000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

今が生死

全49件 (49件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

旅行

2019.05.29
XML
カテゴリ:旅行
アメリカアイダホ州に住む孫達が今年も日本の学校に体験入学するためにやってきた。アメリカでは夏休みは約3か月間あるのに宿題は何もない。それなのに彼らは日本にきて毎日学校に行き毎日宿題をさせられている。昨年までは弟の方は毎朝日本の学校行くのは嫌だと泣いてごねていた。無理もない。アメリカのお友達は3か月間何の宿題もなく遊んでいるのに自分達だけこんな厳しいことをさせられてと思っていたと思う。でも次第に高学年になり、今年は朝出かける時泣かないか案じている。
東京駅前で孫と婆さんと

本日東京駅まで爺さんと婆さんで迎えに行きアメリカの学校では修学旅行で江の島、鎌倉に行けないので日本に来た時鎌倉に行こうということになり、高徳院の大仏と鶴岡八幡宮を見学してきた。
約13.4mの鎌倉大仏


子供達は長い飛行機旅で時差ボケもあったが若さで鎌倉観光の1万5千歩を平気で歩いていた。婆さんも元気で疲れは全く見られなかった。爺さんはへとへとだった。日頃病院勤めで、殆どがご高齢の患者さんとのお付き合いの環境から一歩外に出てみて、あまりの違いに目がくらんだ。皇居前広場や鎌倉の八幡宮の参道を歩いている人たちは皆さん若くて私のような高齢者はめったに見られなかった。中国を主体とする外国からの観光客や修学旅行の生徒たちが多かった。日本人では総じて若い女性が多く、颯爽としており、私のようにくたびれきった様子で歩いている人はいなかった。私は日ごろは家と病院の往復のみで外界に触れることもなく体を鍛えることもしてこなかったので今回自分のぶざまな姿を痛感したが、高齢になったからという面はもちろんあるが、高齢でも溌溂としている人もおり、もう少し外界に触れるようにしたり、体つくりに専心するようにしなくてはと思った。






Last updated  2019.05.29 22:42:40
コメント(4) | コメントを書く


2019.05.25
カテゴリ:旅行
アメリカのポートランドに住むМさんが昨日笛吹市にある我が病院を訪ねて来てくれた。仙台が実家で高校卒業するとすぐ単身でアメリアに渡り、もう約30年間アメリカで暮らしている。多くの人は外国に渡っても数年で帰国して自分のキャリアップとかステータスの一部として自慢したりしているがMさんは飲食店関係の仕事一筋に下積みの仕事から現在までづっと異国の地で暮らしてきた。さぞかし辛い思いもしてきたと思う。一般にアメリカは自由な国で多くの人が憧れてきた。しがらみがなく暮らしやすくて日本よりいい生活ができると思われてきた。実際Mさんがアメリカに渡った頃は辛いことはあったが日本より豊かな生活だったようだ。しかしその後日本の生活レベルは向上し今では日本の方が便利で生活しやすい環境になってきている印象とのことだった。アメリカも日本も地域によって異なるので一概に比較できないが渡航初期のころと今では大分違うとのことだった。仙台のお母さんもだんだんご高齢になってきているので近く日本に帰ってくることを考えているとのことだった。帰ってきたら日本で仕事を探さなければならない。日本は今空前の人手不足と言われているが、介護部門とか飲食業、建設関係の仕事、農業などの需要は高いが他の業種などについてはどうかよくわからない。それでも探せばきっと見つかると思うので私も「お母さんも喜ぶし日本に帰ってきた方がいいと思いますよ」と背中を押した。



今日アメリカ大統領のトランプさんが国賓として来日した。トランプさんは浅薄なところのある大統領だが、来日を機に日本の良さも悪さも肌で感じて金のことだけでなく心の面でアメリカをもっともっと住みよい国になるよう頑張ってもらいたいと願っている。






