195964 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

カタルーニャでリュートを弾く 塚田智の日記

PR

プロフィール


niconicotomo

フリーページ

コメント新着

niconicotomo@ Re[1]:やっと免許証を入手(08/09) 案山子の屁さんへ まだ初運転は叶いません…
niconicotomo@ Re[1]:運転免許を取得(06/24) すてきなダリアさんさんへ 運転の習慣はだ…
案山子の屁@ Re:やっと免許証を入手(08/09) 免許入手おめでとうございます、運転は安…
すてきなダリアさん@ Re:運転免許を取得(06/24) 運転免許取得おめでとうございます。 安全…
niconicotomo@ Re[1]:ギターの思い出(04/19) fugutyann56さんへ 時々ギターの音が懐か…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

お気に入りブログ

白レース付け襟レー… New! friendly0205さん

New! むむむぽんさん

【PARIS】【スーパー… New! naoparisさん

ユニクロの布のエコ… New! すてきなダリアさんさん

ペンを買う New! のだみかんさん

2018.01.05
XML
テーマ:海外生活(7631)
カテゴリ:音楽


 昨夜は偶然新聞広告で見つけたコンサートに行った。JONC(Jove Orquestra Nacional de Catalunya)とはカタルーニャ州青年オーケストラとでも訳そうか。カタルーニャ州内の学校のそれぞれの地域で優秀な学生たちの楽団なので質も高い。音楽院では若者たちが誰でも入りたいと憧れるオーケストラだ。
 メインはドヴォルザークの9番『新世界より』だった。若者らしく軽快なテンポでメリハリのある演奏は好感が持てた。この曲は私が小学生の頃一番初めに聴いたクラシックの作品だった。父の部屋にあったレコード(たぶんカラヤン指揮)を内緒で何度もかけていた。その頃同時に聴いていたのがギターのレコード。これはミゲル・バルベラのスペイン曲集。タレガの『アラビア風奇想曲』に異国情緒を感じたのを思い出した。
 アンコールはベネズエラの青年オーケストラで有名になったバーンスタインの『マンボ」。派手な曲でコンサートを終え、盛り上がった。






最終更新日  2018.01.05 17:15:49
コメント(0) | コメントを書く
[音楽] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.