4268927 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

「更級(さらしな)… New! Photo USMさん

『昭和二十年夏、僕… New! Mドングリさん

シリーズ・わたしが… New! マックス爺さん

風をつかまえた少年★… New! 天地 はるなさん

「暗愚小伝」(5) New! まろ0301さん

カレンダー

全21件 (21件中 1-10件目)

1 2 3 >

07読書(フィクション)

2007年12月17日
XML

「ダックコール」(ハヤカワ文庫 稲見一良)
野鳥と猟に関する小説の短編集である。第四回山本周五郎賞受賞作。

この中のとくに「密猟志願」を読みながら夢想に耽った。

映画になればいいと思った。

経理畑一筋、不正とは全く無縁の世界で生きてきた初老の男がいる。ガンで余命半年といわれながら二度の手術に耐え、余生を送っているときに「密猟」に魅了される。男らしさ、五感のすべてを使う仕事、獲る、奪う、そして盗むという毒の「こ惑」!!彼は仕事を辞めていたので、金と時間は有り余るほどあったが、川べりで猟をするという技術はなかった。
そんなとき、まるで男が夢見た理想の姿を具現化したような少年に出会う。男は少年から密猟の技術を学ぶ。
男と少年の奇妙な友情。
やがて二人は、一世一代、痛快な「密猟」を思いつく‥‥‥。

男は緒方拳が演じてほしい。
少年はだれも見たことがない、戦後ガードレール下でたくましく生きていたような子供を発掘してほしい。
ほかの登場人物では、密猟の舞台の強欲な地主に往年の悪役スターを。
男と少年の理解者で、老人施設の老女に岸恵子。
舞台はできたら、作者も住んでいたという花見川オールロケ。
きちんと監修者を配置して、猟の描写と美味しそうなカモ料理はリアルに。
最後の大密猟は空撮も駆使しながら思いきりスリリングに撮る。
男と少年と老女の勝利のディナーは桜の舞う川べりを選ぶ。

ラストは原作とは少し変える。

原作でも少年の住んでいる家は明かされていない。いつもローラースケートでトラックなどの後ろにくっつき、隣町から来ていたという。大密猟の後いっこうに現れない少年に業をいやし、男は少年が一言漏らした言葉を頼りに隣町に行ってみる。その家は廃屋になっていて、家族は海難事故で全員死んだということが分かる。少年は二度と現れることはなかった。男はつうに去られてしまった「夕鶴」の与ひょうのように嘆き悲しむ。
そのご、病院の検査結果で男にガン再発の知らせがやってくる。胸の癌の影だといわれる画像を見て、男はニヤリと呟く。
  見つけた」
そこには、最初の猟の時に取り逃がしたカモの姿があった。






最終更新日  2007年12月17日 22時45分05秒
コメント(4) | コメントを書く
2007年12月03日
尾崎 放哉(おざき ほうさい、1885年- 1926年)の最新句集を読んだ。

「尾崎 放哉句集」(岩波文庫 池内紀編)
96年に、師匠の井泉水の物置小屋で発見された添削前の200種ばかりの句も、新たに選ばれている。

尾崎放哉(ウィキより)
1902年 -  鳥取県立第一中学校卒業 第一高等学校(一高)文科に入学
1909年 - 東京帝国大学法科大学政治学科を卒業 通信社に入社
1911年 - 東洋生命保険株式会社に就職 契約課に所属
1914年 - 東洋生命保険大阪支店次長として赴任
1915年 - 東京本社に帰任する「層雲」に寄稿
1921年 - 契約課課長を罷免される この年の暮れ頃東洋生命保険を退職する
1922年 - 新創設の朝鮮火災海上保険に支配人として朝鮮に赴任
1923年 - 「層雲」への寄稿を再開する 罷免される  満州に赴き再起を期すも肋膜炎悪化のため入院、手記「無量寿仏」を口述筆記する 一燈園へ
1924年3月 - 知恩院塔頭常称院の寺男となる 6月 - 知恩院塔頭常称院から須磨寺大師堂へ入る 
1925年5月 - 福井県小浜常高寺の寺男となる 7月 - 常高寺を去る 8月 - 小豆島霊場第五十八番札所西光寺奥の院南郷庵に入る
1926年4月7日 - 南郷庵に死す 死因は癒着性肋膜炎湿性咽喉カタル 戒名大空放哉 居士

