4315766 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

韓国旅行2019夏旅2… New! suzu1318さん

図書館大好き396 New! Mドングリさん

「枕草子(まくらのそ… New! Photo USMさん

折々のことば:死を… New! 天地 はるなさん

「仙台七夕2019… New! マックス爺さん

カレンダー

全66件 (66件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

洋画(05・06)

2007年01月01日
XML
カテゴリ:洋画(05・06)
昨年劇場で見た映画は、韓国で見た二本を加えて96本でした。その中から、厳選してベスト20を選ぼうと思います。

06年の映画興行は、久しぶりに邦画が洋画を追い抜いたらしい。実際ブロガーの中には「今年は邦画の豊作の年だ」という方も何人もいる。事実見るべき作品は何本かはあると思う。しかしそれでもなお、私としては今年の作品群を回顧して言わざるを得ない。

今年は近年まれに見る洋高邦低の年だった。特に、アメリカ映画で見るべき作品が多かった。

なぜそうなったのか、要因として考えられるのは以下の三点。
1.昨年以前の作品で素晴らしいのが今年岡山上映にずれ込んでしまったものが三点もある。そしてなおかつ、本来は来年の公開になるはずか、日本が舞台であるという理由で今年のスピード公開になった作品が二点ある。
2.9.11以降顕著になったハリウッドのCG多用忌避傾向が脚本重視に結びつくようになった。
3.秋の中間選挙を迎えて、アメリカ国民の間に現在の状況をきちんと批判的に見ようとする芽が出てきた。

9.11ショックから5年目にして、やっと洋画はそのショックから立ち直った。その結果が今年の洋画群なのだ。

よってベスト20の中にはアメリカ映画が圧倒的に多い。これでも厳選したのである。その一方で邦画はもとより、ヨーロッパ映画とアジア映画の不振は深刻だ。来年を期待したい。

そういうわけで、ベストワンはアメリカ映画の中から選ぶ。今回選ぶアメリカ映画はすべて甲乙つけがたい。そういう時は、作品の完成度よりも自分に与えた衝撃度の大きいほうが優先されるだろう。

ベスト1「スタンドアップ」私がセロンのファンだからでは、決して無い。まず最初に一人が立ち上がる。そのことの意味は限りなく大きい。セクハラ裁判の話ではあるが、私はそれのみには受け取らなかった。泣き寝入りをしつつあるすべての労働者よ、独りでも立ち上がろう。そして仲間を信頼しよう。

ベスト2は不振のアジア映画の中から選ぶ。しかしこの「ココシリ」だけは別格である。チベットの厳しい自然の中で撮影されたカモシカ密猟集団との死闘。社会性とエンタメ、ドキュメント的な具体性と神話伝説として語られてもおかしくない普遍性、反骨映画なのに中国各賞を受賞したしたたかさが往年のチャン・イーモウを思わせる。期待の新人が登場した。

ベスト3は礼儀として日本映画から。「かもめ食堂」日本映画の長所である日常生活の細やかな描写。フィンランドというとっぴな舞台を得て、毎日のおにぎりを握ることや、皿みがきや、身体運動や散歩が、すべて意味のある広がりを持った。

ベスト4「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」二部作。クリント・イーストウッドという頑固親父がついに立ち上がり、イラク戦争に反対する映画を撮った。この鋭さ。懐の深さ。この悲しみ。

ベスト5「亀も空を飛ぶ」イラクのクルド人監督バフコマン・ゴバディの作品を初めて観た。今も続く泥沼のイラク戦争。それなのに今から考えると奇跡のような時期に撮影されたイラク北部を舞台にしたイラク戦争を批判する映画。具体性と普遍性を併せ持った、子供の目を通してみたイラク戦争。

ベスト6「イノセントボイスー12歳の戦場」ほんの20数年前のラテンアメリカの現実。子供たちが直面する厳しい運命。一般家屋の中で内戦の流れ弾が飛び交い、そこで歌われるラテン音楽の叙情。

