1139347 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

メシ食う俺もすきずき

PR

Category

Calendar

Profile


慎之介64

Archives

Favorite Blog

今年もサンガが食べ… New! matsu-kuniさん

金沢行き New! ピンクラパンさん

換気扇の掃除 New! ponpontondaさん

ミニマム 晴れ太935さん

たき火フライパン Nori1022さん

Comments

慎之介64@ Re[4]:丹波黒大豆枝 豆ご飯(10/17) New! サカエさんへ 結局走っていません。今週は…
慎之介64@ Re[3]:丹波黒大豆枝 豆ご飯(10/17) New! じゃここうこさんへ 普通の枝豆とは、大き…
慎之介64@ Re[2]:丹波黒大豆枝 豆ご飯(10/17) New! ponpontondaさんへ 普段の枝豆に比べて一…
慎之介64@ Re[1]:丹波黒大豆枝 豆ご飯(10/17) New! matsu-kuniさんへ 俺は炊き込みご飯大好き…
サカエ@ Re:丹波黒大豆枝 豆ご飯(10/17) 名古屋は雨ですがな。 豆ごはん死後加減が…

Headline News

Keyword Search

▼キーワード検索

全114件 (114件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 12 >

朝飯・昼飯

2019年07月29日
XML
カテゴリ:朝飯・昼飯
一昨日にキャンプで小学生が作ったカレーのことを書いた。薄かったということは量が多かったということで、余ってしまったということとイコールになる。

余った3つの鍋を一つにまとめて俺の管理下に置いた。少し余っていたルゥを足して、再加熱して一晩寝かせた。世間の常識で語られる「翌朝のカレーこそが美味しい」は、何度か火入れする間に、また放置している間に水分が抜けて、濃さもとろみも増すからこその話だ。

翌朝はこのキャンプの下見の時にもやった、「牛乳パックホットドッグ」を作ったが、


昨夜の残りのカレーも温めた。


昨夜よりもだいぶんとろみが出ているとはいえ、ホットドッグのサイドメニューにピッタリのカレースープだった。ぽっ

子どもはまだしも、大人の朝食がホットドッグ一本では、海水浴をも含めた一日の活動に耐えられない(昼飯も食うけれど)ので、


前夜の残りの飯ごうご飯に掛けて食う。前日の皿を見ると、前日よりも大幅にとろみが増していることがわかると思う。

参考:前夜のカレー

今日20時過ぎに帰宅して、やっと全ての責任から解き放たれて、酒を飲む。いや、キャンプ期間中も毎晩飲んだけれど。






Last updated  2019年07月29日 21時21分42秒
コメント(8) | コメントを書く
2019年05月05日
カテゴリ:朝飯・昼飯

今朝は5時半のフェリーを予約していた。30分前には並べと書かれていたが、毎朝目覚ましがなる前に起きるもん、楽勝だと目覚ましもセットしていなかった。

車中で目覚めたらすでに外は明るくて、慌てて時計を見たら5時7分だった。乗船口のすぐ横にいたから、5時9分には滑り込んだが、係員に「ギリギリですね」と言われてしまう。実際、乗船手続きを終えて建物から出てきたら、俺の車列が動き出していた。

メガネを探す暇がなかったので、朝陽が昇る前から、とりあえずサングラスを掛けている。



それでも昨日買っていた朝飯だけは忘れずに、持って上がって来た。








Last updated  2019年05月05日 05時56分02秒
コメント(8) | コメントを書く
2019年04月20日
カテゴリ:朝飯・昼飯
明日の前橋・渋川マラソンに備えて夕方前橋市に入ったが、今回往路はJETSTARでの成田着便だった。予約した後で考えたら、大手の羽田便でもトータルの交通費は変わらなかったが、予約したものは遠回りの旅を楽しもう。

成田着が10:35の予定だったが、成田って飛行機がランディングしてから駐機場までが長いし、タラップを降りてからも第3ターミナルの入口(出口)まで結構歩き、さらには第3ターミナルから第2ターミナル駅までは、600mくらい歩かなければならない。

そこで最低30分の移動時間を考えたら、11:27発の東松戸で武蔵野線乗り換えが一番早かった。もちろんスカイライナーと新幹線を使えば早いのだが、それならば始めから羽田空港着便を選ぶ。

ところが今日は順調に出発・飛行・着陸し、定刻の10:35にはもう飛行機のドアが開いた。しかも今回はシートナンバー1Aだったんだよね。人を押しのけてでも先に降りないと気が済まない人達の後にはタラップを下りられた。大手航空キャリアならば、前方の席はカーテンで仕切られた無駄に高い席なので、1Aなんて生まれて初めての経験だ。(もしもの時にファーストクラスの生存率が5割増しならば、無駄でなないけれどね。)