まさにエリートの挫折を絵に描いたような人生。酒を飲んで暴れたらしいが、何が彼をそうさせたのかは私は知らない。現代ならば、うつ病の治療をしながら、滅んでいくタイプだろうが、大正末期の彼は自由律の俳句を作りながら、最後の三年で文学史に残る俳人になる。

編者の池内紀より新たに知ったことが二つ。

ひとつは放哉の名の由来。彼は東京大学に入学した年、従妹の沢芳衛に結婚を申し込んだが、親類が医学的理由で反対する。放哉は「芳衛」への思慕を「放つ」意味から名付けたらしい。彼の「挫折」の大きなひとつだろう。

晩年放哉は、一日十句、半年で1800句を作り、そのまま井泉水に送っていた。井泉水は俳句の世界の約束事により、その中の数句を選び、ときには添削をして同人誌に載せた。その俳句が放哉の死後有名になったのである。けれども、添削は例えばこのように行われていたことが今回わかる。有名なこんな句がある。
口あけぬ蜆死んでいる
これは元の句はこうである。
口あけぬ蜆淋しや
つまり、抒情句がとたんに厳しい死の造型になったのである。
しかしこれは決して共作ではない、俳句世界の約束事からも放哉のオリジナル性は変わらないと池内は言う。

20年ほど前、私は小豆島南郷院を訪ねたことがある。小さな記念館として、死んだときのままその小さな庵は残されていた。

海が少し見える小さい窓一つもつ

今でも笠岡の神島などにも残っているし、全国的にもあるが、小豆島にも四国と同じように八十八ヶ所巡りの寺或いは庵があり、そのお遍路を待ってあがるわずかな収入で、少しの焼き米と焼き豆を食する生活。当然放哉は衰弱する。しかし彼はそのことを期待していたのである。「安定シテ死ヌ事ガ出来ル」

エリートの挫折。壊れた心はどのように死に近づいていくかを、ひとつの典型として放哉の句に読むことが出来るような気がする。

20年前、帰りのフェリーの中で涙が止まらなかった。放哉が哀れでならなかった。

わがからだ焚火にうらおもてあぶる
淋しいぞ一人五本のゆびを開いて見る
ひげがのびた顔を火鉢の上にのつける
ハンケチがまだ落ちて居る戻り道であつた
豆を煮つめる自分の一日だつた
鼠にジャガ芋を食べられ寝て居た
蚊帳のなか稲妻を感じ死ぬだけが残つている
アノ婆さんがまだ生きて居たお盆の墓道
線香が折れる音も立てない
わが肩につかまつて居る人に眼ががない
入れものが無い両手で受ける
机の足が一本短い
咳をしても一人
墓のうらに廻る
カタリコトリ夜の風がは入つて居る






最終更新日  2007年12月03日 23時15分49秒
コメント(4) | コメントを書く
2007年11月19日

「狐笛のかなた」上橋菜穂子 新潮文庫
解説の金原端人は勾玉シリーズの萩原規子、十二国記シリーズの小野不由美、そして守り人シリーズの上橋菜穂子の3人を日本のファンタジー作家三羽烏と呼んでいるらしい。「指輪物語」に触発されて、独自の世界を築き上げ、なおかつ和製テイストを守っているという意味で、この三人は確かに三羽烏なのだろう。なぜ、宮部みゆきが入っていないのか。「ブレイブストーリー」などを読むと、独自の世界構築にはまだまだ程遠い。たぶん正解なのだろう。金原はその3人の中で、上橋が筆力、膂力、迫力という点では突出している、と言う。ほか二人を読んだことがないので分らない。タダ、独自の世界は構築出来ている。

