時は機能が残っている右手で鼻管を抜いたりしないように右手にミトンという大きな手袋をはめてもらっているがそれが煩わしいので「これを取り外してくれ」と大騒ぎしていことが印象深い。
以後も回診の度に「これを取って」と言われたが次第にその回数が少なくなり言葉がかなりはっきり言えるようになってきた。最近では「回診に来てくれてありがとう。先生もお元気で」などとこちらをねぎらうようなことも言ってくれるようになった。
麻痺足の左足も少し動くようになってきた。最初は暴れたり騒いだりするだけだったが最近は色々なことが分かるようになってきて回診が楽しみになってきた。
脳卒中には大きく分けて脳出血、脳梗塞、くも膜下出血がある。脳出血は高血圧などがあって脳の血管が破れて出血するもので、障害を受けた神経支配領域に沿って麻痺が起こる。脳梗塞は血栓などが脳の血管に詰まってその支配領域に沿っての麻痺がおこる。これには心房細動などがあって心臓の中に血栓ができてそれが脳の血管に運ばれて脳塞栓を起こす場合と動脈硬化が進んで脳血管に血栓が出来る脳血栓がある。
ここで紹介したケースは心房細動があったことより、心臓で出来た血栓が脳に運ばれて塞栓を起した脳塞栓と思われた。血栓や塞栓は発症から数時間以内なら機械的にそれらを取り除いて再開通し機能を取り戻すことが出来るが本例では時間が経っていたものと思われ塞栓を取り除いたが症状は軽快しなかった。
外科的処置が出来ない脳出血や脳梗塞の治療は主としてリハビリテーションである。時間はかかるが気長にリハビリを行うことによって歩けるようになったり口からものが食べられるようになったりする。
本症例も口から食べられるようになったり歩けるようになることを願ってリハビリを続けていきたいと思っている。






Last updated  2021.12.06 13:30:44
コメント(8) | コメントを書く
2021.12.05
カテゴリ:健康
先月11月24日に最初に南アフリカで報告されたオミクロン株があっという間に世界に広がり、現在日本を含む44か国に広がっている。やがてデルタ株にとって代わって世界中に感染が広がっていく可能性がある。
ウイルスの表面には人間の細胞と結合する突起があるが、この突起の内30個に変異があるとのことで、人間の細胞との結合の仕方やワクチンに対する反応が異なってくる可能性がある。一般的にはウイルスは数週間位の単位で次から次に変異して最終的には感染力が増し、弱毒化して人体に無害になっていくウイルスが多いが、このオミクロン株も無症状が多く、軽症が多い。
しかし重症化の報告もあり、油断は出来ない。いくら感染力が強くても無症状や症状が軽いタイプなら却って歓迎すべき変異だが、最終的にはまだそれは確認されていない。相変わらず3密を避けマスク等による予防措置を続けることが重要と考える。






Last updated  2021.12.05 22:46:46
コメント(2) | コメントを書く
2021.11.15
カテゴリ:健康
義兄に頂いた菊

お腹がポッコリ出ていて何とかしたいと悩んでいる人は多い。ポッコリお腹の治し方について健康運動指導士の植森美緒さんが雑誌「安心」に「30秒お腹しぼり法」を書いていたので紹介する。それは上下に走る腹直筋と直角に横に走る腹横筋を鍛える方法である。腹横筋は筋肉層の最深部にあり、内臓を支えている筋肉である。これが衰えてくると内臓を支えきれずに外に飛び出してくるのでこれを鍛えてコルセットのようにお腹をしっかり締め付ける方法である。
方法は簡単で壁に背中をつけて頭、肩、お尻、踵の4か所が壁に着くようにして呼吸は普通にしながら臍を中心に30秒間お腹をへこませるのである。これを朝夕2回行うのである。そんなことで本当に凹むのかと思うが植森さんが6人の人に実地指導したらその場で数回の30秒腹しぼりで平均臍上で5cm、臍下で3cm凹んだとのことである。これを2週間続けたら確実にお腹はへこぶとのことだ。本当かな?と思うが何人もの人が実際に何cmもお腹をへこませているので自分も今夜から挑戦してみようと思った。






Last updated  2021.11.15 22:42:03
コメント(4) | コメントを書く
2021.11.13
カテゴリ:健康
義兄が贈ってくれた菊
毎年秋になると義兄が丹精込めて作った菊を届けてくれるが今年が最後になるかも知れないと12鉢置いて行った。義兄は86歳になるが菊作りが趣味で毎年100鉢以上作り親戚やお世話になる整体治療院や歯医者さんに届けていた。何十年と頂いていたが最近は少し動くと苦しくなるので今年が最後になるだろうと話していた。若い頃石綿(アスベスト)を使用する仕事をしていたことがあり、それによる肺疾患が進行して歩いたり仕事したりするととても息が切れるようになってしまったとのことである。家内が楽しみにしていた庭の小さな畑の耕作もしてくれていたが今年が最後と言われ、その後どうしようかと思っている。

