466877 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

経理は地味だが役に立つ~毎日更新予定 現役経理部長の奮闘日記~

PR

全46件 (46件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

新型コロナ

2022年06月10日
XML
テーマ:ニュース(97603)
カテゴリ:新型コロナ
今日から外国人観光客の受け入れが再開されました。
コロナの影響で、観光目的の外国人の受け入れは、約2年2ヶ月振りの再開になります。

今日から観光客を対象とした、査証(ビザ)発行申請の手続きが可能となりました。
入国時の検査・待機が免除されるアメリカや中国、韓国、台湾など98か国・地域からの観光客が対象となります。

まだ当面は、感染リスクの低い国・地域から入国する、添乗員付きのパッケージツアー客に限定します。
個人旅行の受け入れは、まだ先です。

本格的に来日し始めるのは、今月下旬以降となる見通しです。
政府は今月から入国者数の上限を1日あたり2万人に引き上げており、観光客もこの枠内で受け入れます。

旅行会社の添乗員が同行し、人混みでのマスク着用など、日本で行われている基本的な感染対策の遵守を求めます。
制限はありますが、また外国人観光客が日本に戻ってきます。

コロナ禍前の2019年の訪日客は3,188万人、旅行消費額は4兆8,135億円に上っていました。
これがコロナ禍で、現在はほぼなくなりました。

かつては浅草あたりに行くと、そこかしこに外国人観光客の姿が見られました。
秋葉原の家電量販店や、ドラッグストアには、いわゆる爆買いの観光客で潤いました。

外国人観光客向けの観光地やホテル、外食や小売は大きな打撃を受けました。
この2年余りで、廃業・閉店したお店も多々あります。

色々な意見はありますが、間違いなくまた外国人観光客が日本にやって来ると思います。
これを機に、経済の回復の兆しが見えれば良いと思います。







最終更新日  2022年06月10日 18時12分53秒
コメント(0) | コメントを書く


2022年05月19日
カテゴリ:新型コロナ
コロナ禍になって3年目になります。
初めの頃の未知のウイルスのような感じではなくなり、ウィズコロナの生活にも慣れました。

不自由なこともたくさんありますが、コロナ禍での生活パターンは定着しました。
マスクや手洗い、消毒などは、当たり前のようになっています。

仕事はリモートワークがすっかり定着しました。
私の会社も、一部のオフィスは解約して、リモートワーク対応中心の業務や担当者もいます。

私はどうしても報連相をする、受ける機会が多いので、出社することが多いです。
ですが、リモートワークのお陰で助かっているという社員も多くいます。

イベントなども試行錯誤しながら、開催していくことが定着しました。
スポーツ観戦やライブなども、声を上げることは出来なくても、満席状態での開催になっています。

先日行ったライブもそうですし、テレビで見る相撲や野球も、ほぼ満席の状態になっています。
選手や力士、アーチストも観客が多い方が嬉しいのは当然だと思います。

マラソン大会も徐々に再開されてきました。
やはり、3月の東京マラソンの開催が大きいと思います。

マラソンでクラスターが発生したという話は、聞いたことがありません。
そう言えば、クラスターという言葉も、あまり耳にしなくなりました。

各地のイベントなども、感染対策を施して実施することが増えました。
徐々に元に戻ってきています。

その一方で、多くの人が密集することが予想されることなどから、隅田川花火大会は今年も中止になりました。
まだこのあたりの線引きは難しいようです。

早くコロナ禍が収まって、マスクをせずに生活できるようになると嬉しいです。
色々と知見もたまってきたと思いますので、ガイドラインを検討してほしいと思います。






最終更新日  2022年05月19日 19時00分51秒
コメント(0) | コメントを書く
2022年04月05日
テーマ:ニュース(97603)
カテゴリ:新型コロナ
コロナの感染者が増加している中国では、厳しい対応が続いています。
上海など、感染者が多い都市では、ロックダウンが続いています。