事前に検索した時に、予定の一本前に10:51発の京成特急があり、これだと日暮里から乗り継いで、JR湘南新宿ラインの特快で1時間早く高崎に着くのだが、第3ターミナルへの到着予定時刻から第2ターミナル駅までが16分しかないっていうのは現実的ではないので、一応検索しただけで終わっていた。

でも正味16分あるならば、なんとかなるんじゃないと、途中でトイレに寄りつつもそこそこ頑張って歩いてみたら間に合った。

ここからがやっと通痕の話だが、京成本線の日暮里駅の上りが、0番線着だというのは知識としてはあった。でも今回は日暮里駅は使わない予定だったので油断していた。

日暮里から先もそこそこタイトな乗り継ぎだったので、そんなことはすっかり忘れていて、京成のホームからエスカレーターで上がり、JRの乗り継ぎ改札を通過してから0番線のことを思い出した。全身の力が抜けそうになったよ。

せっかく0番ホームに降り立ったのに一枚の写真も撮っていない。京成の日暮里駅なんて今後使うことがあるのか(先にも書いたように、成田から上野まで戻るならば、羽田便でも変わらない)を考えたら悔やまれる。

今夜の宿泊地は前橋だが、事前に検索したら高崎市というか、旧榛名町に俺の趣味的なものがあったので、高崎駅で一旦降り、榛名行きのバスに乗る。

今日は昼飯を食うタイミングがなかったんだよね。仕方がないから高崎駅のベーカリーで、とろりんちーず(商品名はレシートで確認した)270円(税込み)を買いバスの中で食う。


普通の路線バスの車中で、10人ほどは乗客がいたので申しわけないと思いながらも、そこしかタイミングがなかったのでむしゃむしゃ食ったが、ふと周りを見渡せば、通路を挟んだ隣の席の女性は化粧をしていた。イーブンだろう。大笑い

首尾よく目的の物も見つかり、わざわざ来てよかったなと感動した。

とりあえず、今日はここまで。明日は暑すぎることもなさそうなので、いいわけはできない。






Last updated  2019年04月20日 20時48分39秒
コメント(12) | コメントを書く
2018年12月31日
カテゴリ:朝飯・昼飯
朝飯の材料がないことじは知っていたが、朝から散歩がてらコンビニにパンでも買いに行こうと思っていた。ところが朝起きると寒い。とても外には出たくはない。

なにか食うものはないかと探したら、妹が持って帰って来た洋菓子のダニエル(芦屋)の​白いうなぎの寝床​を4切れほどもらっていた。


後から考えたら甘いお菓子にはコーヒーの方がよかったのかもしれないが、朝はカップスープだから。さすがに朝から甘すぎたが、ドライイチジクの種の食感が心地いい。

兵庫の芦屋は超高級住宅街らしいが、福岡にも芦屋町はあるのだが、



頭の上を一日中T-4練習機が飛んでいる閑静な街だ。後、競艇の爆音も。






Last updated  2018年12月31日 08時26分59秒
コメント(14) | コメントを書く
2018年08月03日
カテゴリ:朝飯・昼飯
昨日は晩飯のおかずがなかなか決まらずスーパーをうろうろしたが、結局たまには魚にしようと吟味するが、昨日はこのとびっきり暑い夏の夜を走る予定だったので、晩飯にまで行きつく自信がなく、食べそこなってもいいように、鮮魚ではなく干物にした。

魚の干物と言っても、メザシやカペリン(カラフトシシャモ)からアジの開き・塩サバまでいろいろあるが、昨日は珍しくさばのみりん漬け2切れ入りを買っていた。


昨夜は結局食わなかったので、今夜こそこれを一切れ焼いて、昨日切ったキャベツの千切りを添える。そうめん(茶麺)を一把湯掻いて、暑い夜の汁物代わりにする。

さて、タイトルの話だが、俺の朝飯は毎度変わらず、トマトジュース・無加糖のヨーグルト、目玉焼き(焼いてはなくてレンチンだけど)と春雨スープにバナナを摂る。


昔はパンを食っていたけれど、朝食に炭水化物を止めた割にはしっかり食っている。

ところが今朝はバナナがなかった。というか、金曜日はバナナがないことが多い。日曜の夜に4本一房のバナナを買い、毎朝一本ずつ食えば木曜日で終了してしまうから。5本一房もあるけれど、小さい上に日曜日の夜に買って金曜日までって、バナナは日持ちするとはいえ夏場は厳しい。

週末も福岡にいるのならば、木曜の夜に3本もしくは4本一房のバナナを買ってもいいが、今週は家にいない予定かつ、ちょうどメロンが1/4あったので、そのまた半分をバナナ代わりに食う。タイトルはMorning Melonということで。

