5298790 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』100万部?日記

全34件 (34件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

『フラン学園 会計探偵クラブ』

2014.09.06
XML
今年は4年ぶりに小説を出します、という話をこのブログでも書きましたが、

11月の発売に向けてただいま初校の手前の作業をしております。


今回の小説は、山田真哉作品で言うと

『女子大生会計士の事件簿』(2002~2010)

『フラン学園会計探偵クラブ』(2010~)

の続く、第3シリーズになります。


『フラン学園会計探偵クラブ』も1巻までしか出ていませんが、

(連載をしていた)『TACNEWS』では2巻目が出せるところまで話は進んではいます。




フラン学園会計探偵クラブ(report.1) [ 山田真哉 ]



『フラン学園会計探偵クラブ』の続編を出す前に第3シリーズを

今回出すわけですが、ある程度『フラン学園』の反省を踏まえたうえで

新作を書いています。


どういうことかと申しますと、『フラン学園』は

自分の中ではとても好きな作品なのですが、

・税金知識の難易度が高すぎた

・注釈が多く、話のラストではなく、章ごとのラストに挿入されている

・話のほぼ全編に渡って税金の話が展開されている

といったことがあり、全体的に難しい話になってしまいました。


『TACNEWS』ではそれでも構わないと思うのですが、

角川文庫という一般向けの書籍でそれをするべきではなかった、と反省しております。


『女子大生会計士の事件簿』は、取り扱っているのが「会計監査」と「税金」の違いはありますが、

その辺のバランスが比較的上手くいっていたのだと思います。

内容も事件8割、会計2割ぐらいのバランスでしたしね。


というわけで、第3シリーズでは、『フラン学園』と同じ税金の話を取り扱いながらも

・税金知識の難易度を中くらいか低めに

・注釈は少なめに、話のラストに挿入する

・税金の話は2割ぐらいに抑えて、ストーリー重視に

といった違いを意識して作っております。


第3シリーズは税金の入門書と位置付けて、その次に『フラン学園』を読んで頂くと

ちょうどいい勉強になるんじゃないかと思っております。








最終更新日  2014.09.07 01:13:20


2013.07.05
久々に角川書店さんとの打合せがありました。

『フラン学園会計探偵クラブ』も、まだ終わってはいないのです。

続編の用意もあるのです。

ただ、書き直したいところもたくさんあるのです。。。

消費税の増税前には、なんとか出したいところなのですが。




フラン学園会計探偵クラブ(report.1) [ 山田真哉 ]








最終更新日  2013.07.06 01:38:12
2013.02.15
個人事業コンサルタントの本多弘樹氏が、サラリーマンへの脱税指南で

東京地検特捜部に逮捕されたという話。


そもそも副業の赤字で還付金を不正にもらおう、という『無税入門』みたいな本が

いろいろと出回っているのが、良くないと思います。

あれは、完全に「犯罪ほう助マニュアル」ですからね。


脱税は、人民の公平性・平等性を損なう重大犯罪です。

私も税理士として、クライアントのために税の軽減策はあれこれ講じますが、

それはあくまでも法に則ってのお話。


出版界も大いに反省すべき事例じゃないですかねえ。




会計探偵クラブ [ 山田真哉 ](サラリーマンの無税生活の仕組みについては、この本でも指摘しています)








最終更新日  2013.02.16 00:33:24
2011.05.03
同じネタが3日続いて申し訳ないのですが、

『フラン学園会計探偵クラブ』を休載した理由をもう一つ。


連載が長いと他のことをやりたくなる

というのがあります。


ストーリー物なら別でしょうが、毎回同じパターンが続く話の場合、

どうしても「他の設定でやってみたい」「いつもと違う展開をさせたい」

といった欲望が生まれます。

これはもう宿命みたいなものです。


なので、今回、代わりに掲載する短編『世にも会計な物語』のほうはというと、


第1話 「最強経理課」

 → 子会社を転々とする謎の出向社長の話


(「TACNEWS」5月1日発行号)


第2話 「ここは東京芸能会計事務所」

 → 芸能界志望でアイドルオタクの会計事務所アシスタントの話


(「TACNEWS」6月1日発行号)


第3話 タイトル未定

 → 平安時代末期を舞台にした歴史モノの予定


(「TACNEWS」7月1日発行号予定)


とこんな感じで、普段の連載では絶対あり得ない設定です。


言ってしまえば、書き手の気分転換ですね (^^;

