105551 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

思い出

思い出

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Profile

おちあいたかゆき

おちあいたかゆき

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

カテゴリ未分類

(0)

日記

(88)

人物

(15)

時事

(57)

読書

(17)

映画・ドラマ

(14)

紀行

(105)

(4)

音楽

(1)

Archives

May , 2024
Apr , 2024
Mar , 2024
Feb , 2024
Jan , 2024
Oct 11, 2006
XML
カテゴリ:時事
北海道の夕張市が財政破綻したことで、
地方自治体の財政健全化について、様々な議論がなされている。

夕張市は、前年度の決算が赤字であることを隠すために、
288億円の一時的な借入を金融機関から行っていた。
北海道では、他のいくつかの自治体でも同じような
赤字隠しが発見されたという。

これらの問題に関連し、政府関係者は、
「地方債務について、基本は貸手が責任を負うべき」
と発言している。
自治体が借金を返せなくなった場合は、
銀行が、貸した責任を取って、損を被るべきとの見解だ。

まだ、正式にどのようなルールを作成するのかはっきりしないが、
順番を良く考えてほしい。

確かに、国が実質的に信用補完をしている自治体への融資は
リスクは無いという理由で、多くの銀行の融資姿勢は、
モラルハザードぎみになっている可能性は高い。

しかし、しっかりと審査をしようとも、
財務データが正確であると保障されていない現状の中で、
いきなり銀行の責任を問うこととなれば、
銀行の融資姿勢は急激に厳しくなり、
自治体への貸出市場は、一気に収縮してしまう。

地方自治体の作成、公表している財務データは、
民間のレベルには到底達していない。
地方自治体への貸出に市場原理を取り入れるのであれば、
まず、市場が成り立つ条件を整えるべき。

地方財政健全化のための第一歩は、
住民も、金融機関も分かり、正確な、
民間並の財務諸表を作成すること。
貸手責任の問題はその次にくるべきものではないでしょうか。





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  Oct 12, 2006 10:53:02 PM
コメント(2) | コメントを書く
[時事] カテゴリの最新記事


Calendar

Comments

無名で失礼します@ Re:一年前の今頃は(10/27) 先日の国会での自社株買いを禁止まで踏み…
aqlnxjfcioo@ hNXiIRXNGgmPYizPkmT cjpzUX <a href="http://wvgykoc…
ペット総合サイト@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! http:/…
ペット総合サイト@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! http:/…
おちあいたかゆき@ Re[1]:一年前の今頃は(10/27) 三日月子さん こんにちは~。 あれから…

© Rakuten Group, Inc.