Last updated  2019.05.25 23:28:47
コメント(4) | コメントを書く
2017.07.09
カテゴリ:旅行

孫達の日本の学校での勉強も後8日で、7月20日が修了式で21日には甲府を離れること
になっている。山梨にいる間にどこかに連れて行ってやりたいと本日清里に行ってき
た。標高1549メートルの美し森に上り、ロックで昼食を食べ、メリーゴーランドに乗
り真実の口に手を入れて占いをしてもらい、清泉寮でソフトクリームを食べて帰って
きた。ロックも清泉寮も混んでいたが、清里駅前の商店街は閑散としていた。栄枯盛
衰は世の習いというが、かっては日曜日など混み過ぎて歩けないくらいだったが、今
は日曜の今日でさえ人影は殆どなかった。私は清里に限らず栄えていたお店などが潰
れて無くなってしまうと悲しくなる質で、そこを通る度に悲しくなる。廃れてしまっ
たのにはそれなりの原因があると思われるが、世の中には廃れると心苦しくなる人間
がいるので、廃れないように工夫、努力を重ねてもらいたいと願う。
Studying at the Japanese school of the grandchildren is just 8 days later,
July 20 is the completion ceremony and it is supposed to leave Kofu on the
21st. We went to Kiyosato today to take them somewhere while in Yamanashi.
We went up  Mt. Utsukusigamori with an altitude of 1,549 meters, ate lunch at
Rock, took a merry-go-round and put a hand in the mouth of the truth and
took fortune-telling, eating soft serve icecream at the Seisenryo and came
back.
Rock and Seisenryo were crowded, but the shopping area in front of
Kiyosato station was quiet. Although it is said that the ups and downs is
general in the world, it was crowded and it was hard to walk on Sunday in
the past, but now there were few people even on Sunday today.
Not only Kiyosato but also the shops that were prosperous past, later were
crushed and disappeared make me sad, and I feel sad whenever I go through
it. Although it seems that there is a reason for it to be obsolete, there
are some people who have a hard time in the society, so we hope to devise
and effort so that they will not be lost.






Last updated  2017.07.10 23:12:54
コメント(7) | コメントを書く
2017.05.15
テーマ:心の健康法(581)
カテゴリ:旅行
今回のアメリカ旅行でボイジに住む婿殿が車で8時間位かかるイエローストーン国立
公園に連れて行ってくれた。自然のままの広大な大地で温泉や湖が無数にあり、野生
動物が自然のままに暮らしていた。道の真ん中にバイセン親子や鹿の親子が現れるこ
ともあった。熊の親子が何か食べているところも見ることができた。間欠泉で1-2時
間ごとに10mも温泉を噴き上げる火山を観ることも出来た。狭い日本で病院という
小さな世界で暮らしている人間にとっては心が広がるような体験であった。
マンモス石前の子供達

My son - in - law who lives in Boise on this trip to the USA took me to
Yellowstone National Park, which took about 8 hours by car. There were
countless hot springs and lakes in the vast land of nature, and wild animals
lived in their natural state. In the middle of the road there were also
cases where bison parents and deer parents appeared. I could see where the
bear parents eat something. We could also see a volcano with a geyser that
spurs hot springs as much as 10 meters every 1-2 hours. For people who live
in a small world of hospitals in a narrow Japan it was an experience that
spreads my mind.

写真の説明、上から順にバイソンと間欠泉、クマの親子、10メートルも吹き上げる間欠泉、
エメラルド湖、道端を歩いているバイソン親子

イエローストーン国立公園
ワイオミング州北西部を中心とする、約8800kもの広さをもつイエローストーン国
立公園はアメリカ最大のもので、ワイオミング州に96%、モンタナ州に3%、アイ
ダホ州に1%かかっている。世界全体の半数に相当する1万例以上の地熱性の池など
を有している。また地球上の3分の2に相当する300以上の間欠泉も有している。
1872年に世界で最初に誕生した国立公園で、グリズリー熊やオオカミ、バイソン,エルク
(大鹿)などの野生動物が生息していることでも有名である。

Yellowstone National Park
The vast natural forest of Yellowstone National Park covers nearly 9,000 km2
; 96% of the park lies in Wyoming, 3% in Montana and 1% in Idaho.
Yellowstone contains half of all the world's known geothermal features, with
more than 10,000 examples. It also has the world's largest concentration of
geysers (more than 300 geysers, or two thirds of all those on the planet).
Established in 1872, Yellowstone is equally known for its wildlife, such as
grizzly bears, wolves, bison and wapitis.