元は人類学者だという。この物語に現れる、<穢れ>の描写は、まさに彼女ならではのものだろう。これは彼女の処女作。これに続く、守り人シリーズもすこしづつ文庫になってきた。ちょっと読んでみようかな、と思う。






最終更新日  2007年11月19日 21時43分38秒
コメント(2) | コメントを書く
2007年11月16日
テーマ:本日の1冊(2995)

「猟犬探偵」稲見一良 光文社文庫
前作「セントメリーのリボン」から登場した猟犬探偵、竜門卓シリーズのみを扱った四編の短篇が収められている。

犬が好きな人にとっては、たまらない短編集なのだろうと思う。と、同時にハードボイルド好きにとっても唸る短編集。

つまり「高い矜持と職業的使命感の持ち主で、強者に対してはどこまでも強く、弱者に対しては底抜けにやさしくなれる。また他人の親切に対しては、最大限の誠意を持って報いる」(解説者郷原宏の言)男の物語である。

この連作は一編一編独立をしてはいるが、一方では前作の登場人物が思い出したように出てきたりするので、基本的には「セントメリー」→「猟犬探偵」と読むのがよろしかろうと思う。

本作で一番好きな一編は最後の「悪役と鳩」。おそらく遺作に最も近い時期に書かれたであろうに、中年男の初恋のような初々しさがある。

この一編は無骨な男がブランコをこぎながら歌うこんな歌詞で締めくくられる。

いのち短し恋せよ乙女
朱き唇あせぬ間に
熱き血潮の冷めぬ間に
明日の月日はないものを‥‥‥






最終更新日  2007年11月21日 02時06分54秒
コメント(4) | コメントを書く
2007年11月12日
  
手塚治虫傑作選「瀕死の地球を救え」
手塚治虫全集は400巻ある。だからこそ、このようなアンソロジーも可能なのだろう。

この本のことではないけれども、アンソロジーといえば、「華麗なるロック・ホーム 」(河出文庫―手塚治虫漫画劇場)という文庫本がある。手塚はスターシステムを採っていたので、 このようなアンソロジーも可能だったのだ。ただし、このシリーズ、ヒゲオヤジやランプも出たが、この本が白眉だった。ロックの名前は「バンパイヤ」の悪役で一挙に有名になったが、実は彼のデビューは「ロック冒険記」の主役であり、少年スターだった。しかしやがてケン一くんにほとんど主役の座を取られるようになり、この一作で「マクベス」の悪を借り、間久部禄朗として悪役スターとして再生を図る。以後「人間的な」悪役として手塚マンガでさまざまな活躍をするようになる。このアンソロジーには、枚数の関係で入っていないが、「火の鳥未来編」では核戦争の放射能の嵐の中、最後に残った人類として死ぬ場面がある。助演男優賞ものであった。

話がずれた。この本は環境をテーマにした手塚のアンソロジーである。「ガラスの地球を救え」という本の中で、手塚はこのように言っている。「地球は今、息も絶え絶えの星になってしまいました。」手塚の科学の眼はずいぶん前から環境破壊に目が行っていました。そして首尾一貫していました。それはこの本を読めば分ります。編者は明記されていないが、隠れた名作を発掘しています。

この中で、「ブラックジャック」から二編、初期「鉄腕アトム」から一編が取られている。手塚作品は八割がた読んでいると思っていたが、初見あるいは全く忘れていた作品ばかりだった。

「ブラックジャック」の「ジャンゴ」(1976)は一編の映画の原作にしてもOKの名作。「鉄腕アトム」の「赤いネコの巻」(1953)では、開発の名の下に武蔵野の自然を破壊することを告発しています。

