3451254 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

noahnoah研究所

2013/12/15
XML
カテゴリ:家作り
2階の洗面化粧台は2面鏡の60cmタイプ
前回は1階の洗面化粧台の要改善ポイントについて書きましたが、今回は2階の洗面化粧台についてです。

1階の洗面化粧台は一条工務店の3面鏡120cmタイプ(DS3-W333)に対し、2階の洗面化粧台は2面鏡の60cmタイプ(INAXピアラDS)です。
サイズは半分ですが、機能的には、ほぼ同じです。
(ちなみにトイレも1階は1.5帖、2階は0.75帖で、機能はほぼ同じ)

左の照明スイッチはホタル仕様でははない
INAXピアラDS(DS=廉価版)の照明スイッチは、ホタル仕様ではありません。
消灯時に光らないため、洗面所に他の照明がない場合は、慣れるまで押せないでしょう。
とりあえず、照明スイッチはホタル仕様に変更することにしました。

照明の図記号
なお、照明スイッチの図記号は電球マークです。
直管蛍光灯の図記号もあるはずですが、一般的には電球の方が使われています。

曇り止めの図記号
鏡の曇り止めスイッチは一条工務店の洗面化粧台よりも大きくて目立ちます。
ただ、この電熱線か何かを示している曇り止めの図記号は微妙です。
これが曇り止めだとわからない人もいるかもしれません。
洗面台によっては、車載スイッチのデフォッガ(リヤガラスの結露防止)と同じマークが使われています。
わかりずらいので、これも交換することにしました。

プレートを外したところ
スイッチのプレートを外したところです。
住設機器埋込用スイッチではなく、一般的な住宅用スイッチとして広く使われている、コスモシリーズのスイッチです。

照明スイッチの配線の差込が甘い
スイッチの裏側を見ると、照明スイッチの配線の差込が甘いことがわかりました。
差込が甘いと火花が出て、発煙・発火の原因になるため、修正が必要です。

スイッチを交換したところです
一番左側の照明スイッチのみホタル仕様のものに交換したところです。
配線の差込の甘かった部分も修正しています。

修正後のスイッチ
修正後のスイッチの外観はこのようになりました。
いずれも図記号ではなく、文字で機能を示しています。
照明のスイッチをWT5001からWT5051へ、ハンドルをWT3033Wに交換し、消灯時に緑色のランプが点くホタル仕様になりました。
曇り止めのパイロットスイッチ(WT5341K)はそのままで、ハンドルのみWT3033Wに交換しています。



→このnoahnoah研究所のブログ内をGoogleで検索する
→ノアML(noahnoah)に行く
→noahnoah研究所掲示板(^o^)に行く
→伊藤@横浜へメールを送る
→noahnoah研究所に戻る

noahnoah研究所ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へにほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へにほんブログ村 車ブログ トヨタへ







Last updated  2013/12/16 12:37:05 AM
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.