2105267 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

今が生死

全966件 (966件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 97 >

健康

2020.11.18
XML
カテゴリ:健康
新型コロナに対するワクチン開発が進められているがメッセンジャーRNAを用いたアメリカのファイザー社ワクチンが90%以上の有効率の中間発表を行ったがそれから一週間もたたない11月16日に同じくアメリカのモデルナ社が3万人以上の治験で94.5%の有効性があったと発表した。95人のコロナ感染者がいたがそのうち90人はワクチンを打たないグループで5人がワクチンを打ったグループだったとのことだった。インフルエンザワクチンの有効率は50%で150人インフルエンザ感染者がいたとすれば100人はワクチンを打たない人、50人はワクチンを打った人ということで上記2社のコロナワクチン有効率の方が格段に高い。それはファイザー社やモデルナ社のワクチンは遺伝子であるメッセンジャーRNAを用いているがインフルエンザワクチンはインフルエンザウイルスを不活化したものから作っており製法が違うからである。インフルエンザワクチンでは様々な副作用があるが上記2社のコロナに対するワクチンでは目立った副作用は認められていない。今後報告されてくるかもしれないが製法の違いからインフルエンザほどは副作用がないと考えられる。今回新型コロナに対するワクチンでメッセンジャーRNAを用いて製造する方法が開発されたのでもしそれが本当に良いものと証明されたらインフルエンザに対するワクチンもメッセンジャーRNAを用いたワクチンになり、有効率も格段に向上すると思われる。






Last updated  2020.11.18 22:44:46
コメント(8) | コメントを書く


2020.11.12
カテゴリ:健康
新型コロナの感染者数が世界中で激増しており、早期ワクチン開発が待たれるところで日本を含めて世界中の学者や製薬会社がしのぎを削っているが、11/9米国ファイザー社から90%以上の予防効果があったとの中間報告があり株価が急上昇している。
発表内容は43,538人の治験対象者について半数はワクチンを打ち半数はワクチンを打たなかったところ全部で94人のコロナ陽性者が出たがそれは殆どがワクチンを打たなかった人達で90%以上の予防効果があったとの発表だ。感染者が164人になるまで試験を続けるとのことで最終結果ではないのでワクチン接種者中何人感染、ワクチンなしの人の中で何人感染かの数字が示されていないがかなり有効なことは想像できる。164人に達した段階で逆転無効にはならないと考える。ワクチンを打ったグループについてはこれから2か月間副作用の有無のデーターをそろさなければならないが今の所は副作用は出ていない。かなり期待してよいのではないかと考える。ロシアのワクチンではまだこのような効果は公表されていないが、ファイザーでこのようなデーターが出たとすれば他社でも次から次におなじようなデーターが出てくる可能性があり大いなる期待が出てきた。






Last updated  2020.11.12 12:56:19
コメント(12) | コメントを書く
2020.11.06
カテゴリ:健康
ある食品の宣伝用の雑誌に東大薬学部教授の池谷裕二先生のコメント記事が載っていた。
1.注意力や集中力が衰えるのは年のせいとか脳の衰えから来ていると考えがちだが、脳はそれほど老化したり衰えたりしないので体力が衰えたためと考えられる。脳を良く働かせるためには、適度の運動を欠かさないことが必要。
2.笑わなくても笑顔に似た表情を作ると脳の快楽に関係するドーパミン系の神経伝達物質が分泌され脳が楽しくなる。笑顔には楽しいものを見出す不思議な力がある。笑顔は脳の活性化のための大切な栄養。
3.覚えたことを忘れないためにはがむしゃらに覚えるだけでなく、記憶したことを口に出して言ってみたりして外に出力することが必要。出力によって記憶力が高まる。
4.年を重ねると脳はリスクより安全を選択する傾向がある。時には思い切ったチャレンジが必要。旅行などで普段とは違ったワクワク体験をすることで脳は活性化する。

要するに記憶力を高めるには体を鍛え、絶えず笑顔を作り 覚えたことを何度か使ってみる。時には旅行などに行き、冒険脳を開放してワクワク体験をする。
脳を活性化させる方法は自分次第で上記のことを心掛けることによって若々しい活性化した脳になるとのことだが特別新しい知見ではなく当たり前のことのようにも思える。当たり前のことを実践することが大切なのだなと思った。