中国は、いわゆるゼロコロナ政策を実施しています。
そのため、感染者を封じ込めることで、コロナの拡大を防ぐことを目指しています。

中国本土での感染者は、1日1万人を超えています。
そのうち、上海での感染者が全体の6割以上と多くを占めます。

上海では3月に感染が急拡大し始めましたが、感染者の9割以上が無症状でした。
それでも、当局は症状の有無にかかわらず、感染者全員を隔離する措置を続ける方針です。

そして、上海市民全員にPCR検査を実施します。
本当は、上海市東部は4月1日にロックダウンは解除される予定だったのですが、延長が続いています。

無症状でも隔離施設は隔離され、子供1人でも隔離されるようです。
このあたりは徹底していますが、それでもここまでは感染者を抑え込むことは出来ていません。

2年前に、武漢で感染が拡大して以来の規模となっています。
2020年1月に武漢で感染が広がって以来、1日あたりで確認された感染者の最多人数を更新し続けています。

上海には今でも友人、知人が多くいますが、かなり不自由な生活を強いられているようです。
それでも効果が表れていないので、市民の不満も溜まっているようです。

世界中の各国は、ヨーロッパを中心に多くがウィズコロナ政策に舵を切っています。
そのため、中国のゼロコロナ政策は、少し異質に映ります。

日本の感染者も、また少しずつ増え始めました。
元のベースが高いところに加えて、また増加傾向です。

気をつけて生活するしかありません。






最終更新日  2022年04月05日 18時34分00秒
コメント(0) | コメントを書く
2022年03月09日
カテゴリ:新型コロナ
昨日3回目のワクチン接種を終えましたので、今日は副反応が気になります。
1回目の時は特に何もなく、2回目の時は高熱に苦しみました。

その時のブログを見てみると、結構早い時間から熱が出て、薬で下がったもののまた上がり、夕方まで苦労した様子がわかります。
人によって状況は異なるでしょうが、やはり前回のことが気になります。

私は3回ともモデルナです。
ファイザーに比べると副反応がキツイという声もあり、どうしようもないですが警戒していました。

昨日の夕方になる頃から、接種したあたりが痛くなっています。
今朝起きても、その様子は変わりません。

今日は念のため在宅勤務にしましたので、朝からいつもよりは少し長めの朝ランに出ます。
走っている時は、特にこれといった変化はありませんでした。

8時半頃から仕事を始めます。
水曜日は朝から90分ほどミーティングがあるのですが、ミーティング中も様子は変わりませんでした。

前回はこのあたりからキツくなってきたのですが、今回は大丈夫そうです。
お昼も普通に食べて、午後の仕事につきます。

いつ来るか、いつ来るか、と思いながらも、様子は変わりません。
何回か熱を測っても平熱なので、今回は大丈夫かなと思います。

そのまま定時まで勤務を続けましたが、特に問題はありませんでした。
助かりました。

明日になって酷い目に遭わなければ良いですが、今日も早めに休もうと思います。
明日、明後日は色々と忙しいので、体調に気をつけて頑張りたいと思います。






最終更新日  2022年03月09日 18時25分10秒
コメント(0) | コメントを書く
2022年03月08日
テーマ:ニュース(97603)
カテゴリ:新型コロナ
今日は3回目のワクチン接種です。
会社で職域接種の場を設けてくれましたので、ありがたく接種します。

1回目が6月、2回目が7月でした。
8ヶ月ほど間が空いたことになります。

ワクチン接種については色々と言われていますが、私は会社から案内があった時に、すぐ接種をしようと決めました。
私の会社の職域接種は今日からで、一番早く案内してもらいました。

11時から接種なので、会場へ向かいます。
会場までは徒歩で7〜8分ほどかかります。

最初に検温をするのですが、37℃ありました。
今朝測った時は36.1℃でしたので、その旨を告げて、再度測り直しました。

やはり歩いてきたので、体温が上がっているようです。
2度目の検温では36.3℃でしたので、無事にパス出来ました。

その次に血圧測定ですが、ここでも上が150超え、下も100超えでした。
緊張しているのでしょうと言われ、再度測ると135の90ぐらいでした。

今回は1回目、2回目とは少し違い、会場は空いています。
以前は次から次へと人が来ていたのですが、今日の出足はゆっくりです。

問診をして、無事に接種をしてもらいました。
接種時は特に痛みなどもなく、ごく普通でした。

その後の待機では、血圧が高かったこともあり、少しずつ長めに待機して、その後再度血圧を測定しました。
ある程度落ち着いた数値になったので、無事に終了です。

3回目のワクチン接種は、何とか終わりました。
明日は、2回目の時のように副反応が出ることを想定して、在宅勤務にしました。

この後、何もないことを願うばかりです。






最終更新日  2022年03月09日 18時23分08秒
コメント(0) | コメントを書く
2022年03月02日
カテゴリ:新型コロナ
コロナ禍になって2年、大学の授業は試行錯誤を繰り返してきました。
私の大学院生活も同じですが、大学2年生は大変な中で過ごしてきた2年間だと思います。