ベスト7「博士の愛した数式」数式から世界と人生の秘密を探る。素晴らしい原作を見事に換骨奪胎した小泉堯史監督の力量。この映画と能の関係についても話題を読んだ。

ベスト8「グエムルー漢江の怪物」今年の夏、韓国を一周する旅行をしている間、公開してから二ヶ月以上近くたっているのにこの映画がずーと映画館の一番大きい看板を占め、客を集めていた。漢江の怪物とは実はソン・ガンホのことである、というのが私の「説」なのだが、いまだその説は数多ある批評の中では無視されている。いいのだ。その説が、そのように星の数あるブログの中で不気味に存在することが、この映画の批評にふさわしい。

ベスト9「ナイロビの蜂」原色のアフリカの映像と青が基調の西側国連職員の生活との対比、それが中盤に入って国連職員自体がアフリカの現実に入っていく中で変わっていく。そして亡き妻への愛情に気がついていく。社会性と愛情物語を統一させた見事なラスト。(←これも私の説です)

ベスト10「ミュンヘン」ユダヤ人であるスピルバーグの9.11総括。暴力の連鎖に対する明確な批判。この力技は凄い。

ベスト11「白バラの祈り」ナチスに早い段階で抵抗し、殺された学生組織の話。逮捕されるまでのドラマ、取調官との対話劇、処刑に至るまでの緊張した心の動き、見ごたえがあった。

ベスト12「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」 CG全開、外国ロケ満載、有名俳優の起用、の前にまずアイディアとセンスありき。大作とはこうでなくちゃ。

ベスト13「武士の一分」藤沢時代劇三部作の最後。これはいまどきの若者風の主人公が、武士の一分に拘っていた自分を克服する、いわば一分を否定するまでの物語である。(←これも私の説)

ベスト14「 Vフォー・ヴェンデッタ」 アメリカと共同歩調を取ったイギリスはこの十数年夜警国家を完成させてきた。そういう現実に対するプロテクト映画をエンターテイメントとして作っているのが凄い。おりしもこの映画がヒットしている頃、日本では共謀罪が強行採決の危機を迎えていた。かろうじて回避されたが、そういう現実が日本にもあると知りながらこの映画を観ると、さらに怖い。

ベスト15「ホテル・ルワンダ」エンタメというと、この映画も社会性とエンタメを見事に融合させていた。インターネット上の上映運動(私も一筆参加)が実を結んだ例としても記憶に残したい。最後の歌は今年の主題歌賞もの。

ベスト16「ニューワールド」文明から原始共同体へ、原始共同体から文明へ。その体験を映像と音楽で雄弁に語る。素晴らしき映像体験。あまり話題にならなかったが注目すべき作品。

ベスト17「スーパーマン・リターンズ」スーパーマンは還ってきた。父(神)の言葉を実践するために。しかし、この「神」はブッシュ大統領の信奉する神ではない。慈愛に満ち、市民の自立を期待する神だ。アメリカの神はやっと自らの役割を思い出した。アメリカ人はこれからも模索しながらヒーローを追い求めるだろう。

ベスト18「クラッシュ」単なる脚本家ではないことを示したポール・ハギス。多人種社会の中で、中盤の事故の「触れ合い」があまりにも素晴らしい。

ベスト19「スピリット」武道精神の見事な映像化。こんなに泣かされるとは思わなかった。

ベスト20「フラガール」見事な役者魂を見せてくれた。

ほかに、「グッドナイト&グッドラック」「カポーティ」「トゥモローワールド」「単騎千里を走る。」「トンマッコルへようこそ」「紙屋悦子の青春」「手紙」「デスノート後編」「虹の女神」「空中庭園」などが注目すべき作品として残った。