なので、これらの作品の出版予定は全くありません。









最終更新日  2011.05.04 00:33:12
2011.05.02
昨日のブログで、『フラン学園会計探偵クラブ』の休載についてお知らせしました。


休載の理由はぼやっとしか書かなかったのですが、それは、

たいした理由はないからです。


たいした理由はないのですが、避けられなかった問題はあります。

それは、連載を続けていくと内容が難しくなっていく、という問題です。


特に『フラン学園会計探偵クラブ』は、「税務トリック」が作品の主題なのですが、

一定の難易度の話がたくさんあるわけでもありません。


前回よりも易しくすると、読み手も拍子抜けしてしまうので

どうしても徐々に難易度が高くなってしまう傾向にあります。


最近、社会保険の話や細かいルールなども登場し、難しくなりすぎたので、

ここでいったんリセットしようと思ったのです。



『女子大生会計士の事件簿』も第3巻まで徐々に難しくなっていき、

その後いったんリセットして、第4巻・第5巻は難易度が低めになっています。


それと同じようなリセットを今回、意図したわけです。



なお、休載中に掲載する『世にも会計な物語』は、かなり難易度低めですよ。








最終更新日  2011.05.03 18:50:17
2011.05.01
今年で連載10年目に突入した、資格の学校TACで配布されている月刊誌「TACNEWS」


『女子大生会計士の事件簿』を長年にわたって掲載させていただいた雑誌なのですが、

ここ最近は、その続編にあたる『フラン学園会計探偵クラブ』をお送りしていました。




フラン学園会計探偵クラブ(report.1)



さて、『フラン学園会計探偵クラブ』ですが、「TACNEWS」4月号(3月1日発刊)で

とりあえず一区切りついたので、しばらく休載に入ります。


「TACNEWS」6月号(5月1日発刊)より、

5分でわかるミステリー短編『世にも会計な物語』

を数ヶ月にわたってお送りいたします。


一話完結の短編で、オムニバス形式です。

まんま「世にも奇妙な物語」ですね (^^;


ちょっとミステリーで、ちょっと会計の勉強になることを目的にした短編です。

いまのところ、まったく書籍化の予定はないので、入手できる方はお楽しみに。


第1話は、『最強経理課』です。










最終更新日  2011.05.02 12:19:06
2011.01.08
今日は、脚本家の小林雄次さんとお会いしていたのですが、

小説の相談に乗っていただきました。



「TACNEWS」で連載中の『フラン学園会計探偵クラブ』が、第11話(前編)を書いたあと、

続きがどうしても書けなくなって、にっちもさっちも行かなくなったところだったので

本当に助かりました。


別件の用事でお会いしたので、5分ほどで原稿を読んで頂いて10分ほどの助言だったのですが、

1ミリも進まなかった原稿が、1キロは進みそうです _Φ(^。^)


まさに、スクリプト・ドクターのようでした。


もう続きが書けないかも、と思っていたので、主人公たちも命拾いです。。。



フラン学園会計探偵クラブ(report.1)








最終更新日  2011.01.09 01:07:52
2010.08.04
100歳以上の高齢者の所在が分からないケースが相次いでいますが、

今年の3月に出した『フラン学園 会計探偵クラブ』で似たような話を題材に小説を書いています。

もしかして、先見の明? (^_^;)




会計探偵クラブ



フラン学園会計探偵クラブ(report.1)


ネタバレになりますので、詳しいことは書きませんが、

年金取得以外にも小説のような理由もあるのです。




あと、選挙マニア的に言うと、選挙権を1票分でも増やすために

住まない土地に住民票を移したり、行方不明でも届け出を出さなかったりする

可能性もあるでしょう。

行方不明者が投票に行った痕跡があったりしたら、また別の大問題が発生ですね……。








最終更新日  2010.08.04 23:27:48
2010.07.18
『フラン学園会計探偵クラブ』の第2巻が「会計探偵選手権編」になるということもあり、



フラン学園会計探偵クラブ(report.1)


実際に「簿記の甲子園」と呼ばれる「全国高等学校簿記コンクール」の取材に行ってきました。

今回で第26回目を数える、歴史ある大会です。

全国から171校、471名もの高校生が集まりました。


P7181519_s.jpg
(コンクールが行われた明治大学和泉キャンパス)


P7181532_s.jpg
(超満員の開会式)


P7181538_s.jpg
(試験開始直前の模様)


大会の合間に取材をさせていただいた岐阜県代表・県立岐阜商業高校が、

ナント団体戦10連覇を達成!

結果発表の時には、ちょっと感動してしまいました。


P7181564_s.jpg
(県岐阜商の部員と顧問とOGの面々)


P7181569_s.jpg
(終了直後の県岐阜商・田中先生による訓示。勝って兜の緒を締めよ的なお話。
 運動部より厳しそう…)



この簿記の強さの秘密を探るべく、いつか学校のほうにも取材に行きたいなぁと思っております。








最終更新日  2010.07.18 18:26:48
2010.03.12
『会計探偵クラブ』(東洋経済新報社)が再び増刷されることになりました!

第3刷、15000部です。






これまでの私の本と比べるとどうしても少ない部数です。

しかし、「確定申告書の学園ミステリー」というなんとも微妙なジャンルが、

(少しずつではありますが)ちゃんと売れてくれていることは大変嬉しいです。


まあ、確定申告シーズンが終わるとどうなるんでしょうね???









最終更新日  2010.03.14 21:04:37

全34件 (34件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.