291376 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

経理は地味だが役に立つ~毎日更新予定 現役経理部長の奮闘日記~

PR

X

全124件 (124件中 11-20件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 ... 13 >

決算

2021年04月28日
XML
カテゴリ:決算
今年も株主総会プロジェクトが始まっています。
私も前職時代からずっと株主総会に携わっており、今年も当然のこととしてメンバーに入っています。

今年も昨年に引き続き、コロナ禍での総会対応をどうするか、という点が最大のポイントです。
去年は出来るだけ参加人数を減らし、かつ総会時間を短くするよう、色々と工夫をしました。

昨年の状況では、株主の方も理解いただいており、参加者は大幅に少なくなりました。
総会時間も、例年の3分の1程度とすることが出来ました。

しかしながら、今年は現在、東京都では緊急事態宣言の真っ只中です。
株主総会の時が、緊急事態宣言下になることも、充分考えられます。

仮にそうなったらどう対応するのか、プロジェクトでは頭を悩めています。
ここ最近の事例を参考にして、株主総会の運営を考えていく必要があります。

私は例年、想定問答事務局を担当していました。
株主の方からの質問に対し、回答する役員に的確な回答をすぐに準備する役割です。

前職時代から20年近くこの役割を担ってきました。
この役割が総会成否を決めると言っても過言ではありません。

そんな役割をずっと務めてきましたが、今年は違う立場となりましたので、この役割は他のメンバーにお願いすることとなりました。
コロナ禍での想定問答対策は大変に悩ましいのですが、私も応援しながら株主総会プロジェクトを進めていきたいと思います。

まだまだ色々あるでしょうが、頑張りたいと思います。






最終更新日  2021年04月29日 08時17分13秒
コメント(0) | コメントを書く


2021年04月27日
カテゴリ:決算
決算業務は、今が大詰めのピークの段階です。
監査法人とのやり取りや、社内関係者との調整が続いています。

当然ですが、去年と比べるとコロナの状況は続いているので、在宅勤務と出社を組み合わせながらも、決算業務は順調に進んでいます。
コロナ禍での業務も、ノウハウがだいぶ蓄積されています。

去年の今頃は、コロナによる監査対応が初めてで、お互いにバタバタしていました。
在宅勤務もまだ無理矢理で、インフラも脆弱でした。

一年経った今では、在宅勤務でも快適に仕事が出来、決算も予定通り進んでいます。
今のこのタイミングが、監査法人とのやり取りもピークです。

それでも何かあればすぐにZoom会議などで打ち合わせして、対応することが普通になりました。
また時節柄、評価面談なども行っていますが、去年はLINEのビデオ電話機能で面談をやったりしていました。
今年はZoomで、資料共有などもしながら快適な面談です。

一年前と比べて、経理業務も進化しています。
働き方も進化しています。

しかしながら、国や政府のコロナ対応は、あまり進化していないように感じます。
よろしくお願いしたいものです。







最終更新日  2021年04月27日 18時19分53秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年04月22日
カテゴリ:決算
3月決算企業は、決算業務の真っ只中だと思います。
私も今は、何回か来る決算業務のピークを迎えています。

この時期は毎年毎年、色々な苦悩があります。
決算数値を確定していくまでの段階、監査法人の監査を受ける段階、決算発表に向かう段階など、色々な段階での苦悩があります。

極端な話ですが、毎年頭がおかしくなります。
もちろん、気持ちは冷静ですが、どこかが変になるような気がします。

数値を確定していくまでは、予期せぬ経費があったり、貸し倒れになりそうなものが急に出てきたり、想定した利益と乖離が出たりと色々です。
着地見込みは多くの社内関係者の関心事なので、数値が一人歩きしないよう、慎重に対応します。

監査対応は、いつも必ず何かあります。
あれだけ事前に打ち合わせをしていても、やっぱり何か出てきます。
不思議なものです。

結局は決算発表までには解決しているものなのですが、これが毎年かなりキツイです。
今が正にそのど真ん中です。

数えてみたら、前の会社から現在まで、経理部長としては10年になりました。
2011年の3月決算から経理部長として決算に携わっていますので、このような日々も10年連続になります。