最終更新日  2007年01月01日 23時39分53秒
コメント(19) | コメントを書く
2006年12月29日
カテゴリ:洋画(05・06)
「椿山課長の七日間」の招待券が二枚だったので一枚を知人におゆずりしたら、フリーの招待券を頂いた。結局彼はあっちの映画のほうは体調をくずして行けなかったらしい。なんか悪いことをしたような気になった。招待券使わせてもらいました。

新シリーズのボンド。最初から良く走る。安全体制はバッチリなんだろうけど、役者の身体を心配するようなシーンが満載。気分が悪くなって退席したご婦人がおられた由、さもありなん。けれども相手のほうが駆けっこでは勝っていたので、私は人情としては敵に塩をあげて欲しかったのだけど、非情な007になるというのが、この作品のテーマだから当然殺されます。掴みはOK、あとはーーうーんイマイチ。(12/23鑑賞)

以上二本、出先からのメール更新でした。本当はあと一本昨日見た映画の感想を書きたいのだけど家に帰って書きます。






最終更新日  2006年12月30日 04時29分18秒
コメント(2) | コメントを書く
2006年12月28日
カテゴリ:洋画(05・06)
監督 : クリント・イーストウッド
出演 : 渡辺謙 、 二宮和也 、 伊原剛志 、 加瀬亮 、 中村獅童
1001032_01.jpg
戦争に現れる多くの悲劇を描き出して見事な映画である。日本人が見てまるきり違和感が無い。まるで日本人が作ったかのような日本の軍隊の実態、自然なせりふ。ところが今までの日本人監督はこのような軍隊の実際を映画にしてきただろうか。「野火」「真空地帯」などをまだ見たことが無い私には「してきていない」と断じることが出来ない。ただ、日本映画界は、この数十年間ついにはこういう映画を成立させることが出来なかった現実をきちんと考えなくてはならない。それは日本の問題である。

アメリカにとっては違う。第一部は、戦場の場面と、アメリカのプロパガンダという二つの舞台をしつらえることで、現代アメリカ本土の問題をあぶりだし、この映画ではまっすぐイラク戦争で死んでいったイラクの人々のことを念頭に入れているのだろう。イーストウッドは見事な反戦映画を作った。映像は硫黄島の土の色を基調に映される。単色かと思うと時々現れる鮮烈な血の色により、ああこの色は戦争体験者の心像風景なのだな、と納得するのである。我々が体験するのはたった二時間であるけれども、実際のそこに居た人は何ヶ月もこういう世界で地獄を見るのであろう。

実はイーストウッドの映画を観るようになったのは「ミスティックリバー」から。この作品に関しては、最後の場面がどうしても納得いかなくて、彼の力量を勘違いしていたままだった。驚愕したのは「ミリオンダラーベイビー」によって。個人の誇りと人との関わり、罪と罰と許しの関係、生きるということと死ぬということを、数少ないせりふと重厚な演技と、同時にエンターテイメント性を持った映像で見せ付けられて、脱帽した。
実はそれらのテーマや、映画の作り方は「父親たちの星条旗」にも現れるし、この「硫黄島からの手紙」でも濃厚に現れる。そして、どの作品でもそうなのだが、決して涙腺を刺激させない淡々としたつくり方をしているのである。これはなかなか出来ることではない。
正に名監督の道を一歩一歩確実に歩んでいる。その映画を本国よりも早く観る事の出来た栄光を我々は知っておくべきなのかもしれない。






最終更新日  2006年12月28日 17時49分28秒
コメント(10) | コメントを書く
2006年12月26日
カテゴリ:洋画(05・06)
はっと気がつくとこの映画の感想はアップしていないことに気がついた。

「カポーティ」
1000937_01.jpg
作家は、どんなエンターテイメントを書こうとも、どんなノンフィクションを書こうとも、本質的にいつも「自分」を書いているのである。そのことを描いた作品である。