この本に、「海の姉弟」(1973)という作品が載っています。沖縄名護湾にある小さな漁村で海女をしながら仲良く暮らしていた姉弟の物語です。開発公社の社長を信頼し嫁に行った姉が開発のためにサンゴの海が死んでしまう、といって工事をとめるために海の中で死んでしまいます。弟は「だからぼくがだからぼくがいったんだ。ヤマトンチューに気を許すなって」といいながら助けに行きますが、時遅し。「だれも彼も出て行けーっ」「人殺しめーっ」と叫ぶ、写真で紹介したラスト場面で終わります。名護、ヤマトンチュー、二度と戻らないサンゴの海、人殺したち‥‥‥まるで現代の名護の辺野古の海のことを予見していたかのような作品です。

本屋で10分もあれば立ち読みできます。手塚の奥の深さを知ることが出来るアンソロジーです。






最終更新日  2007年11月12日 23時23分22秒
コメント(2) | コメントを書く
2007年09月25日
この本はニートとかが騒がれる前に小説に書かれた「無職」にまつわる短編集らしい。直木賞受賞作品。

「プラナリア」(文春文庫 山本文緒)
しかし表題の「プラナリア」はじつは無職がテーマではない。情緒不安定の女性が突然乳癌になる。手術が無事終わり、死への恐怖がまだ抜け切っていないのに、周りは必要以上に気を使い、あるいは一方では「もう終わったことなんだ」と言う。

自分を理解してくれないことに不安を感じるそんな女性の物語。出てくる登場人物はみんな優しく、みんな自分勝手だ。だからみんなすこしづつ傷つけあう。いわゆる普通ことではある。けれども一般にその普通の生活が傷つけあいがヒートして破綻しないのは、これ以上すると破綻するということをみんな知っているから。しかし、この女性は、病気のせいか、性格のせいか、多分その両方なのだろうが、「わたし乳癌だから」と必要以上に大声で言うことで人間関係を破綻させる。それは彼女だけが悪いことなのだろうか。

癌は今でも死の病だ。怖い。乳癌の克服率は高いといっても怖い。
周りの人間は、本当はその癌に正面から向き合っていないのだと思う。卑怯なのだと思う。女性はそのことに気がついているのだ。

ほかには「あいあるあした」のファンタジックでリアルな明るい終わり方が、なんということもなく、愛おしい。






最終更新日  2007年09月25日 23時48分58秒
コメント(4) | コメントを書く
2007年09月17日
この作品は雑誌「小学四年生」に連載されたものを大幅加筆した文庫オリジナル版らしい。

「くちぶえ番長」重松清 新潮文庫
でも基本的には児童小説である。重松清の文庫は、無条件に買うことを自分に課している作家の一人なので、こういう本も読む。なおかつ、読んだ本と映画館で見た映画は全て記事にすることを自分に課しているので、当然ながら記事にする。

こういう書き方をしたからといって、この本が失敗作なのではない。単に何でもかんでも手を出すことに言い訳を加えているだけなんですね。

むしろ、いい作品だった。いや、なかなかいい作品だった。

いじめはある。けれども小学四年だと彼らのいじめはまだまだ技術的に洗練されていないので、「くちぶえ番長」(注)みたいな強きをくじき、弱きを助けるタイプの女の子が出てきたら、軽々と吹っ飛ぶのではある。(注)当然作者はこの題名に「夕焼け番長」(荘司としお )というマンガを意識している。に違いない。当時流行っていた番長ものだけど、最後は夕焼けを見ながらなぜか涙するというセンチなところもある主人公なのである。しかし、この作品はほとんど今は市場に出回ってはいないので、読んだ人々は確実に日本マンガ文化史の歴史の薄い層の中に埋もれつつある。

ちょっと浪花節、ちょっとわざとらしい。
けれどもそんな物語も小学四年ならまだ有効なのかもしれない。私より二歳年下、岡山の県北で幼少期を過ごした重松清はまだそういうことも信じているのだろう。私のようにちょっとだけセンチだから‥‥‥。