Last updated  2017.05.15 23:00:43
コメント(10) | コメントを書く
2017.05.13
カテゴリ:旅行
孫とミス・ワーナー先生

家の庭に現れた野鹿

ゴールデンウィークを利用してアメリカに行ってきた。アメリカは広大であり、地域
によってそれぞれの地域で違いはあると思うが私が訪れたのはアイダホ州ボイジなの
で、ボイジ周辺で感じたことを述べる。
まず道路や建物全てが広い。そのせいか運転者にも余裕があり、無理な追い越
しはほとんどなく、他の道から入ろうとする人はゆっくり待って入れてあげる。日本
では考えられない。スーパーに買い物に行くと殆ど全ての人がハーイと言ってにこに
こ笑いながら挨拶してくれる。東洋人は珍しいからなのかもしれないが、とにかく人
懐っこい。日本人は全く知らない人に手を振ったり笑いかけたりしない。日本人より
楽天的で心が広いように感じた。小学校も見学したが、机の並び方もきちんとした列
ではなく、いくつかのグループに分かれて雑然と置かれていた。日本は規律を重視す
るがアメリカでは基本的には自由である。
中には学校に行かなくて自宅学習の生徒もいるという。
しかし生活面を見るとウオッシュレットがどこの公共施設にも家庭にもない。貧しく
て買えないのではなく、彼らはそれを必要としていないのである。シャワーも上から
注ぐだけのもので日本のように手に取って体のどこにもかけられるものはない。レス
トランにいってもウェットティッシュを出してくれるところはなく、汚い手で平気で
つまんで食べている。衛生観念が日本とは全く違うのである。彼らはおおらかで日本
人は神経質との印象をもった。トランプ大統領は排他的政策を打ち出しているが住民
は親切で付き合いやすいと思った。

I went to the United States using Golden Week. The United States is very
large and I think it may be different in each area by an area, but write
here what I felt around Boise because it is Boise, Idaho that I visited.
At first, all the road and the buildings are wide. As the result, drivers
are able to afford, not to pass a car forcibly and the drivers are able to
wait a moment kindly to put the other car in their way. It is not thought in
Japan. When I go to the supermarket for shopping, almost people say hello
with a smile. As an Oriental person may be rare there, but, anyway, they are
very friendly. We Japanese never wave our hand to a person who are not known
at all and does not smile. I felt that they are more optimistic and generous
than Japanese. I observed the elementary school, the desk were divided into
some groups, and the row of desks were put in disorder not a tidy row.
Japan makes much of rules strictly, but the United States is basically
free.
It is said that there are the students of the home schooling among them.
However, neither public accommodation of any place nor the family has a wash
let when I see an aspect of living. They are not so poor to buy it, they do
not need it. They are using the showers which are only poured from the top,
and they are not available to shower anywhere of the body, on the contrast
Japanese ones are available.
There are not the place where they give a wet tissue when we go to the
restaurant and the visitors pick the foods up by a dirty hand and eat them.
A hygiene idea is totally different from Japan. They are tolerant, and the
Japanese have an impression with the nervous temperament. The President
Trump propose an exclusive policy, but the inhabitants are easy to go
together with kindness.






Last updated  2017.05.13 15:22:37
コメント(5) | コメントを書く
2017.04.28
テーマ:心の健康法(581)
カテゴリ:旅行
昨年までは自治会の役員をしていたのでどこへも出かけることは出来なかったが今年
は卒業したので旅行や映画その他で英気を養おうと思う。
庭のシャクナゲ
Until last year I was an executive at the local residence so I could not go
anywhere but since I graduated this year, I will try to develop spirit by
traveling and movies and others.






Last updated  2017.04.28 22:58:59
コメント(6) | コメントを書く
2016.11.23
カテゴリ:旅行
今日は国民の勤労と生産物に対して感謝する日で休日である。少し時期的に遅かった
が紅葉を観に河口湖に行ってきた。最も美しい時期の紅葉は見られなかったがおいし
いスパゲッティのランチを食べて楽しかった。久しぶりに休養した。

Today is to thank for Labor and products of nation and holiday. I drove to
the Kawaguchi Lake to see the coloring of leaves , although it was somewhat
late to see the most beautiful sights. But we enjoyed today to have nice
lunch of tasty spaghetti. I took a rest for a long time.