もちろん残りの1/8のメロンは今晩食う。


ここだけの話、どうも俺はメロンを食うとのどがジガジガするのだが、それは朝の方が顕著なようだ。






Last updated  2018年08月03日 23時28分04秒
コメント(8) | コメントを書く
2018年04月23日
カテゴリ:朝飯・昼飯
西原村でしばらく前に少し農作業のお手伝いをしたことがあったが、その時に依頼者さんがお昼ご飯代と言ってお金を渡そうとするものだから、一緒に作業した者と2人で逃げるように帰って来た。

それ以来、せめてご飯を食べに来いと、その時の同行者を通じてお誘いを受けていたので、昨日2人してお昼ご飯を呼ばれた。



おかずは大皿から取り分けたもので、この他にもすき焼き風の肉料理もあったが、漬物も含めて野菜は全て、ご自宅か近隣の庭に生っていたものらしい。

玄米の赤飯と美味しい地物のおかずで昼から腹いっぱいになったが、それとは別にテーブルに蜂の巣というか蜜ろうが置かれていた。


ここのお宅の庭に蜂箱があって、ニホンミツバチが群れていたのは知っていたので、


蜂の巣をいただく。蜜自体は当然はちみつなので甘くて美味しいが、最終的に蜂の巣が口の中に残ってしまう。そう、いつ飲みこんでいいのかわからないホルモンのように。






Last updated  2018年04月23日 07時42分46秒
コメント(8) | コメントを書く
2018年01月07日
カテゴリ:朝飯・昼飯
3連休のなか日、​ちょっと用事​があって戸畑(北九州市)まで行く。休日だし一ヶ所しか用がないので、わざわざ車で行くこともなくJRに乗って行こう。
前に書いたことがある​が、博多駅から戸畑駅の2つ先の小倉駅まで、ディスカウントチケットを買えば、特急(自由席)で1,320円で行ける。(正規の普通運賃は1,290円/特急だと1,800円)

最寄駅から博多駅までJRで行って、博多駅前のディスカウントショップでチケットを買おうと思ったが、戸畑駅から乗り継ぎのバスの時間を読むと、そのまま快速に乗って行っても十分に間に合う。というか、特急では早く着きすぎる。

そういうわけで、1時間ちょっとの、快速電車の小旅行を楽しむ。

用事が終わって戸畑駅まで帰って来たが、明日も休みだし急ぐことはないので、戸畑のアーケード中本町あやめ通りを散策する。戸畑駅前ではディスカウントチケットショップを見つけられず、帰りも快速で帰って来た。



日曜日の昼間だからかもしれないが(そこが一番の稼ぎ時)、開いてる店を探す方が難しかった。

時間は15時を過ぎていたが、まだ昼飯を食っていなかった。戸畑といえばちゃんぽんかもしれないが、俺が歩いた範囲にちゃんぽん店を探すことが出来ず(まだ正月休暇中だった)に、



次善の策として北九州といえば肉うどんだろうと、シャッター通りの​あやめ通りの中で頑張っているJAZZの流れるうどん屋​に入る。実は「肉うどん」ののぼりを見つけたのだが、店がどこにあるかわからずに探しまわったらビルの2階にあった。

同一県内ながら、北九州のソウルフードである肉うどんを初めて食ったのだが、牛の頬肉のシャリシャリした食感と、煮込みに千切りしょうがを加えてて、さらに薬味にすり下ろし生姜が加えられたスープをまずは唐辛子を入れずに食う。写真通りに結構しょう油辛い。麺は福岡に比べると細いが、福岡と同じようにいわゆる腰はない。

ところで、今日は北九州市の成人式だったようで、電車が北九州都市圏に近づくと、多くのスーツや振り袖の新成人と思しき人が電車に乗り合わせて来た。

北九州市の成人式といえば、毎年ニュースになるくらい荒れるもので、俺もそんなイメージがあったが、実際はニュース映像で見る花魁姿の人なんて一人もいなかった。
これがきっと報道の怖さなんだよね。一人いると、そしてそこにフレームを当てて報道すると、みんながそうであるかのように錯覚してしまう。






Last updated  2018年01月08日 06時36分26秒
コメント(6) | コメントを書く
2017年12月07日
カテゴリ:朝飯・昼飯
今週は水金でハーフずつを走ろうと思った理由の一つに、昨日夕方の天気予報で、今日は昼から雨が降るとのことだった。ところが昼ごろにパラッと来た程度で、その後は小康状態だった。

だったら残りハーフの半分を今日走っておけば、明日に残るのもクォーターだから楽だよなと、慌てて着替えて飛びだした。ところが外に出たら小さな雨がポツリポツリと落ちてくる。着替えて走りに出たもの今さら帰れないと走りだしたが、途中でしっかりと雨に降られてしまった。

