1801054 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

My Secret Room

PR

カテゴリ

カレンダー

バックナンバー

2020年11月
2020年10月
2020年09月
2020年08月
2020年07月

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2011年03月30日
XML

昨夜のサッカーのチャリティーマッチを観ましたか?

あのですね、なんだか、ずっと気持ちが上向きにならないわたしだったのですね。音楽もなかなかちゃんと聴けない。。(ま、それがどーーした、なんですけどね)
で、、昨日、TVでサッカーをダーリンが観ていたので一緒にボーーっと眺めてました。
と、、あのカズがゴールを決めて会場が盛り上がってました。その踊る姿に、、歳とったなぁ、って、思いながらも、、思わず、微笑んでしまった。何も知らないくせに、って、怒られそうですけど、、昔のカズは高慢な感じがしてあまり好きではなかった。でも、カズより若い才能ある選手が戦える力を残して引退していく中、、未だ現役を貫く姿は、、姿勢は?かな、、何となくわたし好みでピッチを駆け回る姿はちょっと嬉しくなる。でも、視界が晴れたのはこのゴールではなくて、、試合後のインタビューも立派だったけど、、わたしはこの試合のどこかで流れた彼の言葉に、はっとしてしまったのでした。。


とても明るく生きていける状況じゃない。でも、何か 明るい材料がなければ生きていけない。暗さではなく明るさを。


そうなんですよね。これは、被災した方々に向けての言葉だと思うんですが、、当たり前といえば、当たり前なのですが、、わたしには直球、直撃。
わたしですね、、被災してなくても、この震災で亡くなった知り合いがいなくても、自粛とかでもなくて、「何万人もの命がなく亡くなった映像を毎日観て、ボロボロの原発の状況はいっこうに改善されないし、この状況は明るく生きていけるような状況じゃないでしょ。」って、ネガティヴな思いが心の奥でずっとくすぶってたんですね。一生懸命なまわりの人たちにはとても口に出していえないです。でも、みんなで前に進まなくちゃならないのもわかってるんです。そこに、この言葉「とても明るく生きていける状況じゃない。でも、何か 明るい材料がなければ生きていけない。」って、素直に胸に響いた。本当に、その通りだと思います。
明るい材料ってのは、人によっては、いろいろですよね。とりあえず、げんきなわたしたちは各自の心の灯をともしていかなくてはね。今頃になって、やっと、そこに思いが行きました。遅まきで、恥ずかしいのですが。デモね、それもできない大変な方々のことを忘れずに、、、、今日も節電ですね。

って、ことで、、「Kanazawa Jazz days」のKenさまがこっそり?書いてたブログ一周年に出てきたアルバムが猛烈に聴きたくなった。こういう気持ちは、本当に久しぶりです。
(gooブログには、パソコンでいけないのでアドレス指定ができませんが。。)

★今日かけてた音楽★

Bright Size Life / Pat Metheny
Pat Metheny (g) Jaco Pastorius (b) Bob Moses (ds)
1975年、パットメセニーの初めてのリーダー作。
その優しくリリカルな世界、今のパットメセニーにそのまま通じる。
彼は、生まれたときからパットメセニーだったんだなぁ。。などと、思ってしまう爽やかで疾走感に溢れるギターフレーズが満載です。もちろん、縦横無尽に暴れる、って、感じではないけどジャコのプレイも1聴にジャコそのものだと思いますです。
Bright Size Life、、それは、美しく幻想的、でも、いつか何処かで観たことがあるような風景が浮かんで来るアルバム。30年の以上の時を経て、なお、思わず手が止まって聴きいってしまう、瞬間が沢山。
しばらくの間、音楽、無酸素状態だったわたしのからだとあたまに新鮮な空気が流れ込んでいく。
この感じは、、本当に心地よい。。。。