カポーティはネイティヴでスラム出身である殺人者のなかに自分を見る。白人で上流階級にいるカポーティであるが、不幸な家族環境にいたという出自と、虚妄で固められた自分の言動を一番嫌っていたのは、彼自身であったからである。だから誰よりもその殺人者を愛し、誰よりも極刑に晒されることを望んでいた。この映画の最後に死刑描写がある。フィリップ・シーモア・ホフマンの渾身の演技を見よ。カポーティがその後廃人のように過ごしたことも十分に納得できる描写だ。私はこの映画でカポーティの目を通して死刑を追体験した。死刑制度の是非は論じていない。けれども、死刑は一人の作家の人生を奪ったのである。

少し、脱線します。

安倍増内閣は法律遵守を進めることが世の中の進歩につながると考えているらしい。だから何の迷いもなく、いやあえて進んで、クリスマスの日四人の死刑囚に死刑を断行した。路上駐車は法律通り五分以上置けば自動的に罰するだろうし、飲酒運転は法律通り取り締まり、犯罪者は広く世間にお知らせするだろう。チラシを撒きに集合住宅に入り、住民から通報があれば法律通り勾留するだろうし、公安を総動員してでも犯罪者に仕立て上げるだろう。売春みたいな由々しき犯罪に対しては、通報すれば賞金をあげる制度を作るだろう。

ここでは死刑制度自体の是非はあえて語らない。話がややこしくなるからである。
路上駐車や飲酒運転やチラシ撒きや売春を罰することの是非についても語らない。
私が不安倍増なのは、こういう厳罰主義がどういう社会をもたらすか、ということなのだ。
斉藤貴男は「安心のファシズム」(岩波新書)のなかで「割れ窓理論」について語っている。軽微な犯罪の予兆段階でも容赦しない。警察権力の徹底した取締り。確かにニューヨークではそれで犯罪件数は減ったのかもしれない。しかし、大事な事はその犯罪の原因を探り、その原因の除去に努める事だろう。根本から間違ってはいないか。

映画を見ていると、カポーティが疎外された原因は、或いはネイティブの殺人者が生まれた背景には、白人の保守的な考えにあるのではないか、とさえ思ってくる。つまり、キリスト原理主義による「神と悪魔の対決する社会」である。そこではじめてこの映画はブッシュに追随する不安倍増内閣と結びつくということになるだろう。
image002.GIF






最終更新日  2006年12月26日 22時46分37秒
コメント(8) | コメントを書く
2006年12月20日
カテゴリ:洋画(05・06)
ル・コントの新作。彼の「仕立て屋の恋」は私が初めて自費で買ったビデオだし、(DVDではない)「歓楽通り」は誰も評価しなくともその年の私のベスト3だった。つまり彼のファンなのである。

いやあせつない恋です。セラピストと間違われて「親密すぎる打ち明け話」を聞くうちに美しい人妻に恋に落ちるお堅い中年ばついち男。好きです、この世界。

けれども不満なのはラストだ。ル・コントは作品方針を変えたのか。そういえば、男もいつもと違って少しだけど、カッコよかったぞ。







最終更新日  2006年12月20日 12時53分27秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年12月06日
カテゴリ:洋画(05・06)
監督 : ジュリアン・ジャロルド
脚本 : ティム・ファース 、 ジェフ・ディーン
出演 : ジョエル・エドガートン 、 キウェテル・イジョフォー 、 サラ=ジェーン・ボッツ 、 ユアン・フーパー

イギリスの中小企業事情も日本と大差はないのだろう。イギリスの労働者応援映画はいつも気持ちいい。「会社は建物じゃない、人だ。」というありがちなテーマなのだが、主人公をカッコイイ男として持ち上げない。だんだん盛り上げるのではなく、打算的な感情的なところもちゃんとだす。ただし、最初の登場時にはお坊ちゃまのニキビの若者だったのに、一貫して男っぽくなっていく演出はさすが。

日本でも例えば先に私が見たルポ番組を映画にしたら、うまく作れば「フラガール」みたいな感動作を作ることが出来ると思うのだが。93歳現役社長なんて今の時代、「華」じゃない?。