たった420円。電車の旅で2-3時間ほど手持ち無沙汰な時間ができたときなどに読むのにちょうどいい本ではある。






最終更新日  2007年09月17日 07時19分04秒
コメント(2) | コメントを書く
2007年07月30日

「君たちはどう生きるか」(岩波文庫 吉野源三郎)この固い題名から小難しい理屈を並べた哲学書の類を想像してこの本を敬遠していた人がいるとしたら、その人は不幸である。こんなに面白い本はめったにあるものではない。少年が読んでも発見だらけの本であるが、大人が読んでも足元がすくわれるように、あなたを打ち負かすだろう。

この本は山本有三編による「日本少年国民文庫」(1935~37)全16巻の最後の配本だった。「当時軍国主義の勃興とともに、すでに言論や出版の自由は著しく制限され、労働運動や社会主義運動は、凶暴といっていいほどの激しい弾圧を受けていました。山本先生のような自由主義の立場におられた作家でも、1935年には、もう自由な執筆が困難になっておられました。その中で先生は、少年少女に訴える余地はまだ残っているし、せめてこの人々だけは、時勢の悪い影響から守りたい、と思い立たれました。先生の考えでは、今日の少年少女こそ次の時代を背負う大切な人たちである。この人々にこそ、まだ希望はある。だから、この人々には、偏狭な国粋主義や反動的な思想を越えた、自由で豊かな文化のあることを、何とかして伝えておかなければならないし、人類の進歩についての信念を今のうちに養っておかねばならない、と言うのでした。」と吉野源三郎は戦後版の作品解説に書いている。

今の15歳が憲法国民投票の最初の世代になるということを考えると、山本有三先生の言はまるで現代の我々に諭しているかの如くである。

当初はこの最終配本は山本有三が書く予定であったが、病気のためにそれが出来なくなり、編集者の吉野が責任を取る形で執筆をすることになったという。仕事の傍ら約半年をかけて書き上げたのが本書である。現代中学生にもわかるような平易な現代文。少年たちがすんなりと入ってこれるように、世界の見方(認識論)の一番根本的なところを少年の発見そして成長物語として描く。

社会はどのように繋がっているのか。
科学的な見方とは何か。
貧困の問題。
英雄とは何か。
勇気とは何か。
主体的に生きるとは何か。
歴史と国と文化の関係。

この本が岩波文庫に入ったのは1982年。吉野さんの死の直後です。解説として丸山真男の一文が載っていて、(これがまた、丸山研究の上でも重要な一文)貧乏問題については「現代では実感することが困難です」と書いている。しかし、2007年の今日、豆腐屋の浦川君よりもまだ一段と貧しく惨めな「階級」が存在し始めているというのは、なんという歴史的な皮肉だろうか。現代は回りまわって新たにこの本が必要とされている時代になりつつある。

子供だけではない。大人もところどころ大きな問題を突きつけられます。特に第7章「石段の思い出」でのお母さんの思い出話は、鋭く私の内省を迫ります。

叔父さんはあとで覚書ノートに書くのです。
「人間が本来、人間同志調和して生きてゆくべきものでないならば、どうして人間は自分たちの不調和を苦しいと感じることが出来よう。お互い愛し合い、お互いに好意をつくしあって生きてゆくべきものなのに、憎みあったり、敵対しあったりしなければいられないから、人間はそのことを不幸と感じ、そのために苦しむのだ。
また、人間である以上、誰だって自分の才能を伸ばし、その才能に応じて働いてゆけるのが本当なのに、そうでない場合があるから、人間はそれを苦しいと感じ、やりきれなく思うのだ。」
「僕たちは、自分で自分を決定する力を持っている。
だから誤りを犯すこともある。
しかしー
僕たちは、自分で自分を決定する力を持っている。
だから、誤りから立ち直ることも出来るのだ。」