Last updated  2016.11.23 23:49:29
コメント(6) | コメントを書く
2015.04.24
カテゴリ:旅行
明日と明後日の乳房X線読影講習および試験のために先ほど名古屋に着きました。名古屋駅の大きさ、人の流れ、名古屋市の大きさに驚いています。甲府市とは比べ物にならないと思いました。サークルKが山梨県にはないので映画「風に立つライオン」のチケットをインターネットで買ったけど無駄にしてしまったと思いましたが、名古屋にはあるということでサークルKを探して発券してもらう事ができました。後の問題は山梨県で「風に立つライオン」を上映しているかですが、上映していなければあきらめるか他県に行って観るかしようと思っています。今ホテルのパソコンで10分100円で200円入れたけどもうすぐ時間切れになりそうなのでこれで終わりにします。部屋に帰って受験勉強をしようと思います。さようなら。






Last updated  2015.04.24 20:07:08
コメント(4) | コメントを書く
2015.02.22
カテゴリ:旅行
s-CIMG0819.jpg 新幹線の中から撮影した立山連山
s-CIMG0808.jpg 国宝瑞龍寺の総門

今富山から帰ってきた。そこは大変素晴らしいところだった。立山連山を富山駅から
と新幹線の中から撮影した。雪に覆われており大変美しかった。昨日国宝瑞龍寺に
行った。それは360年前に加賀藩第3代藩主前田利常によって第2代藩主前田利長
の菩提を祈念するために360年前に建立されたものである。それは非常に荘厳で頑
丈だった。屋根は鉛で造られていた。それは戦争の時には屋根が鉄砲の弾を防ぎ、寺が城
の代わりに、防御に役立つと考えられていた。
I came back from Toyama now. There was very nice place. I took a picture of
Tateyama mountains from Toyama station and from the bullet train. That was
covered by snow and very beautiful.
I visited the national treasure Zuiryuji yesterday. This temple was built by
Toshitune Maeda 360 years ago praying for the repose of Tosinaga Maeda. That
was very magnificent and strong, the roof was made of lead. It was thought
that the roof could be used for the bullets in case of war, and that the
temple could be used for protection instead of the castle.









Last updated  2015.02.23 21:43:05
コメント(2) | コメントを書く
2014.10.25
カテゴリ:旅行
FJ3102690001.jpg札幌大通り公園で

北海道旅行から帰ってきて12日位過ぎたが、旅行の主目的は同級会参加だったので同級会関係の記事を中心に旅行報告3として書かせていただく。

同級生は85人いてそのうち14人はすでに亡くなっており、存命する71人中22人が出席した。同級生の中で3人女性がいたが、そのうちの一人が出席していた。45年ぶりにお会いして挨拶したら笑顔で「お元気そうで」と言い傍らの妻を見て「いい奥さんで」と付け加えた。後で妻は「一度会っただけでいいとか悪いとか分かる訳ないよね。それよりその方は小児科医で6人のお子さんを育てたとのことで、仕事と家庭を両立させてその方のほうがずっといい奥さんだよね」と言っていた。

どちらの方がいい奥さんかは別としてわが奥さんのことを考えてみた。性格や好みの違いからよく喧嘩するし、不満もあるが、初対面の人が「いい奥さんで」と言ってくれたのはそのような雰囲気があったのだと思う。人から言われてそう思うのではなく、意見の違いは別として、いい奥さんには間違いないので感謝して大事にしなくてはと思った。

神経の病気で口や手が動かなくなった人でも目の動きをキャッチして会話ができる機械を最初に発明した神経内科医の同級性にも45年ぶりに会った。彼曰く「後ろの方に座っていたのでホテルの人かと思った。本当にOO君なの?」「OO君は学生時代すごく真面目だったけど今もすごく真面目そうで銀行員みたいだ」と言われた。喜んでいいのか嘆いていいのか分からなかったが、昔も今も真面目そうだということを言いたかったのだと思う。そういう彼も学生時代とちっとも変っていなかった。二次会では少しはまじめでないところを見せようとして下手な歌を何曲も歌った。学生時代からは想像できないという声も聞こえた。

札幌では昔よく行った大道り公園にも行った。テレビ塔の下でラーメンを食べたが値段の割に今一だった。学生時代下宿していた家の奥さんがすでに90歳を過ぎているが元気とのことで昔の記憶を頼りにタクシーに乗って尋ねたが尋ね当たらずタクシーの運転手が一軒一軒聞いてくれたのには申し訳なさでいっぱいになった。私の準備不足の結果で痛く反省した。

懐かしい同級生達、国際的に有名になっている人もいたし、精神科医で評論も書いており、テレビや雑誌で活躍している人もいた。90歳の下宿のおばさんに会えなかったのは残念だったが色々学んできた楽しい旅行だった。






Last updated  2014.10.26 16:29:30
コメント(2) | コメントを書く

全49件 (49件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.