最終更新日  2006年12月06日 22時56分25秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年12月04日
カテゴリ:洋画(05・06)
監督 : デビッド・フランケル 出演 : メリル・ストリープ 、 アン・ハサウェイ 、 エミリー・ブラント 、 スタンリー・トゥッチ 、 エイドリアン・グレニアー 、 サイモン・ベイカー

超カリスマ、わがまま言い放題の上司との付き合い方、新入社員の成長物語、女通しの対立、一流ファッション雑誌の裏側、一流ファッションのオンパレード、名優メリル・ストリープとまだルーキー臭さが抜けきれないアン・ハサウェイの対決、よく知らないけれども効果的なニューヨーク音楽、等々とくればまあ、楽しめるだろうと思う。事実楽しめた。しかしそれだけ。うまい映画つくりを楽しんだだけ。






最終更新日  2006年12月04日 17時46分25秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年12月03日
カテゴリ:洋画(05・06)
監督 : アルフォンソ・キュアロン
出演 : クライヴ・オーウェン 、 ジュリアン・ムーア 、 マイケル・ケイン
1001364_02.jpg

設定はありきたりである。「2027年。我々人類にはすでに18年間も子供が誕生していない。このままでは、そう遠くない日、地球を引き継ぐ者はすべて地上から消え去ってしまう!」けれども、2027年というあたりに、この映画の秀逸さがある。

近未来というには、あまりにも現代と似た風景である。いや、原油が高騰しているからなのだろう。車よりも、自転車や馬が交通手段として跋扈している。反政府組織の車は、何十年も前のお古である。

クライヴ・オーウェン とジュリアン・ムーアの元夫婦は20年前に別れたことになっている。つまり、2007年来年である。なぜ別れたのか、二歳になる彼らの子供が死んだからである。 世界の危機もそのときから始まる。

イギリス以外の国家は崩壊して、テロの横行、移民排斥、警察国家は眼に余るほどになっている。「Vフォー・ヴェンデッタ」と同じく、「現代」を告発した映画であることは確かだ。イギリスもこのようにして、レジスタンス映画(エンタメとして作っているところが凄い。)を作り出した。(しかし既成のレジスタンス組織を応援していない。そこにイギリスの苦悩があり、良識がある。)日本はどうか。

テーマ的には今まで何度も何度も描かれた「地球最後の日」の新バージョンではある。最後の日が、一週間後ではなく、数十年後になっているだけだ。映像的に見事な市街戦の途中で、ぽっかりと浮かんだ赤ん坊の泣き声だけの静寂で荘厳でやさしさに満ちたの場面は秀逸だった。







最終更新日  2006年12月03日 10時31分43秒
コメント(2) | コメントを書く
カテゴリ:洋画(05・06)
監督・脚本 : ロドリゴ・ガルシア 出演 : キャシー・ベイカー 、 グレン・クローズ 、 ダコタ・ファニング 、 ホリー・ハンター

「美しい人」ただしこれだと女性9人が主人公のオムニバスという事は伝わらないので、「美しい人生」という題名ではどうだろうか。原題は「nine life」。

それぞれたった10分間の登場であるが、それだけでその人物の生き様や性格、歴史がある程度推察できる。特に女性だとそのあたりを描きやすいのかもしれない。

どれか一つ二つは男の私でも共感できるような話になっている。私の場合は、第2話「ダイアナ」。夜のスーパーで偶然昔の恋人に再会する。女は臨月に近い身重。男も結婚したらしい。差し障りのない会話を続ける。どうやら2人は長い年月恋人同士だったが、性格が合わずに別れたらしい。それから、もう何年も会っていない。どうやら2人とも平凡な家庭を持ったらしい。二人とも中年に域に差し掛かっている。大人の会話をしていったん別れる。けれどもスーパーというのは、別れてもすぐに相手が目に付くところにいる。男がやってくる。お互いの感情が高まっていく。男女のずるさと、男女の愛情を同時に感じる。

