619688 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

can do now

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

プロフィール

天野 みよ子

天野 みよ子

カテゴリ

バックナンバー

2024.05
2024.04
2024.03
2024.02
2024.01
2023.12
2023.11
2023.10
2023.09
2023.08

カレンダー

ニューストピックス

2010.04.04
XML
カテゴリ:散文詩




   もしも、天国に繋がる電話があるとしたら―――。
   誰と、どんなことを話すだろう。

   しばらく会っていないのだとしたら、はじめはぎこちないかもしれない。
   突然の出来事で、星になってしまった人に、
   あの時言えなかったこと、言いそびれたこと。
   今だから言えること。何かしらあると思う。
   生きている時に「ありがとう」と言えなかった。
   あやまりたかったことも、数えたら―――。
   素直に言えるだろうか。

   電話が繋がったら、天国での様子を色々と尋ねてみる。
   どんな風に過ごしているか、仲の良い友達はいるか―――。
   素敵な花は咲いている?何か食べたりする?
   からだがないってどんなかんじ?
   見える景色、におい、感覚は?
   最近の自分のことや、生きている時に親しかった友人の近況を話す。
   天国から見たこちらの世界は、どんな感じ?
   生きていたときはわからなかった、この世界の楽しいところや、
   身体があることの、面白さについても聞いてみたい。
   そして電話を切るとき、さようならを言うとき、どんな気持ちになるだろう。

   逝ってしまった人へ―――。
   残された者がすべきこととは何だろう。
   受け入れることからはじまり、生きることが慰めなのか。
   私にはわからない。
   わかることは、悲しみばかり背負う必要はないってこと。

   話したいことがいっぱいあるはずなのに、
   欲しいのは天国に繋がる電話じゃないって思ってしまう。









お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2010.04.07 15:43:57
コメント(0) | コメントを書く
[散文詩] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.