濡れてしまえば一緒だからと結局13km走って、明日は残り8kmになる。8kmならば最悪、土曜の朝でも走れるだろう。

ところでしばらく前に、福岡では東京拉麺のペペロンチーノ ​​ が買えなくなったと書いた。今まで買っていたドラッグストアの棚からある日突然消えて以来、散々ありそうな店を探したが見つけられなかった。在庫から落とす時は事前に告知してくれたら、消費期限との兼ね合いにはなるが、店舗の在庫を全部引き受けるって客もいると思うんだけどね。

ネットでならば売っているのは知っていた。@60円の物が1ケース30個で1,600円くらいで売られているが、送料がその半分くらい掛るので躊躇していた。しかし、いくら探してもないので、意を決してネットで買う。


ポチったら、ちょうどクーポンが出てきて990円引きになったので、送料が無料になった感じで儲かった。例の配送料の報道以来、送料って確かに上がった感覚がある。だからクーポンを乱発してくれるのだろう。

前にも書いたが、俺はこれを汁あり(メーカーが言うところのラーメン)ではなく、汁なし(メーカーが言うパスタ)で食うのが好きだ。俺はカップ焼きそばだと思っているけれど。


汁なしだと附属の粉スープを半分しか使う必要がなく、残りはスープにでもして飲めと書いてある。半分と言っても一袋を目分量で分けるので、いつも味の濃さが違う。

今夜は実家からレトルトのハンバーグをもらって来て湯せんするだけ。


湯せんする前にハンバーグのパッケージをよく水洗いした。だって、湯せんした後のお湯で粉末のごまスープを作るから。まあ、煮沸殺菌するから洗わなくても大丈夫だろうけれどね。






Last updated  2017年12月07日 22時00分04秒
コメント(8) | コメントを書く
2017年11月12日
カテゴリ:朝飯・昼飯
昨日書いたように、今日は福岡マラソン2017だった。俺がマラソン大会を走る時には、見ず知らずのおっさんの俺にも、多くの応援いただいている。

俺自身は「マラソン=旅」だから、地元の大会には今のところ参加の予定はないが、特別な予定がなければ、地元だものせめて応援はさせてもらいたい。

というわけで、朝一で昨日着たランニングウエアを洗濯し、スタートの天神に向かう。
福岡マラソンのスタートは8:20で、俺が乗った電車は7:46に西鉄福岡(天神)駅着だったが、その時間の電車でもまだランナーが数名いた。今調べたら、荷物の預かり終了が7:45だったらしいので、スタートとゴールの場所が全然違う場所なのに、着替えや財布を預けずにフルマラソンを走るってすごいな。俺は走らないから問題ないけれどね。

スタート周辺は応援不可というのは例年のことなので、歩いて北上する。まだ朝飯を食っていなかったが、天神橋口交差点付近には数軒のパン屋があるんだよね。パン好きの俺はここでパンを買う気満々だったのだが、今回は​童夢の森​で、


フィッシュサンド(たぶん税込250円/商品名は「丸太のフィッシュサンド」だったっけ)を買う。ここには写っていないが、ホキのフライに添えられた、ごぼうとニンジンのマヨネーズサラダこそがこのサンドの美味しさかな。

先に書いたように、天神の街中では応援できないので、ついでだからどんどん歩いて行き、那の津通りに入って親不孝通り(俺的にはこの表記)の出口付近で応援していたが、


俺が応援するはずのRun友のおねえさんが、向こうから俺を見つけて手を振ってくださった。完走おめでとう。

さて、今夜はご飯がないタイミングなので、ちゃんぽん麺ともやしにちくわを買って来て、


在庫の豚肉・キャベツ・タマネギ・ニンジンで、ちゃんぽんを作る。シーフードも欲しかったが、エビもイカもちょうどいい量では売っていなかった。
辛みは欲しいので、冷凍していた青唐辛子を、解凍して種を出し輪切りにして加えたが、これが唇に残り、今も保冷剤を当ててヒリヒリを麻痺させている。






Last updated  2017年11月13日 07時34分20秒
コメント(12) | コメントを書く
2017年09月24日
カテゴリ:朝飯・昼飯

昨夜は熊本泊まりだった。
詳しくは帰ってから書くが、昨日今日活動するみんなの心の中に、(まとまって活動出来るのは)今週末が最後かもしれないという思いはある。

昨夜はNGOの拠点に泊まらせてもらい、そんなことを話しながら酒を飲んだ。

今朝は冷蔵庫に余っていた豚肉・厚揚げにちゃんぽん麺で、味噌汁というか味噌ちゃんぽんというべきか、なんかそんな朝飯を作ってみた。

rblog-20170924074156-00.jpg

野菜がまるでないのが、昨夜は男祭りだったことを表している。

さて、いろんな思いを込めて、今日も頑張ろう。






Last updated  2017年09月24日 07時42分01秒
コメント(10) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全114件 (114件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 12 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.