Last updated  2020.11.07 09:08:31
コメント(4) | コメントを書く
2020.11.05
カテゴリ:健康
どの職業でも仕事がうまく運んで喜んだり、お客さんに喜んでもらって自分も嬉しくなったりと時によって悲喜こもごもがあると思う。
医師の場合は患者さんが良くなれば喜び、悪化すれば気落ちしその原因を考え対策を立てる。しかしよくなる見込みのない患者さんが多く心休まる時は少ない。朝の回診で63才のパーキンソン病の患者さんから毎度の事ながら、蚊の鳴くような小さな声で「いつ退院になりますか?」と聴かれた。回診の度にそれを言われており早く退院させてやりたいが、先日のご主人との面談では「膀胱カテーテルを抜いても良い状態になってから退院させて欲しい」と言われているのでそれを伝えたら涙ぐんでしまった。そのために重い気分で今週の月曜日に入院した76才の同じくパーキンソン病の患者さんの部屋の回診に移った。その患者さんの入院時の様子はか細い声で「食事の中に虫がいる」「あそこに誰かいる」などありもしないことを何度も話し幻覚が強いと思った。立つことも歩くことも出来ず、食欲もない。また今日も何か幻覚を言われるのかと恐る恐るその人のベッドに近づいた。意外ににこにこしていていろいろな普通の会話ができて、私が「幻覚」がありますねと言ったら「はいあります。幻覚があることが分かりました。消せるものなら消しゴムで消したいです」との返答だった。何ということだ月曜日には無表情で暗い顔して幻覚の内容を話してくれたが今日は表情豊かに笑顔で上記のことを話してくれた。日によって病状の違いはあるものだがこれほど違うのは珍しいと思った。またすぐ幻覚の世界に戻ってしまうのかもしれないが、一時的でもこんなに生き生き喋ってくれて嬉しかった。当院はリハビリ病院なので、PT,OT,STそれに受け持ち看護師が加わってその4人が主として対応してくれるので主治医は全体をまとめる役割だけだが、一時的でもこんなにも良くなって会話が出来て嬉しかった。医師の喜びは受け持ち患者さんがそれ以前よりよい笑顔を見せてくれる時が最高に嬉しいひと時である。






Last updated  2020.11.05 21:13:04
コメント(6) | コメントを書く
2020.10.30
カテゴリ:健康
パーキンソン病の患者さんを今二人受け持っており来週も一人入院してくるのでここにパーキンソン病について一般の方向けに症状や治療について書いてみようと思う。
最初は1817年にジェームズ・パーキンソンが痙攣などの症状を持つ患者さんについて発表したのが始まりで、その後様々な研究がなされてきた。
パーキンソン病は脳からの指令を全身に伝えるドーパミンという神経伝達物質が不足することから起こるとされており、40才以上、特に65才以上から発症する。男女別では欧米では男性の方が多く、日本では女性の方が多い。現在15万人以上の患者さんがおり、年々増加している。
症状は手足の震え、動きが遅くなる、前のめりに突進したように歩く、転びやすく、表情が乏しくなり、声が小さく、飲み込み困難になり、よだれが出る、字が小さくなる、便秘、幻視、幻覚、錯覚、うつ症状なども起こってくる。
治療は薬物療法と運動療法がある。薬物は不足しているドーパミンを補うためのドーパミン作動薬、体の中に摂取されてからドパミンに変換する薬、ドパミン分泌促進薬等が使われている。その他症状に応じて便秘薬や抗うつ剤なども用いられる。
運動療法は動かなくなった体をなるべく動かすように指導する方法で、PT(運動療法)、OT(作業療法)、ST(言語療法)達による訓練がある。本病ではこれらのリハビリを受けようとする意欲も低下してしまうので体調を見ながら療法士は積極的にリハビリに導き出す必要がある。
国の指定難病になっており、申請することにより治療費の補助を受けることが出来る。






