1801985 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

My Secret Room

PR

カテゴリ

カレンダー

バックナンバー

2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年09月
2020年08月

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2011年03月19日
XML
テーマ:Jazz(1714)
カテゴリ:JAZZ(Born In The U.S.A. )




この季節、三寒四温とはよく言ったもので、行きつ戻りつ春を待ち春が来る。
人間ばかりが、「いつ春本番になるの?」、なんて、思うのですが、、
わたしの桜は、本当の春が来る日を知ってるようです。春は必ず来ます。。
お彼岸ですね。

ブラッドメルドーの新譜は2006年のソロライブ盤です。
すげぇーよぉ。CD二枚組+DVD付きと言う「ふーーるフルスペック」です。自信のなせる技でしょう。
もちろん、評判のいいDVDに興味津々なのですが、、ここはCDからの感想で。

わたしの好きな東京ライブ盤から3年後。今から四年半前。。
オリジナル、スタンダード、メルドーの十八番と言われるようになったロックのミュージシャンのカヴァー曲などで、14曲。赤裸々なまでに自己と向かい合った作品と言ってもいいのではないでしょうか。

嵐のような歓迎の拍手で迎えられたオープナーは、オリジナルStorm。
力強く前にすすで行くさまは、聴くものを有無をも言わせない強さがあって、ちょっとわたしの不得意な部分なんだけど、これがなくなったらメルドーでないわけで。。この演奏に阿修羅のお顔が浮かぶのはわたしだけではないでしょう。そして、歌ものIt’s All Right With Meに。テーマを聴いてほっとするのもつかの間、そうは問屋が卸さないとばかりに、次第に分解されて構築されていくさまも、まさにメルドー印。大好きなSecret Loveは、ゆったりユックリ進みます。単に叙情的に流れないのは時々力強いアクセントがはいるから。そう、秘密の恋にぴったりな現実的なアレンジだなぁ。(微笑)
ここから、4曲メルドーのオリジナル。
力強く突き進むUnrequited。その推進力は果てなく予測不能。無機的な感じのオリジナルの多い中、人の弱さを思い巡らせるResignation。切ない気分になる好きな曲。一部の隙間もなく敷き詰めた音符、有無も言わせぬ説得力Trailer Park Ghost。一転、スローでスペイシー、木訥な雰囲気さえ漂うGoodbye Storyteller。
1枚目の最後は、レディオヘッドのExit Music。まさに自己との対峙。人の心の中には、誰にも沈黙する暗闇があるでしょ。ロックの曲には、ストレートにそういうものに向かうものが多いですから、メルドーのようなピアニストにはこういう部分でシンパシーを感じるものが多いのでしょうね。

うーーん、、時間がなくなってきた。。
二枚のオープナーは、自身のアルバムのタイトル曲にしたDay Is Doneの作者、Nick Drakeのナンバーで東京ライブではトップを飾ったThings Behind The Sun。躍動感、緊張、陰陽、、心の襞を浮き彫りにしていく感じ。ニルヴァーナのコバーンの曲でLithium。タイトルそのまま美しいLilac Wineは、カントリーのJames Alan Sheltonの曲。
ここで、アンコール?の拍手。。
まずは、ビートルズナンバーから Martha My Dear。この予測を超えた世界に没頭しましょう。
再び、アンコールの拍手。
静かな流れだけど、わくわく感、高揚感がいっぱいの素敵すぎるMy Favorite Things。
再び、再び、、どよめく会場。
Dat Dere。最初の1音から最後の1音までダンディでかっこいいBobby Timmonsの名曲ですね。その昔、若きメルトーメがストレートに黒さに憧れをあらわしたアルバムで歌ってました。メルドーらしさ、そして、原曲のかっこよさをそのままに。。かなりにくい選曲。。終演。


彼の演奏は早春が似合う。(きっぱり)
そして、、桜で言えば、三分咲きかな。
寒さに身をつぼめるようなつぼみが多い枝。そのわずかなピンクに心が奪われる人は、、きっと気に入るような気がします。
強さと優しさ、、決して聴きやすいアルバムだとは思わないののですが、簡単に妥協しない重たさ暗さ怖さも彼の魅力の一つです。
と、最近、、思えるようになった私です。

Disc1
1. Storm
2. It’s All Right With Me
3. Secret Love
4. Unrequited
5. Resignation
6. Trailer Park Ghost
7. Goodbye Storyteller
8. Exit Music

Disc2
1. Things Behind The Sun
2. Lithium
3. Lilac Wine
4. Martha My Dear
5. My Favorite Things
6. Dat Dere

DVDは、Dat Dereが入ってません。


仮想空間を眺めると、ブログの更新やライブの開催に関してだけでも、、
本当に人の考え方は様々なんだなぁ、って、感じます。
私自身も家族も含め被災はしておりません。
しかし、自粛してるわけではないのですが、震災による余波で、家の事、家族のこと、お仕事の事で手一杯でした。今、自分にできること、って、事で、、募金をし、節電をして、、気がつくと夜。
とにかく、自粛にしろ、いつも通りにしろ、それは各自の考え方なので、何がいいとはいえません。
冷静に自分の頭で考えることが大事だと思いますが、難しいですよね。
仮想空間の難しいところは、目に見えるものが多数意見のような錯覚に陥ることです。
過度の自粛は経済を滞らせる、と、言うこともわかりますが、今は、まだ、被災地が凍えている状態です。
せめて、節電に協力したいと思ってます。もちろん、過度の買い出しも。


東北関東大震災が、戦後最大の被害と言うことは、私にもわかります。
そして、原発の事件も今後どうなるのか予測もつきません。
朝刊で、新潟県に9000人、避難してきた人がいるとありました。
被害をうけた方々の心中を察すると、本当に慰めの言葉もなく、、とても無力な感じです。
被災地の方から比べたら、大変恵まれた状況なのですが、無理に元気も出せません。
でも、、今後も、通常のモードになれるのか、、自分でもよくわかりませんが、音楽と向かい合えたときにはこうやって更新して行きたいと思います。

今は、せっかく、お知り合いなれた皆さまとのご縁を大事にしたいと思うのが正直な気持ちです。

そして。今後もすべての皆さまのご無事を祈るとともに、いち早い復興復旧を願っています。


山形のマイミクmellow_yallowさまがとても有意義なツイットをしています。
とても信頼の置ける人なので、一度観てください。
アクセスのアドレスって、どうやってのせればいいのかしら。。

んじゃ、退散♪






最終更新日  2011年03月27日 14時51分51秒
[JAZZ(Born In The U.S.A. )] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.