この時期ならではの苦悩は、まだまだ続きます。
頑張っていきたいと思います。







最終更新日  2021年04月22日 18時46分03秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年04月09日
カテゴリ:決算
3月決算企業は、年度決算の真っ只中です。
既に監査法人との事前協議も3月から続いていますが、色々な論点があります。

監査法人の窓口となる課が適宜連携していますので、最近はあまり監査でのサプライズというものはなくなりました。
しかし、過去からの長い経験では、監査の最中に急に今まで言われたことのない指摘をされて、結構大変な思いをしたこともありました。

監査上の論点は、毎年継続的なものと、その年度特有のものがあります。
前期は時にコロナが広がり始めたのが年度末前後だったため、コロナの影響を将来計画にどう見積もるか、という点で大変苦労しました。

会社側も、監査法人も、コロナがいつ収まるか、業績がいつ、どうなるのか、去年の今頃の状況では、全く予想がつきませんでした。
それを合理的に見積もれ、というのですから、かなり苦労しました。

それに比べれば、今年はまだましと言えます。
しかしながら、今年は長文式監査報告書(Key Audit Matter=KAM)の強制適用がありますので、ここに重要な監査上の重要な検討事項が記載されます。

これは各社それぞれですので、監査法人とよく情報交換をする必要があります。
その内容が、監査上の論点になることも多々あります。

KAMの事前打ち合わせは先日終わり、現時点において、監査上の論点で意見が合わない箇所はなさそうです。
しかしながら、決算はまだまだ始まったばかりです。

毎年新たなことが生じますが、頑張ってこの決算を乗り切っていきたいと思います。
この時期大変なのは、経理部の宿命です。







最終更新日  2021年04月09日 18時18分21秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年02月15日
カテゴリ:決算
今日は第3四半期の決算発表です。
いつもながら、緊張感のある1日です。

気のせいか、夜中に数回目を覚ましました。
心なしか緊張しているのかもしれません。

朝から雨の中出社し、取締役会報告用の資料を最終確認します。
決算内容の取締役会での説明は、過去より何回も行っていますが、当然ながら毎回決算の状況は異なるので、いつも細かい分析を行っています。

以前は開示用の資料に色々と書き込んでいましたが、最近は手元資料で根拠を持つ形が増えました。
質問される範囲が広くなっていることや、コロナの影響でイレギュラーな事態が増えていることなどが理由です。

10時からの取締役会で、細かく説明しました。
社外取締役からの質問に対し、手元にあるはずの資料がなかなか見つからず、少し焦りましたが、自分の記憶も含めて回答しました。

取締役会は無事に終わり、決算内容も承認していただきました。
ここからは、担当部署で開示に向けての最終手続きです。

いつもながら15時に決算短信の開示、16時に四半期報告書の提出を確認しました。
これが確認出来て、ようやく決算は終了です。

2月は色々とリリースも多く、東証の適時開示情報閲覧サービスに掲載される本数が多いので、なかなか当社の発表資料が見つけ出せませんでした。
とにもかくにも、コロナに見舞われた中での第3四半期決算は終了です。

次はいよいよ年度決算です。
コロナの影響を受け続けた1年、その1年を締める日も、あと1ヶ月半ほどで始まります。







最終更新日  2021年02月15日 18時24分54秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年01月11日
カテゴリ:決算
3連休の最終日になりますが、今日は仕事です。
月次決算の確定日になりますので、在宅勤務で業務を行います。

通常月は、毎月8日の朝に月次決算が確定します。
今月や5月などは、年末年始やゴールデンウィークの関係で、決算の確定日は少し後ろになります。
たまたま今回は、祝日に当たりました。