コロナ禍が始まった2年前の春、大学は授業の対応について決断を迫られました。
基本は全面オンラインでしたが、その方式も先生によって様々でした。

ライブ配信でオンライン授業をやる先生もいれば、録画した授業を流すだけ、中には資料を配布するだけというケースもあったようです。
一時期、コロナが落ち着いた秋には、少人数の授業やゼミは対面も増え、形式が様々になりました。

そして年が明けてからは緊急事態宣言が発出され、また大変な状況になりました。
こうして1年間が過ぎました。

ほとんど大学に通わなかった人もいたと思います。
この学年が2年生になり、東京オリンピックを控えて、緊急事態宣言が多発されました。

その一方でワクチン接種が進み、2回接種を受けた人も増えました。
この頃からは、対面を基本としつつも、オンライン授業も入ってくるという状態になりました。

そして、対面とオンラインのハイブリッド授業も、一部では当たり前になりました。
こうなると、同級生同士でも一度も直接会ったことがないケースも散見され、それでも成り立つようになりました。

こうして2年間が過ぎる大学生は、本当に気の毒だと思います。
大学生活は授業以外にもサークルやアルバイトなど、様々なコミュニティを通じて、多くのつながりを形成するものです。

これがリアルで体験出来ないというのは、本当に残念だと思います。
そんな中、慶應義塾大学は4月より対面授業を9割にすると発表しました。

私学のトップである慶應義塾大学が、対面を9割とすると表明したのは、大変に素晴らしいと思います。
福沢諭吉の精神は現在にも生きており、「半学半教」(互いに教え、学び合う)の精神ですので、学生が能動的につくっていく環境をつくる必要があります。
それを導こうとする姿勢に、敬意を表します。

就職活動も、企業説明会が始まりました。
学生の皆さんに、明るい未来が訪れることを願っております。






最終更新日  2022年03月02日 18時12分35秒
コメント(0) | コメントを書く
2022年02月03日
カテゴリ:新型コロナ
オミクロン株の影響で、新型コロナウイルスの新規感染者の増加が止まりません。
今日初めて、全国での感染者が10万人を超えたということです。

これまでの最高は、昨日の9万4913人でした。
東京は今日、2日連続で2万人を超え、2万679人となりました。

大阪では過去最多の1万9615人です。

新規感染者は、16道県で過去最多となっています。

わずか1ヶ月ほどで、この状況です。
そのように言われていましたが、正にその通りになりました。

1日10万人超えとは、外国並みになってきました。
東京も、昨年のオリンピックの頃に5000人超えなどという記憶がありますが、その比ではありません。

一方で、重症者や死者は、これまでのケースとはだいぶ異なります。
それぞれに即した対応が求められます。

しかしながら、頼みのワクチン接種はなかなか進みません。
何だかんだ言っても、菅首相の頃はワクチン接種のスピードは早かったと思います。

また、ワクチン担当の河野大臣に厚生労働大臣の田村大臣、色々言われていましたが西村大臣の3人は、よく記者会見を開いていました。
そのことで、情報も伝わってきました。

今の大臣は、そう言えば会見などのニュースを、ほとんど目にしません。
誰が担当大臣だったっけ、という感じです。

まん延防止措置も延長される模様です。
どうしてこうなるのでしょうか。

感染者が収まっている時に、色々と対応出来たはずです。
日本は変化への対応が弱いのだと、本当に痛感します。







最終更新日  2022年02月03日 19時17分25秒
コメント(0) | コメントを書く
2022年01月18日
テーマ:ニュース(97603)
カテゴリ:新型コロナ
新型コロナの変異株であるオミクロン株の感染者が急増しています。
今年に入ってから、急激に感染者が増えてきています。