本当は今一度、新しい吉野源三郎が、新しい「君たちはどう生きるか」を書くことが求められている時代です。それは難しい仕事です。吉野さんを越える内容が書けるか、ということも然ることながら、情報があふれている現在、単なる少年ものの書籍として出版しても埋没してしまう恐れがあります。けれども、この内容はアニメとかではなかなか伝えきれないものです。「隣のとっとちゃん」みたいな大ベストセラーになれば、少年少女も知るのではないかとは思うのですが。

<余禄>
次は「アリランの歌」についての読書感想文を書こうと思ったのですが、小田実さんのお亡くなりになった今、もう少し背景のことを知りたくなったので、もう少し後にします。(講談社新書「日中戦争」買いました)次回はたまりにたまった映画評。






最終更新日  2007年07月30日 23時19分38秒
コメント(4) | コメントを書く
2007年07月07日

「相剋の森」集英社文庫 熊谷達也
フリーライターの佐藤美佐子は熊狩りの取材を進めているうちに、いまだ残っているマタギ集団の「山は半分殺(の)してちょうどいい」という想いを知る。それは自然保護団体とは一線を画した想いではある。しかし私は、「邂逅の森」を読んだあとでは、そういうマタギの気持ちはよくわかる。

「山を半分殺す代わりに、おのれも半分殺す、すなわち自分の欲も殺す」神聖な山を前に、時には命を賭けるマタギたちの正直な想いである。

この本は「邂逅の森」より前の出版である。そして熊谷達也の「ウエンカムイの爪」の6年後の作である。「ウエンカムイ」で主人公だった吉本が成熟した動物写真家として現れる。「邂逅の森」の富冶と美佐子との思わぬ繋がりも明らかにされる。だから時系列としては「邂逅」→「ウエンカムイ」→「相剋」なのだが、もちろんそれぞれ独立した長編である。私としてはニヤッとしたり唸ったりした。どこに唸ったか、熊谷達也の作家としての文章が数年の間に驚くほど上手くなっている、と言うことに対してである。

「ウエンカムイの爪」を読んだときは「熊の生態等の未知の世界を教えてくれる教養小説の一面と、それでも熊に魅せられていく主人公たちの心の奥を探る小説」「導入の緊張と中盤のたるみ、そして後半部の盛り上がりで、一気に読ませてもらった。処女長編とは思えない上手さではある。」とメモに書いてある。処女長編としては凄いが、荒さが目立った新人作家だった。しかしこの「相剋の森」になると、終始緊張感が持続し、「人と熊のかかわり」と言うテーマを現代を舞台にして描ききっている。全然だれがない。六年間の人の成長をまざまざと見た。しかし、「邂逅の森」にいたり、熊谷達也はさらに飛躍する。多分「相剋」を書いていたころは「邂逅」の構想はほぼ出来上がっていたはずだ。よく文章を練ったためか、構成や文章の上手さもこなれ、結局見事なエンタメになった。そして雰囲気として、いい意味での緊張とロマンがあふれ出した。人はこのようにある時期突然に変貌する。

次回の「氷結の森」もどうやらちょいとばかりこれらの本の内容と被るところがあるらしい。

  
produced by 「13日の水曜日」碧猫さん







最終更新日  2007年07月07日 19時45分50秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年06月30日
今年のブックマイベストワンはすでに決まっている。北方「水滸伝」である。この本はもしかしたら、その次のベスト2になるかもしれない。読み終えた後しばらく放心した。何度も読み返す。小説を読む悦びのひと時を過ごす。

「邂逅の森」文春文庫 熊谷達也
明治半ばの東北、あるマタギ(熊追い猟師)の半生を描いた小説。一人の無骨で、しかし優しい、けれども自分では自覚していないか゛超人的なな能力をもったマタギという職業とその東北の自然、東北マタギの民俗を描ききって秀逸。