Last updated  2020.10.30 12:51:40
コメント(6) | コメントを書く
2020.10.29
テーマ:マスク(33)
カテゴリ:健康
手持ちの使い捨てマスクを何日も使いまわしている方も多いようですが匂いや汚れが気になります。マスクの洗濯について製紙会社で不織布の研究を続け繊維部門の「技術士」の国家資格を持つ奥恭行さんが次のようなアドバイスをしています。不織布マスクは素材が3層構造になっていて中央の繊維が帯電されていて、ウイルスなどをキャッチする仕組みになっており、これが洗濯によって水や洗剤で効果が減少して90%以上のフィルタ効果を謳ったマスクだと70%位に減少します。しかしそれ以上は落ちないとのことで布マスクは元々が40%位しか捕集率がないので、布マスクより洗った不織布マスクの方がベターとのことでした。使う洗剤はどの洗剤でも良いですが顔につけるマスクなので肌に優しい中性洗剤が良いとのことでした。洗い方についは色々な方法がありますのでインターネットで検索して研究して頂ければ幸甚です。使い捨てマスクの場合洗わないで何日間使えるのかという研究はまだあまり目にしませんが汚れたものより綺麗に洗ったものを使用した方が気持ちがよいのではないかと思います。マスクは完全に人に移さなかったリ人から移されないものではありませんので三蜜を避け人ごみなどにはなるべく行かないようにするのがよいと思います。







Last updated  2020.10.29 13:50:35
コメント(6) | コメントを書く
2020.10.21
カテゴリ:健康
本年1月に開業した整形外科医院の繁盛ぶりが凄い。今はコロナで殆どの病院、医院は患者さん激減で赤字が膨らんでおり倒産の危機にある所もある。しかしこの医院だけは患者さんが溢れている。私の妻は左肩の痛みと右手親指の痛みで別の整形外科病院に通っていたが良くならないので、友人に紹介されてそこを受診した。妻は車の運転ができないので私が運転手としてついていくのだが医師は一人しかいないのに広い駐車場は満杯で待合室も溢れていた。受診2回目の時午後4時予約なので4時頃到着して待たされると聞いていたので覚悟はしていたが呼ばれたのは6時半過ぎだった。午後は3時から診察が始まり午後1時からスマホで予約が開始され4時予約となっていたが予約番号は45番とのことでそんなに遅くなってしまったのだ。午後1時前には予約を受付ないので手ぐすね引いていて次からは1時になったら即申し込もうと話し合っていたがもしかしたら午前中ならそんなに待たなくていいかもしれないと思い、本日は午前中受診することにした。診察は8時40分からで受付は7時半から。1秒でも前だとエラーが出て受け付けてもらえない。しかし7時半になってからだと申し込みが殺到して何番になるか分からない。家内は数分前から待機して7時半の時報に合わせて申し込んだら受付完了し受診番号25番だった。皆が7時半になったら一斉に申し込むのだが何百分の一秒の違いで順位ができるのだと思った。前回は2時間半待ったが、今日は1時間待ちで診てもらえた。予約は当日しかできずしかも午前は7時半から、午後は1時からでないと予約できないシステムで、予約してあっても2ー3時間待たされるこの方法は改善の余地があると思うが、受診希望者が圧倒的に多いのでどの方法をとっても何時間も待たされるのは仕方がないのかもしれない。何がそんなに患者さんを引き付けているのだろうか?腰痛、膝痛、肩痛など整形外科疾患で悩んでいる人が多いことが前提だと思う。それが中々良くならないがその医院に行ったら治ったということで評判が評判を呼び繁盛につながったのだと思う。治療法が違うのだろうか?基本的には殆ど前の先生の治療法と違っていない。親切で患者さんの立場で考えてくれるので微妙なところで治療効果に差が出るのかもしれない。私の妻も以前の病院の時より良くなったと言っており友人に紹介したとのことである。これでまた一人増え混雑が倍加することになり待ち時間が長くなる。でも治ることが第一なので文句を言う人は少ない。前回私達が2時間半待たされた時にはある中年の男性が「予約時間に来たのに2時間以上待たされるのはどういうことだ」と大声で看護師さんに文句言っていたが文句を言うのはその人位だった。






Last updated  2020.10.21 22:44:07
コメント(8) | コメントを書く
2020.10.19
カテゴリ:健康
フランス、スペイン、イギリスなどヨーロッパ各国及び米国では急激な感染拡大の第2波に襲われている。10/16発信の高島康司さんのメルマガによると武漢拡散ウイルスはD614型で今現在流行しているのは2月にヨーロッパで発見されたD614G型とのことである。そのD614G型が今では100を超える変異型になっているとのことだ。北京大学健康科学センターと北京微生物学および感染症センターは変異株80と宿主細胞に侵入するときに使うスパイクタンパク質が変異した26の変異型を調べて、感染力が増したものや抗体に耐性がある変異株の特定に成功した。8つの変異株では感染力が増大し、10個の変異株では抗体耐性があった。「D614+1472V」型では、感染力が増し抗体耐性もあった。
感染力が増して抗体耐性が出来たからといって、必ずしも重症化や致死率リスクが高くなるかについてはまだ明らかにされていないがヨーロッパでは重症者ベッドが足りなくなってきているとのことで変異によって重症化促進も起こっているのかも知れず、油断出来ない。今後日本へも変異株が入ってくることは十分考えらえるので厳格な予防対策は引き続いて行っていく必要がある。