在宅勤務の日は、いつも朝ランに出ます。
今朝は昨日の30km走のダメージがあるので、短い距離をゆっくり流します。

例年だと成人式が行われる会場も、今年はオンライン開催になりました。
街の様子も、人の姿は少ないです。

それにしても、昨日に引き続き厳しい寒さで、身体が芯から冷えます。
特に指先が冷たくなりますので、帰ってからはお風呂で温まります。

9時前に在宅勤務を開始すると、メールがどんどん入ってきます。
12月は第3四半期決算期でもありますので、分析にも時間がかかります。

この後の決算の見通しを報告してもらうように、指示を出しました。
概ね把握は出来ているものの、その情報に変化はないか、抜け漏れはないか、万全を期すためです。

在宅勤務で集中して仕事が出来ました。
去年までは、月次決算の日は土日祝日でも出勤して対応していました。
今は在宅勤務で対応出来るので助かります。

明日は出社しての仕事です。
首都圏は雪の予報も出ています。
寒さもコロナも少し落ち着いて欲しいものです。

そして、貴景勝の綱取りは、初日から2連敗であっという間に終わりました。






最終更新日  2021年01月11日 18時10分20秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年11月13日
カテゴリ:決算
バタバタと色々あった第2四半期決算も、今日が決算発表です。
毎回そうですが、この日は特別な緊張感があります。

決算発表の時は、朝から取締役会で承認を得ます。
今回は、決算の他にも別の2案件の承認を得る必要があります。
そのため、ずっとバタバタしながら準備をしていました。

取締役会で決算の説明をするのは、前職時代から数えて、一体どれくらいの回数になるのでしょうか。
毎回毎回、決算の内容は違いますので、その都度予想される質問に対しての準備をしています。

10時からの取締役会では、説明の後に主に社外取締役から多くの質問がありました。
それらに的確に回答して、無事に承認していただきました。

その他の案件も全て承認を得て、まずは一安心です。
ここから残るは、決算発表と四半期報告書の提出のみとなります。

今回は東証での記者会見を行いますので、1年振りに東証へ向かいます。
例年ですと年度決算と第2四半期決算の発表時は、記者会見を行っていました。

今年はコロナウイルスの影響で、前期末の記者会見は行いませんでした。
そのため、去年の第2四半期以来、ちょうど1年振りの記者会見になります。

この時のルーティンは大体決まっていて、少し遅い昼食を東証近くの中華屋さんで食べてから向かいます。
今回もこのパターンでした。

しかし、モヤシそばを頼んだのに、何故か出てきたのはエビそばでした。
まぁ、美味しいから良しとしましょう。

東証のホールは、椅子がずいぶん撤去され、ソーシャルディスタンスを取れるようになっていました。
そんな中でも、兜倶楽部での記者会見は、以前と同様にマスコミの方が大勢いらっしゃり、活気があります。

記者会見も無事に終了し、これで経理部としての第2四半期決算は全て終わりました。
長い決算業務でした。
部員の皆様、お疲れ様でした。

会見の議事録を送ってから、明日の大学院授業に備えて、夜に自宅へ移動します。
明日は入学後、初めての対面授業です。







最終更新日  2020年11月13日 18時20分13秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年11月10日
カテゴリ:決算
第2四半期決算も、決算発表が間近になりました。
いつものことながら、慌ただしい1週間です。

なぜか毎年、第2四半期決算の頃は、とても忙しくなります。
決算業務もそうなのですが、その他の業務が色々と立て込んできます。

今の会社に移って4年目になりますが、特に1年目は忙しくて大変でした。
2年目は決算発表のタイミングで、自己株式の取得があり、これもバタバタでした。

3年目は業務は比較的落ち着いていましたが、父が入院から亡くなるまでの時期であり、こちらがバタバタでした。
そして今年も他の案件も重なっており、バタバタしております。

3月の期末決算の際にコロナ影響があり、年度決算業務が大変でした。
在宅勤務を中心とした決算業務は、もちろん初めてでした。
決算記者会見や決算説明会も中止となり、動画配信で対応しました。