海外の状況を考えても、いつかそうなるだろうという予測はつきました。
年が明けてから、一気に広がりました。

この状況を受けて、政府は東京、埼玉、千葉、神奈川など計11都県に、「まん延防止等重点措置」を適用する方向で最終調整に入りました。
明日にも正式決定する見通しです。

期間は1月21日から2月13日の約3週間で調整しているということです。
東京都で言うと、この措置を適用する背景として、病床使用率が20%を超えることを挙げています。

飲食店への酒類の提供や営業時間は、検討中ということです。
果たして、どれだけの効果があるのか分かりません。

コロナが始まってから2年が経ちました。
最初の頃は未知のウイルスということで、手探りでの対応が続いていました。

2年経って、人類は色々な経験をして、知見を高めてきました。
ワクチンや飲み薬の開発もされてきました。

マスクや消毒液は安定化し、街中のどこにでも消毒液があるようになりました。
コロナ対策は、人類が知恵を絞って対応してきました。

しかしながら、このまん延防止措置適用、などというニュースを耳にすると、2年前と何も変わっていないように感じます。
変化への対応は、日本の苦手なことでしょうか。






最終更新日  2022年02月03日 19時17分59秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年10月22日
カテゴリ:新型コロナ
緊急事態宣言が解除されて、3週間ほど過ぎました。
街の様子も、少し変わってきました。

やはり一番の変化は飲食店です。
時短営業とはいえ、酒類の提供が可能となりましたので、だいぶ客足が戻ってきた店が多いように見えます。

私の住んでいる界隈を見てみると、宣言期間中は、ルールを守らずに酒類の提供をしている店がありました。
その店には、多くの人が訪れていました。

私はこの店には絶対に行かないと決めており、酒類の提供をしていない行きつけの店に行っていました。
しかしながら、これらのお店はいつ行ってもガラガラでした。

正直者が馬鹿を見るような光景に、やるせない想いをしたものです。
行きつけのお店のうち、何軒かは営業を休止してしまいました。

緊急事態宣言が明けて、先日久しぶりに行きつけのお店の前を通ると、ほぼ満席でした。
満席と思いましたが、一席空いていたので通してもらいました。

やはり、お客さんがたくさん入っていることで、従業員の方々も活気があります。
これまでガラガラだったお店も、外まで行列が出来る店もありました。

その一方で、あのルール違反をしていたお店は、だいぶ客足が少なくなっていました。
これまでとはだいぶ様子が変わって、皆が元々通っていたお店に行くようになったのでしょうか。

真面目にやっている人たちが報われる、そういう姿が当然のように実現する社会は、とても良いと思います。
また、真面目にやっていたあのお店に行きたいと思います。

どうやら、来週月曜日から、飲食店の営業は元に戻れるようです。
約1年振りに通常が戻ります。






最終更新日  2022年02月03日 19時18分49秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年10月19日
テーマ:ニュース(97603)
カテゴリ:新型コロナ
緊急事態宣言が解除され、コロナの新規感染者数が激減しています。
東京では昨日の感染者数が29人と、今年最少になりました。

30人を下回るのは、去年6月22日以来約1年4ヶ月振りです。
100人を下回るのは10日連続です。

また、1週間前の月曜日より20人減り、減少が続いています。
何にしても良いことです。

8月頃には、1日5,000人程度の感染者が出ていました。
それを考えると、凄い勢いで減ったことになります。

色々なニュースや記事などを見ても、この激減の理由は分かりません。
それでも、ワクチン接種が進んだことで、重症化することが防げているのは間違いないと思います。

日本では、既にワクチンを2回接種している人の割合が65%を超えています。
1回接種に限って見れば、75%となっており、国民の4分の3が接種していることになります。

そういう点では、何だかんだ言ってもワクチン接種を急いだ政策が奏功したのではないでしょうか。
まだ特効薬が認可されていない以上、ワクチン接種によるところは大きいと思います。

最近では、旅行やスポーツ観戦などの実証実験も始まっています。
少しずつでも、以前のような生活が送れるようになってほしいものです。

今日の感染者も36人です。
何とか爆発的な増加にならないでほしいものです。






最終更新日  2022年02月03日 19時19分58秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全46件 (46件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >


© Rakuten Group, Inc.