と、まあこんな話で結局それ以上進展せずにそのまま別れるのだけど、この話に限らず、映像が女性の可視範囲のみで撮られているのですね。そしてワンシーン、ワンカットの採用。揺れ動く心を女性の視点から体験することが出来る。映画というものは面白い。









最終更新日  2006年12月03日 10時26分54秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年11月20日
カテゴリ:洋画(05・06)
監督 : アレクサンドル・ソクーロフ
出演 : イッセー尾形 、 ロバート・ドーソン 、 桃井かおり 、 佐野史郎

『ヒトラー最期の12日間』を観たとき、「日本国民は果たしてここまでの映画が作れるだろうか。ムリだろう。この60年間何もしてこなかったのだから。」という感想を書いた。その想いはこの『太陽』を見た後でも変わらない。イッセー尾形の鬼気迫る演技を見ても変わらない。むしろ強くなった。

ドイツの映画にあってこの作品にないもの、この作品にあってドイツの映画にないものはなんだろうか。この作品には年月日時間が示されず、常に執拗低音としての音楽がある。ドイツ作品はその反対である。

ロシア人のソクローフ監督にはこの作品を作るに当たって、何の妨害も圧力もかけられなかっただろう。よって『天皇の人間性を描く』ことには何のプレッシャーもなかっただろう。それは良し悪しだと思う。私は画面から緊張感がなくなったと思う。歴史的な事実を描こうとする必要がなくなり(年月日時間の欠如)、天皇に寄り添うような感情(音楽)のみが残った。

私は天皇の人間性を描くのはいいと思う。軍部の暴走に嫌悪感を抱き、一方で日米開戦に関与していなかったと『しゃあしゃあ』と言ってのける矛盾を描くのはいい。とてつもなく幼稚な部分と、とてつもなく知的な部分を描くのはいい。しかしそれによって出てくるのは、監督自身の『ギモン』なのだ。『結局ヒロヒトは何者だったのだろう』それを日本人のわれわれに投げ出されても困る。まずはあなたが回答を見つけてから作って欲しい。

ところで最後、皇后たる桃井かおりが侍従長を睨まずに天皇を睨む。なぜなのか。このあたりも、監督の天皇とその親族理解に疑問を感じる。

映画『太陽』をめぐる現象で非常に面白いのは、この映画に対して右翼の妨害が一切なかったことである。まるで天皇の人間宣言のときのように、この映画の出現を日本人はすんなりと受け入れた。これが天皇タブーの崩壊の始まりだとすれば、うれしい事なのだが。いつか日本人の手によって作られた『太陽』を見る日が来ることを願ってやまない。しかし、教育基本法が強行採決されるような現代は、この日が日々遠くなっているのも感じざるを得ない。






最終更新日  2006年11月20日 23時56分35秒
コメント(4) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全66件 (66件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

KUMA0504@ Re:北斎のたくらみ 富嶽三十六景(09/02) 令和皇太子さんへ。 貴方がどんなコメント…
KUMA0504@ Re[1]:北斎のたくらみ 富嶽三十六景(09/02) ももたろうサブライさんへ ありがとござい…
KUMA0504@ Re[1]:100分de名著 小松左京(09/01) ももたろうサブライさんへ そうかもしれな…
ももたろうサブライ@ Re:100分de名著 小松左京(09/01) コンピューター付きブルドーザーと言えば…
KUMA0504@ Re[1]:「タッチ」の続編?「MIX」(05/25) ガラケーさんへ わざわざ心配ご指摘ありが…
ガラケー@ Re:「タッチ」の続編?「MIX」(05/25) 貼ってあるMIXの画像は… きちんと、あだち…
KUMA0504@ Re[1]:「おにぎりの文化史」古代の食卓(08/23) はんらさんへ 「家で作ることはほとんどな…

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.