Last updated  2020.10.19 13:35:21
コメント(6) | コメントを書く
2020.09.27
テーマ:マスク(33)
カテゴリ:健康
阪神の選手が会食で感染したり、新宿の飲食店で客が感染したりして、飲食時はマスクを外すから感染しやすいのではないかと思われている。マスクは感染防御の基本としてマスクをしたくない人は飛行機から降ろされたりしている。しかし果たしてマスクは本当に効果があるのだろうか?それはまだ証明されていない。山梨県医師会報9月号に堀内二彦先生の「マスクの走査電子顕微鏡的観察」と言う論文が掲載されていた。調べたマスクは9種類で一般的に使用されているマスク、アベのマスク、ユニクロマスクなど不織布、ガーゼ、布マスクなどについて顕微鏡写真を添えて説明していた。多くは3層構造でアベのマスクは16枚重ねであった。
全てのマスクの目がウイルスより大きく特にアベのマスクではウイルスの265倍も大きくてウイルスはゆるゆると通過してしまうが、3層もしくは16層重ねなのである程度はブロックできるかもしれない。製造元は中国製が7つ(ユニクロマスクも中国製)韓国製1、日本製(アベのマスク)1であった。最もよく使われているサージカルマスクは中国製で3層構造不織布、説明書には「このマスクで病気や感染症を防ぐ保証はない、体温上昇防止のため換気の悪い場所や湿度80%以上の場所では使用禁止」と書かれている。これは全てのマスクに言えることだと思う。確実な感染防御は保障されていないのである。
マスクが有効か否かの研究論文もそのうちに発表されると思われるが現時点では多くの人は有効と考えている。しかし堀内先生は「マスクをしていれば安全」と過信するのは注意を要すると述べており、マスクして3密を避けることである程度防げると考えるのがよいと思われる。






Last updated  2020.09.27 17:13:13
コメント(6) | コメントを書く
2020.09.11
テーマ:依存症。(285)
カテゴリ:健康
白蝶草

日本医師会雑誌9月号の特集はインターネット依存、ゲーム依存、ギャンブル依存などの行動嗜癖に関する内容でそれぞれの専門家が論説を載せていた。性行動や食べ過ぎ、買いすぎ、万引きなどの行動嗜癖については神奈川県立精神医療センターの小林桜児先生が診断法や治療について書いていた。
痴漢や風俗店通いは止めたいが止められない。太るので食べ過ぎてはいけないと分かっていても食べ続けてしまう。借金をしてまで本来買う必要がないものまでどんどん買わずにはいられない。いつ逮捕されるか怯えながらも万引きが止められない人達がいる。
そういう人達はしばしば意志の弱さや社会的責任感の乏しさ、遜法意識の低さなどと評価され刑事罰や社会的制裁などを受けてきたが、何度も注意されたり罰を受けてもそのような不適切な行動を止めることが出来ず反復する場合は精神障害の可能性を考える必要がある。これらの依存症がアルコールや薬物依存症と併存していることがあるのでそれらと合わせて治療していく必要がある。
小林先生は買い物衝動、性衝動障害の30歳台女性患者の治療例を通じて、最初になぜそのような「止められない」衝動の不適切行動をするようになったかを分析する必要があり、多くは小児期の逆境体験に関係しており、それに着目してそれを解きほぐしていく必要がある。そのうえで病態に応じて個人精神療法、グループ療法、自助グループ療法、認知行動療法などを組み合わせていくとよいと述べている。
このような依存症も軽症から重症まで様々なケースがあると思うが専門病院に行かなければ治療が難しいほどでない軽症例については自らこれは病気だと自覚し、どうしてこのような状態になってしまったのか分析、内省することが治癒への道を切り開くカギになるのではないかと思われた。






Last updated  2020.09.11 17:17:41
コメント(8) | コメントを書く

全966件 (966件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 97 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.