例えば、こんな場面がある。主人公の富治は事情があって第一次世界大戦前後、当時最盛期を迎えていた鉱山に住んでいた。そこでひ弱な青年慎之介に出会う。富治は慎之介が鉱山の先輩から慰み者にされていることを知り、二度としないことを誓わせる。しかし、ある日また慎之介の犯されている場面に遭遇し先輩を血まみれにさせる。厳罰を覚悟していた富治だったが、意外にも鉱山から永久追放されたのは先輩たちであった。慎之介にも平安がおとづれたかのように見えたある朝、富治は周りには誰も見えないが遠くの森で慎之介が首をつっているのを目撃する。
遠目が利く富治の目にははっきり見えるのだが、ほかの者には、回りの雑木に埋もれた桜の木そのものの判別がつかないらしい。富治は走り出した。ただならぬ状況を察した面々があとに続く。鉱夫たちを従えたまま、斜面を駆け下り、深い藪へ飛び込んでいく。下りきったところで、流れの速い沢にざぶざぶと分け入り、再び斜面を駆け上がる。富治のあとを追っていた鉱夫たちがあっという間に置き去りにされた。山を駆けるマタギの足についていける者はいない。体中を引っかき傷だらけにして走り続け、肺が破裂しそうになったところでようやく山桜の下に立った。見上げた先に、寝巻き姿で眼窩から目玉を飛び出させている慎之介がぶら下がっていた。事切れているのはわかっていた。それでも富治は、一刻も早くおろせば、息を吹き返すとばかりに桜によじ登り、慎之介を引き上げにかかった。そのとき、二人ぶんの体重を支えきれなくなった枝が根元から折れた。慎之介を抱えたまま、どうっと草むらの中に転落する。落ちていく間、富治は慎之介のかたらだを放さなかった。落下の衝撃で息がつまり、一瞬目の前が真っ暗になる。
遺書があった。「約束ヲ守レナクテ御免ナサイ。僕ワ富治サンヲオ慕イ申シアゲテイマシタ。多分、好イテイタノダト思イヒマス。」
長い引用をした。小説の場合、荒筋よりも文章が命だと思うからだ。

富治の一生は平凡な「山の神様」を信奉するマタギのそれだとひと括りすることも出来る。けれどもその中にはこんなにも豊かな魅力がある。男の魅力があり、それに対する二人の女の一生もある。
「直木賞」と「山本周五郎賞」を史上初めてダブル受賞。むべなるかな。
男が男に惚れるような男である。そんな男を女は惚れるだろうか。少し気になる。








最終更新日  2007年06月30日 12時25分32秒
コメント(2) | コメントを書く

全21件 (21件中 1-10件目)

1 2 3 >

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

KUMA0504@ Re[1]:映画評「日本のいちばん長い日」(08/15) 令和皇太子さんへ コメントの内容ではなく…
令和皇太子@ Re:映画評「日本のいちばん長い日」(08/15) 肝っ玉が小さいお方のようですね。 左翼小…
令和皇太子@ Re:映画評「日本のいちばん長い日」(08/15) 肝っ玉が小さいお方のようですね。 左翼小…
KUMA0504@ Re[5]:奨学金の話(07/17) はんらさんへ コメントありがとうございま…
KUMA0504@ Re[3]:宗教オウムとは何か「悔悟 広瀬健一の手記」(07/20) ももたろうサブライさんへ 正確に言えば「…
はんら@ Re:奨学金の話(07/17) ブログにコメントをありがとうございまし…
KUMA0504@ Re[1]:宗教オウムとは何か「悔悟 広瀬健一の手記」(07/20) 七詩さんへ ともかくビックリしたのは、広…
七詩@ Re:宗教オウムとは何か「悔悟 広瀬健一の手記」(07/20) 広瀬健一の「悔悟」は何か月か前に読みま…
KUMA0504@ Re:映画評「1987、ある闘いの真実」(07/19) 内容と全く関係ないコメントが入っていた…

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.