なんて、、明日で、三月が終わるのですね。
あれやこれやのうちに東京では、桜が開花したそうで。。
穏やかな気持ちでのお花見は無理でも、、折角咲いた桜ですから、、咲いた桜を慈しみたいものですよね。
歓送迎会とか、、自粛の方向なのだそうですが、咲いた桜に罪はない。
新潟の開花はいつになるかな。わたしは、「どんちゃん騒ぎはいらない」けど、例年のようにお弁当もって、、お花見したいな。。。。

さて、、三月が終わるなぁ、、なんて思っていると、、当前のように四月が来ます。
今年は、どんな四月になるのかなぁ。。
新潟では、森さんがベースのバンド「TRIO'」で、ジャズフラッシュでのライブがあります。
このブログを読んでくださってル人には、このバンドを説明する必要もないと思うのですが、、
福田重男(p) 森泰人(b) 市原康(ds)
って、長いキャリア、テクニックはもちろんですが、3人3様の個性が絶妙なバランスで溶け合ったバンドサウンドはお見事。密度の濃いジャズ空間ができあがってます。

今回の春ツアーで予定してた東北でのライブがこの惨事で中止になったので、、新潟の柏崎の「うたげ堂」でもライブが入りました。スカンジナビアン・ジャパン・コネクション 森泰人 メールニュース Vol.15では、このツアーでの収益を義援金にするとありました。(CDの売り上げを含む)
是非、協力したい、と、思うでしょう?
で、、このバンド、こういうことがなくて義援金云々を考えなくても、これは「行く、聴く」って、方向のライブです。(きっぱり)ジャズラヴァーのハートを直撃しますよ。
随分前に、ユキさまがフライヤーをおくってくださったんですが、これがまた、男気がたっぷりの夜桜ヴァージョン。うーーん。。かっこよすぎる。。(笑)
県内は二カ所!どちらさまも、聴き逃さないように!って、ものすごく楽しみにしてましたが、、わたしは、、まだ、四月の予定がたたない状況です。



★「TRIO'」@ 新潟★
福田重男(p) 森泰人(b) 市原康(ds)

4月15日(金) 新潟市「JAZZ FLASH」
Open=19:00/Start=20:00 Charge=前売3,900円(1ドリンク付)/当日3,900円(ドリンク別)
JAZZ FLASH 新潟市中央区東堀通5番町440 昭和新道 小林ビル1F
      TEL:025-224-4518

急遽追加された柏崎の情報も。。
4月14日(木) 柏崎市「うたげ堂」
Open=18:30/Start=19:00  Charge=3,500円(1ドリンク付・要予約)
うたげ堂 新潟県柏崎市西本町1-3-21  TEL:0257-21-9925 

緊急の決定らしく、予約先の電話番号が二つありました。
まずは、スカンジナビアンコネクションのHPから、

■予約・お問合せ
 ◆水口様◆(みずぐちさま)
  TEL:080-5694-5174
  ★水口様までご予約ください。

そして、ジャズイン新潟の掲示板には、

投稿者に直接メールで尋ねるか、
お問い合わせ:洋琴舎(0257-21-3915)
と、ありました。

そして、ベースの森さんは、このツアーの前にギターのファビオ・ボッタッツォさんことファビオと北海道でライブをします。

★“It's no Coincidence” ライブ @ 北海道★
森 泰人(b) ファビオ・ボッタッツォ(g)

2011年4月4日 (月) 苫小牧 アミダ
Open=19:00/Start=19:30 Carge=前売3,500円/当日4,000円
アミダ 北海道 苫小牧市表町1-3-4 光ビル2F TEL: 0144-341947

2011年4月5日(火) 札幌 く う
Open=19:30/Start=20:00 Carge=前売3,000円/当日3,500円 別途飲物代500円必要

く う 札幌市中央区南1西20(南大通沿い 北向き)LOGビルB1
   TEL:011-616-7713

森ファビデュオ、北海道初見参ですね!

んじゃ、退散♪






最終更新日  2011年03月30日 18時12分47秒
[超~私的戯言、じゃれ事(なんでもあり♪)] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.