あれから半年が過ぎ、今回は説明会は動画配信ですが、記者会見は実施されることになりました。
これもあり、原稿準備などにも追われています。

週の後半に向けて、決算発表に向けた手続きが増えてきます。
そして同時に、10月の月次決算に係る報告もあります。

毎度のことながら、この時期は忙しくて大変です。
そして、気候もだいぶ寒くなってきました。

北海道では平地での初雪の便りもあり、また、コロナウイルスの感染者も拡大しています。
体調管理に気を付けながら、決算発表に向けて走っていきたいと思います。







最終更新日  2020年11月10日 18時17分04秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年09月04日
カテゴリ:決算
プロ野球も折り返しを過ぎました。
やはり戦前の予想通り、巨人、ソフトバンクが首位を快走しています。

ところで、そんなプロ野球球団の決算状況はどうなっているのか、調べてみました。
球団はすべて非上場ですので、官報データベースで調べることが出来ます。

かつては、プロ野球球団は親会社の広告宣伝的な意味合いで、ほぼすべての球団が赤字だったと思います。
それが最近では独立採算制を敷く球団も増え、様々な企業努力がなされています。

データベースを見て驚くのは、12球団のうち、10球団しか官報データベースでヒットしないということです。
ヒットしてこない巨人と中日は、決算公告をしていないようです。
また、オリックスも当期純利益は公表していません。

このような闇のある3球団を除き、9球団の決算を見ると、時代の流れを感じます。
楽天を除く8球団が、すべて当期純利益が黒字になっています。

中でもDeNAの利益が群を抜いています。
球場での飲食やグッズ収入、様々な営業努力で、今や横浜スタジアムのチケットはプラチナチケットです。

観客増でチケット収入が大きく増加し、それを選手や球団施設へ投資している様子がわかります。
以前のTBSが親会社だった時代から、大きく変化しました。

かつては、ポスティングシステムでの多額の移籍金が、当期純利益を押し上げたこともありました。
ダルビッシュ投手が移籍した時は、日本ハムの連結財務諸表に「プロ野球選手移籍金」として、40億円の収益が計上されていました。

広島や西武、ソフトバンクなどを見ていると、やはりチーム順位と当期純利益は、ある程度の相関関係があるようです。
チームが強いので観客が集まり、グッズを買ったり球場で飲食をしたり、様々な売上が上がります。

プロ野球球団は、経営努力をしています。
巨人、中日、オリックスも、公明正大に決算を公告してはどうかと思います。

それにしても、昨夜のドラゴンズ、福谷投手の魂のピッチングには痺れました。
降板後に涙を流している姿に、これほどまでに全身全霊で投げているかと、感動を覚えました。
小笠原慎之介にも、見習ってほしいものです。







最終更新日  2020年09月04日 18時12分10秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年08月11日
カテゴリ:決算
コロナの影響で散々振り回された第1四半期決算も、ようやく決算発表の日となりました。
ずいぶん長かったような気がします。

年度決算が終わり、株主総会が終わって、一息つく間もなく第1四半期決算です。
これは経理の仕事をやっていると、やむを得ない宿命です。

今回は年度決算からコロナの影響で、ずいぶん色々と振り回されました。
第1四半期決算は、新年度最初の決算なので、普段でも特に色々とあります。
それに加えてコロナですので、決算業務は苦戦しました。

監査法人と意見が合わないことも、何度かありました。
多くの方にアドバイスやご指導をいただき、当社の主張を繰り返し説明してきました。

新型コロナウイルスは、業績にどのような影響を与えたのか、売上、費用、様々な面から分析もしました。
例年以上に分析には時間をかけました。

店舗減損などの将来予測においても、コロナの影響をどう見積もるか、監査法人と議論になりました。
海外子会社の現況についても、激しい議論になりました。

うだるような暑さの中での取締役会報告を終え、無事に決算の承認を得ることができました。
そして15時に決算短信を無事に開示出来ました。

例年ですとその後すぐに四半期報告書を提出するのですが、今回は色々な事情があり、四半期報告書の提出は明後日になります。
内容的には全く問題ないのですが、事務手続きの関係上、2日間のタイムラグが生じます。

従って、四半期報告書の提出が終わるまでは、第1四半期決算は終わりません。
最後まで気を抜かずに、決算業務を終えたいと思います。







最終更新日  2020年08月11日 18時26分10秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全124件 (124件中 11-20件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 ... 13 >


© Rakuten Group, Inc.