義兄と菊の話が長くなってしまったが本題の頻尿、尿漏れに言及する。その症状で苦しんでいた80歳の男性患者さんを例に挙げて解説する。
20年くらい前からそれに悩まされていたが最近特にひどくなった。運転中や仕事中でも頻回にトイレに行きたくなり急いでトイレに行っても既に漏らしてしまっている。かなり辛そうだが本人は父親もそうだったので遺伝で仕方ないとあきらめているようだった。私は内科医だがベオーバという良い薬が発売されたので試しにそれを処方してやったことがある。それは膀胱を拡張させる働きがあるので今までは尿が少し溜まっても直ぐ過敏に反応してトイレに行きたくなったが膀胱を拡張させてトイレに行く回数を減らすように設計された薬である。それを服用して最初は尿回数が減ってかなり効果あったとのことだったがその後飲んだり飲まなかったりしていたら次第にあまり効かなくなってしまったとのことである。
そこで専門の泌尿器科を受診するようにお薦めした。そこではベオーバと同時に尿の出をよくするハルナールも処方してくれたとのことである。それによって残尿が少なくなりトイレの回数が減ると説明されたとの事である。1日一回朝食後服用と書いてあったが都合で朝飲んだり、夕方飲んだりしていた頃はあまり効果ははっきりしなかったとのことだ。最近会って話を聞いたら服用時間を朝食後と決めてからはうそのように良くなったとのことである。服用時間は1日1回だから何時でもいいだろうと考えて適当な時間に飲んでいたが、やはりきめられた時間に服用することが大切だなと思ったとのことである。骨盤底筋を鍛えればよいと読んだことがあったのでその方法を試みてみたがそれが正しく行われていたかが疑問だがあまり効果はなかったとのことである。

纏めると1)頻尿、尿漏れはどうせ治らないとあきらめないで泌尿器科を受診して診察してもらい適切な薬を処方してもらうと症状がかなり改善することがある。2)過活動膀胱には男性の場合膀胱拡張薬だけででなく、残尿を少なくする尿の排出をよくする薬ハルナール等の併用が有効。3)1日一回服用と書いてあってもそれは1日の内いつでも良いという事でなく決められた時間に服用するようにしないと十分な効果は期待できない。4)日常生活に凄く不自由を感じていても、これは治らないもので仕方ないとあきらめないで専門医を受診することによって劇的に良くなることもあるので諦めない方が良い。5)骨盤底筋を鍛えるとか民間薬とか新聞広告の健康食品などでもよくなる人もいるかも知れないがやはり専門医受診が一番だと思われる。






Last updated  2021.11.13 14:22:15
コメント(8) | コメントを書く
2021.11.11
カテゴリ:健康
日本医師会雑誌の今月号の特集が「痒み」だったので、今回は痒みについて自験例のことを含めて書かせて頂く。
痒みはかなりつらいものである。痒みはアトピー性皮膚炎その他色々な病気で起こってくるが最も多いのは老人性搔痒症(乾燥性搔痒症)だと思う。秋から冬にかけて寒くなったり温かくなったり、暖房を使ったりして、皮膚が乾燥して痒くなる状態で皮脂が欠乏してくる高齢者に多い。
痒い所を掻くと気持ちがいいのでつい搔いてしまうが、掻けば掻くほどさらに痒くなり肌に爪痕や出血、肌荒れ、色素沈着等が出来てしまう。
痒みが生じた時しばらく我慢しているとかなりの割合で痒みがなくなってくれるので我慢するのが一番いいが我慢できなくてつい掻いてしまう。そうすると痒みは益々ひどくなり血が出るほど掻いてしまう。我慢するのが一番の対応策だが、掻いた時快感があるので、一度掻いてしまうと更に、更に掻かずにいられない地獄状態に落ちてしまう。地獄に落ちない痛み対策について述べてみたい。
それにはまず日頃から日常生活で注意することが大切だ。
まず皮膚の刺激になることを避ける。40度C以上の熱いお湯への入浴は避け、石鹼を使った後その泡が皮膚に残っていないようによく洗い流す。強すぎる水圧のシャワーは浴びない。表面がざらついたタオルでこすらない。毛羽だった衣服は避ける。スパイシーな食べ物や過度のアルコールを避ける。通気性の良い衣類を着る。部屋が乾燥しないように加湿器を用いたり室内に洗濯物を干したりして調節する。少しくらい痒くてもすぐ掻かないでしばらく我慢してみる。
内服薬は抗ヒスタミン薬(抗アレルギー薬)、副じん皮質ホルモン剤などがあるがあまり効果が自覚できないことが多く、外用薬の方が効果の実感が得られやすい。塗り薬にはワセリンとかレスタミン軟膏、ヒルドイドソフト軟膏などがあり、個人差はあるが有る程度の効果が得られる。基本は皮膚の保湿を保つことにあり、市販の保湿クリームなどでも一定の効果はあると思われる。
痒みにはまってしまうと苦しいものなので、なんとかその苦しみから逃れたいものである。普段から皮膚の保護に努め、最初痒みがきた時にはできるだけ我慢してみるのもかなり有効な対策だと思われる。
どうしても我慢できなくて掻いてしまうとかじくりまわす地獄のかゆみに襲われてしまうので保湿剤を準備しておいて掻く前に塗るのが良いと思われる。塗るのは痒みの程度にもよるが入浴後とか痒みがきそうな時1日2~3回塗るのがよいと思われる。






Last updated  2021.11.12 11:13:32
コメント(8) | コメントを書く

全1040件 (1040件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


© Rakuten Group, Inc.